スク玉ブログ2017年度

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2017.05.31更新

記憶が飛びます さんなん です。

 

「かんかん先生、〇〇さんにニュースレターを渡しておいてくれる?」

「社長、つい先ほど同じことを頼まれましたよ。すでに渡しましたけど…」

 

こんな感じですね。

 

 

 

 

 

ということで、ニュースレターを配布中です。

今回の通常版のラインナップはこちら

☑さんなんの「絶対一本~impossible is nothing~」
☑【小学部】授業紹介~ここに意識して授業しています~
☑【中学部】中間テスト対策授業の様子
☑ 4教科の勉強法 TKの○○勉強法
☑【中学部】4月全県模試報告&さんなんの一刀両断
☑ The Sukutama Lepoton Times~スク玉英語情報発信局~
☑ TKの「気まぐれのブックストーリ―」Man is what he reads.
☑ スク玉の未来日記

合計36ページです。

 

 

 

注目すべきは、やはり大学受験情報です。

これはさんなんの「絶対一本~impossible is nothing~」にありますが、

4月に行ってきた岡山県での学匠映像研究会の内容に加え、

最新の大学受験が載っている情報になります。

 

 

現中3生からの大学受験、

そして、現小5生からはこの改革がさらに進化します。

 

 

また、今回は国公立大学でも特殊学科をもつ大学の紹介もしています。

秋田大学の国際資源学部や千葉大学の園芸学部、和歌山大学の観光学部など

特徴と受験科目、就職先も載っています。

 

 

今からしっかり正しい大学受験の情報を吸収していただいて、

直前で知らなかったから損をした~がないようにお願いします。

 

 

 

 

 

 

そして、スク玉小学部のレプトンが全国加盟校大会で表彰されたことも

ザックリですが載っています。スク玉が掲げる英語教育に多くの方が

賛同していただいた結果だと感じています。

 

 

TK先生は100名以上もの他塾の先生の前で講演会をしたことを、

どうやらもみ消そうとしているようなので、ここでも報告しておきます。

 

 

発表が自分の想像通りうまくいかなかったんだって( ̄▽ ̄)どんまい

でも、副賞として松坂牛セットをもらったのは内緒でいいや。

 

 

 

 

あとは、ジワジワと人気が出てきたTKの「気まぐれブックストーリ―」もあります。

こちらはTKの独断と偏見で、書店に並んでいる人気の本からあまり知られていない本など

計6冊についてのあらすじと所感が掲載されています。

 

 

 

生徒には、まず自分で読んでから保護者の方へ渡すように伝えてあります。

小学5年生以上からは、難しくても読む習慣をつけるようにご家庭でもご指導ください。

もちろん一緒に読んでもらっても構いませんよ。

 

 

 

もしよくわからない部分があればお気軽にお問い合わせくださいね。

それではごきげんよう。

 

 

ニュースレター

ニュースレター

ニュースレター

ニュースレター

投稿者: 株式会社スクール玉野

2017.05.29更新

マインクラフトとスプラトゥーンを覚えた さんなん です。小学生に人気なのは前者、中学生が後者なんですか。この二つは以前からずっと人気なんですよね。なぜ?なのか興味があります。

 

 

また、高校生に人気なのは、坂道グループみたいです。乃木坂や欅坂ですね。

ゲームもアイドルも否定はしませんが、現実もちゃんと見てればよし。

 

 

さて、先週の土曜日に高1生対象に卒塾パーティーをしました。

内容は、tk先生のブログでどうぞ →→→ こちら

 

私からはミスドの差し入れしました。

お菓子やジュースは皆で持ち寄り。

 

 

ささやかなパーティーでしたが、皆元気いいね。

今後の抱負も発表してもらったけど、ちゃんと考えてる。よいよい。

(考えていない人もいたけど…)

 

 

ブログでは写真の笑顔が見せることができないのが残念ですが、

そこは想像でお願いします^^

 

 

数名の方が予定が合わなかったり、学校の合宿が重なったりと

来れなかった子もいたのが残念です。

 

 

昨年まで、指導していた赤りんご先生もわざわざ駆けつけてくれましたね。

忙しいのにありがとう。

 

卒塾パーティー

投稿者: 株式会社スクール玉野

2017.05.26更新

商品を入れたかごをそのままドラム洗濯機のような箱に入れたらピッと瞬時に金額がでるGUの清算に感動した さんなん です。大手も、人員カットに対しても本気モードでえす。仕事がどんどんなくなりますね。

 

 

さて、ご連絡です。

 

 

6月4日(日)に行われる四谷大塚小学生テストでのスク玉のキャパである

50人の定員に達しましたので、外部生の募集は停止させていただきました。

 

 

やはり一宮駅周辺の教育熱は高いです。

今回も常連さんたちがいますので、半年ぶりに会うのも楽しみです。

 

 

昨日、受験票のお葉書を郵送しましたので、

明日の27日(土)にはお手元に届くと思います。

 

もし月曜日でも届いていなかったら、ご連絡ください。

 

 

スク玉生であれば、まだ申し込みができます。

迷っている方は5月末までOKです。

 

四谷大塚

 

GUのホームページより↓セルフレジやな

GU

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2017.05.16更新

さんなんです。タイトルの「私は不満です」が「私は肥満です」に見えたあなた!!今すぐ呼び出しです!!いらっしゃい(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 

 

さて、中学生も高校生もテスト週間、またはテスト本番ですね。

塾では毎日がテスト対策をしています。

 

そんな中、こんな話を高校生から聞きました。

 

 

生徒S 「先生、学校のコミュニケーション英語がよくわかりません。」

 

 

さんなん「そりゃー中学と比べて、高校だもん。難しいわな。」 

 

 

 

生徒S 「授業中はずっと先生がしゃべっているんだよ。」

 

 

 

さんなん「いいやん。それがコミュ英でしょ。頑張って食らいついていきゃーよ。」

 

 

 

生徒S 「授業の最初から終わるまで、ずっとだよ。」

 

 

 

さんなん「英語に慣れるには、いい環境やんか。うらやましいな。」

 

 

 

生徒S 「えー、だって、、、自分の事ばっかり。しかも、日本語で。」 

 

 

 

さんなん「がびちょんす・・・。」

 

 

ちゃんと話の最後にオチをつけて話ができたことは

小学生から塾に通ってきた彼女の成長だと、

私はひそかに感激したのは内緒です

 

 

 

私なら授業ではなく雑談の方が喜ぶところかもしれませんが、

彼女の意見は正しいと思います。しかも、テスト前ですからね。

 

 

私が声を大にして言いたいことは、

別に「何かを伝えたい」という意図があるのならば、

雑談もいいと思うんです。

 

 

しかし、その意図が生徒に伝わってないと、

それは不満でしかない。

 

 

 

この地域の中学校に対してもこんな苦情を、私は言いたい。

◎学校の問題集を授業より先に進めると先生に怒られる

◎英語のワークの丸つける際、先生の許可がいる

◎理科のテスト対策プリントの模範解答が最後まで配布されなかった(授業で解説もなし)

◎英語のワークがない(せめて1冊はあったほうがいいのでは)

◎漢字は余白がなくなるぐらい、いっぱい書くと評価が高くなる

◎数学のテスト対策プリントの模範解答はわざと1問間違えてある

◎数学の間違い直しは、付箋にやり直しをして貼っておく(せめてルーズリーフじゃダメなの?)

◎問題集を金曜日に回収して月曜日に返却(テスト直前の土日に勉強できない)

◎テスト直前にテスト範囲が変わる

◎授業中に先生の雑談に対して笑わないと怒鳴る

◎数学は正解した問題も含めて2回繰り返して解いておくと評価が上がる

◎テスト前になると授業が極端に速くすすむ(1時間で教科書10ページ)

 

 

問題集の解き方、対策プリント、間違い直しの仕方は学校の先生によって、

毎年教科ごとに変わります。それは仕方のないことです。

 

 

 

特に中学生は、通知表の評価を先生が握っている以上逆らえません。

 

 

 

上のような項目も、もし先生の意図があるのならば、

それはちゃんと生徒にわかるように、納得できるように説明すべきです。

 

 

 

先生が言っていることに対して良し悪しが分かる生徒もいますが、

多くの生徒は学校の先生が「絶対」という認識でいます。

 

 

「私のやり方はこうだ!この1年間はこのやり方を続けてくれ!

 必ず勉強ができるようになるから、これだけは守ってくれ!」

 

 

それぐらい言ってもいいと思いますが、学校の先生方。

いかがでしょうか。

 

 

 

先生の意図は、ちゃんと生徒に伝わっていますか??

 

 

 わからん

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2017.05.11更新

小学2年生の1年間をヨーロッパで生活していた さんなん です。やっぱり英語は話す環境がないと話せるようにはなりませんね(/ω\)。レプトン英語を習っているあなた!!覚えた英語を『夏』に旅行先で使ってくださいね。きっと日本でも英語は通じますから^^

 

 

 

さて、日本の英語教育が大きく動いていますね。

 

 

 

政府が掲げる「グローバルな人材を育成する」という目標の為、

これまでの大学受験制度が変わるんです!!

 

 

 

いつもニュースレターでお伝えしていますが、

現中3生から受ける大学受験が変わる!!

実は、現小5生からは、さらに変わる!!

 

 

 

詳しくは、またニュースレターで小出しにしていきますので、

ぜひチェックしてくださいね。

 

 

 

受験制度が変わるということは、その中の英語教育にもメスが入ります!

英語教育のキーワードは「4技能」でしたね。 

 

 

 

「聞く」「話す」「読む」「書く」を

ちゃんとバランスよく学んできたかを評価しますよ!!

という入試になります。

 

 

 

 

その際、評価の対象にある外部検定の1つに、ご存じ「英検」があります。

英検もここ数年で大きく変化しています。

 

 

 

簡単に言えば、

昔より難しくなってます(/ω\)

 

 

 

前置きが長くなりましたが、今日はそんな英検のお話し。

 

 

今年度から、英検の二次試験(3級以上の受検者が対象)が二日間設定になりました。

受検者増加から二日間に分けて面接をします、ということです。

 

 

 

A日程、B日程に分けられて、塾で英検を受検する生徒はB日程の日に二次試験になります。

 

 

 

いや、、、、

 

なるはずでした。。。。

 

 

 

 

 

スク玉の二次試験エリアは、「津島」になります。

そう、ご存じ清林館高校です。

 

 

 

それがですね、昨日、英検協会からFAXが来まして、

 

 

 「津島」エリアの方は、A日程でしか受検できません。

 だから、悪いけどA日程の日に受検してね。

 

 

という内容でした。

 

 

 

 

ようやく本題です。

 

 

今回の英検二次試験は、

7月9日(日)→7月2日(日)に変更になりました!!!

 

 

きっと、残りの受検日もA日程になりますので、

年間予定表の英検二次試験日も1週間前に変更しておいてください。

 

 

いや~長くなりました。以上です。

それではまた。

 

 

スク玉さんなん

 

将軍ヨシノブ

スク玉小学部

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2017.05.10更新

さんなんです。夏の予定を考えていまして、今いる生徒達にどうしたらよりプラスになるか毎日、頭を悩ましています。

 

 

さて、お詫びです。5月分の授業料の引落しの件です。

 

 

本日が10日ですので、本来であれば5月分の授業料に引落しの日なのですが、

GWのお休みの影響で金融機関の〆切日がいつもより早く間に合いませんでした。

 

 

明日11日に引落しがかかりますので、

よろしくお願いします。

 

 

ご迷惑をおかけしました。

また、連絡が遅くなりまして申し訳ありませんでした。

 

 

授業料引落しについて

 

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2017.05.01更新

日曜日に岡山県へ行ってきました さんなん です。きびたんご大量購入!来週、配りますね。

 

 

毎年恒例の岡山での勉強会。前日入りする先生がいるほど、内容の濃さは群を抜けています。

私も國立先生と島村先生のノウハウを吸収すべく、勉強しなくっちゃね。

 

 

いつも通り午前の早い時間に現地入りし、お土産を購入。

きびだんごとトマトジュレがスク玉ではマストなの。

 

 

生徒へのお土産となるとたくさん必要で、

今回はきびだんごは210個も買っちゃった(/ω\)

 

 

 

トマトジュレはトマトが丸ごと1個入ったゼリーで

こちらは先生用です( ̄▽ ̄)ごちです

 

 

 

そして、ちょっと早い昼食は、いつもの岡山城を見ながらの茶そば!

天気も良かったので、これまた格別でしたね。

 

 

 

でも、周りは食事の前にお祈りする外人さん達ばかりでした。

難しい呪文みたいの唱えていました。

自分的には、日本人の「いただきます」はシンプルでいいねと思う。

 

 

 

 

他の国の事を知ると、自分の国を客観的に観ることができる。

これってとっても大事なことやで。

 

 

 

でも写真とってSNSにあげるのは、万国共通みたいね。

 

 

 

そうそう、一か所だけ人が集中的に集まっていたところを見つけました。

集まっていた民族は、我らが日本国の民衆。

 

 

 

まだまだ岡山城や後楽園も捨てたもんじゃないな!!!っていうのは間違いで、

みんな『機関車トーマスのファミリーミュージカル』が目当てだったとさ。

 

 

 

さてさて、今回の勉強会のテーマは、

◎大学受験最終答申を受けて

◎国公立大学に合格できる子、できない子

◎リセ教育

◎全国国公立大学分析~特殊学科編~

と、盛りだくさん。

 

 

 

特に、国公立大学に合格できる子、できない子っていうのが

面白かったですね。

 

 

 

他にも難しそうなタイトルもありますが、

保護者様に有益な情報は、かみ砕いて次回のニュースレターに掲載しますね。

 

 

 

そして約4時間半の研修会後は、懇親会へ。

妖精が住んでいる学匠の教室にて、他塾の先生方とまったり情報交換してきました。

こちらの内容は運営関連ですので、内緒にしておきますね(/ω\)。

 

 

 

 

追記。最近のももたろうさんは私の知っている姿ではありませんでした。

あれでは鬼退治は無理なんじゃないだろうか\(゜ロ\)(/ロ゜)/エライコッチャ

 

 岡山県の学習塾勉強会へ

スクール玉野高校生

スクールタマノ

スクールタマノ

スクールタマノ

スクールタマノ

スクール玉野

スクールタマノ

スクールタマノ

スクールタマノ

スクールタマノ

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014