スク玉ブログ2016

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2016.12.20更新

明日は冬至なんですって。こういうことってどこで習うんでしょうね。そんな疑問を持っている さんなん です。教養は大事だなって思う今日この頃、柚子とみかんもたくさんいただきました。他にもたくさんいただきものが~♬。本当にお気遣いありがとうございます。

 

 

~冬至とは~(ウィキペディア風より抜粋)

冬至(12月21日ごろ)とは北半球において太陽の位置が1年で最も低くなる日で、日照時間が最も短くなります。太陽の位置が1年で最も高くなる夏至(6月21日ごろ)と日照時間を比べると、北海道の根室で約6時間半、東京で約4時間40分もの差があるのです。

 

 

さて、前回のお話しの続きでしたね。

 

場面は、

元塾生が働いていたコンビニを出たところでしたね。

 

(つづき)

「ありがとうございました~♬」

そのコンビニから出たときでした。
 
 
 
 
「さんなん先生じゃん!?オレのこと覚えてる。

 

 オレ、頑張ってるよ!!」

 

 

何年ぶりでしょうかね。その子を最後に見たのは、、、

中学校の卒業以来か??大学生の頃に一度見かけたか??

 

 

きっと10年経ったか、経っていないかかな。

 

 

とりあえず、イニシャルをS君としましょうか。

S君の名前は名札がなくても、すぐでてきました。

 

 

 

S君は、小6~中1ぐらいに入塾した生徒で勉強も平均点前後はとっていた子でした。しかし、彼が塾にいた時の1番印象に残っていることは、中2の夏過ぎから無気力の塊っていうぐらい無気力になっていたことですね。

 

 

 

勉強は面白くない。やる意味あるの。っていう感じで、

親に言われてるので、しゃーないから塾に行ってやってるって感じの子でしたね。

 

 

まぁ今のスク玉なら、確実にクビですね。(笑)

 

 

でも、挨拶もできるとっても素直な子だったんですよ。

3人兄弟の一番下で、上二人(姉と兄)が勉強もできるので、

その分、(自分で)比較してたのかもしれませんね。

 

 

 

「勉強なんかしてもしょうがないやん。」

 

 

 

「じゃあ塾で何やりたいの?」

 

 

そんな私の問いかけに、

「さんなん先生としゃべる」って言ってましたね。

 

 

ね!!?いい子でしょ。(笑)

 

 

当時は、私はまだ大学生でバイト講師としてその子を指導していました。(ん、計算あわない、、、10年以上前かも)

 

また、今も昔もスク玉は個別指導ではないので、生徒はその子だけじゃなかったんですけどね。

 

 

 

他の生徒の方の迷惑になっちゃダメなので、「嬉しいけど、それ以外で!」って聞き返したところ、「パソコン使えるようになりたい!」って言ったので、

 

 

 

 

 

数学の授業の時間に、

 

 

 

タイピングやってましたね( ̄▽ ̄)笑。

 

 

 

 

 

知ってます??酒場で銃を撃ちまくるやつね。たしか、コナンちゃんのタイピングもあったかな(こっちは初心者には向いていなかった気がする)。

 

 

 

 

そりゃー成績は上がりませんよね。勉強していないんだもん。

でも、親としても「塾だけは喜んでいくので、お任せします。」とのこと。

 

 

 

 

毎回、タイピングで練習した後は、国語の名文(教科書に載ってる竹取物語など)をWordで作らせていましたね。S君は次第にブラインドタッチができるようになり、速く打てることが楽しかったんだと思います。

 

 

テスト前だけは学校の問題集を解く約束にしていたが、それ以外の授業は周りの生徒は数学、S君はパソコンで名文作りっていう変わった授業を展開していました。

 

 

 

 

そんなS君も中3になり、夏過ぎから次第に勉強するようになり、

ちゃんと公立高校に合格して送り出しました。

 

 

 

 

 

あれから数十年~(きみまろ風)

 

 

 

 

 

今は、ちゃんと正社員してますってさ。しかも、勤務先はパソコン関係の仕事なんだっていうから、人生ってわからないもんですね。しかも、お兄ちゃんより稼いでるっておまけつき(仕事はお金じゃないけどね)。自慢してた。

 

 

 

 

とにかく、「今、オレ頑張ってるよ!」っていうのが嬉しかったですね。

 

 

 

 

元塾生が働いているコンビニの入り口で、元塾生と久々に出会い近況を聞く。ついでに、今、スク玉で働いているK講師がコンビニに入ってくるっていう奇跡。そのK講師とS君は、歳は離れているけど小学校の時のサッカー部の先輩後輩っていう…奇跡を超えた奇跡。世間は狭いですな(*^▽^*)。

 

 

塾での関わりは、塾を卒業したあとも続きます。

いつまでもスク玉は、卒業してからも良かったって言ってもらえる塾でありたいですね。

 

 

以上、完全な余談をお送りしました。

 

NOBUげんこつシュークリーム

Xmasプレゼント

東京土産

御菓子

御菓子

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.12.19更新

相も変らぬ面談面談ばかりの さんなん です。今年は意外とノドが強くなりましたかね。声が枯れていない(^^)/。しかし、中学生さんたちの間で、インフルが来ていますのでご用心。また、ノロもウヨウヨしてるみたいなので、こちらもご注意くださいね。

 

 

 

先日、近くのコンビニに寄った時に元塾生さんに声をかけられました。

「あ、先生!!こんにちは!!」

「(名札見ながら)おー、ここでバイトしているの~!?」

「そうなんです。家も近いので、ここで働かせてもらっています。」

「受け答えもしっかりしてきたじゃん。」

「えへへ、そうですか~。」

 

そんな会話をしながら、当時を思い出しました。

その子は、中1までお母さんが学習管理をしていまして、忘れ物も多くなかなか自立ができていない子でした。

保護者面談で、「自電車で通塾させましょう。忘れ物をした場合は、自分で取りに帰る。」

そんな約束をしたことを覚えています。

 

 

 

中2の秋過ぎになって、ようやく落ち着いてきましたかね。

その頃からようやく勉強にも自分で戦えるようになってきたんですね。

「うちの子、ちゃんと自立できるようになりますかね!?」

そんな心配だった子も、今や立派になりましたやん。

 

よいよい^^ですね。

 

 

「ありがとうございました~♪」って、

そのコンビニから出たときでした。

 

 

 

 

「さんなん先生じゃん!?オレ、頑張ってるよ!!」

 

 

 

前おきが長くなりすぎたので、

つづきは後半へ。

 

出会い

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.12.14更新

さんなんです。休み明けから朝から夕方まで保護者面談、夜は生徒との個人面談が続いています。TKさんも野原王も大量の過去問を解きまくっていますので、彼らも無の境地に入っているみたいです。皆、ブログ更新もなく大人しいですが、元気にしておりますのでご安心あれ。

 

 

 

さて、せっかく面談中なので、保護者様からいただいたご相談や生徒のお悩みなどを共有しようかと思います。

個人が特定できない程度に書いておきます。

 

ちなみに生徒面談は、私(さんなん)と生徒①:①のマンツーマンで行っています。

 

FILE1.中学生Aさん

「現状の課題を言ってごらん」

ここから私の面談は開始します。

 

私が面談で意識していることは、

その子の価値観を揺さぶる ことです。

 

たとえば、この中学生のAさん。

先ほどの質問に対して、「理科の電流が苦手です!!」って答えました。

 

 

私はこう答えます。

さんなん

「へ~。じゃあそれは置いておいて、将来何がしたいの?」。

 

 

Aさん

「え、、、〇〇という会社で働きたいです。」(〇〇は実際の企業名なので控えますね)

 

 

さんなん

「なるほど、今のあなたは〇〇っていう会社のような仕事で働きたいんだね。」

  

 

Aさん

「はい。」

 

 

さんなん

「じゃあ調べてみようか。(〇〇会社のホームページを見ながら)採用情報っと。あった。大きい会社だね。全国の大学名がズラリと並んでますね。地元なら、名古屋大学、南山大学、、、なるほど。」

 

 

 

さんなん

「採用対象者は、文系、理系、芸術系も全てってなってる。競争相手が多いみたいあるよ。あなたに何か勝負できるものあるの?」

 

 

 

Aさん

「え、ありません。」

 

 

さんなん

「海外勤務もあるみたいあるよ。英語は話すことは得意なの?」

 

 

 

Aさん

「どちらかと言えば、苦手です。」

 

 

 

さんなん

「じゃあ、今だったらこの会社に就職できるのかな?」

 

 

Aさん

「難しいですね。最低限、英語を話せるようにしないと。」

 

 

さんなん

「そうかもね。今からそういう意識は大事あるね。あとは自分だけの武器をつくることだね。」

 

 

Aさん

「ぶき…。何ができますかね。」

 

 

さんなん

「私が決めることではないですね。でも、やりたいことが決まっているなら、何かに夢中になって突き進めばいいんじゃないの。たとえ途中でやりたいことが変わったとしても、積み重ねてきたことは絶対損にはならないからね。」

 

 

Aさん

「デザインも苦手ですけど、何か始めてみようかな。」

 

 

さんなん

「絵、書けないの。」

 

 

Aさん

「はい、苦手です。」

 

 

さんなん

「ふぁいと。で、なんだっけ?最初の悩みって。」

 

 

Aさん

「あ、理科…です。」

 

 

 

さんなん

「それ、そんなに重要!?」

 

 

 

 

…こんな流れですかね。実際は、まだまだ続きますけどね(笑)。

 

 

Aさんは、努力はするんだけど一方通行だけ暗記するような勉強クセがあります。

だから、逆算で物事を考えることもできるんだよってことが伝わればいいと思っていました。

 

 

発想の外からの言葉だと言葉が響くみたいで、

自分が持っている価値観ってやつをぶち壊せるといいかな、と。

 

 

生徒相手の面談内容はいつも決めていません。

相手の話をたくさん聞くこと。そして、価値観を揺さぶること。

 

 

それだけ意識してますね。

 

 

それでは、当分この面談ネタで行きたいと思います。

そうそう、ちゃんと進路の話もしてますよ(笑)。少しだけね。

 

成績表 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.12.06更新

さんなんです。アップルパイやドーナツ、セレブ御用達の洋菓子、有名シェフのチョコ、おばあちゃんちのみかん、高級コーヒーセット、クリスマス用のお花?などなど、たくさんいただきました。少しお話しを盛ってしまいましたが、感激のあまりということで見逃してください。

 

 

いつもながらではございますが、本当にお気遣いありがとうございます。

お気持ちだけで十分です。

 

 

12月に入りまして保護者面談も始まり、さらには中学生の生徒面談1:1も始まりました。

受験問題も解かなくてはなりませんので、事務作業はおろか、なかなかブログ発信もできておりませんね。

 

 

そんな中ではございますが、

 

タイトルにありました、

おや!?おや!?おや!?ですが、

 

 

おや?

 

 

 

 

親?

 

 

 

 

 

 

大家?

 

 

 

 

 

OH!YEAH!?

 

 

 

 

おや すみ!

 

 

 

 

お休みを頂戴します!

 

 

 

12月7日(木)~10(土)は、

スク玉はお休みです。

小学部、中学部、高校部、個別、速読、速聴、レプトンの授業はありません。

また、期間中は、メール対応、電話対応はできませんのでご了承ください。

 

 

小学生、中学生ともにクルシミマス会を脱するべく、

猛チャージで勉強している生徒さん達が大勢います。

 

 

お休み明けにワークチェックを行いますので、

その中身を確認後にクリスマスカードを作製したいと考えております。

 

 

さてさて、どのぐらい準備すればよいのでしょうか!?

20ぐらい!?30ぐらい!?大量に用意しておきましょうか。

 

 

ちょっと手をかけ、声をかけ、少し距離を取って、見守ってみる。

あとはこれの繰り返し。自分でできるようになるまでね。

 

スク玉は基本、生徒達には自由を与えておりますが、

やるべきことをやっていない方にはスケジュール管理させていただいております。

 

受験生、受験生予備軍のお悩みは、休み後にまた再開しますね。

それでは、またお休み後にお会いしましょう。

よろしくお願いします。

 

 

冬期講習

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.12.01更新

さんなんです。先週に予告した傘のバーゲンセール。おかげさまで、傘が…増えました( ゚Д゚)ナゼ。週初めに雨模様でしたので、その為かも。さすがに新しい傘は処分できませんので、しばらく置いておくしかなさそうです。。。それでも、里親さんも結構申し出ていただきまして、ありがとうございます。きっと、傘も喜んでいると思います。

 

 

さて、ニュースレター10月11月号が完成しましたので配布中です。

 

小中学生用のニュースレターは、スク玉の勉強法についてです。ちょうど期末テストも終わり、中3で自己ベスト更新など嬉しい結果が届いています。そんな生徒達が「どんな勉強をしているのか?」をご紹介します。

 

小6の4月の実力模試で偏差値53だった普通の子が、今や一宮西校生になり、今回の高校模試でも快進撃を見せています。やっぱり小さな努力を続けることができる生徒は強いですね。そんな生徒に育てるヒントが、このニュースレターに載っていますので要チェックですよ。この小中学生用のニュースレターは、全36ページになっています。

 

 

 

 

 

また、小中校生用の特別号もあります。大学生さんたちの今回のお題は「おススメな本」ということで、こっちはとことん「本」について書かれてあります。大学生講師たちの個性あふれる内容がとても面白いですね。「ナヲキの理科って面白い」、「バヤシ王のちょっといい話」もありますよ。こちらは、全40ページになっています。

 

 

 

 

そして、高校生版もあります。高校生版は、大学入試に向けての話が中心になっています。今回は、名外大の留学制度や人気の外国語コミュニケーションを学べる大学分析などが載っています。こちらは、全28ページになっています。

 

 

受験は情報戦でもあります。噂や都市伝説を鵜呑みにするのではなく、正しい情報を早期より集めてください。

 

冬期講習の詳細は こちら から

 

スラムダンク

スク玉ニュースレタースク玉ニュースレター

スク玉ニュースレター

スク玉ニュースレター

一宮西高校

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.11.24更新

マイ傘はディズニーで買った水色の傘 さんなん です。数年前に買って、いまだに大事に使ってます。↓これね(画像はネット検索したもの)。

ディズニー傘

 

 

 

遠い東の都会では観測史上、初の11月に雪が降ったとか、降ってないとか…本日、そんなニュースをみました。

 

そうです!傘の出番は雨だけじゃなーい。

 

 

 

でも、傘って高価ですやん(今は安いのかな)。そんなあなたに朗報です。なんとスク玉で傘のバーゲンセールが始まります。

 

 

 

 

 

 

 

もち、冗談やで。

 

 

 

 

じょうだん やで。。。(´・ω・`)スミマセン

 

 

 

本気のじょうだん…です。

 

 

 

 

 

 

えーと、傘の忘れ物が大量にあります。

その数、43本。

 

 

 

 

もち、本当やで。

 

 

 

ウソじゃないで。。。( ゚Д゚)

 

 

 

 

これが、、、オオカミ少年の気持ちがわかった気がします。

 

 

スク玉の傘

 

 

 

年末が近づいております。ということは、そろそろ大掃除しなきゃね。

でも、地域のごみの日は、月初めの金曜日なんですよ。

 

 

 

つまり来週12月2日なのよね。

 

 

 

来週を逃すと、次は…2017年1月6日なのかな。

それだと、きっと遠い未来になっちゃうやん。

 

 

2017年の干支って、なんだろう。 

それぐらい、先の話になっちゃうんです。

 

 

ということで、

 

 

 

≪受け取り期間≫

11月24日(木)~11月29日(火)

心当たりがある方は、さんなんまで報告して傘の引き取りをお願いします。

名前がある傘は8本。これらは直接、本人さんまで届けます。

 

残りの35本の傘は、名前がありません。

見覚えがある方は取りに来てね。

 

また、「僕の傘がありません。」って他の人に間違えて傘を持ってかれたかわいそうな方…

ひょっとしたら戻ってきてるかもしれませんよ。

 

運命的な出会いって、そんなときに生まれるものです。

保証はしませんけどね( ̄▽ ̄)

 

 

 

≪里親募集期間≫

11月30日(水)・31日(木)

受け取りがなかった傘は、スク玉への寄付だと考えさせていただきます。

「この傘のデザインいいやん」

「ちょうどこの形、色の傘を探していたんだよ」

そんな方がいらっしゃいましたら、使ってあげて下さい。

 

 

再び、傘としての活躍の場を与えてあげて下さい。

ビビっと来た方は、さんなんまで報告して、ビビ傘をもらってください。

 

 

 

≪その後≫

残っている傘の中で、使えそうなものはスク玉用とさせていただきます。

また、役目を終えた傘は引退式を行なわさせていただきます。

 

何卒、ご理解ください。

よろしくお願いします。

 

スク玉の傘

スク玉傘

スク玉傘

スクール玉野バーゲンセール

傘のバーゲンセール

傘のバーゲンセール

運命の赤い糸

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.11.23更新

最近覚えたキャラクターは、デイジーとロゼッタ(ともにWiiマリオカートより) さんなん です。デイジーは昔(ワリオが出現する前)からいたらしいっす。ロゼッタという新キャラは、大人気らしいっす。横文字が苦手な私には覚えるだけで一苦労ですが、少なくともピーチ姫と区別がつくので十分でしょうか。

 

 

さて、中学生と高校生は、期末テスト対策が始まってすでに2週間目に入っています。

 

今回は、多くの生徒が予定より進んでいる状態の様で、

中間テストより完成度は高いのではないでしょうか。

 

スク玉流のテスト直前のやることは、

① テスト範囲を確認し、予定を立てる(塾)

② 間違えた問題の2回目解き直し(生徒)

③ ②の先生チェック(塾)

④ プラスαの勉強(生徒)

⑤ ④の先生チェック(塾)

です。

 

とにかく、個別指導形式で必ず先生チェックが入りますので、

問題集のやりっぱなしを防いでいます。

 

 

本日は祝日でしたので、生徒から「朝から教室を使いたいです!」という声がありました。

こういう時は、教室開放です。授業外の時は彼らは黙々解いて解いて、

お昼は友達同士でお弁当を食べて喋って、また切り替えて勉強。

 

 

そして、夜も勉強。

本当によく勉強してますよ。

 

 

私は、ああしなさい、こうしなさい、と関わりすぎるのは好みません。

一方、ただただ放置をしていただけでも、成長はしません。

 

 

自分で勉強と管理ができる人には、ある程度本人に任せ、

まだ管理が必要な人には、先生が少しだけサポートする。

 

 

一人ひとりの能力に応じて、関わり方を変えています。

それがスク玉流のテスト対策です。

 

 

先生チェックは正直かなりの手間はかかります。

それでも、生徒の成績が伸びないことに比べたらその労力は惜しくはありません。

 

 

中学生と高校生は、スク玉の大学生講師も総出で先生チェックです。

寒くなりましたので、風邪には気をつけましょうね。

 

↓奇跡の1枚(同じ名字の人が5名います 笑)

奇跡

 

先生チェックの様子

スク玉の先生チェック先生チェック

Lepton英語チェック

先生チェック

先生チェック

ロゼッタと星の子チコ(マリオカートより)

ロゼッタ

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.11.16更新

さんなんです。糖質ダイエットを初めて4キロほど痩せました。ちゃんと筋トレもやってますので、だいぶん引き締まってきた感じです(自己暗示)。アラフォーに向かって理想体型を維持したいですね。

 

 

さて、私は小学生の算数を教えています。

ちょうど先月ぐらいかな。衝撃の事実を知ってしまいました。

 

 

それは…

 

 

タイトル通り、今の子達の『速さ』の公式の覚え方は、

我々世代の「は・じ・き」じゃないらしいってこと。

 

速さの公式

↑ 左下から「はじき」で覚えた記憶あり

 

 

 

 

そもそも、今の小6に聞いたところ、

「はじきって何?(怒)」ってことで、おはじきを知らない様子でした。

 

 

 

 

これだけで、すでに衝撃

 

 

 

 

ちなみに、うちのエリアの今の中3は

この「は・じ・き」で覚えているみたいでした。

 

 

 

 

 

今の中1に聞いたら、「おはじき」で覚えたみたいです。

はじきの前に「お」をつけるのは、「はじき」はハジキだから危険なんだって。

言い換えれば、チャカってやつね。日本も物騒になったもんだ。

 

 

 

 

 

では、話を戻しまして、今の小6の

速さの公式の覚え方は何だと思いますか??

 

 

 

 

まぁ学校の先生によって違うそうですが、

速さの公式

↑ きそじ(=木曽路?)

 

 

 

速さの公式

↑みそじ(=三十路?)

 

 

 

速さの公式

↑ これ わかります??

 

 

 

 

正解は、

木の下に ばっちゃん じっちゃん

(ば の時点で速さじゃないと思うんですけど…)

 

 

 

 

最後に、1番印象に残ったのは、これ。

速さの公式

↑ これ

 

 

なんだと思います。

なんやねん。当初の「はじき」と同じやんって思った、あなた。

違いますで。別で考えてごらんよ。

 

 

 

正解は、

 

正解は、

 

正解は、こちら。

 

速さの公式

ティーちゃん はじまるよ~

赤のラインが T (ティー)なんだって。

 

 

 

ちゃんちゃん(←これも昭和っぽい終わり方やね)。

 

 

 

時代は変わります。

どんな変化でも、受け入れていきましょう。

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.11.13更新

さんなんです。仕事がない時は、できるだけ外に出るようにしています。平日は、全くと言っていいほど引きこもっていますからね。オシャレカフェで満喫してます^^

 

 

本日は日曜日でしたが、希望者には塾を開放しています。きっとスク玉は、年363日ぐらいは誰かがいますね。高1・2・3生や中3生など、みんな頑張っていますな。

 

 

そんな中、誰やねん!

「インスタで『カフェ部』で調べるといろいろ出て来るよ」とか言ってたのはどこのどいつだぁ〜 い?。

 

 

私だよ~!!(にしおかすみこ風)

 

 

さてさて、本題に入りましょう。

 本日、塾は清掃中です。

 

 

スク玉は、フローリングではなくカーペットですよね。フローリングだと何かと寒いですので、どの教室もカーペットが引いてあります。また、物を落としたり、机を動かしたときの音も軽減されますので、そんな意味も込められています。

 

 

 

 

普段は、掃除のスペシャリストさんにどの教室もピカピカにしていただいております。しかし、今回は掃除機では取れないようなハウスダストや花粉の除去を目的に、プロのお掃除屋さんにカーペットの掃除をお願いしてみました。

 

 

 

 

館と南の部屋以外の全ての教室をお願いしたので、掃除に半日、乾燥に半日と四人体制でほぼ丸一日かかりましたね。なかなか目に見えるものではありませんが、これでちょっとでも快適に勉強できる環境になってくれるといいな、と思っています。

 

 

 

お掃除本舗スク玉

お掃除本舗スク玉

お掃除本舗スク玉

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2016.11.12更新

さんなんです。サプライズで速読協会SRJより賞状が届きました。

 

「貴塾は十年以上の永きに亘り速読講座を運営され多くの受講生の能力開発に貢献されました。よってその功労に対し記念品を贈呈しここに深く感謝の意を表します SRJ代表取締役 堀川直人 」

 

あれは今から約10年前。先代のボスが突然、「速読を始めたい」って言いだしました。

※ボスはBOSSです。私の母親です。

 

 

当時「速読」っていうのは、「飛ばし読み」や「ななめ読み」っていう印象が強くて、

市販で販売されている速読本って正直怪しい類(たぐい)でした。

 

 

また、トレーニングも本を使って自分だけで練習するので、なかなか継続も難しく、

結果的に全国で普及するまでではなかったという背景がありました。

 

 

ですので、当初は私は少なからず抵抗がありました。

 

 

しかし、時代は変わりましたね。

科学の発達といえばよいのか、文明の進化というのか、どんどん新しいものが生まれました。

 

 

例えば筋トレも従来の「あと腹筋100回~!はい、いーーーち。にーーー。」っていうオラオラ体育会系から、

加圧式トレーニングなど少ない負荷で大きな効果を出すことができるようになりましたよね。

 

 

今や、読書はスマホやタブレットでできます(私はとても抵抗がありますが…紙がいい)。

なんだか時代に取り残されそうで…不安です。

 

活字離れが叫ばれ、はや数十年。そして、今ではなんでもかんでも動画の時代。ラジオを聞く子供も減り、TVはバラエティーなどでも画面下にテロップが出るので、なおさら言葉に弱い子供が増えた気がします。高校生ですらLINEでの会話は、単語で会話が成り立っているようですしね。アカンですわ。 

 

 

話は速読に戻しますと、スク玉の速読トレーニングは、

眼筋トレーニング(目を速く動かす練習)、

視読(文字を見て頭に入れる練習)、

識幅拡大(一度に得る情報を増やす練習)、

読解練習(実戦練習)、

速解力検定も全てパソコン上で行えるまでになりました。

 

 

とっても使いやすくなりましたね。

 

 

トレーニングも小学生のひらがなで書かれた文章から高校生のセンター入試対策までと、

生徒個人にあった練習ができるのも特徴の1つです。

 

 

速読を受講している方で、テストで時間が足りないっていうのを聞いたことがありません。 

それが何よりの評価だと考えています。

 

 

 

今では速読だけで通ってくれる生徒もいらっしゃいます。

 

意外と高校生にも人気で、

スク玉の高校部でも授業の前に速読を受講している生徒もいます。

 

 

 

そんなこんなで、積み重ねること十年が過ぎました…

 

 

今でもこまめにフォローしてくださる速読協会SRJの堀川代表と

スク玉担当の南海さん。表彰状ありがとうございます(*^▽^*)

 

年一回の『速読甲子園』愛知県2位!全国5位!過去の最高順位)の

実績を誇るちーむスク玉の速読をこれからもよろしくお願いします。

 

 

PS.地域対抗戦で、初めて優勝しました^^)/ やたー

それにしても、ちーむスク玉生のニックネームは謎すぎる…誰が誰やねん。

 

愛知県一宮市と稲沢市の速読スク玉教室

 

 愛知県一宮市と稲沢市の速読スク玉教室

愛知県一宮市と稲沢市の速読スク玉教室

愛知県一宮市と稲沢市の速読スク玉教室

愛知県一宮市と稲沢市の速読スク玉教室

 

愛知県一宮市と稲沢市の速読スク玉教室

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

前へ 前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014