スク玉ブログ2015

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2016.01.02更新

さんなんです。年は明けましたが、年末の冬期講習の授業報告です。

走り回るぐらい忙しいとされている師走はすでに過ぎ去りました。まさに光陰矢の如しですな。ちなみに師走の「師」はお坊さんを指すって知っていましたか?いつも冷静沈着なお坊さんですら、走り回るほど忙しいということらしいっす。

 

さて、12月28日(月)の冬期講習5日目は小学生さんたちの実力テストについてお伝えします。

 

 

この実力テストは、主に2学期を中心とした総合問題になります。小学2年生~4年生は、国語と算数の2教科。小5・6年生は、国・算・理・社の4教科です。どうしても実力テストというのは点数や偏差値に目がいくのですが、スク玉では「いままでの取り組みの成果」「今後の課題の確認」だと考えています。

 

 

この地域の小学生の模試の平均偏差値は40~45です。通信教材や他塾に行っていたといっても、小学生の実力テストでなかなか偏差値50以上の生徒はいません。しかし、保護者の方にどの高校を目指すのかと聞くと、一宮西(偏差値65前後)、一宮興道・津島(偏差値60前後)という声が圧倒的に多いのが現状です。その後、名古屋大学、名古屋市立大学をはじめとした国公立大学や地元の4大私学である、南山大学、名城大学、中京大学、愛知大学を目指して勉強していくことになります。

 

結論から先に言いましょう。

「小学5年生までに塾に入れてください!」

 

だって、塾の教育現場で指導していると、本当に大変なんですから。今、高校生で学校の授業についていけない生徒が急増しています。昔から、七五三教育(小学校では7割、中学校では5割、高校では3割の生徒しか授業についていけない)といわれていましたが、現在では中学校で授業についていけているのは3割ぐらいだという感覚があります。他の7割の生徒は中学校の授業すら理解してませんよ。そりゃ~高校の授業は無理ですよ。

 

話は実力テストに戻しますが、

では小学生の内に実力テストに関して、ご家庭でどこを気を付けるべきかといいますと、

①自己採点をしているのか

②実力テストの間違い直しをしたのか

③間違い直しの際に模範解答を読んでいるのか

④出題された問題文の中の知らない言葉を意味で調べているか

これらは習慣ですので、誰でもできるようになります。そして、小学生の内は点数や偏差値よりも、こういった習慣の方が大事だとお考え下さい。

 

この実力テストが始まる前に、「自分の答えを問題用紙に書き写しておいてください」と伝えてあります。もちろん「自己採点する為」とも伝えてあります。小学3~4年生にはまだ難しいかもしれませんが、小5・6は、できて欲しいことです。昨年、小4の女の子はテスト後に残って自己採点をしていましたので、①はOKでしたね。これを段階を踏んで、②~④もできるようにして欲しいのです。

 

それでも国語と算数については、年明けの初めの授業で①と②ができているかどうかスク玉では確認をします。「直しをしてらっしゃい~」って言うだけならどの塾も言っています。でも普通の生徒は、それだけではダメなのです。やっぱり習慣が身に着くまでは個別にチェックをしないのです。

 

正直、これが中学生でもできない生徒はたくさんいます。高校生になると時間が足りないって言って多くの生徒がやりませんよね。でも成績が伸びていく生徒は、こういった正しい習慣はきちっと時間を取ってやっています。だから、成績が良いのです。小学5年生からは、こういった習慣を身につけさせてあげてください。

 

小学生の内はどうしても保護者の方の力が必要になります。学習環境を作ったり、生活リズムの管理は本人たちの力だけではできませんからね。それがご家庭の役割です。ただし、学習指導まですると高学年は嫌がるし、強制すると反発するか無気力になるのでご注意ください。

 

実力テスト1

実力テスト2

百人一首1

百人一首2

 

投稿者: スクール玉野

2016.01.01更新

子供のころから「あなたは申年(さるどし)だから…」

と言われて育った さんなん です。

 

2~3年前に、たまたま某所で身分証明の際に干支を聞かれたときに、「申(さる)」と答えました。それは間違いで、実は「酉(とり)」だったことがその時初めて判明しました。身分証明で干支を聞くか!?ってことにも驚きましたけど、いや~お恥ずかしい思いをしました。私はおばあちゃん子だったので、おばあちゃんにいろいろ教えてもらった記憶があります。早生まれであることもあり、今思えばきっとおばあちゃんの勘違いだったかと思います。

 

ちなみに、恥ずかしいといったのは、

簡単に調べることができるのにも関わらず与えられた情報を鵜呑みにしていたことに対してです。

 

・身近なことから「ホントかな!?」と、疑うことを覚えよう

・与えらえた知識は自分で「正しいのかな!?」と確かめよう

・情報過度の今の世の中から「取捨選択すること」を学ぼう

私もいろいろな経験や失敗があります。これらの教訓を私自身も活かすとともに、授業を通じて生徒たちに伝えていきます。

 

 

 

さて、いきなり話が大きく脱線してしまいましたね。

平成元年にスタートしたスクール玉野は28年目を迎え、母に代わり私が引き継いでから5年が経ちました。ありがとうございます。

 

・目の前の生徒達一人ひとりの「個」を直接指導し、誰一人としておいていかない

・成績はもちろんのこと、彼らの精神的な成長を見守る

これらの教育方針は母の代から変わっていないと自負しています。

 

卒塾しても成人式などに顔を出してくれる生徒、いまだに近況の報告をくれる生徒もいます(さっそく新年に入り、この4月に結婚する報告をいただきました)。

 

また、生徒の成長期を預かるという、これほど大きな責務からハンパないプレッシャーを私は常に感じています。そんな私をサポートしてくれているスク玉講師陣には、本当に言葉に表せない感謝の気持ちでいっぱいでいます。

 

そして何よりスク玉にご理解とご協力をいただいている保護者の皆さまのお力添えがあっての塾です。今年も一緒にわが子の成長戦略を考えていきましょう。どうか昨年に引き続きご指導とご鞭撻をよろしくお願いします。

 

 

2016年。本年もスクール玉野の強みを活かした指導をしてまいります。よろしくお願い致します。

 

 

年賀状1

投稿者: スクール玉野

2015.12.26更新

さんなんです。冬期講習4日目のスク玉の様子をお届けします。

 

 

午前中は、将棋練習がありました。小学1年生~中学1年生の生徒が集まり、本当に将棋を初めて触った生徒から3手詰めぐらいまでは軽くこなす生徒まで幅広く集まりました。

 

初心者の部では、駒の名前、動き方、並べ方、将棋のルールを一通り教えました。その後に1手詰めの練習、そして最後は本将棋をしました。私が担当でしたので、同時にまとめてお相手しました。その際に、二歩など禁じ手などを指導しました。1手詰めの解説に、「うん、うん」とうなずいていたのがとても印象的でした。一人だけ1手詰めが簡単そうでしたので3手詰めの練習をさせてみました。ちょっと難しかったかな…よいよい^^。

 

経験者の部では、将棋の手筋、囲い方など初心者の部より1歩先の将棋の知識を羽生善治DVDにて学び、そしてTKさんと野原さんの多面打ちで実践練習をしました。

 

初心者、経験者ともに

「あ~難しい。勉強より奥が深くて頭使う~」

っていう声もありながらの2時間でした。将棋から学べることは多いですな。

 

 

 

午後は中3生の特訓、特進講座が4時間。理科、数学を中心に、こちらは受験生がガリガリ勉強しています。受験生さんたちにとっては、土曜日も日曜日も関係ありませんね。「1週間サイクル」で知識の確認、埋めの繰り返しのみです。

 

 

夜は中1・2生さん達の授業です。冬になって中1・2生さんたちは、ずいぶん落ち着いてきましたね。通常授業がいつもより15分ほど長いのですが、SSクラスもマイセルフと一緒だと良く集中している様子です。あとはやはり勉強の中身の問題ですよね。スク玉が他塾と異なる点は「先生チェック」にありますので、特にマイセル・SSの生徒たちのチェックに時間をかけています。

 

今年もあとわずかですな。1日、1日、日々精進。今日も頑張っていきましょう。

 

 

将棋練習1

将棋練習2

将棋練習3

 冬期講習2

 冬期講習3

 冬期講習5

冬期講習6

投稿者: スクール玉野

2015.12.25更新

 

メリークリスマス さんなんサンタ です。中3生でも、まだサンタさんが頑張ってプレゼントを運んでくれるようです。うらやましいですね~!

 

 

さて、クリスマスカードは届きましたか??

 

本日の午後に「世界に1つのクリスマスカード!イングリッシュワークショップ2015」が開催されました。その報告です。レプトン生やレプトンを習っていない生徒も含め、約40名の参加がありました。ありがとうございます。

 

このクリスマスパーティーは、英語を使って世界に1つだけのクリスマスカードを作るパーティーです。「英語でカードなんて難しそう!」って言っていた子たちも、やり始めたらまぁ張り切ること。皆でやると楽しい!それがクリスマスパーティーですね。

 

Happy Holidays!

(楽しい休暇をお過ごしでしょうね!)

 

This year went so fast.

(今年はあっという間に過ぎ去ってしまいましたね。)

 

I wish you a Merry Christmas.

(あなたにとって楽しいクリスマスでありますように。)

 

Thank you for working late.

(遅くまで働いてくれてありがとう。)

 

 

などなど、いろいろな言葉も覚えました。後半にはケーキの差し入れ&ビンゴ大会もあり、第一部、第二部ともに大いに盛り上がりました。子供たちにとって、思い出深い素敵なクリスマスになるといいですね。

 

そして、クリスマスも勉強している受験生に。

I wish you a Merry Christmas.

(あなたにとって楽しいクリスマスでありますように。)

 

クリスマス会1

クリスマス会2

クリスマス会3クリスマス会4

クリスマス会5

クリスマス会6

クリスマス会6

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.24更新

さんなん です。小学生のクリスマス会に向けて、今日、明日の授業コスチュームはクリスマスversionでお届けします。

 

小4~6生、中1・2生にはこの冬は、「ちょっと難しい問題に挑戦」ということをコンセプトに冬期講習カリキュラムを組んでいます。これは普段のスク玉の授業が「時間をかけて基礎・基本の徹底」を優先していることに関係しています。

 

小5・6年の授業では、国語2時間、算数2時間という長い授業時間を設けてあります。授業中は、「手を動かし」、「頭を動かし」、「体を動かし」てもらっています。これに耐えるだけでも大変そうです。というのは、授業を聞いて終わりだと彼らも楽なのでしょうが、そうは問屋が卸しません。

 

塾では算数でも2限目になると半分ほどの生徒の手が止まる光景があります。きっと体が抵抗するんでしょうね。もうやりたくない!、と拒否反応が起きているのでしょう。残念ながら、普段から頭が動いていない証拠ですわ。小学生の内は、こういった授業を受ける姿勢作り状態にする勉強以前の段階からスタートする生徒も少なくはありません。

 

 中1・2生さんたちは勉強量を増やすために、朝から塾を開放しています。自分で勉強場所を求める生徒、年明けに用事があるので休む生徒、2学期のやることを溜めた生徒など、部活の合間に自主勉をしています。夜の通常授業では、まとめを目的に演習中心です。与えてある問題も普段より少し難しい問題ですので、お昼の自主勉の時や夜の授業後に質問を持ってくる生徒もいましたね。

 

この冬休みの2週間は学校の授業が止まりますので、空いた時間に何をするのかは大きなポイントになります。毎日、「勉強や遊びでも頭をフルに使うこと」がお休み期間中の正しい過ごし方です。よって、勉強も部活もクリスマスも正月も、ダラダラせず、ケジメをつけて過ごしてくださいね。

 

 冬期1

冬期2

冬期3

冬期4

冬期5

投稿者: スクール玉野

2015.12.23更新

ちょっぱーサンタ さんなん です。朝から生徒が通ってくれています。SO!冬期講習が始まりました。大変なんですが、嬉しい気持ちの方が大きいですね。

 

さて、冬期講習の報告です。今日は塾の1日についてお知らせします。

 

 8:30 小5・6年、中3生、高校生(自主勉)の授業開始

10:30 小3・4年 授業開始

12:20 小学生、中3生 授業終了

随時、レプトン生が来て英語レッスンを受けています。

 

お昼ご飯タイムです。中3生さんたちは、お弁当を食べています。

 

13:10 中3生の授業開始、小学生、中1・2生、高校生の自主勉開始

16:00 中1・2生 終了

17:00 中3生の授業終了

 

晩ご飯タイムです。中3生さんたちはここで帰宅です。

 

18:50 中1・2生、中3生、高校生(自主勉)授業開始

20:00 高1~3 授業開始

21:40 中1・2生 授業終了

22:00 高校生 授業終了

22:30 自主勉終了

 

あっという間の1日です。私たちは授業の隙間時間で打ち合わせや調整、休憩しています。

勉強は毎日の積み重ねです。まず勉強時間を確保することが必要だと伝えてあるため、お昼から勉強に来てくれている中学生、小学生の姿があります。そして、今日できなかった問題が明日できるようになればいいんです。このまま積み重ねていきましょう。

 

今日も1日、お疲れ様でした^^。

 

冬期1 

冬期2

冬期3

冬期5

冬期6

冬期7

冬期4

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.22更新

さんなんです。

愛知県教育委員会のホームページに平成28年3月入試[11月時点]の愛知県公立高校入試倍率が掲載されました。
そのデータより、この地域の高校の倍率を掲載します。

2015入試倍率11月


ちなみに昨年度の倍率も掲載しておきます。推移とともに参考にして下さい。

2014入試倍率11月


☆現中学2年生からの公立高校の入試制度の変更点です。
①各教科20点満点から22点満点へ変更
②各教科の試験時間は40分から45分へ変更
③尾張学区の1群・2群は現行のまま
④「推薦入試」と「一般入試」は同一日程へ

投稿者: スクール玉野

2015.12.21更新

サクサクとろ~りチョコになりたい さんなん です。チョコって奥深いですね。

 

さて、冬期講習の申込みを締め切りました。たくさんのお問い合わせありがとうございます。いや~その冬期講習の準備が全くと言っていいほど終わりません。

 

TK先生、野原先生も朝から、そして授業後にフル活動しています。どうやら最後まで時間との勝負になりそうです。

 

 

何といっても準備で1番大変なのが、「問題を解くこと」です。

正確には、問題を解いてからですかね!?

 

 

二人とも、小学生、中学生、高校生と担当している学年や担当科目が多いので、少なくとも私の5倍以上は問題を解いていると思われます。私は小学生の算数と中学生の数学だけですからね~。それでも結構、時間がかかります。

 

他塾のことはわかりませんが、先生が問題を解かないと始まりませんよね。毎年、決まった問題集だと講師は楽かもしれませんが、スク玉では今年の生徒たちに適した問題を選定することにしています。教材も良いものは継続し、改善すべきところは改善していきます。

 

意外かもしれませんが、小学生の問題が1番難しい(笑)。そりゃ~解くだけなら何とかなりますが、「どう説明したら彼らに伝えることができるのか」、「どんな言葉を使ったら彼女たちの頭に残るのか」など、とにかく細かい部分の話し合いにも時間がかかるのです。でも、時間をかけてでも大切にしたい部分です。

 

神は細部に宿る。

 

冬期講習は1週間という短期決戦ですが、小学生、中学生は学校の授業が止まりますので大きなチャンスです。もし2学期にやり残した部分があるのならば、キチッと清算していただきましょう。

 

先に進んでいる生徒ほど、その歩みは止めないものです。追いつくためには、それ以上のことをやらなきゃね。クリスマス会(別名 苦しみますかい!?)お待ちしております。

 

今年も受験生さんたちは相当な演習量を、しかも自分たちで動いてくれています。我々ができることは彼らが動きやすくすることだけです。だからこそ、細かい部分も妥協なく準備していきますよ。

 

 クリスマスカード1

お土産

 

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.16更新

さんなんです。

 

私は算数、数学を教えているのですが、

ここ3~4年は小学生さんと中学生さんで、「わからない」「できない」っていう言葉をほとんど聞かなくなりました。

 

理由は、自分で考える習慣が身についてきたからでしょうか。

 

まずは自分で考える。そして、答え合わせをして、解説を読んで、

それでも腑に落ちない場合は一緒に考えることにしています。

 

塾のシステム紹介は脇において、今回は「言葉が持つ力」についてお伝えします。

 

日本は言霊の文化があります。言葉に魂がこもるというもの。

私は塾で勉強を見ていて「言葉通りに生徒が変わるんだ」ということを知っています。

 

「できない」と言えば、「できなくなる」。

「わからない」と言えば、「わからなくなる」。

 

これマジです。そして、言葉は人にうつります。

ある1人が「わからない」と言えば、周りの生徒も「わからなくなる」のです。

 

これらはミラーニューロン効果というそうですが、

自分の言動は相手の言動と似ようとするというもの。

 

相手の行動、言葉は自分にうつるのですって。

自分の性格を知りたければ、仲の良い友達を見ろ!って言いますよね。

 

こういった言葉というものは見えない部分ですが、

私は塾の雰囲気づくりとして「言葉」をとても重要視しています。

 

ご家庭での会話は大丈夫ですか。

「勉強ができない子ね」と言えば、「勉強ができない子」になるのです。

「ケアレスミス」ばかり指摘するとますますミスが増えるのです。

 

ご家庭では、できない部分を指摘するのではなく、

・できるようになった事

・自分で気づいていない良いところ

を指摘してあげてください。

 

そして、何より自分の発した言葉は自分が1番多く耳にすることは忘れてはいけません。

言葉が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わります。習慣が変われば、運命が変わります。…少し大げさですかね。

 

プラスのスパイラルは「言葉」からです。ぜひ、ご家庭で「言葉が持つ力」の大切さを伝えてあげてください。

 

 

PS。何もしていないのに、なぜかバイキンマンが元気になりました。アンパンマンに助けられたのかな。よいよい。 

イルミネーション1

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.15更新

さんなんです。隣のドキンちゃんは元気なのに、どうもバイキンマンの元気がありません。アンパンマンにやられたんですかね~(笑)。1月に入ったらバイキンマンは病院送りです。

 

・小学部の冬期講習の〆切りが今週末まで

中学生、高校生は外部募集はしておりませんが、高1・高2生に限っては元塾生だけは冬期だけの受講を受け入れていますので、現在の自分のレベルを確認したい方はどうぞ。

 

・漢検、英検の〆切りも今週末まで

年末年始を挟みますので、年明けの受検でも〆切りが早くなっています。受検希望の方は、お早めにどうぞ。

 

それにしても冬期の準備や来年度の書類やら、保護者&生徒面談でバタバタの毎日を過ごしています。冬休みのイベント準備や税理士さん、社労士さんとの打ち合わせもあります。そんな中でも、高校生の大学受験合格という嬉しい報告がありました。元塾生も合格報告に来てくれました。

 

お母さん方からの温かい声や合格の報告をパワーに変えて、この冬期講習も金額以上のものをお返ししていきます。

 

また、すでに来年度(4月)から入塾希望もあります。10月ごろから嬉しい悲鳴が続いていますが、一人ひとり確かな学力の構築としっかり話を聞きながらの進路指導もしていきたいので、満席になった学年から募集を停止しますのでよろしくお願いします。

 

小学生、中学生、高校生と自分で動いてくれる生徒が多いので、とてもよい雰囲気で授業ができています。中だるみしていた生徒もXデーのおかげか、ガリガリ解いてくれる姿もありました。それでもまだまだ私が求めている基準には達していない生徒には、冬は授業以外も猛特訓になりそうです。なんて楽しそうな冬休みなんでしょうね。塾としては管理、チェックに集中できそうです。

 

広告1

 

広告2

投稿者: スクール玉野

前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014