スク玉ブログ2015

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2015.12.24更新

さんなん です。小学生のクリスマス会に向けて、今日、明日の授業コスチュームはクリスマスversionでお届けします。

 

小4~6生、中1・2生にはこの冬は、「ちょっと難しい問題に挑戦」ということをコンセプトに冬期講習カリキュラムを組んでいます。これは普段のスク玉の授業が「時間をかけて基礎・基本の徹底」を優先していることに関係しています。

 

小5・6年の授業では、国語2時間、算数2時間という長い授業時間を設けてあります。授業中は、「手を動かし」、「頭を動かし」、「体を動かし」てもらっています。これに耐えるだけでも大変そうです。というのは、授業を聞いて終わりだと彼らも楽なのでしょうが、そうは問屋が卸しません。

 

塾では算数でも2限目になると半分ほどの生徒の手が止まる光景があります。きっと体が抵抗するんでしょうね。もうやりたくない!、と拒否反応が起きているのでしょう。残念ながら、普段から頭が動いていない証拠ですわ。小学生の内は、こういった授業を受ける姿勢作り状態にする勉強以前の段階からスタートする生徒も少なくはありません。

 

 中1・2生さんたちは勉強量を増やすために、朝から塾を開放しています。自分で勉強場所を求める生徒、年明けに用事があるので休む生徒、2学期のやることを溜めた生徒など、部活の合間に自主勉をしています。夜の通常授業では、まとめを目的に演習中心です。与えてある問題も普段より少し難しい問題ですので、お昼の自主勉の時や夜の授業後に質問を持ってくる生徒もいましたね。

 

この冬休みの2週間は学校の授業が止まりますので、空いた時間に何をするのかは大きなポイントになります。毎日、「勉強や遊びでも頭をフルに使うこと」がお休み期間中の正しい過ごし方です。よって、勉強も部活もクリスマスも正月も、ダラダラせず、ケジメをつけて過ごしてくださいね。

 

 冬期1

冬期2

冬期3

冬期4

冬期5

投稿者: スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014