sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.05.27更新

ちょくちょくテレビでドローンでの撮影映像が出るたびに感動します さんなん です。残念ながら、スク玉周辺には田んぼ以外にないですけどね。

 

 

さて、スク玉の教室紹介です。ご存じGoogleEarthというアプリに、住所を打ち込むと上空からの写真が見えます。それがこちら。

スク玉上空写真

 

以前、保護者の方に「塾らしくないところがいい」と言われました。私はこれを前向きにとらえています。本当に民家の部屋を使って授業をしているので、初めて来られる方はだいたい迷子になられます。また、部屋も10あるので、どの部屋がどの名前なのかわかりにくいと思います。

 

 

通ってくる生徒たちは、1カ月もすればどの部屋で授業をするのか慣れてきます。小学生と高校生はだいたいいつも同じ部屋ですが、中学生だけはテスト前は学校別対策などがあり教室変更が多くなります。もし変更がある場合は、どの部屋へ行けばよいのかは玄関に掲示するシステムにしています。

 

 

それでも保護者の方にとっては、我が子がどこで勉強をしているのかわからりませんよね。事務所がどこにあるのかさえ外からは閉ざされていますので、わからないと思います。そこで、今回は塾のお部屋の名前だけ覚えてもらえたらと思っています。

 

 

 

①事務所、②コピーの部屋(+南の部屋)、③パソコンの部屋、④北の部屋、⑤ピンクの部屋、⑥英語の部屋、⑦館1F、⑧館2F、⑨書庫

 

 

写真のガレージの下側が道路になります。そこから、なんと入口が4つあります(笑)。以下、授業ごとの部屋割を書いてみました。

<小学部>

国語,算数,理科,社会 → コピーの部屋/Lepton→ 英語の部屋&館1F/グループ授業,文章読解 → ピンクの部屋

 

<中学生>
授業&武士道→コピーの部屋、ピンクの部屋/学校映像&特進国語→コピーの部屋/特進英語、長文読解→ピンクの部屋

 

<高校生・速読英語>授業&武士道→館1F、2F、英語の部屋

 

 

<速読・速聴作文>パソコンの部屋

 

<保護者面談>小中スク玉コース→コピーの部屋、北の部屋/Lepton→北の部屋/高校部→館1F

 

 

上の授業と書いてあるものでも、学年によって異なります。大部屋がない分わかりにくいですが、少人数で授業をするには静かで良いです。英語の音読をしていても、離れている部屋では聞こえませんもんね。お部屋の名前、覚えましたか??

 

 

次回は、部屋内をご紹介しますね(*^^)v

 

 

スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)

 

塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.05.26更新

さんなんです。マイブームは活力鍋ですね。カレーもローストビーフも時短!時短!家庭調理器「活力鍋」、最強(*^^)v

 

 

 

 

さて、今日は授業の様子ではなく、勉強に必要な「心」編です。 

 

「今の自分は3年前の自分の頑張った姿だ」

 

これは面談で、よく生徒に伝える言葉です。




もし「今」充実しているならば、それは「3年前の自分」の頑張りのおかげである、と。




また「今」の自分の姿が不満ならば、それは「3年前の自分」の過ごし方が良くなかったのだ、と。

 

 

そして、「今」の頑張りは「3年後の自分」を作るのだと。

 

 



今、頑張ることは、これからの3年間を作り上げていくことになります。もし、今も未来も変えたいのならば、目の前のことに必死に食らいついていくしかないんじゃないかな。「小さな習慣」を積み重ねていくことよ。

 

 

 

今日も塾ではみんな頑張ってる。よいよい。

 

 

そんな中、夏のイベントに向けて極秘に任務を受けた先生達も研修なう。テーマは「プレゼン」。シナリオ作りはロジカルが必要だけど、1番大事なポイントは聞き手の「感情」を揺さぶること。できる→わかる→習慣化までの行動変化を求めたい。そのために、言葉として伝えていくスキルアップの研修をしました。

 

  

(´-`).。oO(講師は、プレゼン全国大会2012年度チャンピオンの津田勝仁さん)

スク玉イベントプレゼン大会2018 

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ー・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)

塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.05.24更新

英検と言いたいところを、事前に漢検の話をしていた影響からか「えいきゃん」と口からでた さんなん です。

 

 

 

 

はぁぁぁ~い。切り替えましょう。

さて、ほとんどの中学校で中間テストが終わりました。その勉強中の指導について、記事をお届けします。

 

 

 

 

科目は中1数学です。

ぜひ『立ち止まって考える』という習慣を身につけて欲しい!

そんなことを書いてます。

 

 分配法則の模範解答


突然ですが、問題です。

 

(問題)4.8×(-3.2)+5.2×(-3.2) 


を計算しなさい。

 

 

 

 

 

 

 

どうですか、この答え。

まぁ答えは正解なんですけどね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この問題集の模範解答がこちらです。

 

 分配法則

 

 (解答)

4.8×(-3.2)+5.2×(-3.2) 

=(4.8+5.2)×(-3.2)

=10×(-3.2)

=-32

 

 

 

 

まずは正しい答えを導くことができた!ことは評価できます。

でも、気になりますよね。途中式ね。

 

 

 

 

 

 

勉強は、正解であるだけで満足してはいけません!

そして、普通なら〇つけするときに気づくやん。

 

 

 

 

 

「あれ、この模範解答の解き方は自分のとは違うな」

ってね。なぜ!?WHY!?

 

 

 

 

 

そこで立ち止まってみようよ。

 

 

 

 

 

実は、この分配法則の途中式は、

小学5年生(単元:工夫して計算せよ)でも習っているんです。

 

 

 

(問題例 小5ワークより)

16×3.14+4×3.14 
=(16+4)×3.14
=20×3.14
=62.8

 

 

 

中学数学は、小学算数が土台になります。きっと小5の時も「解ければいいや~♪」という気持ちで、その場限りの勉強だったのかもしれません。そこで得るものを得ないと、変わりませんよ。

 

 

 

 

今回は、ちゃんと立ち止まって考えたのか。

確認した結果はのちほど。 

 

 

 

 

 

数学の授業では、「答えは誰でも出せる。解き方にこだわろう。」と伝えています。 だって数学は、

出発地とゴールが決まっていてその過程を考えるこそが醍醐味ですやん。

 

 

 

 

多くの選択肢の中から、可能な限り最短の道を探すこと。

 

 

 

 

ここにこだわって欲しいのです。

それこそが「立ち止まって考える」ということ。

 

 

 

 

 

だからスク玉の『先生チェック』では、こういった問題をチェックしています。

怪しい問題は、解き直しです。学校順位20番以内でもこんな人、増えてます。

 

 

 

 

 

だから、スク玉では先生チェックをしています。 

お待たせしました。そんで再度解いてもらった解答がこちら。

先生チェック 

 

解き方が前と違うっていう、より酷くなってる( ゚Д゚)アジャパ-

さっき小数だったのに、今度は分数にして解いてる。

 

 

 

 

 

しかも、まさかの答えも不正解っていう、二段オチ。

 

 

 

 

 

感心してませんよ。皮肉っています。

同じ問題なら、同じ解き方で、速く正確に解かねば実力とは言えません。

そして、模範解答からは何も得ていない結果でした。 

 

 

 

 

 

最近は、問題集が赤〇でもこんな生徒が増えてます。要は、解き方にこだわってないんですよね。「答えが合ってればいいんでしょ!!」

 

 

 

 

 

 

このあいまいな部分を修正しなきゃ、学力中間層の普通の子なら尚更伸びません。

 

 

 

 

 

 

これを今、高校に上がる前に直さなきゃ、高校で伸び悩むことになります。

 

 

 

 

 

この生徒には、この先生チェック後に間違い直しはもちろんのこと、模範解答を横に置いて一緒にもう一度解法を確認しました。

 

 

 

 

 

「え、写真撮るの~。ブログに載せるの?えぇ~お母さんもブログ読んでる~。」って笑顔で言ってました。

 

 

 

 

 

そこ気にするのね(笑)。 

 

 

 

 

 

果たして、数学のテストできたのかな~。我慢、がまん、ガマンとは思いつつも、負けてられませんわ。

 

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ー・-

 スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!

(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)

 

塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.05.22更新

ないな~、ないな~と探していた さんなん です。まさか、、、と思って冷凍庫をみたら発見しました。半冷凍になったサンドイッチ(+o+)。

 

 

 

 

さて、タイトル通りです。いよいよ四谷大塚小学生テストが近づいてきました。

申込者数は、すでに30名ほどが集まっています。申込者には5月23日(水)に、時間割を書いたおハガキをご自宅に郵送します。そちらで試験時間を確認してください。

 

 

 

この四谷大塚小学生テストは、学校の勉強に物足りなさを感じている子にはよい刺激になるでしょう。

 

 

 

申込み締切は、5月31日(木)です。気になっている方は、お早めにどうぞ。

 

 

❖申し込み方法 1か2より選択してください

1.インターネットより申し込みができます ⇒ こちら から

2.スク玉の申し込み用紙に記入して提出してください

 

 

  

❖四谷大塚小学生テスト2018

日 時:6月3日(日)午前9時開始

終 了:2教科の人→約70分~80分、4教科の人→130分~140分

    ※詳細は5月23日(水)にハガキをご自宅に郵送します。

対 象:小学3年生~6年生(小1、2は受験ができません)

科 目:2教科(国算) or 4教科(国算理社)

費 用:無料で受講いただけます(四谷大塚さんのご負担)

成績表:届き次第、ご自宅に郵送します。取りに行く手間が省けます(スク玉負担)



※ご近所にご迷惑をおかけすることはできません。送迎の際は、スク玉駐車場をご利用ください。駐車場は ⇒ こちら

 

 

※小1,2で受験したい方は、稲沢市の大橋先生のみのり学習塾で受験ができます→ こちら へどうぞ 

 

 

 

四谷大塚小学生テスト20180603

 

スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)


塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.05.17更新

小学生の頃は漢字が苦手だった さんなん です。塾人になってから漢検3級と準2級をとりました(*^^)v

 

 

さて、昨年度の学習相談会でこんな質問がありました。

Q.「小学生は、家でどんな勉強をさせればよいですか?」

 

 

  

A.私はこう返事をしました。「まず小4までは『興味があるもの・夢中になるものを見つけてあげること(習い事可)』と『体を動かすこと』が大切です。それに加えて勉強面で言えば『言葉』を増やすことと『パズル』で考える習慣を身につけることが必要です。小5からは、国語、算数、理科、社会、英語をバランスよく学ぶべきです。学校の教科書も以前より学習内容が増えたため、しっかりバランスよく学ぶ『勉強時間の確保』がポイントになります。そのため、小5春までには習い事を整理してください。」と伝えました。

 

 

 

 

興味があるものを見つけること、体を動かすこと、これはご家庭の役割としてご家庭に任せるとしましょう。勉強面で、どのテキストで学ばせるかも伝えました。塾教材は購入できないものが多く、また通信教材は続かないという声がありますので、ここでは市販教材の中からおススメ教材を紹介します。

 

 

 

  

 今日は、国語のテキストの紹介です。

 ❖国語は「言葉に触れる機会を増やす」と「漢字の意味調べ・書き取り」をお願いします!

実は、スク玉小学部の授業で使用しているテキストの半数は市販のテキストです。アピタの本屋さんに売っています。

 

 

 

①ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集(著.福嶋隆史)

※多くの言葉に触れる事が大事なのと、文章問題の解き方・考え方が詳しく丁寧に書いてあります。「本当の国語力」以外に、「本当の読解力」、「本当の語彙力」、「書く力」なども面白いです。実は、スク玉の文章読解講座(オプション)の授業では、このふくしま式のテキストを使用して、内容をかみ砕いて解説授業をしています。中学受験組なら、小5までにやりきりたいところ。さらに、このテキストを自分で理解して解けるレベルまでに成長して欲しいですね。公立組も小4~小6にコツコツ取り組んで欲しいところですが、自分で理解となると少々難しいかもです。可能なら、教えるのではなく解説をかみ砕くことを保護者ができたらよいかと思います。

 

 スクール玉野の国語力

 

国語力おススメ教材スク玉

  

 

②4年生までに身につけたい「言葉力1100」(Gakken)

※たくさんの言葉に触れる練習にはもってこいです。本人→言葉+意味のノート写し、設問、音読、意味を覚える。保護者→意味チェックがおススメ。スク玉では、やることが早い生徒の語彙力強化として使用しています。さきほどの意味チェックを先生がしています。「言葉力1100」が終わったら、「中学受験 言葉力1200」が応用編としてテキストがあります。中学受験組は小4までに完成、公立組なら小5と6の2年間で、上のふくしま式の国語力と「言葉力1100」を併用して国語力を磨ければ理想的です。 

 

国語力1100語彙力強化テキスト

  

③漢検ステップ/わくわく漢検(日本漢字能力検定協会)

※公立組なら小4は7級、小5は6級、小6は5級が目安です。大事なことは検定に160点以上(200点満点、140点以上合格)で合格するぐらい半年間はかけてテキストを繰り返し解いて欲しいです。特に、漢字の意味調べは必ずしてノートに写してください。スク玉では、小4は「わくわく漢検(7級/8級)」、小5~「漢検ステップ」を使用しています。小3・小4で習う漢字は、小学生の内に習う漢字量の1番ボリュームゾーンです。特に、そこは丁寧に指導しています。漢字は学年に関係なく進めることができますので、意味も含めてじっくり漢字力を育んでください。中学受験組は、小6冬までに目指せ2級です。ちなみに、漢検ステップ(語彙量)⇒過去問(弱点探し)⇒分野別(弱点克服)が黄金パターンです。

 

 漢検ステップ

漢字検定合格

 

 以上、スク玉が考える家庭でできる国語のおススメ市販教材3選!!でした。スク玉では、上記以外に「こども新聞ノート写し」、「ことわざ」、「慣用句」、「四字熟語」、「百人一首(小6)」をしています。どれも、演習⇒確認テストは鉄板です。お忘れなく。

 

 

 

 

 

『そんなにできるの!?』と聞かれそうですが、ちゃんと年間で無理のないようにスケジュールを組んでいます。スク玉コース在籍生は、昨年度の漢字検定では全員合格しましたからね(10月に不合格した子は、2月に合格しました)。昨年度の結果は こちら 

 

 

 

 

小学生の内はとにかく国語を最優先に学んでくださいね。ぜひご家庭で国語力を強化してあげてください。国語力が身につかないまま中学生になった子を伸ばすのは、本当に難しいです。なんとかして~( ゚Д゚)。

 

 

 

 

 

スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)



塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.05.11更新

「義」という言葉が好きな さんなん です。影響を受けたのは戦国時代に生きた闘神・上杉謙信ですね。武士道、グサッと心に刺さりました。心の中には、いつも「義」の旗を掲げて生きていきたいと思っています。

 

 

 

 

そんな私ですが、たまには毒を吐きます。 

 

これな。 

高校入試問題集2018は買うべきか

 

生徒に聞かれました。

 

 

 

 

 

「学校でもらった封筒に、このチラシが入っていたのですが、買うべきですか?」

 

 

 

 

 

 

「どれどれ」

 

 

 

 

 

チラシを見てみると、高校入試問題集「チャレンジ」の出版社は中日教育出版です。

さっそく探しました → ホームページは こちら

 

 

 

 

 

 

 

テキストの特色として、

「愛知県下の国立,私立高校の今春の入試問題を科目別・単元別に編集しなおして,勉強しやすくしてあります。」(中日教育出版のホームページより抜粋)

 

 

 

 

 

むむむ。よさそうじゃん。

 

 

 

 

 

 

(このテキストのポイント)

● 自分の不得意の科目・単元を補強するテキストとして使用できる!


● 単元別に並べてあるから,今すぐにでもとりかかれる!


● 各学校ごとの問題の特徴などを知ることができる。


● 解説と正答…数学の主な問題については解説がついています!

 

 

 

 

 

 

うんうん、なんだか受験勉強にはもってこいのテキストに思えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、この1行が気になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

気になりますよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポイントの一番下のこれ→ ●解説と正答…数学の主な問題については解説がついています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

数学の主な問題については(!?)解説がついている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に言えば、それ以外は解説がついていないってことかな。

 

 

 

 

 

 

 

TKさんの格言の1つにこんな言葉があります。

 

 

 

 

「解説がない問題集は取り組まない。質問しない。」

 

 

 

 

 

 

これは、スク玉の質問するときのルールになっています。

 

 

 

 

 

 

 

でも、学校の先生がおススメするテキストに限ってそんなことありませんよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

そこで、塾教材はもちろん、市販教材から学校教材まで全てのテキストに精通しているTKさんに聞いてみました。この高校入試問題集「チャレンジ」って問題集ってどうよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼は、言いました。

「それ、マジまんじ!卍!」

 

 

 

 

 

 

 

 

若者に教えてもらったのをすぐ使うTK。

 

 

 

 

 

 

 

私は若者言葉には慣れていますので翻訳すると、「数学以外の教科は、答えだけ記載。数学の解説は、まさかの手書きっているとても温かみあるテキスト!」ってことですわ。

 

 

 

 

 

 

 

はっはっは。手書きってそんな時代遅れってことはないでしょ。

 

 

 

 

 

 

 

そんな半信半疑な私に、

 

 

 

 

 

 

 

 

「疑うならみてごらん。はい。」

 

マジ卍

 

 

 

 

 

もってるんかーい。

 

 

 

 

 

 

 

 

どれどれ。

 

 

おぉ、5教科が1冊にまとまっていて、問題量はすっごく豊富です。書き込めないほど、問題がびっしり並んでいます。英語は、文法、和文英訳、対話文、長文、発音・語句と単元に分かれてます。これぞ、ザ・単元別問題集。もちろん数学も、計算、文章題、図形、関数と入試問題の羅列。まさにゴージャス。マニアが重宝しそうな問題集ジャン。入試問題だけあって、偏差値65以上の子で自分で勉強ができる人にとっては使えるテキストですわ。

 

 

 

 

 

でも、370ページほどある問題に対して、50ページほどしかない解答。そのうち20ページは数学の手書き解説。あとは本当に機械的に答えが並んでいるだけ。〇か×かは付けれます。手書き解答の質は、まぁわかる人にはわかるかと。でも、いきなり(4)の答えとか、もし(3)がわからないと解説までたどりつきませーん。

 

 

 

 

 

 

 

別に購入するかどうかは各ご家庭の判断だとしても、封筒を渡して「買いたい方は注文してね~」っていう学校の先生に言いたい。学校で勧める以上「なんかよさそう」、「安心」って感じするじゃないですか。保護者の視点だと「うちの子にあうかどうか」の判断もできません。見本もなければ、ネットで中身閲覧すらできないテキスト。でも、学校が・・・。学校って、先生って、その立場を、その責任をどれだけ認識しているんでしょうか。先生たちも、誰も文句を言わないんでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

学校には塾や家庭教師で習っていない生徒もいるわけです。解説がないってことは、解いて疑問が出れば自分で調べるか質問するかをしないと疑問を解消できません。もし買ったとして学校の先生に質問したら、ちゃんと解説してくれるんですよね。ねぇ、先生方、聞いてます!?

 

 

 

 

 

スク玉は、質問ルールはあるものの、生徒が解いて、考えて、それでもでてきた質問にはどんなテキストでも答えますけどね。それは本人が努力したのに報われないのは避けたいから。頑張っている子たちをフォローするのが学校であり、どうしても学校でフォローしきれない部分を塾が支える。少なくとも私は、学校が教育の軸だと考えています。だから、もっと責任をもってやって欲しい。

 

 

 

 

 

せめて、「これは難しいテキストだから、上位を目指す生徒なら買っても価値があるよ。」とか、「解答がないテキストだから、もしわからなかったらいつでもオレのところに質問においで。」とか、 渡すときにそんな一言すら学校に求めてはダメなんだろうか。万人に適しているテキストではない以上、何かあるべきだと私は思います。

 

 

 

 

 

 

はっっ( ゚Д゚)心の声が、、、いつの間にか漏れていた。

 

 

 

 

 

 

 

お、おう。ま、まとめるとですね、私の意見としては、、、

この高校入試問題集「チャレンジ」は、

使い方次第ですが、悪いテキストではない!!ってことでどうでしょう。

 

 

 

 

 

 

ドラえもんの道具だって、使い方次第で良くも悪くもなるでしょ!!要は、そういうことよ(笑)。

 

 

 

 

 

 

 

スク玉では、中3生はこの先は各私立の入試問題過去問や全国の高校入試などを解いていきます。これらだけでもかなりのボリュームがありますからね。入試の鉄則は、1冊をしっかりできるようにすること。用途で使い分けるにしろ、あまり多すぎない方がよいですよ。

 

 

 

 

 

 

スク玉の今年の3年生さんたち、限界突破できるかな。みんな頑張ろうね。

 

 

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.05.08更新

「イイね!」にハマった さんなん です。少しは若者の気分がわかりますな(笑)。

 

 

 

 

 

 

さて、小学生の国語・算数・理社の授業の様子です。

それがこちら。

スク玉小学部授業前はマンガかよ

 

 

読書してます。

 

 

 

 

 

 

さすがです。

 

 

 

 

 

 

スク玉生は、ガリ勉してるっていう噂がありますもんね。

 

 

 

 

 

 

 

噂通りです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 みんなが読んでいるものにフォーカスを合わせてみると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 スク玉小学部授業前マンガ

 

マンガ。どかーん。

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです。授業前は、みんなマンガを読んでいます。(学年別授業でテストがあるときは、テスト勉強をしている子はいます)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スク玉にはいろいろなマンガが置いてあります。習慣として、授業前や休憩時間、授業後に兄弟を待っている間の時間など隙間時間を上手に使う習慣を身につけて欲しいのです。

 

スク玉のマンガ

スク玉の図書館

スク玉の本棚

 

スク玉で人気があるのは、「実験対決シリーズ」「伝記」です。あわよくば理科に興味を持って欲しいので、「実験対決シリーズ」「サバイバル」、「ドラえもん大探検」「名探偵コナン推理ファイル」などの人気キャラを集めています。毎年、少しずつ買い足しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、授業へ。時間になると先生が何も言わなくても自分で本を本棚に戻して、勉強を始めました。

スク玉マンガ館

 

切り替え、よしよし。悪くない。

 

 

 

 

 

 

 

塾は短い時間で、生徒の行動をどう変えるか。4月初旬にいた、授業前はボーとしている子はいなくなりました。これも環境づくり。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小学生の内は、週2冊は本を読んで欲しいです。できれば物語など200ページぐらいの本が良いですが、勉強に興味が湧くような図鑑や漫画でも十分よいと思います。ご家庭でもぜひその習慣を意識してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

マンガを読むことも勉強であれば、スク玉生はガリ勉しているっていう噂は正しいですな。

 

 

 

 

 


スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)

 

塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

 

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.05.05更新

最近インスタを覚えた さんなん です。覚えると結構簡単ですね。あとは、どこまで続くか。頑張ります。

 

 

さて、6月17日(日)に私立中学合同相談会があるので紹介しますね。

 

一宮会場:6月17日(日)一宮スポーツ文化センター1階

時 間 :9:30~12:00

参加中学:愛知中,淑徳中,金城中,椙山中,名古屋中,名古屋国際中,名古屋女子,南男中,南女中,聖霊中,大成中,滝中,聖マリア中,鶯谷中,岐阜聖徳中などなど

 

 

※学校の先生が直接個人相談に乗ってくれます。

※おススメは、秋にある体験入学への参加です。公立中学予定の生徒でも小4~体験授業を受けると、結構勉強への意欲が上がりますよ。

※詳しくは、『愛知私立中学』で検索してください。

中学受験相談会一宮会場

 

愛知私立中学受験合同説明会

 

↓↓↓スク玉ブログ更新をLINEで連絡します↓↓↓

スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!

(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)

友だち追加

 


投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.05.04更新

◆◆◆5月3日~5日は塾はお休みです◆◆◆

  

「だから、答えは3なんじゃん」って解説で自分を呼んでる変な感じ さんなん です。

   

中学生さんはGWですが、ちゃんとやること表を進めているかしゃん??

(中学生のテスト対策の様子はこちらへ)

 TKの言われたい放題① / TKの言われたい放題対策中②

   


 

さて、本日は小学部の算数について、ご報告です。

①計算トレーニング(4月・5月)

②算数パズル(4月・5月)

③算数ワーク(6月~予定表渡します)

 


①計算トレーニング

右上に日付が書いてあります。その日までに解くページです。すでに予定から遅れている場合は、ふせん(くまモン)が貼ってあるでしょう。たくさん貼ってあると危険です。

 

 

ちょうど小4生がわり算のひっ算で苦戦中ですね。今やっておくと学校の授業で楽になります。がんばです。

 

 

 

 

 

②算数パズル

パズルテキストは①と②の合計2冊あります。

2冊目に入っていると順調です。

 

 

あーでもない、こーでもない。それが大事なのよ。

たとえ解けなくても、考える力ってのはニョキニョキ成長するもの。

 

 

すぐ諦めてない??高学年の問題は頭の中だけでは解けません。小4ぐらいまでは頭の中で解けるから、まだそのクセが抜けない子もいます。だから、手を動かして、表を書いて、あーでもない、こーでもない。それクセをつけることが大事なの。

 

ちなみにこの算数パズルの答えは、先生しか持っていません。

 

 

 

 

③算数ワーク

学校の教科書準拠の内容ワーク。上の①か②が終わった子には渡しました。

①が終わる6月頃から配布予定ですので、まだ持っていなくてよいのよ。

 

 


❖算数の力を伸ばすために 

自分で考えて答えを導く習慣を身につける

算数というのは、計算力と国語力があれば自分で勉強ができる科目です。

だからまず計算を優先に勉強してます。

 

 

 

小学算数のレベルは、中学受験レベルの問題や図の書き方は別としても、算数ワークや教科書レベルの問題は教えてもらわないと解けないってことはありません。

 

 

 

学校の授業では、いろいろな角度からの解き方の授業を受けることに価値があって、1つ1つの単元を1~10まで丁寧に教えてもらうという考えはそもそも間違いです。

 

 

 

だから、学校の授業は復習としても問題ないわけです。わざわざ学校で習ってから解くのではなく、自分で勉強を進めていくことをおススメしています。(地元の小学校で、ちょくちょく単元を飛ばしてるって耳にするので、習ってからって考えていると大やけどする可能性だってあります)

 

 

 

ただし、自分で勉強するっていうのに注意が2つあります。

1つ目は、先ほども言ったように、計算力と国語力があること。

2つ目は、正しい解き方で解いているかどうか。 

 

 

 

「よしよし、うちの子はちゃんと自分で宿題もやるから大丈夫だな。」ってお考えの保護者の方もいるかとは思いますが、蓋をあけてみたらただやっているだけで実力がない!!!なんてことも多々あります。特に女の子は要注意です。 

 

 

 

 

算数の力が強い子は、1つの公式に対して複数のパターンが存在することを知っています。反対に、算数の苦手な子はその複数のパターンを1つ1つ追いかけていきます。

 

 

「これはどう解くの?」

「じゃあ、この問題はどう解くの?」

使う公式は一緒なのに、自分で考えていない。これが1つ1つの事象を追いかけるってこと。あぶねーパターンです。

 

 

  

算数は教えないとできない!っていう方。

これを1つずつ教えてできるようになるんですか??

自分で考えるきっかけを奪っていませんか??

 

 

 

 

 

ちなみにスク玉では、知らないと解けない公式、図、表は指導します。それよりも「解き方の確認」と「別解を指導する」のがスク玉流の算数の授業です。1つの公式を理解し、それを使って考えて演習することが算数の実力アップの王道だと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

最後に、もう1度だけ繰り返します。

 

 

算数は自分で考え、自分で解くから伸びるんです。決して、1つ1つの事象を追いかける事のないように注意してください。4月、5月は、学校はあまり進まないので、今のうちに計算とパズルで算数の土台を築きましょう(^^)/

 

 

 

 

 ご家庭で勉強する際、1つでもご参考になればと思います。  

 

 算数の間違った勉強法

 

 

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.05.01更新

誰がじじぃやねん! さんなん です。

 

 

今日の授業中にて「先生、あみだくじって何ですか?」って小6ボーイに尋ねられました。

 

 

 

 

 

「『あーみだーくじーーーー。あーみだーくじーーーー。』っていうやつやろ!?」

 って返答をしました。すると、

 

 

 

 

 

 

 

知りません!」とバッサリ!!!

 ボォォォーーイ!少年よ!なぜ、知らない。

 

 

 

 

 

 

 じゃんけん以外に、どうやって順番を決めるんだ。

 今じゃ、LINEにもあみだくじ機能があるのに使えんじゃん。

 

 

 

 

 

 

 でも、冷静になって考えれば知らないから聞いてきたのか。

 あぁ、そかそか。そうだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 ってことで、教えました。一緒にやりました。 

 (算数パズルにあったので、ちゃんと授業の一環です。遊んでいません。)

 

 

 

 

 

 

 これがGG。

 

 

 

 

 

 

 ジェネレーションギャップ

 

 

 

 

 

 

 

 先日も、「先生、今は図書カードに穴なんかあかないよ!」って。

 ある意味、じじいかも。もういいよ。

 

 

 

 

 

 

 あぁ、岡山のお土産渡し忘れた。

 180個あるけど、1日1人1つ、早い者勝ちです。ご理解ください。

 ジェネレーションギャップ2018スク玉

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014