スク玉ブログ2015

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2015.11.14更新

さんなんです。お問合せありがとうございます。冬期講習の詳細が決まりましたので、16日(月)よりお渡ししていきますね。冬期スケジュールは こちら から。

 

 

講習は通常授業でできないこと、足りないことを補うことを目的としています。講習では、今いる塾生に合わせたカリキュラムを組んでいますので、カリキュラムも毎年少しずつ違います。講師達と数学が時間が必要なのか、英語が遅れているのかな話し合いました。

 

 

普通の塾は講習で生徒を集め、通年の塾生を増やすのが一般的です。でも、新しい生徒が入ってくると、当然今の生徒以外に新しい生徒にも時間が割かれてしまいます。だから、スク玉では中学部、高校部は講習だけの生徒募集はせず、今いる塾生を優先して講習を行っています。これはスク玉のこだわりの1つであり、強みだと思っています。

 

 

小学部も塾生優先のカリキュラムですが、塾の雰囲気、体験授業を受けたいとの声があるため、講習だけの受け入れもしています。中学部、高校部は体験授業はありませんので、スク玉をご検討の方はぜひ講習をご活用いただければと思います。

 

 広告2015

 

投稿者: スクール玉野

2015.11.10更新

先生って背筋ピーンとしてるねって言われた さんなん です。どうやら稲沢のアピタで目撃されたみたいですが、先生は役者であるべきって思っていますからね。外であろうと油断していなくてよかったです。

 

 

さて、本日は名古屋の吹上ホールにTKさんと行ってきました。来年度は中学生の教科書改訂ですので、塾教材も新しくなるものもあります。また、展示会で教材を購入すると2割引き?ですので、ちゃっかり欲しい教材を注文してきました。3,4年前は元気がなかった塾業界ですが、また活気を取り戻している雰囲気がありました。

 

 

そして、教材展では中土井さん(通称どいなか先生)のセミナーが人気です。この先生は大手塾の講師を経て、今は激戦区である横浜で塾をしています。さすがに話は上手で、面白いトークを交えながら今回は塾運営について話をされました。まぁ個別指導塾向けの話が多かったので、大きな収穫はありませんでしたが刺激だけは受けてきました。

 

 

それにしてもセミナーの中の話ですが、冬期講習だけで講習費が一人平均約6万円前後って、、、個別は高いという認識を持ちました。個別指導は人件費がかかるのはわかるのですが、受験生だと15万~20万もするとは。本当にそんなにお金をかけないとダメなのか、都会の金銭感覚にはちょっと理解に苦しみます。

 

 

保護者の方からみれば、子供を歯医者と同じように塾にもできれば行かせたくないものだと、私は勝手に思っています。この地域でも大学生にまかせっきりな塾もあるようなので、せめてスク玉は一人ひとりに責任を持ちたいと考えています。今の月謝に見合う教育を本当にお返しできているのか、自問自答する機会をいただいたセミナーとなりました。

 

 名古屋セミナー1

名古屋セミナー2

名古屋セミナー3

名古屋セミナー5

名古屋セミナー4

投稿者: スクール玉野

2015.11.07更新

さんなんです。

 

 本日は、母校である尾西第二中学校の合唱コンクールへ行ってきました。授業があった為オープニングには間に合いませんでしたが、ギリギリ中3の合唱には間に合いました。車で2分、近いっていいですね。

  

さて、合唱の出来栄えというと、 

さっぱり、わかりません。笑

  

私は、味覚も歌も音痴だと自覚しています。なんせ感覚だけで生きてますからね。最近は目も悪いのですが、合唱中は必死にデジカメでビデオを撮りながら生徒を探してました。手プルプルです。やぱ三脚いるね。それでも生徒の頑張りって見ていてウルウルくるものがありました。

 

中3生の合唱後には、おやじの会の合唱もあり、そして吹奏楽の演奏もあり、合唱からの緊張が解けたかのように体育館は盛り上がりをみせていました。

 

また、錬武館にずらーっと並んだ生徒たちの作品展示もちゃんと見てきましたよ。調理実習や職業体験レポ、美術の作品などなどなんともすごいこと。たくさんありすぎて…困っちゃうぐらい。学校での活躍って、やはり塾にいるときの姿とは違いますね。よいではないか。

 

授業で行けなかったスク玉講師たちとランチタイムに中3生合唱の上映会をしました。皆で作り上げるものってやっぱりいいな~と思いつつ、ほんわかと心温まる時間を過ごすことができました。はるやん、パンフレットありがとう。

 

中1、中2は間に合わなくてごめんね。同日に他の中学校でも合唱コンや授業公開などもあったそうですが、なかなか時間の調節がうまくいきません。その分、保護者の方からいろいろなわが子自慢を聞きたいと思います。また、時間を見つけながら行ける範囲で皆の活躍ぶりを見に行きます。

 

部外者ながらも見学を許可してくださった二中に感謝。

二中合唱コン2

二中合唱コン9

二中合唱コン6

二中合唱コン7

二中合唱コン8

二中合唱コン0

 

投稿者: スクール玉野

2015.11.06更新

さんなん です。「心を無にしたい!」って中3生さんが言うので、ミスターポポを紹介しておきました。ポポのあの目、必見です。

 

さて、まだ広告も出していないのにも関わらず中学生、高校生のお問い合わせありがとうございます。遠い方は車で30分~40分もかかるところから。現状のお悩みをしっかり聞いて、スク玉で力になりそうであれば喜んでサポートさせていただきます。

 

そうそう、中学生の受験生さんたちの受験対策講座である「特訓・特進講座」が先週から始まりました。受験で差がつきやすい数学・理科の演習量増による実力UPが目的です。

 

特進コースは、公立高校入試の理系科目で最低16点を取る為のコースです。他県の公立入試問題や地元の難関私立高校の対策まで授業中に扱います。もちろん、入試本番の練習だけではなく高校入学後の高度な英数の授業についていくだけの実力の引き上げもにらんだものになっています。

 

特訓コースは個別に各々の志望校に向けた対策を行っています。基本は数学、理科ですが、生徒によって社会の特訓をいれたり、1週間のチェックをしたり個別対応のコーです。入試に向けて、難しい問題よりも基本レベルの問題を早く解く、知識の確認とそれを引き出す練習をしていきます。

 

入試分析により、英語読解や国語読解が必要な生徒は、個別指導にてそちらも同時に動いています。5教科まんべんなく点が取れる子が減ってきている気がしますので、個々の得手不得手も考慮にいれた受験戦略をとっています。

 

やれることは全部やる。高校での活躍の為、できれば自分だけで勉強ができるようにさせることがスク玉の役割です。個別指導といっても、手取り足取り教え込むのではなく、身につけさせることを意識しています。

 

さあ、残り4か月!「受験までのサクセスロード」に従って、1週間をサイクルに時間を大事に使っていこまい。今年も受験モード突入です。やったりましょう。

 

(漫画 ドラゴンボールより)ミスターポポ

 ミスターポポ

投稿者: スクール玉野

2015.11.01更新

ベルトの穴が2つも減った さんなん です。夏のデトックスもようやく解消しました。そういえば、羽島にできたコストコがいよいよ今月20日にオープンですね。冬に食べ過ぎないように、コストコでのお買い物には注意しなきゃいけませんね。

 

 

さて、10月の面談が終わりました。お忙しい中、ご参加くださいました保護者の方ありがとうございました。11月にも数件懇談が入っています。また、すでに12月にも面談の予約も入っております。塾の様子だけでなく、進路でお悩みの方は面談月に関係なく何度でもお越しいただいて構いませんので、いつでもお気軽にお声をかけてください。

 

 

昨日は漢字検定でした。小学生さんたちは4月から漢検を勉強してきましたので、今まで勉強してきた成果が問われるものとなりました。中学生さんたちも中間テストの合間に勉強していた姿があり、この検定に向けて勉強してきました。結果が待ち遠しいものです。

 

 

そして、朝は漢検だったため少し時間が空きましたので、稲沢市にある山崎小学校のお祭り「山小祭」に行ってきました。塾から車で5分のところにあるので、朝日東小、萩原小の次に近い小学校になるのですが、今まで機会がなく初上陸になりました。塾生の女の子がわざわざ招待状を作ってくれたようで、なんとも嬉しい限りですな。小学校のお祭りはあまり顔を出す機会がなく、体育館の出店も新鮮でした。なんとも懐かしい。オープニングの合唱と生徒のピアノ伴奏はしっかり録画して、帰ってからさっそくスタッフに共有しました。先生方は「スゴイやん!」って言ってましたよ~。よいよい。

 

 

イベント多き秋、11月3日(火・祝)は四谷大塚小学生テストがあります。また、時間があれば中学校の合唱コンクールも行きたいと思っています。また、10月より入塾のお問合せも多々あり、本当にありがたい限りです。中高生も仮装してきたりとかハロウィンで遊んでばかりのイメージがあるかもしれませんが(笑)、裏では大忙しの毎日です。生徒たちと撮った写真はブログでは避け、ニュースレターの方に掲載しますね。

 

  招待状2

山小祭7

山小祭3

山小祭4

山小祭6

山小祭8

ハロウィーン1

ハロウィーン2

ハロウィーン4

ハロウィーン7

ハロウィーン9

ハロウィーン9

投稿者: スクール玉野

2015.10.27更新

生徒「その姿、若く見える」

三男「どのぐらい?高校生ぐらい?」

生徒「いや~もっと下かな~」

三男「がびちょんす…。」

どうやら中3生より若くみえる さんなん です。なんだか素直に喜べないのはなぜなんでしょうか。

 

それでもやってみると意外と悪くないハロウィーン週間になっています。さっそく中学生さんたちで仮装してきてくれた子もいまして(おかし目当て!?)、楽しい時間を過ごさせていただいています。

 

■「やる気」と「行動」について

聞かれたらいつも生徒に伝えている事ですが、

「やる気」があるから「行動」できるのか

「行動」するから「やる気」が出てくるのか

経験上、この答えはやはり後者であろうと思います。

 

■数学検定の受付開始

12月5日(土)は数学検定があります。数検は学校のテストとも受験とも異なる問題形式で出題されます。それでも数検は数学なんです。なんだか面白くありませんか。

これは他教科も同じだと思いますが、実力というものはいろいろな方向から勉強することで磨かれるものだと考えています。実力を伸ばすのならば、ぜひ多面的に学んでもらいたいものです。

たとえ数学が苦手でもいいんですよ。まずは「行動」することで、きっとあなたの「気持ち」に変化があるハズです。やっていく内にできるようになるのです。

さあ、やったりましょう。前向きに、行動あるのみ。(対象が中学生だけなので、小学生には申し込み用紙を渡していません)

 

ハロウィン(4人

ハロウィーン(4人

 

 

 

投稿者: スクール玉野

2015.10.23更新

さんなんです。 

来週はハロウィーン週間ということで、レプトン生は仮装してくるとお菓子がもらえます。近年ではクリスマスよりハロウィンの方が日本のあちらこちらでお祭りムードになるようです。テーマパークではゾンビが出現していますからね。イベントですので変に難しく考えずに、単に楽しみましょう。

 

そして、すでに2週間前からは各教室のあちらこちらにも飾り付けしてあります。レプト教室は岩佐先生が、他の教室には大野原先生が時間を見つけて華やかにしてくれました。ありがとうございます。

 

さて、受験もどんどん近づき少しだけピリピリした雰囲気がでてきました。受験生にとってはこのイベントが軽い気分転換になればと良いかと思います。

 

 

ハロウィン3

ハロウィン4

ハロウィン7

ハロウィン1

ハロウィン2

ハロウィン5

ハロウィン8

ハロウィン6

投稿者: スクール玉野

2015.10.21更新

大阪のおじさん、誕生日おめでとう。おじさんと歳の差が1つ縮まった さんなん です。どっちかといえば、もうこっち側の仲間ですね。(どっち?)

誕生会の様子は こちら から。

 

さて、中学部は稲沢軍団のテストが終わったばかりですが、すでに次の期末テストに向かって通常授業が開始しています。なんせ、あと1か月しかありません。だから、気持ちを切り替えてスピーディーに動かなきゃなりませぬ。

 

スク玉では中間テストの前までにテスト範囲を超えて「やること表(学習計画表)」が作成してあります。

つまり、「やること表」通り学習が進んでいる生徒であればあと2週間もあれば期末テストの範囲であろう単元までやり切れるはずです。

 

たとえば、中3数学であれば、

二次方程式⇒二次関数(中間テスト範囲)⇒相似⇒中点連結定理(塾の予定) ⇒面積比・体積比⇒円周角⇒三平方の定理

 

スク玉では「中点連結定理」(塾の予定)まですべて中間テスト前までに習い終えてました。さらにワークできっちり演習まで終えている生徒は、あとは確認テストを残すのみの状態です。 

 

こうすることによって期末テスト前の2週間は、最終チェックの為の時間が十分に取れるのです。2学期は夏期講習がありましたので、ガッツリこれまでの復習と、2学期の先取り学習ができました。これも2学期には特に学校行事が多い反面、各教科での重要単元が多いのもまた2学期であるためです。どうしても学校授業は飛ばし気味にせざるを得ない分、塾では時間をかけて勉強していきます。

 

 

最後に、数学の授業で生徒たちに伝えている言葉を載せておきます。

1.数学は習ったらできる科目ではない。

  教えてもらっても数学はできるようにならない。

 

2.答えはいらない(本当はいるよ!)。

      式、図など途中の考え方を大事にしなさい。

 

3.応用問題というのは、基本問題と基本問題の融合。

  応用問題を解きたければ、基本問題をスラスラ解けるようにすること。

 

 

数学の力というものは、自分自身で試行錯誤したり、繰り返して解法のパターンを覚えたりすることで伸びるのです。 

もし、わからない問題がでてきたときは付箋を貼っておき(番号にチェックしておく)、解説を読んだり例題を探してみたりして、それでも解けない・納得できないときは先生に質問するのです。

 

 

だから、数学において先生の役目は、図の書き方や生徒の理解度チェック、

時に解説して解き方の幅を広げてあげることだと考えています。

 

そして1番大事なことは、解けない彼らの姿をみてもグッと我慢して見守ることですな。

ほっほっほ。cake2cake2cake2

 

 高校生面談1

大阪おじさん1

 

大阪おじさん2

 

大阪おじさん3

 

投稿者: スクール玉野

2015.10.19更新

ようやく新しいホームページの使い方に慣れてきた さんなん です。

保護者の方からご希望がありましたので、このホームページはなんとスマホ対応にもなりました。また、どしどしブログをアップしていきます。よろしくお願いします。

 

さて、連絡事項としては2つお知らせします。

 

 

1.小学生四谷大塚小学生テスト 

11月3日(火・祝)はスク玉でTVCMでおなじみ全国四谷大塚小学生テストが開催します。四谷大塚本部からの情報によると、毎回テストを受けて、しっかり間違い直しまでを続けた生徒の成績は確実に向上しているというデータがありました。

 

成績が良い、悪いではなく、1つ1つの積み重ねを大事にすること。大手の塾で伝えていることは、スク玉のような小さな塾でも同じだということです。

 

そこに学力向上のカギがあります。継続は力なり。小6生にとっては最後の四谷大塚のテストになります。塾生で受験する生徒に対しては、今週から対策を始めていきたいと考えています。

お申込みは こちら から 

 

 

2.中学生 特訓・特進講座

10月末よりスク玉の唯一の受験対策講座である「特訓・特進講座」が始まります。

①理科・数学

受験で差がつく理科・数学の対策は特訓コースと特進コースの2つのレベル別授業になります。通常の授業は学校内容を行い、この講座では受験対策を主として私立高校受験の対策も行っていきます。

 

②英語

全国の中でも3本の指に入るほど得点が取れないといわれている愛知県の受験英語に対しては英語長文読解を行います。こちらは解いている途中や内容把握を確認したいので個別指導(講師①:生徒③まで)です。

 

③国語

英語とは対照的に得点が取りやすい国語でしっかり得点が取れるようにと国語読解対策を行います。こちらも英語と同じく個別指導になっております。

 

相談に来た生徒には、合格するために最善の方法を考えてのご提案をしています。

大丈夫だと判断した生徒には「これはとる必要はないよ」とは伝えましたが、特に中学生から入塾した生徒の中には基礎土台が揺らぐ分、得点が安定しない生徒もいます。

私は合格の為に妥協案は出しません。なんせ受験の合否は紙一重ですからね。あとから後悔するぐらいなら、やれるものは今のうちに全部やっておきたいと考えています。

 

もちろん本人の頑張りは必要ですが、必ず結果を出しますよ。

今年もやったりましょう。

 

四谷大塚べっきー

四谷大塚小学生テスト

投稿者: スクール玉野

2015.10.16更新

スク玉の庭にて、べっきーさんを見ました さんなんです。

何か呼びかけていましたよ。

今年2回目の四谷大塚全国統一小学生テストは11月3日(火)ですとさ。

小3生~小6生のお申込みお待ちしております。



さて、本日は朝から8時間勉強会でした。

尾西一中、尾西二中、萩原中、奥中の生徒達が勉強会に参加しました。

テスト2週間前ですので、

『学校のテスト範囲が発表されるまでに

テスト範囲と予想されるページまで問題集を一通りやりきること』

を目標に皆動いています。


<やっちゃいけない勉強法①>tiger

問題集を解くときに、教科書や参考書を見ながら解く

これやったらあきまへん。

<解説しよう>bird

教科書や参考書を見ながら問題集を解くときっと全部○になりますよね!?

そうすると、どの問題が自分だけの力で解けるのかがわからなくなります。

だから、あきまへん。

問題集1回目の目的は、どの問題が○でどの問題が×なのかを分けることです。

1度目で×だった問題は2度、3度繰り返して

スラスラ解けるようになるまで反復練習していきましょう。



正しい勉強法とは、間違った勉強法をしないこと。

スク玉は少人数指導ですので、こういった勉強の中身を見ています。

べっきー
 
 中学生のテスト勉強

中学生のテスト勉強2

中学生のテスト勉強3

投稿者: スクール玉野

前へ 前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014