sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2018.08.05更新

甲子園が始まりました!野球も好きな さんなん です。正直、にわかファンですけどね。今年は100回記念大会ということもあり、愛知県からは2校が出場するそう。愛工大名電と愛産大三河に記念すべき100回甲子園で爪痕を残してもらいたいです。

 

 

さて、奇数月に配布するスク玉のニュースレターも配布開始です。こちらは記念すべき50回ぐらいを迎えました(たぶん)。 この時期は毎年、保護者面談と夏期講習準備の間なので苦労しています。今年も8月に入ってからの配布になってしまいました。すみません。いつもの小学部・中学部対象の通常版と今回も特別号をつけて盛沢山の内容になっています。

 

 

通常版は保護者向けです。スク玉の教育であったり、高校受験や大学受験情報について書いています。保護者面談でのご相談内容なんかは皆が悩んでいることでもありますので、情報共有していきますよ。また、ニュースレター特別号はどちらかといえば生徒向けなので、内容も視点も小学5年生ぐらいに下げて読みやすいようにと意識して作っています。こちらはやはり生徒たちの中に「待ってました!」って子もいます。

 

 

毎日ブログも継続中。ニュースレターにはブログ以外の情報も掲載しています。伝えたい話は何度でも、角度を変えて、あれこれ工夫して伝えていきたいと思っています。ニュースレターは塾生だけの特権ですので、内容はここでは割愛しますね。ぜひ読んでいただいて、ご家庭で話し合うキッカケになればと思います。ともにA4用紙40枚ほどありますので読み応えばっちり。小学生さんたちには明日から配布していきますね。

 

 スク玉のニュースレター

スク玉のニュースレター2018

はい、よろこんで

 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2018.08.04更新

近頃メディアは「節電」なんて言わないんだと感じている さんなん です。数年前は、「エアコンの設定温度28℃」やら「エコしようね~」やら『みなで節電をしよう!』な~んて話をTVで連日放映していたことを思い出しました。それだけ、今年のこの暑さは災害レベルなのでしょうね。受験生も受験生じゃない人も、早く起きて、朝はしっかり食べて、昼は勉強、夕方に運動、そして、早く寝る。そして、1日1つは、お手伝いです。これが暑い夏の過ごし方の鉄則でっせ。生活リズムの乱れは、成績下降の兆し。毎日、充実してるか自問自答して欲しいですね。 

 

 

 

 さて、タイトルの話をしましょうか。

「 この温度差をどう乗り越えるか」

 

 

さっき、鉄則とか言ってたじゃん。そう思うあなた。

違うんです。

 

 

 

このタイトルは中3生さんたちのことです。

 

 

彼ら彼女らの受験に対する、温度差をどう乗り越えるか?

これが今回の議題です。

  

 

 

私が考える最有力な対策は、「対話する」ことです。対話を繰り返していくことで、彼らの潜在的意識に気づかせることで彼らは変わります。

 

 

 

これは、 私が今の子たちに必要だと感じる「心」の教育にあたります。私は授業中に、生徒を呼んで1:1で話し合うときがよくあります。特に夏は時間をたくさんいただいておりますので、「対話」するならまさに今ですね。また、皆で共通認識を持つためにグループで話し合うときもあります。

 

 

 

この夏、私は中3MJのボーイズたちとグループで話をしました。私は彼らにこう伝えました。

「通知表の関心・意欲・態度っていう観点評価って、そういう部分なんじゃないの」

 

 

 過去に一生懸命、何かを成し遂げた経験がない子。

志望校に「行きたい!」のではなく、その高校に「いけたらいいな」っていう子。

 

 

 周りが勉強をしだす夏ごろに、周りと比べると「浮いている」感じの子がいる。それが温度差を生み出します。先に言っておきますが、これは毎年の当たり前のことなのです。いわば、夏は花火大会が全国津々浦々で開催されるようなもの。今年も、その時期がやってきただけのこと。

 

 

しかし、この「温度差」をそのままにしては、塾全体の雰囲気がよくなりません。それを変えるためにも、私は彼らと「対話」を繰り返します。

 

 

 

私はいつも相手の考えていることを聞く時間をとります。

「何か言いたいことないの??」

「あなたの考えていることを聞かせて!?」

「あなたはいったい誰と戦っているの??」

 

 

 

そして、聞いた分だけ今度は私が感じていることを伝えます。

「いまだに親や先生の顔色を見てるんじゃないの?」

「それで全身全霊でぶつかってるつもり!?」

 私にはそう見えないんだけど。

 

 

ただ対話をしただけでスッキリする子もいます。「(きっとこの子は自分の中に答えがあるんだな)」

 

 

スマホの約束とペナルティーを決める子もいます。 「(自分に甘いだけ。それでも変えたい気持ちはあるんだな)」

 

 

ずっと親に対する文句を言っている子もいます。「そんなことは聞きたくない!」自分で聞いておきながら、文句に対しては叱ります。(彼の心のひっかかりは親なんだな。)

 

 

誰しもが頑張りたい気持ちはある。行けるものなら、志望校に合格したい気持ちはある。それなのに、ついつい流されてしまう。お家でもきっとイライラされている保護者の方はいるかと思いますが、それが当然であるのだとまずは受け入れてあげてください。怒っても彼らは変わりません。落ち着いた空間の中で、じっくり聞いてあげてください。

 

 

私が考える終着点は「彼らが自分の足で歩きだす」こと。自分で受験までの道を見つけ、何が足りない、どうしたら合格ができるか、そして行動に移す。彼ら彼女らの潜在的な意識レベルを上げること。自分を変えるのは自分自身である。これは私の持論ですが、変えようと思うキッカケは外部的要因でもよいハズ。初めて自分の進路を自分で決める、それが受験の本質。だから逃げたくなるのを歯を食いしばり、自分の足で道を見つけて歩きださないとダメなのです。15歳ってそんな時期だと思います。時間はかかるかもしれませんが、ここで戦える戦士にしないとこの先に本気に戦うときにも同じことを繰り返す子になってしまいます。だから私も根気強くいきます。大丈夫、授業中はみんないい雰囲気ですから。問題は家庭学習だから。そこを変えたいだけ。

 

今年も全員、志望校合格に向けて。このまま夏の中盤戦も熱くいきますよ(^^)/ 

中3生スク玉

スク玉の受験生さん 

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014