sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.07.09更新

お祝いいただきまして感謝感謝の さんなん です。生徒からの質問ラッシュもまだ続きそうです。ありがとうございます。 

 

 

さて、期末テストの結果が返ってきている最中です。

 

そのお話を。

生徒が「ヤマを張ったところから出題された!わーい!」的な話をしているのを聞いて、

久々に「ヤマを張る」という言葉を思い出しました。

 

 

同時に、今一度伝えなくてはならないと思い、この記事を書いています。

 

 

まず、 

テストでヤマは張るべきではない。

これが私の答えです。

 

 

だって範囲のある定期テストで勉強の「量」も「質」が足りていない生徒が、

どうやって範囲の広い入試で点数を取れるものなのか?教えて欲しいぐらいです。

 

 

だから塾生には、普段の定期テストでは、
「どこが出題されても、どのように出題されても、解けるように準備することが勉強だ!!!」と伝えています。

 

  

先ほどの生徒には伝わっていなかったようですので、もう一度ここで言っておきますね。

 

 

「どこが出題されても、どのように出題されても、

 解けるように準備する!!これが 勉強ですよ~!!」

 

 

ヤマなんか外れて痛い目に合わないと、調子に乗る子がでてきます。

1度あたると味を覚えて、間違った薄っぺらい勉強法になってしまいます。

 

 

そうなっている背景には、理由があります。

学校の先生方、数字を変えただけの問題ばかり出題するのは止めてください。

テスト直前の週末に問題集を提出したら返してください、土日勉強ができないので困ります。

テスト前の1限で、教科書10ページも進むのは何が原因だったのか教えてください。

理科の先生、テストで86問も出題するのは、考えず暗記しろってことですか。

副教科の先生方、昨年の過去問をそのまま出題するのは止めてください。

( ゚д゚)ハッ!ついつい!年を取ると独り言が・・・申し訳ない。

 

 

 

 

❖まとめ 

スク玉では学校の定期テストであれば全範囲を網羅できるように学習計画を立てています。

まず計画通りやりきることが大切です。

 

定期テストは、出題される全範囲を勉強する。

ヤマは張っちゃダメです。

 

この勉強をしていても範囲が広い入試問題を解くとボロボロと知識不足の穴が見つかるものです。

それを1つ1つ埋めていくことが受験勉強の始まりです。

 

 

 

 

 

❖ヤマを張らずに分析を!

すべての範囲をやり終えてから、過去問を使って出題傾向を探る。

 

どこが良く出題されるのか。どこに自分の弱点があるのか。

正解していた問題でも、腑に落ちなければ参考書やネットで調べる。

 

 

掘り下げて勉強をしている生徒が学年トップ層にいます。 

この反復を繰り返すことが、スク玉が目指している「勉強」です。

1つずつステップアップしていきましょう。

 

 

こういった大事な共通意識は何度でも角度を変えて伝えていきます。  

出来るまで…反復練習だで。

 

 スクールタマノブラッククローバー

(漫画:ブラッククローバーより)

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ー・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加


 

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014