sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.10.05更新

いよいよハロウィンが近くなって焦っている さんなん です。おじさんたちはコスプレ大会、良い子のみんなはハロウィンらしくしてきてね(^^)/。ちなみに昨年度のハロウィンの様子は、こちら↓↓↓↓↓↓

中・高生のハロウィン2017!凄まじきクオリティーによいしょ~♪

小学部ハロウィン2017ありがとうございました

 

 

 さて、そんなお祭りムードが始まる前、中高生さんたちは学校の定期テスト前です。

今日は過去の先輩方の教訓を、ブログを通じて特に中3生さんたちにお届けします。

 

①学校のテストは内申の為

今の時期は中間テストに集中。これは正解。ただし、何点とるつもりなのかはハッキリした方がいいです。一般的に、80点以上が内申④、90点以上が内申⑤がつきます。50点でも、60点でも、70点でも内申は③しかつきません。

 

A君は、国語50点、数学80点、理科80点、社会50点、英語80点で合計340点。

B君は、国語70点、数学70点、理科70点、社会70点、英語70点で合計350点。

合計点が良いB君の方が順位が上ですが、内申はA君の方が上になるんです。いまだに順位ばかり気にしていませんか?

 

 

もし、私がこの二人に声をかけるとすれば、

A君には、「数学と理科と英語は90点とろ!90点取ってる子は〇〇な勉強してるけど、どうする?」

B君には、「全教科、あと10点ずつ上げよう!どの教科なら自分でできる?」

です。親からしたら苦手な国語や社会も勉強させたいと思うかもしれませんが、中3のこの時期は「内申」の為に個性を伸ばしてやる方がよいのです。得意な科目があるのも強みだし、バランスよく得点が取れるのも強みです。どっちが凄いだなんて、関係ありません。ただやみくもに勉強しても、いつもの得点だろうし内申は変わりません。ましてや、この時期に順位なんて気にしてはいけません。

 

「順位は下げても、内申を上げよう」これが大事なこと。

 

 

 

②時間を守る

「時間がルーズな子は受験に弱い」これは今も昔も変わらぬもの。授業開始時刻ちょうどや、3分~5分遅れてくる生徒はきっと受験でもあと数点足りずにうまく行かないもの。授業が終わってからダラダラ残る生徒も、受験でも得点を取りこぼすでしょう。

 

学校から帰ってきたあとの時間の使い方も大事ですね。

中3生要注意!その2時間が負のサイクルを生む?

 

この時期、部活もないはず。それでもやるべきことはたくさんあります。時間が足りなくて、朝早く起きる子もいれば、学校の給食の時間でも勉強している子もいると聞いています。「気持ちが行動に表れる。行動するから、さらに気持ちが高まる。」こんな良い循環が理想です。

 

逃げてる気持ちが、普段の行動や姿勢に表れていませんか!!??

 

 

 

③自分のモノの管理は自分で

この地域は 中3になると学校からもらえる問題集が各教科1冊ずつ増えます。テスト前にもなると対策プリントやら白プリやらモノがあふれます。

 

そんな中「プリントなくしました!」って言われても、ビビる大木ですわ!探してごらんと言うと、ゴソゴソかばんをあさること1~2分。ようやくでてきたプリントさん、こんにちは。私の時間はさようなら。

 

パソコンのフォルダみたいに「検索ボタン」なんてないからね。優しすぎるお母さま方、ぜひ自分のモノの管理をさせる習慣は早めにご家庭でご指導ください。

 

 

 

以上が、過去の先輩方の反省点です。成績云々ではなく、意識の問題ばかりです。でも、これらって同じレベルの高校を受験する生徒同士だととしたら「大きな差」になります。机の上だけでする勉強ではありません。勉強を通じてたくさんのことを学ぶ、それが勉強の本質です。「今」成績が良くても、本質からズレた勉強をしてきた子は「社会に出たとき」通じません。

 

 

さてさて、今年の中3生はどうでしょうか。 そういえば、さっそく「私立の過去問を親に買ってきてもらおうとしたけど、どれかわからなかったから買わずに帰ってきました」って中3生がいましたね。「自分で買わんかーい!!!」ってTKさんが優しく言ってましたが、あれは内心は怒り狂ってましたわ(笑)。すでに生徒たちには見本を見せてあります。どうか自分のことは自分で選択させるようにご指導ください。

 TK怒り狂う

 テスト対策

 仏のさんなん

 一宮市の学習塾口コミ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。


↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014