スク玉ブログ2016

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2016.06.28更新

寝違えて首が右に曲がらない さんなん です。左になら曲がるんですけどね。これは「右を向くな」=「右にならえ」という「皆と同じように真似をする」をしていてはダメだよっていう神からのお告げだと思われる。まぁなんとも強引でわかりづらいロジックですが、原因はとってもわかりやすいんです。朝、目が覚めたら床で寝ていましたからね。

 

さて、本日は愛知県の公立高校入試日程のお知らせです。

 

今年度から愛知県の公立高校入試は大きく変更されます。

その一つとして受験の日程が変わりました。

 

これを見てください。

【公立高校一般入試B日程】3月6日(月)、7日(火)

【公立高校一般入試A日程】3月9日(木)、10日(金)

 

 

ん?

早くなった?

遅くなった?

わかりますか?

答えがわかる方は、なかなかやりますね。

 

 

 

それでは、答えの発表です。

 

 

答え、日程は例年通りでした。

 

 

変わってないやん。

なんやねん!って突っ込んだあなた!

 

ちょっと待ってください。

 

公立高校入試の変更点として、一般入試の日程は変わっていません。

しかし、推薦入試の日程が一般入試と同日に変更されました。

【公立高校推薦入試B日程】3月7日(火)

【公立高校推薦入試A日程】3月10日(金)

になります(もちろん、どちらか1校にしか受験できませんよ)。

 

例年であれば

「2月下旬に推薦入試→結果発表→不合格者は3月中旬の一般入試」

という流れでしたが、「推薦入試も一般入試も3月中旬→結果発表」になります。

 

つまり、一般入試の日程は例年通りだが、推薦入試の日程が変わった。

そういうことです。

 

これにより「推薦入試の結果を見てから一般入試の受験校を再考しよう!」ができなくなります。

また、推薦入試の生徒も必ず一般入試を受験することになります。今日はこのへんで。

 

↓愛知県教育委員会HP「平成29年度愛知県公立高等学校 入学者選抜実施日程について」より抜粋

 

公立高校入試日程2016

 

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.06.21更新

あと1か月もすると夏休みですね。夏と言えば…何を連想しますか?私の場合はプールでしょうか。元水泳部 さんなん です。

 

夏休みのお問い合わせをいただいております。ありがとうございます。

スクール玉野の夏祭り2016の詳細は こちら から。

 

ただし、表題にある通りスク玉では中学生と高校生の講習だけの募集は

行っておりませんので、ご了承ください。

 

中学生と高校生は年間通して学校の定期テストが複数回あって、

どうしてもやりたい受験勉強の予定がストップしています。

 

その分、夏、冬、春のお休みの期間も含めて学習内容を決めています。

その為、外部向けのカリキュラムではありません。

 

中学部は、模試の結果や普段の授業から生徒たちの弱点や強化ポイントをピックアップして

夏の授業で何をするのか考えています。だから、毎年授業で扱う内容が異なるのが特徴です。

 

 

高校部は、受験する大学を考慮した上で、個別に相談しながら学習計画を作成しています。

一人ひとりの対応の為、どうしても時間がかかります。

 

ですので、中学生と高校生は夏だけの募集はありません。

(高校部は、元塾生のみ夏期講習はOKにしています。中学生の時に教えているのでだいたいの成績を把握していますので、学習計画は作りやすい為)

 

 

小学部は、講習は別カリキュラムですので、夏期講習生だけの生徒も受け入れが可能です。

塾の雰囲気を体験する場としご活用いただいております。

 

そういうわけで、一般生で夏祭りにご参加いただけるのは小学生のみになっています。

ちなみに夏祭りの中に、夏期講習やら各種イベントがあります。まとめて夏祭りってなっています。

 

充実した夏を過ごすべく、準備はよろしいか。

さぁ夏祭りを楽しもう。

 

夏祭り1

 

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.06.20更新

さんなんです。

期末テスト直前ですが、2016年5月に行われた学校の1学期中間テストの報告です。

 

スク玉の中学部は、少人数クラス制なので平均点にもこだわります。
生徒が100名いて50名を伸ばす塾より、30名いて30名伸ばす塾でありたい。

 

テストの得点で一喜一憂するのではなく、
良くも悪くもちゃんと分析し、自分の勉強を改善していくよう心掛けよ。


< 満 点 王 > 中1~中3

中1英語 100点(二中)

中1英語 100点(萩中)

中2英語 100点(二中)

中3社会 100点(二中)

中3英語 100点(二中)

 


< 1 ケ タ キ ン グ > 中 1 【17名】

総合 → 二中1位,二中3位

国語 → 二中3位,二中5位,二中7位

数学 → 二中3位,二中7位×2名

理科 → 二中1位,二中2位,二中8位

社会 → 二中4位,二中6位,祖中7位,二中8位

英語 → 二中1位,萩中1位

 


< 1 ケ タ キ ン グ > 中 2 【23名】

総合 → 明中2位,祖中3位,二中4位,二中7位×2名,明中7位,一中9位

国語 → 二中9位

数学 → 二中1位,明中2位,二中2位,明中5位,一中6位,二中9位

理科 → 二中3位×2名,明中3位,祖中4位,二中5位,一中9位

社会 → 明中2位,祖中2位,二中3位,二中5位,明中5位

英語 → 二中1位,二中2位×2名,祖中2位,明中2位,一中6位,二中7位

 

< 1 ケ タ キ ン グ > 中3【20名】

総合 → 二中1位,二中8位

国語 → 二中1位,二中8位

数学 → 二中3位,二中4位,二中5位,祖中5位,二中6位

理科 → 二中2位,二中3位,萩中6位,二中9位

社会 → 二中1位,二中6位

英語 → 二中1位,二中3位,祖中4位

 


≪5教科総合順位 上位20位以内≫

中1 20位以内  5名(全体の29.4%)
中2 20位以内 10名(全体の43.5%)
中3 20位以内  8名(全体の40.0%)

 

≪塾内ベスト3位≫

①位478点!①位475点!③位474点!

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.06.18更新

面談シーズン さんなん です。6月は面談月ですので、まだの方はご遠慮なくお越しくださいね。さて、私は面談では2つの事を意識しています。

 

 

1つ目『話す』

お伝えしたいことを正直にお話します。入塾面談の時と同じように、塾の方針や先を見据えた勉強の方法については、私はたくさん語ります。今、改善すべき点も話します。中学生までは保護者の方の影響力も大きいですので、保護者の方にお願いすることも多くあります。それはお伝えするしかないですので、何度も同じ話ばかりかもしれませんが繰り返しお話しするようにしています。

 

正直に話をしすると、中にはショックを受けられる方もいらっしゃるかもしれません。でも、今の課題を洗い出して改善しない限り、子どもの学力の向上はないと思っています。臭いものにふたをしたって、肝心な時にその癖はでてくるものです。だから、言いたくないことでも私は正直にお伝えするようにしています。

 

 

2つ目『聞く(傾聴)』

3か月も経てば子どもは変わります。そのぐらい変化するのお年頃なんです。ご家庭でお困りな点や進路について、勉強方法、生活リズム、学校の様子などいろいろお聞きします。

 

その中で気になった点があれば改善策は一緒に相談したり、変化が必要であればお願いすることもあります。また、お母さん方はいつも見えない重いものをしょっていますので、それが少しでも軽くなればよいかという気持ちもあります。

 

 

これは私の感覚なのかもしれませんが、だいたい順調なご家庭ほど「聞く」時間が長いはずです。生徒面談でもそうですが、私は聞くことの方が面談では大事だと考えているからです。

 

  

この先、大学の役割というものも変わってくるようですが、それは小さなことです。

 

 

だって、大学の役割が変わろうが、そこの通う子供たちの能力を上げることが教育者の役割だからです。必要以上に周りがお膳立てする必要はありませんし、どの道を選ぶかは子供たち本人ですからね。

 

 

現実は、辞書で調べるのが遅い、暗算ができない、言葉を知らない、60分間という時間で何回も手が止まる、こんな中学生も少なからずいます。

 

「小学校教育は何やっているんだ!!!!!!!!!!!」と叫びたいところですが、学校の先生もきっと一生懸命やっていると思うので我慢しておきます。

 

 

その 代わりではありませんが、

”もっと学ぼう” と叫びたい。

 

 

 

たとえ、それが机の上の勉強でなくてもいい。一生懸命やりたいことがあるなら、その道を極めるのもいいんじゃないんですか。スク玉ができることはありませんけどね。

 

 

没頭するものがないのならば、あきらめよう。おとなしく机の上の勉強をやろう。勉強から学べることは、知識だけにあらず。それならスク玉は応援しますよ。その専門ですからね。

 

 

残念ながら、この地域の高校の学力レベルは年々、低下しています。一宮西、興道、津島もその例外ではありません。とにかく合格点が下がっています。もはや、これら上位の高校に入学するハードルは高くなく、高校合格という価値はそんなに大きいものではなくなりました。

 

 

それ以上に、「授業についていけない」、「量をこなせない」、「言葉をかみ砕く力がない」生徒の増加が気になります。1時間に演習できる量、チェックの仕方、間違い直しの習慣、解説・参考書の活用を身につけさせたい。これは何年生だから、といった学年は関係なさそうです。今から練習すべきことです。

 

 

もし保護者の方が目先の点数ばかりを気にするようであれば、それは本人にとって良い影響はもたらしません。生徒にとって親の意識改革が必要であれば、私は面談でしゃべりまくりますよ。

 

 

子どもの学力は、その子の周りの環境でほぼ決まるから。

親が変われば、子どもは変わる。その為にも、みんな頑張るけん。

 

広告1

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.06.15更新

さんなん です。

夏が近くなりまして、入塾のお問い合わせをちょくちょくいただいております。ありがとうございます。学年やクラスによっては満席ですので、その場合は入塾をお断りいたします。ご理解の程、よろしくお願いします。空席のご案内は更新しました。詳細は こちら

 

さて、期末テスト対策週間ということで中学生はテスト勉強に入っています。スク玉では、学校ごとに最低限(これだけはやろう!)の「やること表」を作成しています。

 

尾西二中、祖父江中、萩原中、尾西一中、明治中、奥中、治郎丸中、稲沢中、稲沢西中と通っていただいている中学校がこれだけあります。しかも各学校で3学年来ていただいている学校もありますので、それぞれの学校・学年に合わせた「やること表」をTK先生が一人で作っています。

 

テスト対策で大事のは最初の1週間目です。学校のテスト範囲が発表された今の時点で、テスト範囲が8割は終了しています。予定通りに進んでいますか??

 

現時点で強者は全て終了している状態の生徒もいて、その生徒はすでに2度目、3度目、そして塾ワークや対策プリントに突入しています。まだ学校の授業で習っていない単元があっても、そこは例題や教科書、参考書を使って自分の力だけで知識を吸収していきます。

 

 

テストは来週からですが、

正直に言えば今の時点で勝負あった状態ですね。

 

 

 

ちなみにテスト対策2週目の勉強は、「深さ」と「細かさ」を意識しての勉強です。

 

テストに出る出ない関わらず、本当の理解を求めての勉強が「深さ」であり、教科書や問題集、資料集のどこが出題されてもよいように隅から隅まで知識を押さえる勉強が「細かさ」です。

 

 

上位の生徒に対する塾の役目は、この二つ「深さ」と「細かさ」のチェックです。その先生の理解度チェックの前に、自分で解けるかテストをする習慣がまずは第一歩ですね。まだまだ甘い生徒が多いですな。

 

 

テスト・テスト・テスト、チェック、チェック、チェック。

だから、チェスト!

 

おあとがよろしいようで、また明日お会いしましょう。

 

 期末テスト対策1

 期末テスト対策2

 期末テスト対策3

 期末テスト対策4

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.06.12更新

こんにちは。

大野原です。


スクール玉野では先週からテスト勉強に入っています。
テストの範囲を1週間前から始めても、なかなか復習の時間を確保するのは難しい。
かと言って2週間前から始めても終わらない人は終わらない。

中学生の間は5教科5科目しかありませんが、高校では2倍の10科目程度に増えます。
中学生の間に量をこなす練習はしておくことは、高校の勉強についていくのに必須です。
要するにスピードが必要です。
読むスピードが遅く、問題を解くのに逐一時間がかかってしまう人は、
速読をやって少しでも早くできるようにしましょう。

さて、今日は8時間勉強会です。

 

予定通りできていない人。
予定通りにはできているけど、中身が薄い人。
予定通りにできて、内容もばっちりな人。

 

さまざまですね。
それぞれに目先の目標も変わってきます。

予定通りにできていない人は、スピードが明らかに足りません。
考えているつもりで休憩にならないように、シャーペンを動かす手を止めてはいけませぬ。

また、先生チェックで付箋を貼られた人は、理解できてなくて丸暗記の勉強になっている人もいるようです。付箋を貼られた問題をやり直すのはもちろん、自分の勉強の取り組み方を見直してください。

特に、漢字間違いや英語のスペルミスは目立ちます。
自分の答えは間違っているものとして○付けをしないと、
何も書いていないのに○がついているようなギャグみたいなことが起こります。

 

自分の手が動かし続けることを意識してください。
そうすれば頭も動き続けます。

 

cp

pk

lp

lnch

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.06.05更新

衣替えの季節ですね。ジメジメ季節は半袖 さんなん です。

 

本日は、朝から「四谷大塚全国統一小学生テスト」でした。

一宮市や稲沢市から約40名もの受験者が集まりました。塾生と外部が半々ぐらいですね。

 

外部の一般受験生は一宮駅周辺の方が多かったですね。

わざわざ遠くからのご参加ありがとうございます。

 

小学3年生は10名の参加でしたが、

なんと「誰一人として同じ小学校のお友達がいない」ということを生徒達と話をして判明しました。

それでも地元の小学生が少なかったのは、少々残念でしたね。

きっと小学生に選択権はありませんので、これは親の意識の差でしょうか。

 

今回で18回目の四谷大塚主催の小学生テストですが、

いつもながらその難易度は難しい問題が並びます。

 

とにかく算数でも文章が長いのです。

1:1対応で解ける問題は計算問題が数問程度で、あとの問題は私でもパッと解けないのです。

 

 

受験した生徒さん達は、何度も何度も繰り返し問題を読んで、

図を書いたり、線を引いたりして粘って粘って答えを求めていました

 

単純に暗記することも大切ですが、

テストを通して知らない事がたくさんあるからこそ、

「もっと知りたい!」

「もっとできるようになりたい!」

という気持ちが 生まれるのだと思います。

 

探究心、向上心はこうして育むものです。

今の小・中の学校教育で足りない部分はここにあると感じています。

 


また、 家に帰ってからは、間違い直しをすることも大切なことです。

いつも通り自己採点できるように

「解いたら、問題番号に○をつける」ことも伝えました。 

 

さすがに時間もない中、全員がチェックできていたわけでもありませんでしたが、

小学3年生でも半分以上の生徒が問題番号にチェックをしていましたね。それでよいぞ^^。

 

 

さらにWebで解説授業も受けれるようになっておりますので、

こういった学ぶ環境はありがたいですね。使わなきゃ損ですな。

  


テストを上手に活用することで、数字では計り知れない程の価値があります。

生徒にそのチャンスを与えてくださった、保護者の方に感謝です。

 

お休みの中、本当にありがとうございます。

 


参加者の方には、

・Web解説授業のお手紙

・テストの解答、解説

・スク玉ニュースレター四谷ver(スク玉生にはドリームナビ)

・消しゴム

をプレゼントしました。

 

またお手紙の方にも記載はありますが、結果は約2週間で塾に返却されます。

成績が返却され次第、メールで連絡しますので塾まで取りに来てください。

 四谷大塚1

四谷大塚2

四谷大塚3

四谷大塚4

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.06.01更新

いつも暑がり さんなん です。今日から6月ですね。風邪引きさんが多々いらっしゃるみたいで、体調管理には十分気を付けて下さい。また、五月病からか気持ちが入らない生徒さんもいらっしゃいますが、ケジメをつけて切り替えて行動するよう声かけをお願いします。何かに熱中している生徒には五月病は縁がなさそうですな。

 

■小中学生用ニュースレター配布

今回も44ページの特大号になりました。

内容は…それは、やっぱり読んだ方のお楽しみですよね。

 

中学生さん達にニュースレターを渡すとずっと読んでいるので、

授業前に渡すのは危険だと感じました。

(´-`).。oO(普段からそのぐらい新聞や参考書読めばいいのにな

 

今回のラインナップ

・さんなんの「絶対一本~impossible is nothing~」
・中学部】中間テスト対策授業の様子&4月全県模試報告
・速く正確に理解する速読 ~ちーむスク玉の活動~
・The Sukutama Lepoton Times~スク玉英語情報発信局~
・4教科の勉強法 TKの○○勉強法
・【中学部】高校受験の軌跡
・バヤシ王からの挑戦状&読書感想文の書き方【理論編】
・TKの「気まぐれのブックストーリ―」Man is what he reads.
・サラリーマン川柳 &65%の子供は○○○○ない職業に就く!
・スク玉の未来日記

 

 

■特別版ニュースレター配布

偶然ですな!こちらも44ページの特大号になりました。

 

今回のラインナップ

□ スク玉春の京都旅行~京都へ行きょーと 
□ 大学生のキャンパスライフ(前期の授業)
□ TKの「教科書には書いてないかも」社会っていとをかし
□ ナヲキの「理科って面白い」
□ バヤシ王の「大辞林」~リターンズ~
□ スク玉版ハローワーク

 

人気のある、TKの「教科書に書いてないかも」では、

前回に引き続き、愛知県の地理・地名の謎に迫ったお話になっています。

また、ナヲキの…や、バヤシ王の…も人気が落ちませんね~。

 

まずは生徒のあなたが読んで、読み終わったら保護者の方へ渡してあげてくださいね。

(´-`).。oO(翌日に面談の紙を持ってきた生徒は、きっと読んでいないな。早すぎる。

 

片方だけ読むと、縁起の悪い数字4が並びますので、

ぜひ2冊合わせて88ページ読んでみてください。

8は無限大「∞」。塾とあなたの心をつなぎます。

ニュースレター

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014