スク玉ブログ2015

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2015.12.26更新

さんなんです。冬期講習4日目のスク玉の様子をお届けします。

 

 

午前中は、将棋練習がありました。小学1年生~中学1年生の生徒が集まり、本当に将棋を初めて触った生徒から3手詰めぐらいまでは軽くこなす生徒まで幅広く集まりました。

 

初心者の部では、駒の名前、動き方、並べ方、将棋のルールを一通り教えました。その後に1手詰めの練習、そして最後は本将棋をしました。私が担当でしたので、同時にまとめてお相手しました。その際に、二歩など禁じ手などを指導しました。1手詰めの解説に、「うん、うん」とうなずいていたのがとても印象的でした。一人だけ1手詰めが簡単そうでしたので3手詰めの練習をさせてみました。ちょっと難しかったかな…よいよい^^。

 

経験者の部では、将棋の手筋、囲い方など初心者の部より1歩先の将棋の知識を羽生善治DVDにて学び、そしてTKさんと野原さんの多面打ちで実践練習をしました。

 

初心者、経験者ともに

「あ~難しい。勉強より奥が深くて頭使う~」

っていう声もありながらの2時間でした。将棋から学べることは多いですな。

 

 

 

午後は中3生の特訓、特進講座が4時間。理科、数学を中心に、こちらは受験生がガリガリ勉強しています。受験生さんたちにとっては、土曜日も日曜日も関係ありませんね。「1週間サイクル」で知識の確認、埋めの繰り返しのみです。

 

 

夜は中1・2生さん達の授業です。冬になって中1・2生さんたちは、ずいぶん落ち着いてきましたね。通常授業がいつもより15分ほど長いのですが、SSクラスもマイセルフと一緒だと良く集中している様子です。あとはやはり勉強の中身の問題ですよね。スク玉が他塾と異なる点は「先生チェック」にありますので、特にマイセル・SSの生徒たちのチェックに時間をかけています。

 

今年もあとわずかですな。1日、1日、日々精進。今日も頑張っていきましょう。

 

 

将棋練習1

将棋練習2

将棋練習3

 冬期講習2

 冬期講習3

 冬期講習5

冬期講習6

投稿者: スクール玉野

2015.12.25更新

 

メリークリスマス さんなんサンタ です。中3生でも、まだサンタさんが頑張ってプレゼントを運んでくれるようです。うらやましいですね~!

 

 

さて、クリスマスカードは届きましたか??

 

本日の午後に「世界に1つのクリスマスカード!イングリッシュワークショップ2015」が開催されました。その報告です。レプトン生やレプトンを習っていない生徒も含め、約40名の参加がありました。ありがとうございます。

 

このクリスマスパーティーは、英語を使って世界に1つだけのクリスマスカードを作るパーティーです。「英語でカードなんて難しそう!」って言っていた子たちも、やり始めたらまぁ張り切ること。皆でやると楽しい!それがクリスマスパーティーですね。

 

Happy Holidays!

(楽しい休暇をお過ごしでしょうね!)

 

This year went so fast.

(今年はあっという間に過ぎ去ってしまいましたね。)

 

I wish you a Merry Christmas.

(あなたにとって楽しいクリスマスでありますように。)

 

Thank you for working late.

(遅くまで働いてくれてありがとう。)

 

 

などなど、いろいろな言葉も覚えました。後半にはケーキの差し入れ&ビンゴ大会もあり、第一部、第二部ともに大いに盛り上がりました。子供たちにとって、思い出深い素敵なクリスマスになるといいですね。

 

そして、クリスマスも勉強している受験生に。

I wish you a Merry Christmas.

(あなたにとって楽しいクリスマスでありますように。)

 

クリスマス会1

クリスマス会2

クリスマス会3クリスマス会4

クリスマス会5

クリスマス会6

クリスマス会6

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.24更新

さんなん です。小学生のクリスマス会に向けて、今日、明日の授業コスチュームはクリスマスversionでお届けします。

 

小4~6生、中1・2生にはこの冬は、「ちょっと難しい問題に挑戦」ということをコンセプトに冬期講習カリキュラムを組んでいます。これは普段のスク玉の授業が「時間をかけて基礎・基本の徹底」を優先していることに関係しています。

 

小5・6年の授業では、国語2時間、算数2時間という長い授業時間を設けてあります。授業中は、「手を動かし」、「頭を動かし」、「体を動かし」てもらっています。これに耐えるだけでも大変そうです。というのは、授業を聞いて終わりだと彼らも楽なのでしょうが、そうは問屋が卸しません。

 

塾では算数でも2限目になると半分ほどの生徒の手が止まる光景があります。きっと体が抵抗するんでしょうね。もうやりたくない!、と拒否反応が起きているのでしょう。残念ながら、普段から頭が動いていない証拠ですわ。小学生の内は、こういった授業を受ける姿勢作り状態にする勉強以前の段階からスタートする生徒も少なくはありません。

 

 中1・2生さんたちは勉強量を増やすために、朝から塾を開放しています。自分で勉強場所を求める生徒、年明けに用事があるので休む生徒、2学期のやることを溜めた生徒など、部活の合間に自主勉をしています。夜の通常授業では、まとめを目的に演習中心です。与えてある問題も普段より少し難しい問題ですので、お昼の自主勉の時や夜の授業後に質問を持ってくる生徒もいましたね。

 

この冬休みの2週間は学校の授業が止まりますので、空いた時間に何をするのかは大きなポイントになります。毎日、「勉強や遊びでも頭をフルに使うこと」がお休み期間中の正しい過ごし方です。よって、勉強も部活もクリスマスも正月も、ダラダラせず、ケジメをつけて過ごしてくださいね。

 

 冬期1

冬期2

冬期3

冬期4

冬期5

投稿者: スクール玉野

2015.12.23更新

ちょっぱーサンタ さんなん です。朝から生徒が通ってくれています。SO!冬期講習が始まりました。大変なんですが、嬉しい気持ちの方が大きいですね。

 

さて、冬期講習の報告です。今日は塾の1日についてお知らせします。

 

 8:30 小5・6年、中3生、高校生(自主勉)の授業開始

10:30 小3・4年 授業開始

12:20 小学生、中3生 授業終了

随時、レプトン生が来て英語レッスンを受けています。

 

お昼ご飯タイムです。中3生さんたちは、お弁当を食べています。

 

13:10 中3生の授業開始、小学生、中1・2生、高校生の自主勉開始

16:00 中1・2生 終了

17:00 中3生の授業終了

 

晩ご飯タイムです。中3生さんたちはここで帰宅です。

 

18:50 中1・2生、中3生、高校生(自主勉)授業開始

20:00 高1~3 授業開始

21:40 中1・2生 授業終了

22:00 高校生 授業終了

22:30 自主勉終了

 

あっという間の1日です。私たちは授業の隙間時間で打ち合わせや調整、休憩しています。

勉強は毎日の積み重ねです。まず勉強時間を確保することが必要だと伝えてあるため、お昼から勉強に来てくれている中学生、小学生の姿があります。そして、今日できなかった問題が明日できるようになればいいんです。このまま積み重ねていきましょう。

 

今日も1日、お疲れ様でした^^。

 

冬期1 

冬期2

冬期3

冬期5

冬期6

冬期7

冬期4

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.22更新

さんなんです。

愛知県教育委員会のホームページに平成28年3月入試[11月時点]の愛知県公立高校入試倍率が掲載されました。
そのデータより、この地域の高校の倍率を掲載します。

2015入試倍率11月


ちなみに昨年度の倍率も掲載しておきます。推移とともに参考にして下さい。

2014入試倍率11月


☆現中学2年生からの公立高校の入試制度の変更点です。
①各教科20点満点から22点満点へ変更
②各教科の試験時間は40分から45分へ変更
③尾張学区の1群・2群は現行のまま
④「推薦入試」と「一般入試」は同一日程へ

投稿者: スクール玉野

2015.12.21更新

サクサクとろ~りチョコになりたい さんなん です。チョコって奥深いですね。

 

さて、冬期講習の申込みを締め切りました。たくさんのお問い合わせありがとうございます。いや~その冬期講習の準備が全くと言っていいほど終わりません。

 

TK先生、野原先生も朝から、そして授業後にフル活動しています。どうやら最後まで時間との勝負になりそうです。

 

 

何といっても準備で1番大変なのが、「問題を解くこと」です。

正確には、問題を解いてからですかね!?

 

 

二人とも、小学生、中学生、高校生と担当している学年や担当科目が多いので、少なくとも私の5倍以上は問題を解いていると思われます。私は小学生の算数と中学生の数学だけですからね~。それでも結構、時間がかかります。

 

他塾のことはわかりませんが、先生が問題を解かないと始まりませんよね。毎年、決まった問題集だと講師は楽かもしれませんが、スク玉では今年の生徒たちに適した問題を選定することにしています。教材も良いものは継続し、改善すべきところは改善していきます。

 

意外かもしれませんが、小学生の問題が1番難しい(笑)。そりゃ~解くだけなら何とかなりますが、「どう説明したら彼らに伝えることができるのか」、「どんな言葉を使ったら彼女たちの頭に残るのか」など、とにかく細かい部分の話し合いにも時間がかかるのです。でも、時間をかけてでも大切にしたい部分です。

 

神は細部に宿る。

 

冬期講習は1週間という短期決戦ですが、小学生、中学生は学校の授業が止まりますので大きなチャンスです。もし2学期にやり残した部分があるのならば、キチッと清算していただきましょう。

 

先に進んでいる生徒ほど、その歩みは止めないものです。追いつくためには、それ以上のことをやらなきゃね。クリスマス会(別名 苦しみますかい!?)お待ちしております。

 

今年も受験生さんたちは相当な演習量を、しかも自分たちで動いてくれています。我々ができることは彼らが動きやすくすることだけです。だからこそ、細かい部分も妥協なく準備していきますよ。

 

 クリスマスカード1

お土産

 

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.16更新

さんなんです。

 

私は算数、数学を教えているのですが、

ここ3~4年は小学生さんと中学生さんで、「わからない」「できない」っていう言葉をほとんど聞かなくなりました。

 

理由は、自分で考える習慣が身についてきたからでしょうか。

 

まずは自分で考える。そして、答え合わせをして、解説を読んで、

それでも腑に落ちない場合は一緒に考えることにしています。

 

塾のシステム紹介は脇において、今回は「言葉が持つ力」についてお伝えします。

 

日本は言霊の文化があります。言葉に魂がこもるというもの。

私は塾で勉強を見ていて「言葉通りに生徒が変わるんだ」ということを知っています。

 

「できない」と言えば、「できなくなる」。

「わからない」と言えば、「わからなくなる」。

 

これマジです。そして、言葉は人にうつります。

ある1人が「わからない」と言えば、周りの生徒も「わからなくなる」のです。

 

これらはミラーニューロン効果というそうですが、

自分の言動は相手の言動と似ようとするというもの。

 

相手の行動、言葉は自分にうつるのですって。

自分の性格を知りたければ、仲の良い友達を見ろ!って言いますよね。

 

こういった言葉というものは見えない部分ですが、

私は塾の雰囲気づくりとして「言葉」をとても重要視しています。

 

ご家庭での会話は大丈夫ですか。

「勉強ができない子ね」と言えば、「勉強ができない子」になるのです。

「ケアレスミス」ばかり指摘するとますますミスが増えるのです。

 

ご家庭では、できない部分を指摘するのではなく、

・できるようになった事

・自分で気づいていない良いところ

を指摘してあげてください。

 

そして、何より自分の発した言葉は自分が1番多く耳にすることは忘れてはいけません。

言葉が変われば、行動が変わる。行動が変われば、習慣が変わります。習慣が変われば、運命が変わります。…少し大げさですかね。

 

プラスのスパイラルは「言葉」からです。ぜひ、ご家庭で「言葉が持つ力」の大切さを伝えてあげてください。

 

 

PS。何もしていないのに、なぜかバイキンマンが元気になりました。アンパンマンに助けられたのかな。よいよい。 

イルミネーション1

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.15更新

さんなんです。隣のドキンちゃんは元気なのに、どうもバイキンマンの元気がありません。アンパンマンにやられたんですかね~(笑)。1月に入ったらバイキンマンは病院送りです。

 

・小学部の冬期講習の〆切りが今週末まで

中学生、高校生は外部募集はしておりませんが、高1・高2生に限っては元塾生だけは冬期だけの受講を受け入れていますので、現在の自分のレベルを確認したい方はどうぞ。

 

・漢検、英検の〆切りも今週末まで

年末年始を挟みますので、年明けの受検でも〆切りが早くなっています。受検希望の方は、お早めにどうぞ。

 

それにしても冬期の準備や来年度の書類やら、保護者&生徒面談でバタバタの毎日を過ごしています。冬休みのイベント準備や税理士さん、社労士さんとの打ち合わせもあります。そんな中でも、高校生の大学受験合格という嬉しい報告がありました。元塾生も合格報告に来てくれました。

 

お母さん方からの温かい声や合格の報告をパワーに変えて、この冬期講習も金額以上のものをお返ししていきます。

 

また、すでに来年度(4月)から入塾希望もあります。10月ごろから嬉しい悲鳴が続いていますが、一人ひとり確かな学力の構築としっかり話を聞きながらの進路指導もしていきたいので、満席になった学年から募集を停止しますのでよろしくお願いします。

 

小学生、中学生、高校生と自分で動いてくれる生徒が多いので、とてもよい雰囲気で授業ができています。中だるみしていた生徒もXデーのおかげか、ガリガリ解いてくれる姿もありました。それでもまだまだ私が求めている基準には達していない生徒には、冬は授業以外も猛特訓になりそうです。なんて楽しそうな冬休みなんでしょうね。塾としては管理、チェックに集中できそうです。

 

広告1

 

広告2

投稿者: スクール玉野

2015.12.09更新

「1番目…2番目…3番目とおはじきを並べていきます」

「いまどき、おはじきって使わんで~!」と授業中につっこんだ さんなん です。

せめて、

「1番目…2番目…3番目とラブライブの缶バッチを並べていきます」とかどうでしょうか。

 

 

さて、先に連絡を2つ。

①12月の引き落とし日について

毎月10日の授業料引き落としですが、12月分は私の手続きのミスで11日(金)に引き落としされることになりました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、ご確認をお願い致します。

 

②塾のお休みについて

12月10日(木)~12日(土)は塾がお休みになっております。小学生、中学生、高校生、レプトンの授業はありません。教室開放、電話対応、メール対応もできませんので、ご注意ください。イルミネーションも点灯しませんよ(ご近所さんで、おじいさんのお孫さんがいつも見に来ていただいておりますので。念のために)

 

 

 

 

スクール玉野の速読が10周年 gya gya を迎えました。

速読協会(株)SRJよりお祝いのお花が届きました。いつもお世話になっているSRJ堀川代表、南海さん、ありがとうございます。

 

 

小学生を中心に人気がある「速く正確に読み解く力を身につける速読」。週1回30分のトレーニングで読書速度3倍を目指します。文字の処理速度が速くなると、国語の読書速度だけでなく算数・数学の解くスピードのアップにも適しています。

今のところ10周年というお祝いを機に、年度末の3月に何か恩返しキャンペーンができないかを考えております。この冬の短期コースもございますので、ご興味がある方はぜひ体験してみてくださいね。

 

速読3

速読2

 

速読1

 

速読お花1 ラブライブ(ラブライブ缶バッチより)

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.05更新

たくさんのお歳暮、差し入れありがとうございます。スタバコーヒーやシュークリーム、ワッフル、つぶらなカボス、茶菓子などなどいただきました。お気遣い感謝してます さんなん です。そして、TKさんをこれ位以上、太らせないでください。お願いします。

 

本日は数学検定でした。受検者は50名ほどでしたね。

 

数学検定の出題範囲は幅の広く、例えば中学1年生に該当する級は5級になりますが、中1内容3割、小6内容3割、小5内容3割、数検特有問題1割です。合格は二次試験だと6割前後です。そうすると中1生の学習内容だけでは合格ができないことになります。

 

だから、中1生から入塾してきた生徒だと小学生の学習内容が抜けていると苦労することになります。また、今の単元を噛まずに飲み込んでいる勉強法の生徒は、前学年の内容が抜けていることが多々あります。これは女の子に多いケースですね。出題レベルは難問はあまりなく、基本的な知識で解ける問題が多いのも数検の特徴だといえます。

 

反対に、自分の学年に対応している1つ上の級を受検している生徒が、各学年で2~3名ずついます。参考書とにらめっこしてきた2週間でした。もう少し時間が欲しい感じでしたが、塾の授業がないときに来て自分たちで勉強している姿がなにより印象的でしたね。よいよい。

 

さて、結果はいかに。結果の速報は年末に出ますので、結果が出次第本人たちに連絡しますね。

 

中学1年生、2年生は今月の中旬にXデーが設けてあります。やることを溜めてきた生徒にとっては、楽しい冬休みになりそうですね。迷える子羊たちにメリークリスマス!それではまた。

 

 おかし

数検

数検2

投稿者: スクール玉野

前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014