スク玉ブログ2016

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2016.08.27更新

教室に入ると、中3アドが全員寝てました(笑)。お茶目な人たちには、困りましたね^^夏バテもない さんなん です。

 

 

さて、本日は小学部の実力テストがありました。小2~小4は国語、算数の2科目、小5~6は国語、算数、理科、社会の4教科のテストです。

 

受験する目的は、

「基準」=今いる自分の位置を知ること 

です。

 

この実力テストの平均点は60点~70点。学校のテストと比較すると難しいかもしれませんが、これが一般的な基準のテストです。学校のテストでいつも90点以上取っていても、この実力テストで平均点が取れない生徒もいます。それだけ地元の小学校のテストは易しいという認識は持って欲しいと思います。

 

 

学校のテストを基準にしているご家庭は、実力テストが難しいという。

実力テストを基準にしているご家庭は、学校のテストは易しいという。

 

 

意味としては同じかもしれませんが、

基準をどこに置くかは大事な問題です。

 

 

この地域の平均的な偏差値は45前後だと思います(入塾試験の結果から推測)。

 

 

「うちの子、ちゃんとできているのかな?」

 

 

この基準が学校にあると、「学校でできている」=たぶん45以上であることはわかります。

でも、偏差値45かもしれませんよ。偏差値45は、全国の平均よりも下という数字です。 

 

 

「学校のテストでは良くできるけど、、、、」

「学校の先生は勉強は問題ないって言ってたけど、、、」

「算数に不安があるかも、、、」

 

というご相談もあり、

 

とりあえず受験しておこう。

 

こんな保護者の方が増えてきました。スク玉では実力テストだけ受験することもできるのです。

 

 

 

結果の良し悪しは二の次です。悪ければ今のままの勉強ではダメだということ。

良ければ今のまま勉強を続けていけばよい。

 

 

 

我が子のこの先をどうするかというビジョンを構築するの為には、

まずは今の我が子の位置を知ることが必要ではないでしょうか。

 

 

 

 

次回は冬(12月)に実力テストがあります。良かったら、ご活用ください。

成績個票は、約3週間後に返却されます。

実力テスト4

実力テスト2

実力テスト3

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.08.26更新

さんなんです。この夏もお土産をたくさんいただきましてありがとうございます。写真の倍ぐらいたくさんいただきまして、とても私一人では食べきれないほどの量になりました(ひとりで食べませんけど…)。講師、生徒で分けたいと思います。本当にお気持ちだけで結構ですので、お気遣いなくお願いします。

 

夏の最後の1週間、小学生や中学生も武士道を積極的に使って授業のない日に勉強する姿があります。高校生はお盆休みも返上していましたので、今更紹介する必要がありませんね。彼ら、彼女らも良く頑張っていますよ。やること表が終わってやることのない生徒も結構でてきていますので、なんとも嬉しい悲鳴を上げているところです。

 

 

 

本日は、中学生のチェックの様子です。

生徒A「先生、数学の本日のやること終わりました。」

 

 

Sなん「むむ。では、この速さの問題を解きたまえ。」

 

 

生徒A「御意。」

 

 

Sなん「文章題は図が命。芸能人は歯が命。」

 

 

生徒A「先生、意味が分かりません。」

 

 

Sなん「むむ。ちゃんと途中式と図を書きなさいってことだよ。」

 

 

生徒A「先生、図はどうやって書けばいいんですか。」

 

 

Sなん「図がないのに、どうやって解いたんだね。」

 

 

生徒A「途中式と答えが正解していたので、図は書いていません。」

 

 

Sなん「遠足は、行って帰ってくるまでが遠足なんだよ。バスレクも遠足の内だろ。」

 

 

生徒A「バナナはおやつに含まれますか?」

 

 

Sなん「では、その式は何を表しているのか説明したまえ。」

 

 

生徒A「この式は、、、えーっと、なんだっけな。」

 

 

Sなん「解くだけなら誰でもできる。説明できるように、もう一度やり直しじゃ。」

 

 

生徒A「殿は、今一度チャンスを与えてくださるとおっしゃるのか。」

 

 

Sなん「よいのだ。『説明できる=理解した』を基準に、引き続き問題を解きなさい。」

 

 

生徒A「もったいないお言葉。ありがたき幸せ。」

 

 

 

 

スク玉ではこのような会話をしながら、解いた問題が本当に理解したかどうかの先生チェックをしています。自分のできたという基準を上げないと、どれだけ演習してもザルで水をすくう様なもの。成績UPなどできるようにはなりません。もっともっとチェックの時間が欲しいですわ。

 

先生チェック1

先生チェック2

お土産1

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.08.24更新

杏仁豆腐が好きです。でも、パンナコッタの方がもっと好きです。こんばんは、ポジティブ界のナポレオンこと さんなん です。

 

 

突然ですが、ここで質問です!!!!

毎年、夏で1番成績を伸ばした生徒はどのように塾を活用していると思いますか??

 

 

30秒お考えください。

 

 

10秒!

 

 

 

20秒!

 

 

 

30秒!やめ!

 

 

さて、答えを発表します。

 

 

実はスク玉は毎日でも通える塾なんです。小学生や中学生は「武士道」という時間があります。小学生の武士道は先生が教室についていますので、わからない問題の質問や生徒の進度管理もできるようになっています。この「武士道」に活用すると、学校行事や習い事などの欠席した分を補うこともできます。

 

例えば、小学6年生の夏期講習の期間中に、授業は8回に対して、武士道は13回も用意してあります。そして、この「武士道」は欠席していなくて参加することができるのです。中高生で、図書館や自習室代わりに毎日、朝や昼も使っている生徒もいます。先生が手が空いていれば、もちろん質問したり、熱く語り合ったりもできます。

 

 

 

つまり、、、毎年、夏で1番成績を伸ばした生徒はどのように塾を活用していると思いますか??

という質問の答えは、

 

‶授業がなくても、毎日塾に通っている生徒”

が正解!!!!

 

 

と、思ったあなた!!!惜しい。不正解ではありませんが、ニアピン賞です。

ニアピン賞として、スーパーTK人形を差し上げましょう。 

 

 

確かに、中学生や高校生でもご家庭で誘惑に負けて勉強できない生徒は多くいる為、

塾で毎日勉強するだけでも「差」が生まれます。その分、成績が上がっていく傾向にあります。

 

 

しかし、毎年1番成績を伸ばしている生徒は、このケースでないんです。

 

 

どんなケースかというと、

学校行事や習い事と塾とを両立している生徒

です。

 

たとえばサッカーのクラブチームに入団しながら、スク玉に通っている中学生の男の子。クラブチームは、土日は1日中練習で入ったり、遠征で塾の授業を欠席する時も多々あります。他人より時間がない中で、塾のやるべき事をちゃんとやってきて、武士道の時に分からない問題を質問する。このような生徒は、とにかく成績を爆発的に上げてきます。

 

 

または、学校の金管クラブに入っている関係で午前中は4コマの内1コマだけ夏期講習に参加している小学生の女の子。 時にはお弁当を持ってきて、午後からも武士道で勉強している姿もあります。この生徒も馬力が違います。家の勉強量も想像できますが、塾の武士道の時間も効果的に使っていますね。

 

 

勉強は勉強時間だけ長くてもいけません。特に受験生でなければ、メリハリつけて学校行事や習い事と塾を両立することが、効果的な勉強法だと感じています。これも武士道というフォローができる環境があってのことなので、これもスク玉の強みだと考えています。

 

 

何かに一生懸命、取り組む。そして、塾のやるべきことはやる。

そんな子が1番、伸びるのです。

 

 

一生懸命、何かに没頭するものがないのであれば、毎日塾で勉強すればいい。

1番でないにしろ、それもアリだと思います。

 

 

塾にこれば、誰かしらが勉強しています。その姿をみて、自分のモチベーションを上げることも自己管理の1つですね。忙しいほど、時間の使い方も上手になるというもの。残り1週間、少しだけ忙しい夏を過ごしてみたらいかがでしょうか。

 

 

<スク玉 高校部ギャラリー> 

 高校生3

高校生14

高校部10

 高校生4

高校生12

 高校生1高校生2

 高校生5

 高校部7

高校部9

高校生11

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.08.20更新

ああしてたら、良かった。もっと頑張ってれば、良かった。たまに我が人生を振り返る30代タラレバ男子 さんなん です。

 

勝負の世界にタラレバは通用しません。1手の重み感じてますか??そう、本日は「将棋大会『竜王戦』」開催です。竜王戦9名、初心者の部18名、小学1年生~高校3年生までの総勢27名での将棋大会になりました。

 

さっそく結果発表です。

 

<竜王戦>

優勝 ショウゴさん、リョウスケさん、ソウマさん(全員5勝3敗)

ティーチャーズ&一夫くんは7勝0敗(ともに8戦できていないため除外)

 

「パチっ」と駒の打つ音と、「10びょ~う。20びょ~う。」とチェスロックの声だけが響いていました。小学2年生も参戦した今回の竜王戦は、9名の総当たり戦で争いました。この日の為におじいちゃんやお父さんと打ち込んできたようで、なかなか楽しませてもらいました。

 

気になった点は、2つ。1つは時間の使い方で、もう1つは終盤戦のヨセについてです。

 

せっかく持ち時間があるので、最後ギリギリまで考えて1手を決めてください。終盤戦のヨセについては、詰めの道筋がありながら見逃しての逆転負けも見かけました。終盤力は経験から身につく割合が大きいので、もっと練習して、打った後に感想戦をすることをお勧めします。

  

 

 

<初心者の部>

優勝   ルキさん(9勝)

準優勝 レイカさん(8勝)

3位  マナトさん、ハヤトさん、タイヨウさん(6勝)

 初心者の部は、勝ち星☆で順位を決めました。初心者の部で優勝した子は経験者の部でも通用するレベルでしたね。次から一つ上のステージで戦いましょうね。

 

半分程度の生徒はまだ将棋になっていない様子でした。

Aさん「うりゃ、王手!!!」  Bくん「(銀で取る)」

Aさん「おりゃ、王手!!!」  Bくん「(王様、よける)」

Aさん「どりゃ、王手!!!!!!!!」  Bくん「(歩で取る)」

Aさん「え~、困ったし~」

こんなやり取りのレベルです。真夏なのに、ほんわか心が温まりました。まぁ駒の動かし方は覚えたので良しとしましょう。

 

 

将棋大会後は、表彰式とピザパーティーを開催。表彰式の写真はニュースレターに掲載しますね。今回もたくさんの景品を用意しました。そして、ピザはLサイズ9枚がお昼ごろに到着。たくさんコーラもおまけしてもらったので、皆で美味しくいただきました。なぜかコーラを飲むと、気分はアメリカンになりますな。

 

次回の将棋大会は、冬を予定しています。しっかり研究して、駒踊る戦いができることを期待しています^-^参加いただいた方、ありがとうございました。

 

将棋3

 将棋2

将棋7

将棋13

将棋4

将棋6

将棋8

将棋11

将棋9

ピザ1

将棋12

ピザ3

 

 

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.08.19更新

ちゃんと塾にいますよ さんなん です。「先生に数学の質問があったんだけど、探してもいない。」って聞きました。スク玉は隠れ家みたいなもんですからね。小さい部屋が9部屋もありますから、探してください(笑)。正直に言えば、講師は交代で休みを取って働いていますので、その日はいなかったんでしょう。ごめんね。

 

 

さて、ニュースレター6月・7月号の特別号のラインナップの紹介です。こちらもすでにお手元にあるハズです。ない方は、次回もらってくださいね。

 

☑この夏はOSAKA English Village へ
☑TKの「教科書には書いてないかも」~社会っていとをかし~
☑TKの「気まぐれのブックストーリー」~Man is what he reads~
☑大学生のキャンパスライフ(夏のおすすめスポット)
☑ナヲキの「理科って面白い」
☑バヤシ王の「ちょっといい話」~リターンズ~
☑大学受験分析~頭の中の検索ちゃん①~学部紹介~
☑スク玉版ハローワーク スポーツトレーナー/税理士/動物園飼育員

 

合計36ページになりました。ちなみに通常版も36ページ、合わせて72ページとちょうど読み応えある量ですかね。

 

この中から、『TKの「気まぐれ本棚事情(ブックストーリー)」』を紹介します。

-----------------------------------------------------------------------

『ツバキ文具店』小川糸

 文庫1

 

言いたかった ありがとう。言えなかった ごめんなさい。伝えられなかった大切な人ヘの想い。あなたに代わって、お届けします。

 

家族、親友、恋人⋯⋯。


大切に想ってっているからこそ、伝わらない、伝えられなかった想いがある。鎌倉の山のふもとにある、小さな古い文房具屋さん「ツバキ文具店」。店先では、主人の鳩子が、手紙の代書を請け負います。和食屋のお品書きから、祝儀袋の名前書き、離婚の報告、絶縁状、借金のお断りの手紙まで。文字に関すること、なんでも承り〼。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


その人に代わって手紙を書く仕事。

それが、代筆屋です。そんな仕事があるんですね。

 

言葉の選び方、言葉の使い方によって、人に与える印象が全く違ってくるのを知っている人は多いと思います。

 

しかし、そもそもの文字によっても印象が変わるのを知っていますか。文字の書き方によって与える印象が変わるのは日本語だけじゃないでしょうか。日本語もまだまだ奥が深いですね。そんなことを教えてくれる一冊です。

 

-----------------------------------------------------------------------

このように、本のあらすじと一言を添えてしっとりと紹介していっています。今回は計8冊。

少しでも本を身近に感じて、あやよくば1冊手に取ってもらえたらと思っています。

 

 

この特別号は、小学生から高校生までの皆から読みやすいとの声をいただいております。

奇数月に発刊されるスク玉ニュースレター。次号は8月・9月号にてお会いしましょう。

 

 

それではまた。さよなら、さよなら、さよなら(さよならオジさんこと 淀川さん風に)

 

ニュースレター1

夏2

夏2

夏3

夏4

夏5

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.08.18更新

大学時代の友人と金山で焼肉&スタバしてきた さんなん です。そんなお盆休みも終わりまして、中学生と高校生は本日から授業開始です。

 

 

 

本日はニュースレターについてです。お休み前にお渡ししたので、すでにお手元に届いていると思います。

ニュースレター6月・7月号のラインナップです。

◆さんなんの「絶対一本~impossible is nothing~」

・高校別大学実績と分析~何を優先して高校を選択するか!~

・愛知県の高校進学実績と全国の高校との比較

・地元高校別大学入試実績

(一宮、西、興道、津島、南、津東、木曽川、津北、杏和、滝、名城、啓成、清林館、大成)

・高校別進学実績からの分析(一宮、一宮西、興道、津島)

・清林館高校~3年後のストーリー~

◆速読講座,速読甲子園

◆【中学部】1学期中間テスト&期末テスト報告

◆読書感想文の書き方【実践編】

◆バヤシ王からの挑戦状~中学生小論文講評~

◆The Sukutama Lepton Times~スク玉英語情報発信局~

◆英語検定試験の乱立!大学入学者選抜制度にどれを活用すべきか!?

 

 

 

 

 

この時期は、何といっても「高校別大学受験合格実績」が目玉です。

どんな中身かと言うと…

☑2016年度大学入試の合格者数

☑過去5年間の合格者数の推移(国公立・私立)

☑高校の入試合格点と倍率の推移

推移を見ていくと、この3年~5年でどんな変化にあるのかが見えてきます。あとで少しだけ写真を掲載しておきますね。

 

 

 

正直、なかなか公立高校の情報というのは中3生や保護者の方に伝わってきません。

先輩方の話に加え、この合格力も高校を検討する時の資料の1つとしてご活用いただきたいと思っています。

 

 

 

ここでは多くは語りませんが、これだけは伝えておきたいことがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一宮高校を除く、地元の公立高校の大学合格率は本当に低下してきています。

一宮西高校ですら、名古屋大学の合格率は約38.46%(文理合算)です。

また、興道高校や津島高校からでは国公立大学への道は、本当に狭き門となりつつあります。

 

 

 

 

こういった事実を知らずに、高校合格だけを目指していませんか?

○○高校へ合格できれば安心、そんなの妄想ですよ。

 

 

 

高校で学力が伸びない最大の原因は、小学生・中学生の時に勉強してこなかったからです。愛知県の公立高校受験の傾向は読みやすく対策がしやすい分、中3生から詰込んで志望校に合格した生徒もいるでしょう。しかし、知識の付け焼刃の生徒は、高校の授業についていけません。高校は、合格することより授業についていくことが難しいのです。その準備を、中学生の内にしてきたかどうかがカギです。 

 

 

 

【今、教育現場で何が起きているのか】を実感して欲しいため、客観的な数字という形にしてニュースレターでお届けしています。

 

 

 

最後に。

高校は、高校生としての教養を学ぶ場であって予備校ではありません。

 

学校の先生に「我が子の成績管理」をお願いする保護者の方もいるらしいですが、甘えすぎじゃね。大学受験は、そんなに甘いものではありません。とにかく、小学生と中学生の内の習慣が大事です。しっかり教養を学ばせ、基礎学力を身につけさせてください。

 

大学受験分析4

大学受験分析1

大学受験分析2

大学受験分析3

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.08.12更新

キングダムを大人買いしたい衝動に駆られている さんなん です。これは古代中華が舞台になったマンガなんですが、近頃ますます人気がでてきています。

 

 

さて、8月11日と12日に中2生希望者には、

「一次関数攻略」と「歴史SP」の授業を行いました。

 

<午前:一次関数攻略(4時間×2日)>

目標は、“2点を与えられていて、その点を通る直線を暗算で求めることができる”です。

2点が整数の場合は、間違っても連立で式を求めるのはやめてくれ~。

 

もちろんステップアップもあります。

面積二等分、平行・垂直・対称・中点などの基本型から

等積変形や平行四辺形、変域、最短距離といった応用まで。

 

最低限、皆が目標ができるようになればよし!

欲張りません。せめて一行、二行は式を書いてもいいからね。

文字を置いて求めるレベルの問題ができていれば万々歳です。

 

 

<午後:歴史SP(4時間×2日)>

目標は、“どの時代でも良いので、白紙の状態から完全復元できるようになる”です。

 

知識の確認の連続で忙しすぎて大変だったみたいですが、

中2生は歴史の方が楽しそうでしたね。

 

歴史には流れがあります。時代背景からストーリーで覚えるもよし、

苦手な人は反復練習で刷り込んでいきましょう。

 

 

一次関数攻略1

一次関数攻略3

一次関数攻略8

一次関数攻略4

歴史講座1

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.08.10更新

かんたん酢に漬け込んだキュウリとダイコンにハマっている さんなん です。

今日はそんな料理のお話、、、かな。

 

おいしい料理を作るには、下ごしらえが重要ですよね!?

 

 

我々、塾人の仕事も授業前の準備で授業の質が8割ぐらいは決まります。

授業は、準備してきたことをただ表現するだけです。 

 

 


たとえば、「月ごとの学習計画表の作成」や「担当教科の予習」は当然です。

そして、その日の授業では何を学んでもらうのかという、目標設定。

前回の授業の反省点があるのならば、その改善策も必要です。

 

いわば授業中のシュミレーションですね。  

 

 

 

また、生徒達には受験が控えています。

今の勉強のままで、彼らはちゃんと志望校に合格できるだろうか。 

合格するためには、何が必要なのか。何が足りていないのか。

 

目の前ばかり目が行きがちですが、

中長期的な視点も合わせて考えていかないとなりません。

 

 

私の持論は、「人の努力は、努力してきた人だけがわかる」です。

努力してこなかった人は、見えている部分だけで善悪を判断します。

 

 

美味しい料理も、手間暇かけたから美味しいんです。

見える部分よりも、見えない部分の方が大切なハズです。

ご家庭でもそう伝えてあげて下さい。

 

 

神は細部に宿る。

スク玉生には、人の努力がわかるように育ってほしいです。

スク玉の講師たちも裏ではバリバリ頑張ってくれていますからね。

 

講師1

講師2

講師8

講師5

講師8

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.08.09更新

大河ドラマ真田丸にハマってます さんなん です。武士としての生きざま、乱世において生き残りをかける駆け引きがたまりませんな。「世の中は大きく変わろうとしているのに、あの山や空はいつも同じだ(真田信繁)」って、器がデカすぎるぞ(^^)/

 

 

さて、現代の戦と言えば受験ですな。スク玉には高校生もおりまする。

 

高3はセンター試験まで半年ありませんので、すでに受験の実践練習をしています。一人ひとりの受験勉強を進めていますが、やればやるほど実感できる現実の厳しさを痛感しますな。ヤバめ~(^^)/

 

 

高1・2も受験を意識した時からは受験生です。

高2生で、すでにセンター試験を解いている生徒もいますが、あなたの完成度はいかほどですか??やっている子はとことんやってますよ。マジどんだけ~(^^)/

 

また、忘れがちですがオープンキャンパスなどを活用してどの大学を受験するのかを決めておくこと。ほとんどがすでに終了していますが、ちゃんと見てきましたか??

 

スク玉生でわざわざ金沢まで大学見学に行ってきた生徒もいますよ。ちゃっかりお土産も買ってきてくれた。なんていい子なんだ(^^)/ありがとう。(私立大学のオープンキャンパスはこちら。)

 

 

人は知っている事からしか選択はできません。であれば、たくさんの大学を見て、肌で感じて、候補にすることは高1,2生にとって、とても大切な受験対策だといえます。自分で動かないと誰も何もしてくれませんからね。

 

 

そんな高校生さん達は、日曜日も含めて毎日塾に来ている生徒もいます。集中できる場所なら、どこで勉強しても一緒。勉強時間の確保は最低限として、あとは勉強は中身よ!言いたいことはそこ!勉強は中身が大事やで。人間も中身が大事なのと一緒ですよ。

 

凹凸をつけて勉強すべし!それが高校生の勉強です。うける~(^^)/

 

高校生2

高校生2

高校生3

高校生7

高校生4

高校生4

高校生6

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.08.08更新

DVD作成やニュースレターも完成し、ようやく本来の自分の仕事に集中できている さんなん です。お盆休み中は、普段塾で指導しているように、「やること表」を見てから勉強に取り組んでくれていると嬉しいですけど、どうでしょうか??

 

 

さて、小学生の英語についてです。

スク玉では、Lepton(レプトン)で英語を指導しています。

☑ オールイングリッシュのレッスンで「話すspeaking」「聞くListening」を中心に学びます。
☑ TOEIC®600点レベル(英検2級程度)まで対応、高校受験や英検対策にも役立ちます。
☑ 個別指導の良さと自立学習の良さを併せ持っています。

 

 

今の教育の場での1番の悩みは、「学力格差」です。

 

例えば小学3年生で英語を習っている生徒が3人いたら、

・先生と英語でペラペラ話せる子

・先生の言っていることは分かるけど自分の言葉では話せない子

・英語を今まさに習い始めた子

 

 上記は、スク玉で実際いる生徒達です。日本語より英語で指示を出した方が早く認識する生徒もいますからね。ワタシノニホンゴ、ワカリマスカ?

 

 

正直、誰かのレベルに合わせて一斉授業するのは限界ですよ。

だから、スク玉のレプトン英語は8人までの少人数制にしています^^

 

 

自分に合ったレベルから始めることができて、回数も選択できるのでおかげさまで大人気です。夏に24回コースを受講している生徒もいて、猛レッスンで使える英語を学ぶことができます。

 

 

本当に覚えたのか、発音が正しいのか、

先生に個人チェックをしてもらいます!これもスク玉流です。

 

レプトン1

レプトン2

レプトン3

レプトン4

 

 

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014