スク玉ブログ2016

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2016.12.14更新

さんなんです。休み明けから朝から夕方まで保護者面談、夜は生徒との個人面談が続いています。TKさんも野原王も大量の過去問を解きまくっていますので、彼らも無の境地に入っているみたいです。皆、ブログ更新もなく大人しいですが、元気にしておりますのでご安心あれ。

 

 

 

さて、せっかく面談中なので、保護者様からいただいたご相談や生徒のお悩みなどを共有しようかと思います。

個人が特定できない程度に書いておきます。

 

ちなみに生徒面談は、私(さんなん)と生徒①:①のマンツーマンで行っています。

 

FILE1.中学生Aさん

「現状の課題を言ってごらん」

ここから私の面談は開始します。

 

私が面談で意識していることは、

その子の価値観を揺さぶる ことです。

 

たとえば、この中学生のAさん。

先ほどの質問に対して、「理科の電流が苦手です!!」って答えました。

 

 

私はこう答えます。

さんなん

「へ~。じゃあそれは置いておいて、将来何がしたいの?」。

 

 

Aさん

「え、、、〇〇という会社で働きたいです。」(〇〇は実際の企業名なので控えますね)

 

 

さんなん

「なるほど、今のあなたは〇〇っていう会社のような仕事で働きたいんだね。」

  

 

Aさん

「はい。」

 

 

さんなん

「じゃあ調べてみようか。(〇〇会社のホームページを見ながら)採用情報っと。あった。大きい会社だね。全国の大学名がズラリと並んでますね。地元なら、名古屋大学、南山大学、、、なるほど。」

 

 

 

さんなん

「採用対象者は、文系、理系、芸術系も全てってなってる。競争相手が多いみたいあるよ。あなたに何か勝負できるものあるの?」

 

 

 

Aさん

「え、ありません。」

 

 

さんなん

「海外勤務もあるみたいあるよ。英語は話すことは得意なの?」

 

 

 

Aさん

「どちらかと言えば、苦手です。」

 

 

 

さんなん

「じゃあ、今だったらこの会社に就職できるのかな?」

 

 

Aさん

「難しいですね。最低限、英語を話せるようにしないと。」

 

 

さんなん

「そうかもね。今からそういう意識は大事あるね。あとは自分だけの武器をつくることだね。」

 

 

Aさん

「ぶき…。何ができますかね。」

 

 

さんなん

「私が決めることではないですね。でも、やりたいことが決まっているなら、何かに夢中になって突き進めばいいんじゃないの。たとえ途中でやりたいことが変わったとしても、積み重ねてきたことは絶対損にはならないからね。」

 

 

Aさん

「デザインも苦手ですけど、何か始めてみようかな。」

 

 

さんなん

「絵、書けないの。」

 

 

Aさん

「はい、苦手です。」

 

 

さんなん

「ふぁいと。で、なんだっけ?最初の悩みって。」

 

 

Aさん

「あ、理科…です。」

 

 

 

さんなん

「それ、そんなに重要!?」

 

 

 

 

…こんな流れですかね。実際は、まだまだ続きますけどね(笑)。

 

 

Aさんは、努力はするんだけど一方通行だけ暗記するような勉強クセがあります。

だから、逆算で物事を考えることもできるんだよってことが伝わればいいと思っていました。

 

 

発想の外からの言葉だと言葉が響くみたいで、

自分が持っている価値観ってやつをぶち壊せるといいかな、と。

 

 

生徒相手の面談内容はいつも決めていません。

相手の話をたくさん聞くこと。そして、価値観を揺さぶること。

 

 

それだけ意識してますね。

 

 

それでは、当分この面談ネタで行きたいと思います。

そうそう、ちゃんと進路の話もしてますよ(笑)。少しだけね。

 

成績表 

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014