sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.04.13更新

休み中に2.8㎏ぐらい太った さんなん です。さんなんにお土産を与えないでくださいね。そうそう、まだまだいただいたお土産がたくさん残っていますので、塾生さんにおすそ分けしますね(いつも忘れてしまうのだ)。

 

 

さて、休み明けの授業で「先生チェック」が炸裂したという昨日のブログの続きをお伝えします。

 

【すく玉中学部】反抗期の我が子へのトリセツ①!!!

 

 

昨日のブログでは、

・「先生チェック」には段階がある

・本人と相談して「選択」させる

・「武士道」か「自学」か

こんなお話をしました。

 

 

■武士道と演習授業の違い

塾の武士道は、基本的に先生はいません。武士道は、自分の弱さと向き合う場ですからね。「漢検」や「英検」の勉強をやっている生徒もいますし、学校の課題を持ってきてやっている生徒もいます。塾ワークを解いている生徒もいます。月曜日から土曜日の19:00~21:50ならいつでも来て勉強することができます。

 

演習授業は、その日のやることが決まっています。「確認テスト」も「先生チェック」もありますので、武士道とは異なります。「ぷらす個別」や「欠席振替」は、この演習授業で補っています。

 

 

 

■お休みの振替

授業の欠席振替をするかどうかは、本人に任せています。体調不良だけでなく、4月末~6月は学校行事で欠席される方も多いです。しかし、「やること表」が渡してあるので、家で勉強できる生徒は自学で勉強してくるから大丈夫という方もいます。次に塾に来た時にまとめて確認テストと先生チェックをもらうことができるよと伝えてあります。

 

「振替どうする?」と本人と相談するご家庭と、「欠席時は振替!」と最初から決めておくご家庭もあります。この選択はご家庭にお任せしますので、お休みする場合はLINE@で「欠席」連絡/「欠席+振替希望」連絡のどちからをいただけると助かります。

 

 

 

■めんどくさい

 最後に、中学生のボーイズに代わって言わせてもらいます。

「めんどくさいねん。」

 

 

これは親にいろいろ言われたときの、ボーイズの心の声です。

「宿題はやったの??」

「忘れ物はなーい??」

「今日は何を習ったの?」

「このやること表ってどうやって見るの?」

こんな質問が続くと、さすがに面と向かって「めんどくさい」とは言えないので「知らん」とか「わからない」とか言います。

 

 

「別に」とか「ふつう」とかが続いたら、

それは反抗期の兆しかもしれません。 

 

 

お伝えしたいことは、それを親が間に受けないで欲しいのです。「うちの子、ついていけてないのかしゃん。心配だわ。」とは思わなくても大丈夫なんですよ。

 

 

もしそんな現実が来た時は、「これが噂の反抗期か。成長してるな。めでたい。」ぐらいに思ってください。反抗期の我が子のトリセツは、「ルールだけは守らせる。あとは、何も言わない。」が鉄則です。

 

 

大丈夫。学ぶ場があれば、みんな真っすぐ成長していきます。ご家庭でケンカになりそうなときは、塾に送ってあげてくださいね。

 

 

反抗期へのトリセツ 

 

 

≪関連ブログ≫

スク玉版「質問のルール」を更新しました

 

弟子・藤井聡太の学び方

 

勉強をナメている3つの行動

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014