スク玉ブログ2015

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2015.12.09更新

「1番目…2番目…3番目とおはじきを並べていきます」

「いまどき、おはじきって使わんで~!」と授業中につっこんだ さんなん です。

せめて、

「1番目…2番目…3番目とラブライブの缶バッチを並べていきます」とかどうでしょうか。

 

 

さて、先に連絡を2つ。

①12月の引き落とし日について

毎月10日の授業料引き落としですが、12月分は私の手続きのミスで11日(金)に引き落としされることになりました。ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんが、ご確認をお願い致します。

 

②塾のお休みについて

12月10日(木)~12日(土)は塾がお休みになっております。小学生、中学生、高校生、レプトンの授業はありません。教室開放、電話対応、メール対応もできませんので、ご注意ください。イルミネーションも点灯しませんよ(ご近所さんで、おじいさんのお孫さんがいつも見に来ていただいておりますので。念のために)

 

 

 

 

スクール玉野の速読が10周年 gya gya を迎えました。

速読協会(株)SRJよりお祝いのお花が届きました。いつもお世話になっているSRJ堀川代表、南海さん、ありがとうございます。

 

 

小学生を中心に人気がある「速く正確に読み解く力を身につける速読」。週1回30分のトレーニングで読書速度3倍を目指します。文字の処理速度が速くなると、国語の読書速度だけでなく算数・数学の解くスピードのアップにも適しています。

今のところ10周年というお祝いを機に、年度末の3月に何か恩返しキャンペーンができないかを考えております。この冬の短期コースもございますので、ご興味がある方はぜひ体験してみてくださいね。

 

速読3

速読2

 

速読1

 

速読お花1 ラブライブ(ラブライブ缶バッチより)

 

投稿者: スクール玉野

2015.12.05更新

たくさんのお歳暮、差し入れありがとうございます。スタバコーヒーやシュークリーム、ワッフル、つぶらなカボス、茶菓子などなどいただきました。お気遣い感謝してます さんなん です。そして、TKさんをこれ位以上、太らせないでください。お願いします。

 

本日は数学検定でした。受検者は50名ほどでしたね。

 

数学検定の出題範囲は幅の広く、例えば中学1年生に該当する級は5級になりますが、中1内容3割、小6内容3割、小5内容3割、数検特有問題1割です。合格は二次試験だと6割前後です。そうすると中1生の学習内容だけでは合格ができないことになります。

 

だから、中1生から入塾してきた生徒だと小学生の学習内容が抜けていると苦労することになります。また、今の単元を噛まずに飲み込んでいる勉強法の生徒は、前学年の内容が抜けていることが多々あります。これは女の子に多いケースですね。出題レベルは難問はあまりなく、基本的な知識で解ける問題が多いのも数検の特徴だといえます。

 

反対に、自分の学年に対応している1つ上の級を受検している生徒が、各学年で2~3名ずついます。参考書とにらめっこしてきた2週間でした。もう少し時間が欲しい感じでしたが、塾の授業がないときに来て自分たちで勉強している姿がなにより印象的でしたね。よいよい。

 

さて、結果はいかに。結果の速報は年末に出ますので、結果が出次第本人たちに連絡しますね。

 

中学1年生、2年生は今月の中旬にXデーが設けてあります。やることを溜めてきた生徒にとっては、楽しい冬休みになりそうですね。迷える子羊たちにメリークリスマス!それではまた。

 

 おかし

数検

数検2

投稿者: スクール玉野

2015.12.01更新

ハッピーバースデーもりさや先生。20歳、おめでとうございます。ということで昨日、皆でささやかながら森さや先生の誕生会をしました。その様子は こちら へ。歳を重ねてもどんどん成長したいなって思う さんなん です。

 

 

さて、<ニュースレター特別版>についてです。絶賛、配布中です。

今回の特別版のラインナップはこちらです。

・大学生のキャンパスライフ

・ナヲキの「理科って面白い」

・バヤシ王の名言講座

・スク玉版ハローワーク

・スク玉の大学相談所~頭の中の検索ちゃん~

・ハロウィーンの様子

 

生徒たちには読みやすい特別版。こちらは小中高生に共通のニュースレターです。

大学生のキャンパスライフでは、「後期の時間割」についてスク玉講師陣に書いていただきました。

大学でどんな勉強をするの?

大学生って忙しいの?

そんなあなたの疑問に、スク玉の講師陣が答えます。今回は、「中学生、高校生にちょっと難しいぐらいでOK」と講師陣には伝えてあります。その為、小学生のあなたには難しい内容かもしれませんが、まとめ方や伝え方、文脈にも個性が溢れています。そこに着目して読んでくれても楽しめると思います。

その他、大人気「ナヲキの『理科って面白い』」、「バヤシ王の名言講座など」盛りだくさんの内容です。合計36ページになっております。

 

 

<高校生版ニュースレター>

 こちらは高校生のみ配布になっています。

・ さんなんの絶対一本~impossible is nothing~

・Big Field Pavillion ~俺の目はファインダー~

・リーモ物語

・鬼野原の慧眼 Serious if ~模試結果と考察~

・キャンペーン問題

 

リーモ物語では、いよいよリーモがセンター試験に挑戦です。友人シュガーとの駆け合い、試験会場の雰囲気、そして、試験に。果たして。注目の得点も載っています。

 

大学受験生にとってセンター本番まであと50日を切りました。センターが終わってからの戦略もこのリーモ物語に掲載してあります。ぜひご参考に。また、模試の結果から「センター直前チェック事項!」「直しの方法」「分析」も大事なことです。実践的にできることを中心に情報が載っております。いつも授業で伝えている部分ですが、再度確認をしましょうね。こちらは合計16ページになっています。

 

もりさやハッピー1

 

もりさやハッピー2

 

もりさやハッピー3

投稿者: スクール玉野

2015.11.30更新

先週に親知らずを抜きました さんなん です。「先生、頬がポコッてなってる」って小5の女の子に気付かれましたが、ようやく復活です。それにしても、よく見ていますね~。ありがとう。

 

 

さて、本日よりニュースレターを配布しています。スク玉のニュースレターは<小・中学生版>,<小中高と共通><高校生版>と3種類作っています。いや~ギリギリ11月に間に合いましたな。

 

<小・中学生版>の内容

さんなんの絶対一本~impossible is nothing~

グローバル大学ランキング「あなたは世界で戦えますか」

算数・数学を伸ばす家庭の役割!

 

中学部 9月課題テスト/10月中間テストの結果報告

さんなんの一刀両断

 

Lepton Fan 2015 JET第2回が決定だジェーット!

 

受験の勉強法~How to 受験勉強~

 

TKの「教科書には書いてないかも」~社会っていとをかし~

 

合計24ページになっています。ニュースレターは塾からの発信として、「スク玉が考える勉強方法」、「塾の様子」、「お子様の将来の教育のヒント」などをドシドシ提供しております。ブログでは出せないような表や分析の結果もあります。お子様の進路等に少しでも参考になればと思っています。

 

今回も、これを楽しみにしていただいている生徒さんや保護者の方もいらっしゃいますので、他塾に真似ができない内容盛りだくさんでお届けします。今しばらくお待ちください。

 

ニュースレター

投稿者: スクール玉野

2015.11.26更新

さんなんなんです。ni

2015年10月に行われた学校の2学期中間テストの報告です。

 

スク玉の中学部は、少人数クラス制なので平均点にもこだわります。
生徒が100名いて50名を伸ばす塾より、30名いて30名伸ばす塾でありたい。

 

テストの得点で一喜一憂するのではなく、
良くも悪くもちゃんと分析し、自分の勉強を改善していくよう心掛けよ。


< 満 点 王 > 中1~中3

中1数学 100点(二中)

中1数学 100点(二中)

中1英語 100点(二中)

中2英語 100点(二中)

中3英語 100点(二中)

中3英語 100点(二中)

 


< 1 ケ タ キ ン グ > 中 1 【22名】

総合 → 二中2位,二中4位,萩中4位,明中5位,明中7位

国語 → 明中3位,明中5位,二中8位

数学 → 二中1位×2名,明中1位,二中5位×2名,二中7位,二中9位

(二中・明中W1位!二中 1ケタ過半数GET!)

理科 → 二中1位×3名,二中5位,明中6位,明中7位×2名,二中9位

社会 → 明中3位,二中4位,明中8位,二中9位

英語 → 二中1位,二中3位,二中4位,二中7位

 


< 1 ケ タ キ ン グ > 中 2 【16名】

総合 → 二中1位,二中3位,二中8位,二中9位

国語 → 二中1位,二中3位,二中8位

数学 → 二中2位,二中3位,二中4位,祖中5位,二中7位

理科 → 二中3位,二中7位

社会 → 二中1位,二中4位,二中6位,二中8位

英語 → 二中1位,二中3位,二中6位,二中9位

 

< 1 ケ タ キ ン グ > 中 3 【19名】

総合 → 祖中1位,二中3位,祖中3位,二中4位,二中5位,祖中6位,二中7位,二中8位

(塾生の42.1%が1ケタ獲得!)

国語 → 祖中1位,二中7位

数学 → 二中3位,祖中4位,二中7位×2名

理科 → 二中2位,祖中3位,二中9位

社会 → 祖中1位,二中3位×2名,二中5位,二中9位

英語 → 二中1位×2名,祖中1位,二中5位,二中7位,二中8位

 


≪5教科総合順位 上位20位以内≫

中1 20位以内 11名(アド・マイの52.4%)
中2 20位以内  8名(アド・マイの57.1%)
中3 20位以内  9名(アド・マイの45.0%)

 

≪塾内ベスト3位≫

①位483点!①位479点!③位476点!

 

≪平均400点超え!きた~!≫
中1生 アドバンスの5教科平均433.8点!

中2生 アドバンスの5教科平均431.6点!

中3生 アドバンスの5教科平均455.9点!

中3生 塾生全体の5教科平均419.0点!

 

投稿者: スクール玉野

2015.11.25更新

さんなんなんです。

遅くなりましたが、2015年9月に行われた学校の2学期課題テストの報告です。

 

スク玉の中学部は、少人数クラス制なので平均点にもこだわります。
生徒が100名いて50名を伸ばす塾より、30名いて30名伸ばす塾でありたい。

 

テストの得点で一喜一憂するのではなく、
良くも悪くもちゃんと分析し、自分の勉強を改善していくよう心掛けよ。

 


< 満 点 王 > 中1~中3

中1数学 100点(二中)

中2社会 100点(二中)

中3理科 100点(二中)

 


< 1 ケ タ キ ン グ > 中 1 【22名】

総合 → 二中5位,二中8位

国語 → 該当者なし

数学 → 二中1位,二中3位×2名,明中4位,二中5位,二中9位

理科 → 二中2位×2名,二中8位

社会 → 二中8位

英語 → 二中1位,二中2位,二中5位

 


< 1 ケ タ キ ン グ > 中 2 【16名】

総合 → 二中1位,二中4位,二中5位

国語 → 二中1位,二中4位

数学 → 二中1位,二中5位,二中7位,二中9位

理科 → 二中1位,二中3位,二中5位

社会 → 二中1位,二中2位,二中3位

(二中 1位~3位独占!)

英語 → 二中1位,二中3位,二中3位,二中7位

 

< 1 ケ タ キ ン グ > 中 3 【19名】

総合 → 祖中1位,祖中3位,二中4位,二中5位,二中7位,二中8位,二中9位

国語 → 佐織西1位,祖中2位,祖中3位,二中4位,二中5位

数学 → 祖中1位,二中2位×2名,二中7位×2名

理科 → 二中1位,祖中3位,二中4位,祖中5位,祖中6位,二中6位

社会 → 祖中1位,二中2位×2名,祖中2位×2名,二中5位

英語 → 祖中3位,二中4位×2名,祖中4位,二中6位,祖中6位,二中8位

 


≪5教科総合順位 上位20位以内≫

中1 20位以内 6名(アド・マイの28.6%)
中2 20位以内 6名(アド・マイの35.7%)
中3 20位以内 9名(アド・マイの45.0%)

 

≪塾内ベスト3位(5教科 総合)≫

①位489点!①位468点!③位467点!

 

≪平均400点超え!きた~!≫
中1生 アドバンスの5教科平均416.8点!

中2生 アドバンスの5教科平均403.7点!

中3生 アドバンスの5教科平均432.3点!

 

 

投稿者: スクール玉野

2015.11.24更新

西向く侍 さんなん です。117番に電話すると、時計屋さんにつながるで~って授業で伝えました。西向く侍など、知ってて損することはありませんで。どんどん知識入れようね!

 

中学部のテスト対策の様子は こちら へ。

 

さて、連絡事項をお伝えします。

①塾のお休み

12月10日(木)~12日(土)は、小学生、中学生、高校生のすべての授業はお休みです。

 

②四谷大塚小学生テストについて

成績表が届いています。一般生で受験した生徒さんにはメールで連絡しましたが、お手数をおかけしますがご都合のよい日に取りに来てください。

 

③小学生で冬期講習を申し込む方へ

「まだ空きはありますか?」と、特に小学6年生のお問い合わせが多いです。ありがとうございます。ただし、スク玉の小学部には定員があります。ご検討の方は、お早めのご連絡をお願いします。〆切は12月18日(金)です。

 

④12月面談について

12月は面談の月です。もちろん10月に面談をした方でも大丈夫です。お申込みは、メールでもお電話でも構いません。お忙しいところ恐縮ですが、よろしくお願いします。

 

広告1

 

広告2

投稿者: スクール玉野

2015.11.23更新

奇数月はニュースレターに追われています さんなん です。ちょうど11月は学校の定期テストもありますので、テスト対策も同時並行なうです。そんな中、イルミネーションいいですね。癒されます。スク玉で開催中ですよ。

 

 

さて、祝日の本日も朝から生徒が通ってくれています。塾は朝から空いています。昨日8時間勉強会があったばかりですが、本当によう勉強してはります。

勉強には時間は必要です。でも、時間だけかければいいもんじゃない。当然、中身も大事です。

 

差が出ているのは、中1生。まだまだ甘い勉強をしている生徒が数名ほどいます。

・ノートまとめ

・教科書写し

これ誰が教えたんですか!!?

 

すでにテスト直前。できなかった問題ができるようになったかどうかを最終チェックをするべき時期です。それなのにホンマに不思議な光景です。

 

それでも何か意図があるかもしれないと思い、念のために「何の練習してはるの??」って聞いてみました。

 

ノートまとめをしていた、ある女の子は「一応…。」と曖昧な返事。

教科書を写していた、ある男の子は堂々と「テスト勉強です!」と。

さらに英語の教科書本文チェックをやるように指示しておいた別の男の子は、社会の勉強をしていました。

 

 

あきまへん。やはり点を取ってくる生徒と点が取れない生徒の差は、こういった部分から生まれるのだと感じました。ひょっとして、最近のテストには「次の文章を写しなさい!」って問題が出るんですかね!?

 

 

伸びない生徒の共通して、「勉強に目的意識がない」、「自分で頭に負荷をかけようとしない」ことが挙げられます。時間だけが過ぎていくパティーンです。

こういった部分をどう修正していくのか!?

 

 

それは、

「それで許されてしまう環境を作らない」ことでしょう。

 

 

誰しも成長していきます。誰しも変わることができます。私は経験上、そのことを知っています。だから根気強く、一人一人に時間をかけます。誰一人置いてはいきません。スク玉で成績が伸びている生徒たちはちゃんと修正できたから伸びてきたのです。少しずつ何をすべきかを考え、誰もが頭に負荷をかける勉強に変わっていくのです。

 

 

勉強が甘い、独りよがりな勉強法をしている生徒は、スク玉の先生チェックで毎回やり直しになっています。だから予定表が全然進んでいないハズです。それでいいのですよ。その場しのぎの勉強なんかで成績を上げたくありませんし、上がってもらっては困ります(下がらないのが不思議ですが…)。

 

 

授業後22時30分まで残りになっているほとんどの生徒はちゃんとした勉強ができていないとお考えください。まだまだ時間がかかります。テスト前は毎日塾に来てチェックを受けるように指示している生徒もいますが、それもご家庭のご協力なしではできません。きっと送迎の時間が遅くてご迷惑をおかけしておりますが、こちらも我慢、我慢が続きますわ。

 

2015イルミネーション1

 

2015イルミネーション3

 

2015イルミネーション4

2015イルミネーション6

 

投稿者: スクール玉野

2015.11.16更新

こんにちは。大野原です。

 

2016年度大学入試の結果をアメブロの方にアップしました。

http://ameblo.jp/oninohara/entry-12096585452.html

 

 

推薦入試は早く決着がつきますが、一般入試はこれからが最後の追い込み期です。

気を緩めることなくやりましょう。

投稿者: スクール玉野

2015.11.15更新

さんなんです。

 

 

中学部では期末テストの対策週間に入っています。スク玉のテスト対策は、学校のテストが始まる2週間前から始まります。1週間目は学校の課題を1周りやりきること。そして、2週目では間違えた問題の2回目、3回目のチェックや最後の詰めをしていきます。

 

 

ちょうど今は1週目ですので、まずはテスト範囲であろう単元まで問題集をやり切ります。中1生から中3生まで無学年でレベル分けをして、「自分で予定表を作る」「作ったものを先生がチェックする」「先生が予定を作る」グループに分けて勉強をしていきます。

 

 

そして、本日は朝からテスト勉強会です。朝8時から夕方5時まで黙々勉強する日になっています。授業はしません。演習だけです。今週の火曜日までに課題を1通り終わらせて、もちろん間違い直しまでしようと思うと時間が足りないからです。

 

 

本当に近頃の生徒たちは、格差がはっきり分かれます。すでにゴールが見えている生徒、予定に追われている生徒。テストや受験への意識もモチベーションも格差が感じられます。演習に集中できる生徒と自分の世界に入り手遊びしている生徒。勉強の質も、本人に任せれる生徒と、○つけもできない生徒とハッキリ2極化があります。

 

だから塾側がすべきことは何か。それは、「管理」だと思います。

 

今の教育現場から言わせれば、勉強を「教える」以前の問題の生徒が多すぎるのです。そして、物事をかみ砕く「咀嚼力」の低下も、大きな問題だと思っています。教えても理解しようとしない生徒も多くいるのも事実です。説明すると「あ、わかった~」って、ゴクンと飲み込むだけ。「説明してごらん」っていうと、できない。これではあきません。塾はそこと戦っています。徹底的に「管理」と「チェック」の繰り返しです。

 

 

この原因の根本は小学生の内の物事を考える習慣、環境のなさだと私は考えています。普段からもっと頭を使っていかなければならないと思っています。小学生のある女の子が言っていました。「塾の授業は頭を使う。塾の4時限は頭が痛くなるけど、学校の4時限はとっても楽だよ」と。せめて目の前の生徒だけは変えていきますよ。

 

テスト対策4

 テスト前対策1

テスト前対策2

投稿者: スクール玉野

前へ 前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014