sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.02.28更新

疑り深い さんなん です。占いなんて特に信じませんが、今日の占いランキングが1位の時だけは信じます。これは、、、ただ単純に何も考えていないだけかもしれませんな。

 

 

さて、先日の保護者面談の時に、こんなお話がありました(近頃、毎日面談ばかりしています)。

「この塾は、速読も受講できるんですか!?私自身が速読を習いたいぐらいです。」

ちなみに、両親で面談に来られてお父様の方からですね。

 

 

一時期TVコマーシャルでも速読が流れブームになりました。TVで特集が組まれ「スポーツ速読(野球未経験者の女の人が140km/hの球を打ち返すことができるか)」や「発売されたばかりの本を、本番中にどこまで読めるか?読み終わった時間を計測し、本の内容も伝える」そんな企画もありました。

 

 

 まぁ多くの方が「胡散臭い」と思ったでしょう。実を言えば、私も同感でした。「速読」っていうのは、私の中でも「ななめ読み」や「飛ばし読み」って印象がありましたからね。

 

 

そこで、今日は「速読」を科学的に検証した結果をSRJさんより資料をいただきましたので、ここでシェアをしたいと思います。「昔、こんなのがあればよかった!」という面談でのお父さまの気持ちを添えてお伝えします。

 

 

■検証に立ち上がった川島教授(東北大学彼医学研究所所長)

まず「速読・脳力トレーニング」の経験量がどのくらい認知テストの成績や脳活動に影響するのか、小学6年生28名を対象に、以下のような検証を行いました。

 

速読は効果があるのか

川島隆太教授と速読実験

 

 

■その結果はどうだった?(さんなんの心の声:わかりやすく説明してね)

前頭前野の活動と問題を解くスピードがともにUP!

下の表のように、処理速度や実行機能に関して統計的に優位な変化が観測されました。ロンドン塔課題というテストは、目標にたどりつくまでのボール移動回数を、頭の中でイメージさながら数えるというものだそうです。

 

つまり➡速読を長く経験した子(多群)とそうでない子(少群)を比較した結果、経験が多い子供は、課題遂行するために前頭前野の左側をよく使うようになっており、問題を解くスピードもまた速くなっているという結果が得られました。

 

問題を解くスピードが速くなった

 

 

■結果から導き出せることは?(さんなんの心の声:結局、速読は脳をちゃんと鍛えることができるの?)

継続的なトレーニングで情報処理と計画・実行脳力が鍛えられる

情報処理速度と実行機能は、前頭前野が役割を担う認知機能です。今回の検証により、ある一定以上(35時間)のトレーニングを経験した生徒では、前頭前野の活動 が高く、素早く情報を処理する能力と、物事を順序立てて計画・遂行する(実行機 能)能力が優れていることがわかりました。

 

つまり➡トレーニングを長期間行うことで、 より速く問題を把握し、解き方を考え、思考を進めていくことが得意となっていることが証明されています。

 

脳を科学的に計測

 

■まとめ(さんなんの心の声:一言でお願い)

「速読」には、情報処理速度と計画・実行能力を鍛える効果がある!!

ですね。これが脳を科学的に研究し「任天堂の脳トレ」の監修した川島教授の研究結果です。

 

 

いかがでしょう。冒頭の「スポーツ速読」や「パラパラ速読」よりは、「速読」の信頼性は高まったでしょうか!?スク玉生の約3分の1は速読経験者です。スク玉では速読や速読英語のような講座は強制にはしていません。興味がある方は、ぜひ無料体験をどうぞ(速読は無料体験ができます)。中には、速読を気に入って、速読講座だけスク玉に通われている方もいます。

 

速読無料体験:土曜日(時間帯はお問合せください。1回30分。)

 

 

≪関連ブログ≫

正しい姿勢が脳の力を引き出す

 

全統マーク模試の英語で長文問題満点が取れる速読の練習方法!!

 

記憶は寝ている間に整理され定着する

 

 

 

 速読と脳科学

 

川島隆太教授

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

 

 

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014