sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.08.31更新

ピザのお供はコーラが1番 さんなん です。それでもピザを1枚食べたら満腹っていうのも歳のせいかしら。さて、本日は将棋大会の様子をお届けします。

 

≪今年の将棋練習≫ 

将棋練習の様子は こちら  

 

≪将棋大会「竜王戦」≫

竜王戦、私は不参加でした。やりたかったな~。でも、いつもより人数が多かったのと、TK先生が熱でダウンしたので、私は運営に回りました。

 

 

竜王戦のルールは、チェスロック使用(持ち時間20分)。11人の総当たりです。勝ち星と負け数で順位を競います。今回は全員が全試合できましたね。優勝したのは小学生のSくん!なんと10戦10勝0敗という結果で圧勝でした。ラスボスのカズオくんまで撃破したので、実力は本物です。2位は、7勝でRくん、Rくん、Hくんが3人が並びました。

 

 

竜王戦の雰囲気は、とにかく将棋っぽいよね。
シーンとした空間。パチっという駒を指す音。そんな中を、チェスロックの声が響きます。


お互いジーと盤上を見つめ、小刻みに指を動かして考える子。頭を前後に動かして考える子。目も自陣、敵陣、持ち駒を行ったり来たり。たまりませんな。

 

 

対局中の気になった点はいつも言うことですが、

①時間の使い方と②終盤戦のヨセの2点です。

 

せっかく持ち時間があるので、最後ギリギリまで考えればよくね!?その中から最善の1手を決めるべきだと思うんですよ。まだ1手が軽いんですね。


また、終盤のヨセについては、形勢をひっくり返されて逆転負けもありました。正しくヨセができれば勝ててたのに、焦って王手を狙うもんだから。終盤力は経験から身につく割合が大きいので、もっと対局して、今日もカズオくんが少しだけやってくれたけど対局後の感想戦(振り返り)をすることをお勧めします。あれが大事なのよ。

 

それでも見ていて、急成長してる子が三人いましたね。一人は優勝したS君。攻めが厚い、小学生の攻めとは思えないほどズッシリ攻めてくる将棋でした。もう一人が女の子なのですが、以前よりも攻めが繋がるようになってきました。さいごの一人は男の子で、こちらは盤面全体が見えているから駒の使い方が上手だなって感じました。

 

 

 

 ≪将棋大会「経験者の部」≫

初心者の部は、先生の勝敗ジャッジあり、時間制限なし。相手を見つけて、どんどん戦うサバイバル方式です。和気あいあいとした雰囲気の中、24名がひたすら3時間戦いまくりました。勝敗は勝ち星で決めます。

 

優勝したのは、17勝0敗のK君。まさに鬼人のごとく一網打尽。言い方変えれば、弱い者いじめでしたね。優勝後のコメントでは、「次は経験者の部で頑張ります」ってみんなの前で宣言したからもう逃げられませんね。2位は14勝2敗のSくん、3位は13勝1敗のIくんでした。おめでとう。他の子も、みんなスク玉の将棋大会(将棋練習)で初めてコマの動かし方、囲いを習った子も多くいます。それが、大会で3時間ぶっ通しでもやれる体力はすさまじい成長ぶりだと感じました。

 

 

≪ピザパーティーと抽選会≫

将棋大会後はいつものピザパーティー。よく食べることで、あっという間にピザがなくなりました。上品に食べて欲しいのに、男の子たちは獣のように食べていましたね。

 

そして、今回は開催日が31日だってことで、サーティーワンの商品券を3人に1人当たるように準備しました。私が一人ずつ名札をまぜまぜして取って読み上げていったのですが、これが今日イチで盛り上がりました。名前を呼ぶときのシーンとした間、祈っている子もいれば原監督のグーで念じている子、俺の名前を呼んでくれというまなざしで見てくる子。そして、名前を呼ばれた時の歓声と落胆の声。

 

夕方の授業の時に、「先生、さっそくアピタでアイス食べてきたよ~」っていう子もいました。本日、31%OFFですからね。私も食べたかった。景品は、さすがに全員とまではいきませんがこれもお楽しみの運試しです。次回の将棋大会は、冬の『名人戦』です。もうすぐスク玉の将棋大会も、9年目に突入します。世代は変わっても、また若い世代の成長がみられるのも嬉しいですね。さぁ、しっかり練習してらっしゃい(*^^)v

 

スクール玉野の将棋大会2018竜王戦

 

一宮市の将棋大会

稲沢市の将棋大会

さんなんの将棋大会

 

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.08.30更新

さんなんです。

受験まであと半年。いよいよ受験する高校を決定する時期が来ました。
各学校の雰囲気は自分の目で見て判断するとして、最新の受験データで参考資料を作ってみました。(愛知全県模試 追跡調査NEXT STAGEより)


・私立高校別の合格者平均 偏差値/内申2018

今回は私立高校の入試資料をまとめました。よかったらご活用ください。



・上位の公立高校の入試データはこちら 

・中堅の公立高校の入試データはこちら



■私立高校の難易度(難関)の偏差値/内申2018

愛知県私立高校入試ボーダー2018

 

[受験校の決め方]

① 1日目(赤)2日目(青)3日目(緑)から1校ずつ選択
※最大3校まで受験できます。
[上の表はクリックすると拡大されます(^0_0^)]

 

■私立高校の難易度(難関)の当日点の目安2018
各高校の過去問が市販されていますので、受験する高校の過去問を購入してください。目安は、学校にもよりますが一般的には60%を超えればよさそうです(過去問に合格点が載っている高校もありますので、そちらを参照してください)。




■昨年度の受験について
スク玉から多く受験するのは、啓成、清林館、名城。次いで、滝、名古屋、大成、中京大中京、椙山女学園、桜花学園、愛工大名電です。今は3校受験する生徒は少なく、ほとんどが2校受験です。1校だけ受験する生徒も珍しくはありません。この地域では、啓成ー名城、清林館ー名城の組み合わせが鉄板人気ですね。昨年度は校舎新設の追い風もあり清林館が大人気なので合格ボーダーが上がったという情報があります。

 

それでもスク玉は公立志望の方が圧倒的に多いので、私立は滑り止めや公立受験への練習の場として使っています。もし一宮高校を目指すなら、受験しなくても滝、東海の過去問はやっておいた方がよいです。また、一宮西、興道、津島を受験する生徒は、こちらも受検の有無に関わらず名城レベルの過去問は解いおくように指導しています。受験しないけど過去問は買って練習。入試問題は精選された問題が多いので、よい問題集代わりになります。

 


■今年の受験について(H31年度入試)
大きな動きとしては、カレンダーの関係で滝高校が受験日を2日目に移動した点です。昨年までだと、滝(1日目)-清林館(2日目)の受験パターンの生徒は他塾に多くいたと聞いております。どうしても滝の実績が欲しい塾があるようなので、今年は啓成-滝と動く可能性があります。

 

また、大学受験において「定員厳格化」の影響で、私立大学受験の難易度が格段と上がっています。名城、中京、椙山はもともと人気がある高校ですが、大学受験においても人気がある学校でもあります。この度の大学入試の難化のことを考えると、高大接続のこれらの高校はお得感があります。大学受験の改革の影響が高校受験に波及するのであれば、合格点も上がってくるので注意が必要だと私は考えています。




今日は、愛知県の難関私立公立高校ボーダー2018をお伝えしました。次回は中堅私立高校ボーダー2018をお届けしますね(`・ω・´)ゞ

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。


↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.08.29更新

さんなんです。

 

受験まであと半年。いよいよ受験する高校を決定する時期が来ました。
各学校の雰囲気は自分の目で見て判断するとして、最新の受験データで参考資料を作ってみました。(愛知全県模試 追跡調査NEXT STAGEより)



・高校別の合格者平均偏差値/内申2018
・高校別の合格者平均点と倍率2018
今回は中堅公立高校の資料をまとめました。よかったらご活用ください。

 

・上位の公立高校の入試データはこちら

 

■公立高校の難易度(中堅)の偏差値/内申2018

 愛知県中堅公立高校入試ボーダー2018

[受験校の決め方]
① 尾張1群 または 尾張2群を選択(オレンジ)
② ①で選んだ群のAグループから1校選択(青)+Bグループから1校選択(赤)

 

 


■公立高校の難易度(中堅)の当日点の目安2018

 愛知県公立高校入試ボーダー平成30年度入試

 [上の表はクリックすると拡大されます(^0_0^)]

 

 

■科目ごとの入試平均点について

愛知県公立高校入試平均点2018

H29年度入試より、入試制度が変わりました。特に理科、社会では単純な暗記だけに頼った勉強では、正解には辿り着けない問題が増えた印象です。中堅高校の合格者平均点では、かろうじて木曽川高校が公立入試平均点を上回った数値になっています。しかし、津島東からは入試平均点を下回っています。津島北あたりは平均点から大きく引き離された結果となりました。(※この表の合計得点は、単に各教科の平均を合計したものです)

 



■昨年度の受験について

中村高校、美和高校は定員が40名ずつ減りましたが、中堅高校を目指す尾西地区への生徒の影響は少なかったように感じました。木曽川、津島東がボリュームゾーンなので、この2校の倍率が高いのは毎年の傾向ですがBグループの入試がやや難しめだったので共に合格平均点は下げた結果となりました。

 

実際、合格者平均点は合格した生徒たちの平均点であって、その数値を下回っている生徒も合格していると考えられます。

 

 

■今年の受験について(H31年度入試)

 入試が難しくなってきて得点が取れなくなってきました。そうなると内申点(通知表の合計)が高い方が有利になってきます。しかし、中堅高校を目指すということは、その先に大学・専門学校の受験が控えています。暗に内申点を取るための勉強ではなく、しっかり入試でも得点が取れる勉強をした方が後々の為にもなるハズです。いくら入試は難しくなったとはいえ、基礎学力だけで正解できる問題は5~6割はあります。その問題をしっかり正解できるような準備をしておくことが大切であり、結果合格への近道になるのではないでしょうか。

 

 

今日は、愛知県の中堅公立高校ボーダー2018をお伝えしました。明日は私立高校ボーダー2018をお届けしますね(`・ω・´)ゞ


-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.08.28更新

さんなんです。 

受験まであと半年。いよいよ受験する高校を決定する時期が来ました。

各学校の雰囲気は自分の目で見て判断するとして、最新の受験データで参考資料を作ってみました。

(愛知全県模試 追跡調査NEXT STAGEより) 

 

・高校別の合格者平均偏差値/内申2018

・高校別の合格者平均点と倍率2018

今回は上位校の資料をまとめました。よかったらご活用ください。

 

 

 ■公立高校の難易度(上位)の偏差値/内申

尾西地区から90分未満で通える偏差値55以上公立高校

[受験校の決め方]

① 尾張1群 または 尾張2群を選択(オレンジ)

② ①で選んだ群のAグループから1校選択(青)+Bグループから1校選択(赤)

 

 

■公立高校の難易度(上位)の当日点の目安

愛知県公立高校入試ボーダー2018

[上の表はクリックすると拡大されます(^0_0^)] 

 

 

■昨年度の受験について

倍率が2倍を超える高校の合格平均点は横ばいでした。倍率が1倍台の高校は軒並み合格平均点が下がった結果でした。そんな中、一宮西は倍率が低いのにも関わらず合格平均点は横ばいでした。その理由としては、定員40名減が考えられます。定員が減ったのにも関わらず、合格平均点は横ばいですので受験生にとっては厳しい戦いだったようです。

 

定員減は一宮西校だけでなく、五条と一宮南も定員が40名減りました。一宮南の合格平均点が上がったのもそれが理由だと考えられます。五条は定員減にもかかわらず、倍率も少し下げ、合格平均点も下げてきました。人気薄ですので狙い目ですね。受験者数が減少しているだけでなく、無理して上の高校を受験しないのが近年の傾向です。尾西地区の生徒が多く受験する高校は、倍率も偏差値も内申点も毎年大きく変化しません。

 

  

■今年の受験について(H31年度入試)

今年も受験生減少により、尾張地区だけで5クラス程度は定員を減らすようです。もし、いまだ定員360名でもあり共通群でもある津島高校が定員を減らすようなことがあれば、多くの受験生に影響がありそうです。もちろん近年ずっと低倍率が続いている一宮、一宮西、五条、興道あたりの定員が減る可能性もあります。上位の高校の定員減は昨年の一宮西のように厳しさが増すことになります。自分の受験校の定員が減った場合はどうするのか、受験するならやや合格点が上がるつもりで今から勉強をしていた方がよいと塾生には伝えてあります。

 

 

今日は、愛知県の上位公立高校ボーダー2018をお伝えしました。明日は中堅公立高校ボーダー2018をお届けしますね(`・ω・´)ゞ

 -・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・

スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

  

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.08.26更新

24時間テレビで千秋・内村・ウドのポケットビスケッツの復活にテンションちょい上げ さんなん です。18年ぶりのこの日限りのポケビ復活ライブ(2曲だけだったけど)は、懐かしくもあり、嬉しくもありました。昔と変わらないパフォーマンスに「自分も頑張らなきゃ」とパワーをもらったとともに、18年と過ぎ去った歳月を振り返り少々プルーな気持ちも入り混じった今日の私です。

 

 

さて、タイトルにもあるように還元祭⇒明日27日(月)~31日(金)に、小学生は8:30~12:20、中学生・高校生は8:30~17:00は武士道を行います。

 

 

武士道には、私が監督者としていますので理系科目ならば質問もOKです。

 

 

聞くところによると、他塾の自習室では質問はダメというところが多く、頑張っても大学生に丸投げっていう感じだそうです。私もこの年になってビジネスがわかってきましたが、安易な安売りは却って価値を下げるもの。塾長レベルが長時間、しかも長期間を無料で働くなんて。そんなことビジネスにおいて大きな損失だってこと。塾長しかできない仕事だってたくさんある中で、わざわざそこに時間を費やすなんて。そんなことはわかっています。

 

 

だからこそ還元祭なのです。夏期講習は終わっても、夏休みは終わっていません。きっと午前から家でゴロゴロする我が子を見て、「せっかくの休みなんだから何かしたら!?」と内心イライラする親もいるかと思います。「やることが全部終わっていないのに夏期講習は終わり!?」そんなご家庭もあるかと思います。夏期講習を避けて家族旅行を組んでくれたご家庭には悪いですが、私は今の彼ら、彼女らの学力を上げたい。ただ、それだけブレずに今までやってきました。そして、これからもそうでありたいと考えています。実際、夏期講習は8時30分から22時30分までの指導。隙間時間を利用して、今年も中学生の模試と小学生の実力テストは各3年分の問題も解きました。中3生には一人ひとり面談をしましたね。ただ、それで学力が上がっているのかは別問題です。確かにスク玉は半数以上が学校で30番以内ですし、学年1ケタをとっている成績上位層もいる塾です。それは「私が頑張るから、皆も頑張れ!」ではありません。「皆が頑張っているから、私も頑張る」そんな気持ちにさせられるほど、スク玉生の頑張った結果です。それでも勉強を始めたのが遅かった子もいれば、学習量に負けそうでまさに今は歯を食いしばっている子もいる子もいて、なかなか結果が数字に表れていない子がいるのは事実です。

 

 

でも、彼らが将来やりたい仕事に就くために、行きたい大学・高校に合格し付いて行く力を身につけるために、その為の学力形成は「今」が大事な時期。やれることは全部やっておきたい、充実した「今」を積み重ねていって欲しい。その責任を担っている立場だからこそ、ビジネスの常識なんて私には必要ないかと。家で頑張れる子もいれば、家では頑張れない子もいます。そんな子は良かったら、塾を使ってください。TK先生と大野原先生は、この夏も私以上に頑張ってすでにヘロヘロ状態です。今週は私の番です。私も彼らには負けぬように頑張ります(`・ω・´)ゞかかってこーい!

 

 スク玉還元祭

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.08.19更新

お盆休みに初めて京都の送り火を見てきた さんなん です。夏の風物詩としてTVでは見たことがあるものの、初めて遠目からですが「大」の字を現場で見ることができました。幸いにも20時の点火の時には雨も上がり、見物客が橋や鴨川沿いにあふれていました。もちろんメインは食べ歩きでしたので、パフェ、わらび餅、かき氷、山元麺蔵のうどんなどなど夏期講習の栄養補給ができました。明日から夏期講習も再開、頑張ります。

 

 

さて、夏期講習中に中1・中2対象にタイトルにあります「さんなんのトークタイム」イベントを開催しました。

 

 

<さんなんのトークタイム1日目>

①先入観に気をつけろ

②成績の公式

③レジ打ちの女性の話

 

 

<さんなんのトークタイム2日目>

④視点を変えろ

⑤目標の立て方を小6生から学ぶ

⑥あきらめない心

 

 

アンケートのお気に入り投票結果では、どの項目にも票以上が入っていました。1つ1つの項目は、ピンポイントに「具体的に〇〇君向け」という考えで話を作りました。グサッっと何か1つ刺さるものは人それぞれ。だから、1人2人が「よし!ちょっとやってみるか(^^)/」という行動が変われば大成功だと思っていました。それが雰囲気づくりですから。プラスがプラスを呼び込む、そんな連鎖を作りたいですからね。

 

 

私個人として、勉強を通じて、彼らに何を伝えるのか!?。授業中に、彼女らをどう変えるのか!?を常に自問自答しています。「教育には正解がない」とはわかっているものの、それでも解の1つは「心の教育」だと考えています。当たり前の話を印象が残るように伝えることは、やはり難しいもの。

 

 

そこで4月頃から計画を練って5月末から始動開始。これがブログでも紹介した「津田プロジェクト」なのです。できれば大学生さんも巻き込んでやりたかったので、皆にも声をかけました。活動日記は こちら

 

 

私の時間は、1時間×2日間に設定。練習を重ねるごとに、話しの軸ブレを修正したり、内容のストーリーをふくらましたり、話術の難しさを感じました。ちょっとずつ上手くなっていることが自分でもわかるんですよね。それも楽しみながらの練習が続きました。

 

 

そして、本番。約3分の1の生徒の子から100点満点をもらえるという結果でした。後日、普段はちょくちょく授業中に手が止まる子がガリガリと勉強する姿に変わったのは特に印象的でした。その子はアンケートで、99.9点をつけてくれた子です。また、「今まで聞いた話の中で、1番良かった」とアンケートに書いてくれた子もいました。心に刺さった話をキッカケによい変化を期待したいと思います。ただし、その変化が、単にその時だけではダメです。正しい取り組みが継続的になるようにすることが本当の目的です。そのためには、自分の中からエネルギーを湧き出させるような体質に変える必要があることは当たり前のことですが、今一度心に刻んでおきたいことだと改めて感じました。

 

 

 

さんなんのトークタイム

さんなんのトークタイムすくーるたまの

 

さんなんのトークタイム2018

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)

塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。


↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.08.05更新

甲子園が始まりました!野球も好きな さんなん です。正直、にわかファンですけどね。今年は100回記念大会ということもあり、愛知県からは2校が出場するそう。愛工大名電と愛産大三河に記念すべき100回甲子園で爪痕を残してもらいたいです。

 

 

さて、奇数月に配布するスク玉のニュースレターも配布開始です。こちらは記念すべき50回ぐらいを迎えました(たぶん)。 この時期は毎年、保護者面談と夏期講習準備の間なので苦労しています。今年も8月に入ってからの配布になってしまいました。すみません。いつもの小学部・中学部対象の通常版と今回も特別号をつけて盛沢山の内容になっています。

 

 

通常版は保護者向けです。スク玉の教育であったり、高校受験や大学受験情報について書いています。保護者面談でのご相談内容なんかは皆が悩んでいることでもありますので、情報共有していきますよ。また、ニュースレター特別号はどちらかといえば生徒向けなので、内容も視点も小学5年生ぐらいに下げて読みやすいようにと意識して作っています。こちらはやはり生徒たちの中に「待ってました!」って子もいます。

 

 

毎日ブログも継続中。ニュースレターにはブログ以外の情報も掲載しています。伝えたい話は何度でも、角度を変えて、あれこれ工夫して伝えていきたいと思っています。ニュースレターは塾生だけの特権ですので、内容はここでは割愛しますね。ぜひ読んでいただいて、ご家庭で話し合うキッカケになればと思います。ともにA4用紙40枚ほどありますので読み応えばっちり。小学生さんたちには明日から配布していきますね。

 

 スク玉のニュースレター

スク玉のニュースレター2018

はい、よろこんで

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.08.04更新

近頃メディアは「節電」なんて言わないんだと感じている さんなん です。数年前は、「エアコンの設定温度28℃」やら「エコしようね~」やら『みなで節電をしよう!』な~んて話をTVで連日放映していたことを思い出しました。それだけ、今年のこの暑さは災害レベルなのでしょうね。受験生も受験生じゃない人も、早く起きて、朝はしっかり食べて、昼は勉強、夕方に運動、そして、早く寝る。そして、1日1つは、お手伝いです。これが暑い夏の過ごし方の鉄則でっせ。生活リズムの乱れは、成績下降の兆し。毎日、充実してるか自問自答して欲しいですね。 

 

 

 

 さて、タイトルの話をしましょうか。

「 この温度差をどう乗り越えるか」

 

 

さっき、鉄則とか言ってたじゃん。そう思うあなた。

違うんです。

 

 

 

このタイトルは中3生さんたちのことです。

 

 

彼ら彼女らの受験に対する、温度差をどう乗り越えるか?

これが今回の議題です。

  

 

 

私が考える最有力な対策は、「対話する」ことです。対話を繰り返していくことで、彼らの潜在的意識に気づかせることで彼らは変わります。

 

 

 

これは、 私が今の子たちに必要だと感じる「心」の教育にあたります。私は授業中に、生徒を呼んで1:1で話し合うときがよくあります。特に夏は時間をたくさんいただいておりますので、「対話」するならまさに今ですね。また、皆で共通認識を持つためにグループで話し合うときもあります。

 

 

 

この夏、私は中3MJのボーイズたちとグループで話をしました。私は彼らにこう伝えました。

「通知表の関心・意欲・態度っていう観点評価って、そういう部分なんじゃないの」

 

 

 過去に一生懸命、何かを成し遂げた経験がない子。

志望校に「行きたい!」のではなく、その高校に「いけたらいいな」っていう子。

 

 

 周りが勉強をしだす夏ごろに、周りと比べると「浮いている」感じの子がいる。それが温度差を生み出します。先に言っておきますが、これは毎年の当たり前のことなのです。いわば、夏は花火大会が全国津々浦々で開催されるようなもの。今年も、その時期がやってきただけのこと。

 

 

しかし、この「温度差」をそのままにしては、塾全体の雰囲気がよくなりません。それを変えるためにも、私は彼らと「対話」を繰り返します。

 

 

 

私はいつも相手の考えていることを聞く時間をとります。

「何か言いたいことないの??」

「あなたの考えていることを聞かせて!?」

「あなたはいったい誰と戦っているの??」

 

 

 

そして、聞いた分だけ今度は私が感じていることを伝えます。

「いまだに親や先生の顔色を見てるんじゃないの?」

「それで全身全霊でぶつかってるつもり!?」

 私にはそう見えないんだけど。

 

 

ただ対話をしただけでスッキリする子もいます。「(きっとこの子は自分の中に答えがあるんだな)」

 

 

スマホの約束とペナルティーを決める子もいます。 「(自分に甘いだけ。それでも変えたい気持ちはあるんだな)」

 

 

ずっと親に対する文句を言っている子もいます。「そんなことは聞きたくない!」自分で聞いておきながら、文句に対しては叱ります。(彼の心のひっかかりは親なんだな。)

 

 

誰しもが頑張りたい気持ちはある。行けるものなら、志望校に合格したい気持ちはある。それなのに、ついつい流されてしまう。お家でもきっとイライラされている保護者の方はいるかと思いますが、それが当然であるのだとまずは受け入れてあげてください。怒っても彼らは変わりません。落ち着いた空間の中で、じっくり聞いてあげてください。

 

 

私が考える終着点は「彼らが自分の足で歩きだす」こと。自分で受験までの道を見つけ、何が足りない、どうしたら合格ができるか、そして行動に移す。彼ら彼女らの潜在的な意識レベルを上げること。自分を変えるのは自分自身である。これは私の持論ですが、変えようと思うキッカケは外部的要因でもよいハズ。初めて自分の進路を自分で決める、それが受験の本質。だから逃げたくなるのを歯を食いしばり、自分の足で道を見つけて歩きださないとダメなのです。15歳ってそんな時期だと思います。時間はかかるかもしれませんが、ここで戦える戦士にしないとこの先に本気に戦うときにも同じことを繰り返す子になってしまいます。だから私も根気強くいきます。大丈夫、授業中はみんないい雰囲気ですから。問題は家庭学習だから。そこを変えたいだけ。

 

今年も全員、志望校合格に向けて。このまま夏の中盤戦も熱くいきますよ(^^)/ 

中3生スク玉

スク玉の受験生さん 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014