sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.02.08更新

ドラえもんのび太の日本誕生が好きな さんなん です。知らないうちに映画は全て新しくなってますね。時代の波は怖いですわ。



相変わらず問い合わせが止まらず、今日は小学部と中学部。昨日は高校部でお問合せをいただいております。他の塾さんからの転塾や初めての塾として選んでいただくケースもあるようです。本当にありがとうございます。小学部のレプトン英語は、現在体験レッスンは満席の為お断りしております。ご理解、宜しくお願い致します。

 



さて、入塾面談の時によく聞かれる言葉があります。

「スク玉の生徒って最初から賢いんでしょうか?」

「うちの子がカリキュラムについて行けるでしょうか?」

これらは、スク玉あるあるですね。

 

 

先月末に全県模試が返ってきていますので、

過去の成績を集計しましたのでそちらを参考としていただければと思います。

 

 

題して、『偏差値のび太君ベスト10』です。

なんだか昭和のにおいがするタイトルなのはお気になさらずどうぞ。

 

 

 

まずはベスト10~ベスト4までドドーンと紹介します。

ベスト4  14.2(60.5←46.3)

ベスト5  12.3(56.3←44.0)

ベスト6  12.2(58.2←46.0)

ベスト7  12.0(63.8←51.8)

ベスト8  12.0(72.1←60.1)

ベスト9  10.8(54.4←43.6)

ベスト10 10.0(35.5←25.5)

 

 

赤文字が偏差値の伸びです。カッコ内はベストとワーストの数字です。

ちなみに全て現役スク玉生なので、詮索は止めてくださいね。

 

 

ベスト10がちょうど偏差値が10.0のび太くんです。

ベスト4で14.2の伸びなので、これはベスト3が気になるところですね(*^^*)

 

 

気になるよね~。私は中学生さんたちの私立受験の結果の方が気になるよね~。

数名だけ直接報告に来てくれたものの、今年の中3生さんたち元気してないのかも。

 

 

ひょっとして~ヤバかったのかもです。

こちらからは聞きにくいから報告してくれるといいよね~。

 

 

さて、おまたせしました。ベスト3の発表です。

 

 

 

ベスト3

16.6(58.3←41.7)

偏差値なんてホイホイ伸びるものではありません。それでも15以上もUPなんて、まさにミラクル。授業では難しい問題なんか解いてはいないし、特別な勉強法をしているわけでもないです。

 

 

基礎基本を大事にして「調べる」「考える」「反復する」。これを1週間サイクルで、黙々と地味な勉強を続けているだけですから。

 

 

スク玉の成績のボリュームゾーンは、偏差値45~50の生徒たちです。その子達をどう伸ばすか、日々試行錯誤してます。

 

 

 

それでは、続いてベスト2です。

 

 

ベスト2

19.8(63.4←43.6)

勉強をスタートしたのは個人差があります。また、大きく飛躍した生徒のブレイクポイントもやはり生徒によって異なります。入塾してすぐ爆発的に伸びた生徒もいますし、3年経ってから急激に伸びた生徒もいます。


走力や持久力が個々が持っている能力として異なるように、学力も個人差があります。科目の得意、不得意だってあります。それでも伸びている生徒に共通して当てはまる条件として、『正しい勉強を続けてきた』ことがあります。継続してきたからブレイクポイントを迎えることができたのだと思います。

 

 

 

さて、さて、ベスト2より上がいるということは、これは大台に乗ったかもしれませんよ。

 

 

 

それでは、ベスト1の発表です。

 

 

 

 

で・で・で・で・で・で・で・で・で・で・で・で・で・で・d・で・で・で・・・・

 

 

 

 

 じゃじゃーーーーん

 

 

 

 

 

ベスト1

20.3(55.4←35.1) 

今だからこそ普通より上という偏差値55.4という数字にいますが、なんとスタートは偏差値35.1でした。考えない、ごまかす、がんばらないという三拍子そろった子でした。実は、この子は小学生の時から通ってきてくれている子で、小6の時の模試の偏差値は26でしたからね。偏差値2倍以上って聞いたことがないミラクルな成長をしてくれています。

 

数字では表せないぐらい、本当に、本当によく頑張ってきてくれたと思います。でも、まだまだこれから伸びますよ。精神的にも、もっともっと成長してもらわないと困りますからね。 

 

 

 

さて、冒頭の質問は、

「スク玉の生徒って最初から賢いんでしょうか?」

「うちの子がカリキュラムについて行けるでしょうか?」

でしたね。

 

 

これらの数字を見ていただけたら、その質問の答えが出るのではないでしょうか。スク玉には長期通ってくれる方が多いので、長いスパンで指導できるのが強みです。





これらの数字の裏では、彼らが、彼女らが、積み重ねてきた努力があります。成績に表れていなくても、頑張りを続けている生徒達もたくさんいます。もちろん数字でみたら、伸びていない生徒もいます。しかし、ちゃんと正しい勉強を続けているのならばいいんですよ。その過程を何よりも今後も継続して欲しいと願っています。

 

 

 

最後に一言だけ。

 

 

私たちは、

ひょっとしたら高校生で大きく伸びるかもしれない。

大学になってから、急に頑張りだすかもしれない。

社会人になってから、才能が開花するかもしれない。

そう考えています。そう信じて、今を生きる彼らを指導しています。

 

 

そりゃ~親としては早く結果が欲しいかもしれませんが、やはり我慢しなければならない時期もあります。親が焦って口を出してケンカなんてしていたら、我が子は親の顔を見ながらの勉強になります。どうか我が子を信じて見守ってあげてください。ただし、スマホだけは、家族ルールを作るなり、中3までは渡さない、などなどご家庭では戦ってくださいね(スマホの誘惑には中学生では勝てませんよ)。

 

 

長文をお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

<入塾についての関連記事>

来年度の小中高の授業について(再)

 

中学部の授業の組み方について

 

うさぎさんじゃなくていいんだよ。カメさんでいいんだよ。

 

パズル

 一宮市の学習塾

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

100名突破しました~♪

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014