sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.02.28更新

疑り深い さんなん です。占いなんて特に信じませんが、今日の占いランキングが1位の時だけは信じます。これは、、、ただ単純に何も考えていないだけかもしれませんな。

 

 

さて、先日の保護者面談の時に、こんなお話がありました(近頃、毎日面談ばかりしています)。

「この塾は、速読も受講できるんですか!?私自身が速読を習いたいぐらいです。」

ちなみに、両親で面談に来られてお父様の方からですね。

 

 

一時期TVコマーシャルでも速読が流れブームになりました。TVで特集が組まれ「スポーツ速読(野球未経験者の女の人が140km/hの球を打ち返すことができるか)」や「発売されたばかりの本を、本番中にどこまで読めるか?読み終わった時間を計測し、本の内容も伝える」そんな企画もありました。

 

 

 まぁ多くの方が「胡散臭い」と思ったでしょう。実を言えば、私も同感でした。「速読」っていうのは、私の中でも「ななめ読み」や「飛ばし読み」って印象がありましたからね。

 

 

そこで、今日は「速読」を科学的に検証した結果をSRJさんより資料をいただきましたので、ここでシェアをしたいと思います。「昔、こんなのがあればよかった!」という面談でのお父さまの気持ちを添えてお伝えします。

 

 

■検証に立ち上がった川島教授(東北大学彼医学研究所所長)

まず「速読・脳力トレーニング」の経験量がどのくらい認知テストの成績や脳活動に影響するのか、小学6年生28名を対象に、以下のような検証を行いました。

 

速読は効果があるのか

川島隆太教授と速読実験

 

 

■その結果はどうだった?(さんなんの心の声:わかりやすく説明してね)

前頭前野の活動と問題を解くスピードがともにUP!

下の表のように、処理速度や実行機能に関して統計的に優位な変化が観測されました。ロンドン塔課題というテストは、目標にたどりつくまでのボール移動回数を、頭の中でイメージさながら数えるというものだそうです。

 

つまり➡速読を長く経験した子(多群)とそうでない子(少群)を比較した結果、経験が多い子供は、課題遂行するために前頭前野の左側をよく使うようになっており、問題を解くスピードもまた速くなっているという結果が得られました。

 

問題を解くスピードが速くなった

 

 

■結果から導き出せることは?(さんなんの心の声:結局、速読は脳をちゃんと鍛えることができるの?)

継続的なトレーニングで情報処理と計画・実行脳力が鍛えられる

情報処理速度と実行機能は、前頭前野が役割を担う認知機能です。今回の検証により、ある一定以上(35時間)のトレーニングを経験した生徒では、前頭前野の活動 が高く、素早く情報を処理する能力と、物事を順序立てて計画・遂行する(実行機 能)能力が優れていることがわかりました。

 

つまり➡トレーニングを長期間行うことで、 より速く問題を把握し、解き方を考え、思考を進めていくことが得意となっていることが証明されています。

 

脳を科学的に計測

 

■まとめ(さんなんの心の声:一言でお願い)

「速読」には、情報処理速度と計画・実行能力を鍛える効果がある!!

ですね。これが脳を科学的に研究し「任天堂の脳トレ」の監修した川島教授の研究結果です。

 

 

いかがでしょう。冒頭の「スポーツ速読」や「パラパラ速読」よりは、「速読」の信頼性は高まったでしょうか!?スク玉生の約3分の1は速読経験者です。スク玉では速読や速読英語のような講座は強制にはしていません。興味がある方は、ぜひ無料体験をどうぞ(速読は無料体験ができます)。中には、速読を気に入って、速読講座だけスク玉に通われている方もいます。

 

速読無料体験:土曜日(時間帯はお問合せください。1回30分。)

 

 

≪関連ブログ≫

正しい姿勢が脳の力を引き出す

 

全統マーク模試の英語で長文問題満点が取れる速読の練習方法!!

 

記憶は寝ている間に整理され定着する

 

 

 

 速読と脳科学

 

川島隆太教授

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2019.02.27更新

ブログを読んで大爆笑した さんなん です。これ の最初の一行の部分です。自分で書いたのですが、ツボにはまりました(・∀・)。まぁツボるのは、私だけでしょうけどね。まぁ私だけ・・・。 

 

 

昨日と今日と立て続けに中学生のお問合せがありました。ありがたき幸せ。新中3生はそろそろ締め切る可能性がでてきました。どうしても少人数指導の為、ご理解をお願いします。

 

 

さて、今日は中1の授業の様子をお伝えします。スク玉は、塾見学もありませんし、体験授業もありません。できるだけ授業の様子や教育方針、考え方などを発信しているつもりでもいますので、そちらを参考にしていただけたらと思います。

 

 

■英語

今日の文系の授業は、物知り博士と教科書英語(一部の生徒はテスト直しチェックも)でした。

 

 

物知り博士は、世界の海・湾・海峡を勉強しています。

英語は、教科書の暗唱チェックの日でした。

 

 

英語の土台は、教科書の暗唱です。教科書には重要構文が多く載っていますので、まず教科書の英文を覚えることが大切なのです。覚えた英文の単語を変えていけばどれだけでも英文を作ることができます。

 

 

英語を覚えるときはCDに合わせたスピードで音読するように生徒には伝えています。そして、日本語だけを見て英文に。さらに、何も見ずに英文復元します。

 

 

英語の勉強するときは、音を使うと効果的です。しっかり耳から英語を入れて、聞いた英語を口から出す。これが語学を学ぶ時の鉄則です。

 

 

暗唱チェックは、講師1:生徒1のマンツーマンで確認していきます。そうすると発音やイントネーションのチェックもできますね。スピードもCDとほぼ同じスピードで読めるかどうか。遅すぎず、早口すぎないことも確認しています。

 

 

ちなみにスク玉の先生チェックは、基本的に1:1の完全マンツーマンです。

質問あれば1:1の完全マンツーマン。

進路相談も1:1の完全マンツーマン。

テスト直しの確認も1:1の完全マンツーマン。

 

 

マンツーマンだとどこを間違えているかも確認できるので、同じ×でも「スペルミス」なのか「白紙」なのか「とんちんかんな答え」なのかで、また今後の勉強法の改善のアドバイスなども動きやすいのです。

 

なんだか家庭教師みたいな感じですね。

 

 

■数学

この時期の数学の授業は、「図形(体積・表面積)」の問題演習をしています。

「演習➡間違い直し」を黙々繰り返しています。

 

 

わからない問題があれば、先生と一緒に解いていますね。もちろん1~10まで全てを教えることはしません。どこでつまづいているのかは、個人ごとに違うのでそのあたりのさじ加減はココでは伝えにくいです。

 

 

今年の中1生は、もともと計算が弱い生徒が多い学年でしたが、

・式を書くこと

・計算を速く解くこと

・見直すクセをつけること

彼らはこの1年でだいぶん成長しました。

 

 

計算は数学の土台ですので、速く!正確に!が鉄則です。

 

 

そして時間になると、みんなが大好き「今日イチ(キョウイチ)」が始まります。これは全体で指導します。競争意識が働くと頭に残りやすい、だから数学の重要ポイントは全体で授業します。

 

 

この日は、「図形の切り口」の問題を解きました。

 

 

教科書の発展学習の欄に載っているので、毎年扱わない学校もあればわざわざ先生がプリントを作って解かせてくれる学校もあります。この切り口の問題は、過去に私立入試で出題されたことがあるんです。だから、時間を取ってポイント指導をしました。

 

 

立体って図に書いてもイメージがなかなかできないですよね。

今回の切り口の問題も、みな難しそうでしたね(*^^)マダマダヤナ

 

 

 

教えていて定着が悪そうなときは、三日以内にもう一度復習させます。そして、後日ちゃんと解けるかの「先生チェック」をします。時によっては歓喜の瞬間が訪れる、それが今日イチ。

 

 

 

こんな感じで少しずつ、塗り絵を塗るようにじっくり定着してもらえたらと思います。 

 

 

本日は、中1の授業の内容をお届けしました。少しでも雰囲気が伝われば幸いです。

 

 

≪関連ブログ≫

 

中学部の実績『偏差値のび太君ベスト10』

 

中1・2学年末テスト勉強会③

 

テスト勉強のチェックは、3段階!!

 

 

(中1文系 授業風景⇊) 

 スクールタマノ文系授業

 

 

(今週、中1理系の授業で解いた問題の一例⇊)

立体の切り口

 

 

(数学おススメ参考書⇊)

塾で教える高校入試 数学 塾技100 新装版 (高校入試 塾技)

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2019.02.26更新

子どもの頃に作った年賀状。あのころは年賀状を作るのにピカッとするやつ使いますよね。そうそう、懐かしの「プリントゴッコ」です。それが生徒に伝わらなくて残念な さんなん です。生徒から「僕らは平成生まれですよ」って言われました。か、悲しい・・・。さらに「平成も終わりだから、僕らも年かもな~。」って、どんな小学生やね~~ん。

 

 

さて、英検についてのお問い合わせがありましたので、せっかくなのでシェアしますね。

 

 

■英検準会場として

スク玉は英検の準会場の登録をしています。

 

「想い」として、

より英語教育のインフラを整える

ことがあります。

 

 

 

■受験できる級と学年

2級から5級まで受検できます。

もちろんスク玉生でなくても受検が可能です。

 

小学1年生から高校3年生が対象です。

(ただし、外部の方で3級以上は中学生・高校生のみ)

 

 

 

■受検時間

4級と5級は夕方、3級からは夜に設定することが多いです。

時間帯はお問合せ下さいね。

 

 

 

■申込方法

お問合せフォーム(メール)かお問合せLINE@から、

①英検の申込みであること

②学年

③氏名

④受検する級

⑤生年月日

を申込期間中にご連絡ください。

 

こちらから検定料と検定時間と検定料の振込先をお伝えします。

検定料振込みが確認出来ましたら、申込完了連絡をいたします。

あとは、筆記用具をもって当日にお越しください。

 

 

なお、成績表は届き次第、ご家庭でご連絡いたします。

お手数をおかけしますが取りに来てください。

 

 

 

 

■申込み期限

申込み開始は試験日の約45日前です。締切は試験日の約30日前です。

申込みができる場合は、スク玉のHP上でご連絡できます。

 

来年度の試験日は、英検のHP こちら(2019年度)をご確認ください。

一次試験は、準会場(すべての団体)の方の日程になります。

二次試験は、B日程の方になります。

(二次試験会場:塾はB日程と書いてあるのですが、今年度はA日程でした。ですので、来年度もA日程の可能性もあります。こればかりは、スク玉が決める事ではないので、決まり次第ご連絡いたします。) 

 

 

 

■英検協会さんに一言

前回の英検の際に、抜き打ちチェックとして英検協会から委託された方がいらっしゃいました。 

 

 

「本日、英語検定試験の教室調査に来ました。お邪魔します。」と初対面にもかかわらず、

その一言だけ言って許可も出していないのに教室に入ろうとしました。

 

 

こんなのってありえます??ドラマでよくみる、「令状だ!入らせてもらうぞ!」と言って突入する、あの勢いでした。「おいおい」と思わず制止しましたもの。

 

 

ちなみに、その方は試験開始までの1時間ぐらいずっと外で待ってました。

あれも生徒たちが怖がったら困るんですけど。もう少し配慮できないものですかね。

 

 

英検協会自体にうらみはありませんが、こんな礼儀も知らないおじさんを委託するのは止めてもらいたいですわ。

もし、これが協会のマニュアル通りだったら英検の準会場は辞退するかもしれません。

 

 

最後、愚痴っちゃってすみません。次回の英検は6月1日(土)予定です。

4月中旬ごろより申込みを受け付けますので、ご興味ある方はぜひどうぞ。

 

 

(たまたま見つけた 私と同じ昭和56年生まれのフリー画像 ⇊)

プリントゴッコ

プリントゴッコ伝わらない

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2019.02.25更新

向き、不向きなんか気にしない、前向きな さんなん です。この言葉は最近のマイブームです。

  

 

今日は過去の先輩方の教訓を、ブログを通じて中3生さんたちにお届けします。いよいよ来週末から公立高校入試が始まります。この時期は大きく点を伸ばすことは難しいですが、大きく点を落とさないために何に気を付けるのかを2つ伝えたいと思います。

 

 

 

■この時期はこの2つのことに気をつけろ

①時間を守る

「時間がルーズな子は、受験に弱い」

これは今も昔も変わらぬもの。これが1つ目です。

 

 

(1)朝型であること

遅くても6時30分には起きてますか?試験当日と同じリズムを作るためにも、この時間には起きてください。

 

 

(2)週末の時間の使い方

土曜日も日曜日も、少なくとも朝9:00~12:00と夜19:00~21:00はぶっ続けで(短い休憩は入れながらね)勉強すべきです。

 

 

やるべきことはたくさんあるハズですが、反対に1日ぶっ続けなのは反対です。また、夜中0時を回っての勉強も私はおススメしません。時間が足りないのであれば、朝5:30ぐらいに起きて2時間勉強する子もいれば、お昼13:00~17:00も勉強する子もいるかとは思います。「気持ちが行動に表れる。行動するから、さらに気持ちが高まる。」こんな良い循環が理想です。

 

 

逃げてる気持ちが、普段の行動や姿勢に表れていませんか!!??

 

 

塾の授業開始時刻に3分~5分遅れてくる生徒はきっと受験でもあと数点足りずにうまく行かないもの。加えて、授業が終わってからダラダラ残る生徒も受験でも得点を取りこぼすものです。入試を直前に控えている受験生さんたちは大丈夫かとは思いますが、もしこの時期に時間にルーズであれば再度気を引き締めて欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

②言葉には魂がこもる

2つ目は「言葉」です。日本は言霊の文化がありますよね。言葉には魂がこもると言われています。だから、この時期は特に言葉を大切にしてください。

 

 

「できない」と言えば、「できなく」なる。

「わからない」と言えば、「わからなく」なる。

 

 

「ダメかも」と言えば、「本当にダメ」になる。

「受からん」と言えば、「本当に合格ができなく」なる。

 

 

 

これ本当です。そして、恐ろしいことに言葉は人にうつるんです

 

 

 

 

ある1人が「わからない」と言えば、周りの生徒も「わからなくなる」のです。ある子が「私、落ちるかも。自信ないわ~。」と言えば、周りの子たちも自信がなくなってくるものです。

 

 

 

これらはミラーニューロン効果というそうですが、自分の言動は相手の言動と似ようとするという性質が人間には本能的に備わっているそうです。 相手の行動、言葉は自分にうつるのです!!自分の性格を知りたければ、仲の良い友達を見ろ!ってよく言いますよね。

 

 

塾みたいな場所はいろいろな生徒が集まるので、その雰囲気づくりはどの学年でも非常に気をつけてはいます。

 

 

しかし、学校は・・・となると、マイナスオーラの子が全くいなくはないでしょうね。特に女の子に多い。間違ってもマイナスのエネルギーを、学校でもらってこないように気を付けてください。

 

 

 

 

■最後に

何より自分の発した言葉は自分が1番多く耳にすることは忘れてはいけません。

 

 

プラスのスパイラルは「言葉」からです。ぜひ、ご家庭で「言葉が持つ力」の大切さを伝えてあげてください。

 

 

朝起きたら「私は絶対合格できる!」と3回繰り返すことを日課にしてください。

朝起きたら「合格お守りに向かって10秒間祈る!」を毎日続けてください。

 

 

すべてはプラスの方に向かって。メンタルは、イメトレでコントロールしよう。

大事なことは、向き、不向きより、前向きです。

 

 向き不向きより前向き

(neeポエム より)

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

 

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2019.02.24更新

とにかく頑張れ!と言われて育った さんなん です。昔は精神論でしたからね。勉強をして、よい高校、よい大学に入れば、よい会社に入社できる。それが勝ち組だった。まぁ今は時代が変わりましたね。だから、生徒に対してどう声掛けをするのか、頑張るためのエネルギーを生徒の内からどう出させるのか、日々悩む毎日です。

 

 

さて、今日は『定期考査脳シリーズ』についてお伝えします。パート3➁ですね。スク玉が考えていることを発信することで、この塾人が考えていることは「わかるわ~」とか、反対に「私とは考え方が違うな~」とかご判断いただければと思います。考えを発信しないと、良いのか悪いのか。合うのか、合わないのかが分かりません。自分との価値観や考え方ができるかぎり近いと、私としては幸いです。

 

 

さて、「定期考査脳」パート3のテーマです。そもそも『定期考査脳』とは、どこから生まれるのか??でしたね。

 

 

先に結論をお伝えします。大変言いにくいのですが『定期考査脳』を作るのはほぼ間違いなく母親です。

 

 

そのキッカケはこのブログから

「定期考査脳」から脱却せよ!パート3!① 

 

 

 

■昔のエピソード

塾をやっていると、いろいろな方に出会います。もう数年前の話ですが、聞いてください。

「我が子に対して、定期テストの答案用紙を並べてミスを指摘しまくる親がいるんですよ~!」

 

 

例えば、 

「この問題、お母さんと一緒にやったよね!なんでできなかったの!?」

「なんでこんなケアレスミスをしたの?あなたは本当に計算弱いわよね!!」

「教科書に載っている英文じゃん。あなた、ちゃんと勉強したの?」

 みたいな感じですね。まぁ、どこでもよく聞く話かもしれませんがね。

 

 

 

親が結果に対してゴチャゴチャいうと、子どもの勉強ベクトルは次第と内向きになります。

つまり、親の顔色を見ながら勉強するようになるんです。

 

 

 

こうなると、勉強の本質は完全に見失うことになります。

「少しでもいい得点を取って、怒られないようにしよう!」

「どうしよう。悪い点だとスマホ取り上げられる!」

「テストなんて無くなればいいのに!」

 

 

一般的に、母親は近い未来のことを重視します。父親は先の将来のことを重視する傾向にあると言います。母親がテストや目の前のことを気にするのは当然なのです。しかし、それが「定期考査脳」に陥りやすいということを、ぜひ覚えて欲しいのです。

 

 

 

 

■まとめ

親の圧力が強いと、子供が幼いままです。「学校で勉強する」こと、「友達と競う」こと、「進路を考える」こと、これはらは子ども達の仕事です。親が子どもより先に立って考えるべきことではありません。 

 

 

 

我が子が悩んでいるならば、相談しやすい雰囲気を作っておく。その関係性を築いておいてください。

 

 

 

もし勉強や進路のことで困って親に解決策がないのならば、学校の先生や塾の先生に相談させればいいんです。その相談役やコミュニケーションは事前に準備しておいてください。

 

 

 

 

■最後に

もう1つだけ、大切なことがあります。

 

 

これは特に男の子に当てはまるのですが、親とまともな会話ができるのも中学生ぐらいまでです。思春期に入ると親子の会話は確実に減ります。高校生になると部活動や勉強に忙しいので尚更減るという事です。

 

 

 

だから、

「人間としてこうなって欲しい!」

「間違ってもこうなって欲しくない!」

 

 

 

親の価値観は、

今のうちに繰り返し伝えてあげてください。

 

 

 

私は教育には正解がないと思っています。同じ言葉かけをしても、兄弟ですら受け取り方が違うものです。塾の現場も試行錯誤の毎日です。

 

 

面談でも「どのご家庭も悩みながらの子育て」という印象です。聞けば聞くほど、本当に頭が下がる思いです。何歳になっても、我が子は我が子ですからね。

 

 

 

私も塾人として、必死に正解を探す毎日です。

今日も最高の教育より、その子にあった最善の教育をと思っています。

 

 


昨日と本日は、 『定期考査脳』とは、どこから生まれるのか??をテーマにお伝えしました。

定期考査脳シリーズは、次回がいよいよ最終回になります。

 

 

今日も長文をお読みいただきありがとうございます。

 

 

 ≪関連ブログ≫

『定期考査脳』から脱却せよ!パート1

 

「定期考査脳」から脱却せよ!パート2

 

 

 春期講習2019スクール玉野

 

 

☆速読にご興味の方はこちらへ

 

 

☆速読英語 にご興味がある方はこちらへ

 

 

速読

(センター国語の文字数H31年度版)

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

2019.02.23更新

さんなんです。今日のブログは「定期考査脳」を打ち破れパート3②の予定でしたが、高校受験の倍率が発表されたのでそちらに差し替えさせていただきますね。

 

愛知県教育委員会のホームページに平成31年愛知県公立高校入試倍率が掲載されました。そのデータより、この地域の高校の倍率を掲載します。いよいよ受験直前の倍率ですね。

 

[さんなんより]

この尾張地区は、毎年ほとんど同じ倍率ですので合格点もさほど乱高下はしないはずです(※木曽川高校は定員減もあり、ややボーダーがあがりそう)。つまり合格ラインも毎年大きく変わりません。

 

ということは、周りのライバルを気にするよりも自分との闘いとも言えます。自分の内申を考慮して、合格点を超えるにはどの教科を優先的に勉強すべきか。どの教科の、どの単元を勉強するのが自分の勉強なのか。大量に問題を解くのではなく、しっかり考えて受験準備をする。そんな闘いを続けてください。

 

 

受験は満点を取らなくても合格ができます。合格ボーダーを超えれば合格なのです。1点の重みを感じて、1点を大事にしてください。最後のギリギリまで、1点でも伸ばす勉強を、1点を落とさないような勉強を続けてくださいね。

 

 

最後に、地元でもインフルエンザが再流行しています。体調管理も勉強の内ですが、ついつい無理をしてしまうのが受験生というもの。そのときは保護者の方が声掛けをしてあげてください。

 

スク玉ボーイズ!みんなで頑張れ~!

スク玉ガールズ!自分に負けるな~!

頑張れ!全国の受験生さん!

 

 

愛知県公立高校受験倍率2019年度

 

 

 

スク玉の春休み

(↑春期講習詳細↑締切3月9日♬) 

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

 

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2019.02.22更新

ありのままの さんなん です。いよいよ国公立大学の受験ですね。今日も朝から教室を開放して、高3生が勉強しに来ていました。毎日の努力は何より1番近くで見ているので、良いご縁を祈るのみです。

 

 

さて、今日は『定期考査脳シリーズ』についてお伝えします。パート3ですね。スク玉が考えていることを発信することで、この塾人が考えていることは「わかるわ~」とか、反対に「私とは考え方が違うな~」とかご判断いただければと思います。考えを発信しないと、良いのか悪いのか。合うのか、合わないのかが分かりません。自分との価値観や考え方ができるかぎり近いと、私としては幸いです。

 

 

さて、本日のテーマです。そもそも『定期考査脳』とは、どこから生まれるのか??です。

 

 

先に結論をお伝えします。大変言いにくいのですが『定期考査脳』を作るのはほぼ間違いなく母親です。

 

 

 

■「定期考査脳」が生まれるキッカケ 

学校の定期テストでとにかく点が取れればイイ。これが『定期考査脳』の典型でしたね。もちろんテストの得点が良いことは悪いことではありません。私も良い点を取って欲しいです。しかし、ポイントはその勉強方法にありました。勉強の本質から外れ、単に得点が取れればいいと。それがマズイということでした。

 

 

 

まず初めに。子どもは、

「テストで良い点を取りたい」

とは思いません。

 

 

「なんでだろう~♪なんでだろう~♪」

「どうしてだろう~♪不思議だな~♪」

という気持ちが先のハズなんです。「教えて~伝次郎先生~♪」ってTVでやってますが、あの感覚です。

 

 

 

 

しかし、なぜ点にこだわるようになるのか!?

 

 

 

 

もう、おわかりですね。

「テストで良い点を取ったから褒めてもらえた!」

「テストで良い点を取ったから買ってもらえた!」

「テストで良い点を取ったから喜んでくれた!」

「テストで良い点を取ったから・・・」

こんな経験が積み重なることで、次第に変わっていくのです。

 

 

 

念のためにお伝えしておきますが、別にお母さんは間違っていませんよ。誰だって初めから自分だけで勉強することはできません。まずは習慣を身につけるために親が付き添っていくものです。「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、ほめてやる」、これ鉄則ですからね。反対に、子供に全くの無関心だとそれは子供にとっては1番のストレスになり、勉強どころではなくなります。

 

 

 

 

さて、「定期考査脳」からの脱却ポイントが2つあります。

 

 

 

1つ目は「褒め方」です。2つ目は「いつまでするか」です。

 

 

 

■褒め方について

得点にこだわり過ぎてはダメ!!ではどうしたらよいのか??

 

 

よく聞きませんか?

テストの得点より、そのテストまでの過程を褒めろと。

 

 

 

私は「褒める」ことが好きではない人なので、代わりに「認めてあげる」ことを塾ではしています。

 

過程というのは、テストに対してどれだけ準備したか?です。

「毎日10回ずつ漢字の練習したもんね。」

「週末に必ず解き直ししてきたよね。」

「好きなゲームをガマンしてきたもんね。」

これらの声掛けってテストの得点が悪くても使えますよね。

 

 

私は、基本的に得点には触れません。何も準備をしていない(対策なし)のに、良い得点を取ったときは「認める」ことすらしません。ぜひご家庭でも「認める」ことを意識して欲しいのですが、普段からしっかり見ていないと「認める」ことができないのも事実です。

 

 

 

 

 

■「いつまで」褒めるか!?

結論から言えば、「褒める」のは小学生4年生ぐらいまででしょうか。根拠は特にありませんが、自我が出てくる小学5年生ぐらいからは変えた方がよいという経験則です。

 

 

でも、「認める」のはずっと続けてあげてもいいかと思っています。小学生、中学生、高校生、大学生、社会人でも「認める」ことはいつになっても、私であれば嬉しいです。

 

 

まぁアラフォーの私でも褒められたら嬉しいですけど、理由もなしに褒められるのは「え!?なんで!?」ってなります。これは私だけでしょうか(◞‸◟)スナオガイチバン

 

 

 

長くなりましたので、続きは明日にしますね。

定期考査脳から脱出せよ!パート3➁へ続く

 

ありのまま

「私は、ありのままで大丈夫 Rules of Elsa & Anna(編:講談社 文:ウイザード・ノリリー)」より

 

 

スク玉の春休み

(↑春期講習詳細↑ 今日もお問合せがありました♪締切3月9日♬) 

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2019.02.20更新

パズルが好きな さんなん です。数独やロジック、なぞなぞ、将棋も好きです。ほとんど小学生の頃のゲームの影響ですかね。それでも、まだ流行っているパズドラは一度もやったことがありませんが興味はあります。あれって面白いんでしょうか!?

 

 

さて、今日はシリーズものをお届けします。現実をしっかり地元の保護者へ伝えることもスク玉の役目の1つです。シリーズ【学校算数の授業進度を調べてみた】の報告です。

 

 

■はじめに
毎年、運動会が終わった2学期中旬ごろに、「どうも学校の算数の進度が速すぎないか・・・」。そんな疑念があり調べてみることになった、このブログ企画!!小6のスク玉生に「今、どこ習っているの?」と10月から聞いて、「1カ月でどれだけ進んだのか」、「ほかの学校と比較してどのぐらい進度が違うのか」をまとめました。



念のために、、、お伝えしていることは「事実」だけです。“学校の授業が順調そうだから我が子も大丈夫”というのではありません。授業が駆け足で進んだところは穴ができやすい・・・それをどう補うのかの方が大事ですよ。

 


■小6算数の教科書は全部で288ページある
8ページ~217ページ
小6で絶対やらなくてはならない単元です。

222ページ~242ページ
算数卒業研究。ガウスくんとか載っています。

243ページ~255ページ
発展学習。3つの数の比など習います。

256ページ~267ページ
演習問題。難しくはない基本問題が並んでいます。

268ページ~288ページ
算数資料集。チーターなど動物の速さとか載っています。

 



■1月17日時点での授業

【12.17~1.17/10.19~11.19/11.19~12.17】
一宮市
N学校 16ページ/20ページ/23ページ
H学校 18ページ/34ページ/15ページ
D学校   6ページ/28ページ/29ページ
稲沢市
R学校   6ページ/34ページ/16ページ
Y学校   6ページ/36ページ/13ページ
N学校 24ページ/26ページ/19ページ
I学校   16ページ/22ページ/43ページ
C学校  16ページ/? ページ/19ページ

※12月17日~1月17日は、冬休みがあったのでほとんどの学校では授業が進みませんでした。実質2週間ですので、稲沢市のN学校はちょっとどさくさに紛れてって進んだ感を受けますね。

 

 

■2月19日時点での授業【2.19~1.18で進んだページ】
一宮市
N学校 現在198ページ(約26ページ進んだ)
H学校 現在215ページ(約24ページ進んだ
D学校 生徒欠席
稲沢市
R学校 現在211ページ(約22ページ進んだ)
Y学校 現在217ページ(約28ページ進んだ)
N学校 現在235ページ(約12ページ進んだ)
I学校   現在212ページ(約16ページ進んだ)
C学校  現在212ページ(約16ページ進んだ)
※いよいよ卒業まで、あと1カ月のこの時期。ほとんどの学校で6年生で習うべき単元が終わり、まとめの問題を解いているようです。まとめが終われば、あとは算数の興味を深める単元です。学校としてはひと段落というところでしょうか。心配されていた一宮市のN学校も猛ダッシュでまとめまでは終わりそうなペースでしたが、「“みらいへのつばさ”、“よみとる算数”あたりは、読んだだけで終わったよ~」とご丁寧に生徒が教えてくれました。



■3学期で【2.20~3学期末までの4週で「小6単元まとめ」終了まで】
一宮市
N学校 残り約18ページある(4.25ページ/週)
H学校 あと約 2ページ
D学校 生徒欠席
稲沢市
R学校 あと約 6ページ
Y学校 終了
N学校 終了
I学校 あと6ページ
C学校 あと6ページ
※卒業するまでにやるべき、残りの算数のページ数を計算してみました。トップを走っていた稲沢市のN学校は、じっくり「卒業研究」をやっているそうです。

 


ちなみに「卒業研究」は”ガウスの計算”、“一筆書きの秘密”、“パスカルの三角形”など算数の別世界に触れる単元です。「発展問題」は“3つの数の比”や“角錐の体積”、“小さな単位(ピコ、ナノ、マイクロ)”など算数の奥深さを学ぶ単元です。「算数資料集」は、自由研究といって“図形の面積を工夫して求め説明しよう~”みたいな問題が載っています。これらの単元をどう扱い、どう広げ、どこまで掘り進むかは先生の腕次第にかかってきます。

 

学校算数の授業進度を調べてみた

小学6年算数進度



■まとめ
最初にも言いましたが、学校の授業進度が順調だから「我が子の学力は大丈夫!」というわけでもありません。しかし、学校の授業だけを当てにし過ぎることは避けて欲しいと思います。また、いつも言っていますが学校のテストの得点も当てにしてはいけませんよ。


小学校では、1人の先生が1つの教科を教えるわけではありません。当然、担任の先生の専門教科もあればそうでない教科もあります。学校行事の準備や保護者対応に追われて、1日の内で職員室の自分の席に座るのは授業後の時間しかないという先生も少なくないようです。

 

 

 

■ちなみに小5年生

とある小学5年生の算数がぶっ飛んでいると聞きました。一宮市にあるN小学校は、現在174ページを授業でやっています。小5のまとめまでやろうと思うと、222ページまで残り約50ページもあります。卒業式の準備も始まるこの時期に、一週間で10ページずつ進めても終わりません。どうするのでしょうか?他の稲沢市の2~3校と比較しても、この学校はほぼ1カ月遅れているんです。時空にゆがみでもあるんかしゃんと心配になります。

 

 

また、すぐお隣のH小学校は現在206ページを進行中のようです。残り16ページですので、こちらは順調そうです。しかし、この1カ月で36ページも進んだそうです。この中には5年生の最重要単元の1つである「割合」があるのですが、それもマッハで終わってしまったそうです。あくまでも終わらせるのが目的ではありませんからね。

 

 

小5と小6年の学習内容は、中学につながる重要単元が多い為、算数だけでなく、国語・理科・社会もバランスよく勉強する時間を取るべきです。だからこそ我が子の学力は、保護者の方が守ってください。塾や通信教材、アプリ、市販教材だって今はやろうと思えば何だってできます。中学生、高校生を指導してい思うのは、「いかに小学生での土台作りが大事なのか」ということです。

 

 

学校のテストでは本当の実力は測ることができません。ぜひ模試を受けてください。良くも悪くも、まず我が子の今の実力を測って知ることが勉強のスタートです。そして、中学校に上がって数学が強い人は、「計算」「文章題」「図形」の3つの分野で穴がない子です。そして、「パズル好き」のような粘り強さが加わると一気に伸びる傾向にあります。今はまだ土台作りの時期ですが、親は先を見据えた勉強の環境づくりをしてあげてください。

 

小学5年生の算数進度

小学5年生

 

 

<関連記事>

模試は、学力を測るためではなく、学力を伸ばす為のもの。

 

小学生の我が子を精神的に成長させるために必要なこと

 

高校生の国語にも速読の練習が必要

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

2019.02.19更新

ようやくスク玉生の保護者面談も落ち着いてきた さんなん です。それでもこの1週間でお問合せ12件もいただきました。ありがとうございます。おひとりずつ面談のご案内させていただきますので、宜しくお願い致します。学習塾は受験シーズンに生徒募集もしなくては生き残っていけないもの。体力勝負のこの時期はチョコを食べながら頑張ります。

 

 

 さて、今日は「塾の春休み」と「模試の時間が載ってないぞ!?」とのお問合せをいただきましたので、そのご連絡をさせていただきますね。

 

■春休みについて

4月4日(木)~10日(水)塾休み

4月1日(月)から通常授業が始まりますが、上記の日程にてスク玉は1週間のお休みをいただきます。この期間は小学部、中学部、高校部、講座、レプトン、武士道と全ての授業はありません。もちろん抜かりなく小学部、中学部、高校部ともに、お休み期間中のやることは伝えておきます。休み明けのチェックで引っかからないようにしてくださいね。毎年、入試が終わり、学校があまり進まないこの時期にお休みをいただいております。ご理解とご協力よろしくお願いします。

 

春期講習ガイドブック 

 

 

■中学部の全県模試の日程について

新中1→3月29日(金)8:30~11:30

新中2→3月29日(金)18:00~21:40

新中3→3月29日(金)18:00~21:50

新中2と新中3の全県模試の日程とお時間を春期ガイドブックに掲載し忘れました。どの学年も春期の授業時間と異なりますので、ご注意ください。こちらは塾生でなくても受検が可能です。塾に通っていなくても、一宮高校、一宮西高校、五条高校、興道高校、津島高校といった進学校を目指すご家庭の方は、年に3回の模試の受講をおススメいたします。

 

全県模試受けるべき

 ※小学生の実力テストも塾生でなくても受験ができます(新小2~新小6)

 日程は こちら へ

 

 

 

■将棋大会「王将戦」の日程

3月29日(金)13:10~16:00

春期ガイドブックの将棋大会の日程が違っている箇所をご指摘いただきましたので、ここで確認しておきます。今回はお昼からなので、ピザパーティーはありませんのでご注意ください。午前中が実力テストですが、高学年でも11時20分終わりです。もし、そのまま待っている場合は自己採点していただいて、お昼はお弁当を持ってきても構いませんよ。将棋大会へは、塾生のお友達であればだれでも参加できます(塾生無料・お友達500円)。景品には、春公開のあの映画チケットも数枚準備する予定です!(^^)!準備できなかったらごめんなさい。

 

スク玉将棋大会

  

本日は、現スク玉生向けに春のお休みと模試の日程をお届けしました。インフルが再上陸しているそうです。くれぐれも油断なきようにしてくださいね。

 

 

≪関連記事≫

ピカピカの1年生へ!大きな変化の波がやってくるぞ!

 

中学部の実績『偏差値のび太君ベスト10』

 

来年度の小中高の授業曜日・お申込みについて

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

2019.02.16更新

小学生の頃は、三国志の世界にハマっていた さんなん です。当時はゲームは時間制限があり、本ならばいつでもOKという我が家ルールがありました。横山光輝「三国志」マンガと言えば、わかる方にはわかるかと思います。我が家にはこの漫画が全60巻ありました。兄弟3人とも男の子ということもあったので、今思えば母親としては頭を悩ましたのかもしれませんね。兄弟3人が夢中になれるものを探したのでしょう。だって、母親は三国志を全く知りませんから。

 

 

当時は三国志を何度も何度も読みました。いまだに表紙の絵をみるだけでどんな話だったのかが分かるぐらい読み返しました。そのおかげもあり、武将の名前はもちろんのこと、君主の覚悟、戦略を練る軍師の采配、主君を慕い命をかける家臣たちを尊敬し、憧れさえ抱きました。

 

 

話は現実に戻しますが、私はよく「我が子の好きなものを見つけてあげてください」と保護者の方にお願いします。夢中になる環境があると、大人が何もしなくても子どもが勝手に頭を使います。

 

 

勉強の土台は、暗記力です。知識を使うためには、使うための知識を覚えている必要がありますよね。例えば、サッカー大好き少年であれば、チーム名、選手、監督の名前まで覚えてしまいます。さらにはヨーロッパの国名やチームのエンブレムすら自然と覚えてしまいます。その吸収力は大人の想像を超えます。

 

 

私の場合はたまたま三国志であって、現在であればサッカーやバスケのスポーツでもよいです。ピアノやバイオリン、将棋、太鼓、百人一首といった習い事でも良いと思うのです。 一般的に賢い人と話すと良くわかると思うのですが、いろいろなことを知っています。それが役立つとか、メジャーな内容は別として、とにかく膨大な量を覚える環境を作って欲しいのです。

 

 

 

つまり、勉強の土台作りの為には、「何か1つはそんな夢中になるものを作る」ことが大切ということです。

 

 

 

 

しかし、今日はそれとは別のことを1つお伝えしたいのです。それは『外の世界にも触れさせて欲しい』ということです。

 

 

 

残念ながら、私は外の世界に触れる機会が圧倒的に少なかったです。末っ子ということもあったのかもしれませんし、単に興味もなかったので外の世界の情報を遮断していたのも原因だと思います。

 

 

そうするとどうなるか。それは、自分の世界から抜け出せないのです。考え方が幼く、いつまで経っても子供のままだということです。どうしても主観が強く働き、客観的に物事を見ることができません。なかなか精神的にも成長しないままなののです。

 

 

 

 

そこで今日のメインテーマは、

「ご家庭でも外の世界に触れる機会を持って欲しい」です。

 

 

スク玉の小学部では「天声こども語」を毎週読ませています。現実世界の出来事に触れ、知らない言葉に触れ、それについて要約をする。要約が難しい生徒には、初めて知ったことやそれについての感想も書いてもらっています。

 

 

せっかくなので、今週の記事とそれに対してスク玉生さんたちの意見をご紹介します。

 

 

 

 

今週の話題は、「キャッシュレス化」についてでした。

 

 

中国人が、春節を利用して銀座に押し寄せた。その際のお会計ではカードやスマホ決済を利用する。現金を使わない、いわゆるキャッシュレス化の動きがある。そんな話でした。

 

 

 

それについて、

<感じたこと・気づいたこと>

「春節」という言葉を初めて知った。

銀座にそんなにたくさんの中国人が来ていることを知らなかった。

中国人は現金を使わない人が多いことに驚いた。

自分が大人になったころはキャッシュレス化が進んでるかもしれないと思った。

「ペイ、ペイ。ペイ、ペイ。」って、それか。

 

 

<賛成派>

キャッシュレス化に共感した。

小銭がいらなくなり便利そう。

レジで会計待ちの行列が減る。

会計が楽になりそう。

偽札が無くなって欲しい。

 

 

<反対派>

カードやスマートホンを落とす心配がある。

 お小遣いは現金で欲しい。

お金が見えないなんて怖い。

 

 

<疑問>

カードで支払うってどういうことかわからない(想像できないってことかな)

大人はカードでもいいけど、子どもはカードがもらえるのかわからない。

 

キャッシュレス化の仕組みがどうなっているか知りたい。

 

 

などなど、こんな意見がたくさんでてきました。大人がハッとするような意見や子どもならではの視点っていうのも実に面白いです。ちなみに、正しく集計したわけではないのですが、体感的には賛成派70%、反対は30%でしたね。

 

 

彼らが要約や自分の意見をまとめてくれた時に「気を付けていること」があります。それは「否定はしないこと」です。

 

 

「なるほど!!あなたはそう感じたのね」とまずは受け入れてあげることを意識しています。難しい言葉を使うのならば、「傾聴」するのです。(「傾聴」とは自分の意見や判断を挟まず、相手の話を聞くというコーチングの手法とされています)。今回の話であれば、賛成か反対かも聞きました。理由が曖昧な人には「どうして?」と聞ききました。

 

 

それでも「それは違うよ!」と否定はしないようにしています。頭ごなしに否定すると「脳は考えることを停止する」らしいですからね。脳は否定形は受け入れることができないそうです。

 

 

「天声こども語」の目的は、

・外の世界に触れること

・知らない言葉に触れること

・文章を要約すること

・(要約が苦手な生徒)感じたことを言語化すること

です。だから、それでいいのです。

 

 

 

本来の国語力(読解力)を伸ばすには、客観的な視点が大事なのは言うまでもありません。自分の意見は入れないのが鉄則です。100人いたら、100人が同じ答えになるように国語の問題は作られていますからね。あなたの意見など聞かれてはいません。

 

 

しかし、読解のテクニックは語彙力があってのこと。客観性な視点を持つ前にやるべきことは、自分が興味のない文章でもちゃんと読めるようにしておくことです。中学生から学んでも高校受験には間に合います。子供たちを、いかに精神的に成長させるのか。いかに、自分の世界から一歩足をださせるかは、小学生の内に学んでもらいたい大事な勉強だと考えています。こんな環境を、ぜひご家庭でも作ってあげてくださいね。

 

 

本日は「好きなことを1つ見つけてあげる」ことと同じぐらい大切な、「ご家庭でも外の世界に触れる機会を持って欲しい」というテーマをお届けしました。

 

 

 

(タイトルと要約の例)

スク玉小学部新聞

 

(とあう生徒の意見)

 一宮市と稲沢市から生徒が通う学習塾

 

(横山光輝「三国志」より登園の誓い)

登園の誓い

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014