sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.04.15更新

京極さんより怪盗キッドになりたい さんなん です。京極さんの半端ない強さは憧れますが、そこはキッドの魅力である爽やかさが勝りますな。そうです、週末に名探偵コナン「紺青の拳」をみてきたのですがやっぱり劇場版コナンは最高ですね。まだ観ていない方は、ぜひ劇場へどうぞ。

 

 

さて、「高校1年生のあなたへ!」についてお伝えします。

 

先に述べておきますが、これは高校1年生だけでなく、同じことは中学1年生にも当てはまることも多いです。中1生は小学校の時と比較して読んでください。そして、ゆくゆく高校生になる中2生、中3生にも読んで欲しいと思います。それではさっそく行きましょう。

 

 

■中学と高校で勉強が何が変わる?

高校での勉強「量」は、中学の時の5倍~10倍になると言われています。内容が難しくなることはもちろんですが、科目も増えるからです。中学校の時に、

「テスト週間になってから詰め込む勉強の生徒」

「学校で与えられた課題だけ勉強してきた生徒」

「2度、3度と繰り返す勉強をしてこなかった生徒」

と、こんな勉強で過ごしてきた生徒は要注意ですね。中学校は暗記力さえあれば乗り切れるのが悪い方に影響している気がします。せっかく地頭がよくても、努力というスキルを磨いておかないと高校で落ちこぼれる生徒もたくさんみてきました。

 

 

小学生から中学生への勉強量はさすがに5倍とはなりません。しかし、小学校の学習内容に穴があると、それだけ中学での勉強が大変になるのは間違いありません。小学校の時の土台は、読み、書き、計算、そして暗記です。

 

 

 

■どうしたらいいの?

勉強時間の確保を意識的に行動に移すことが大切です。具体的には、

「土日の両方にビッシリ予定をいれないこと」

「学校から帰ってきたらダラダラしないこと」

「自分の好きなことを1つは我慢すること」

こういった意識を変えないと高校の勉強についていくこと自体が難しくなります。また、2度、3度繰り返すことも大事だと言いましたが、正直どの科目も2度、3度と繰り返している時間はありません。習ったその時に、また遅くとも2度目でしっかり理解するような学力も身につけておかないといけません。得意科目を作っておくことで強味にもなりますね。また、しっかり自分で考えることを中学生の時に習慣化しておいてください。

 

 

現役の中学生には、先ほどの勉強法にならないように、

「テストがない月でも予定表を組んで1週間単位でガッツリ勉強する」

「学校の課題は最低限、得意科目は市販教材でもよいので難問に挑戦する」

「間違えた問題は参考書で調べたり、解説を読んで自分で考えること」

これらに注意してください。中学で学ぶべき勉強をしっかりしておくことは、高校での学習量にも耐えられる学習習慣が身に付きます。

 

 

 

■常に先の情報を手に入れろ

私は小学生が中学生の問題を解くことはおススメしていません。中学生が高校生の問題を解くことも同様です。私自身が勉強が得意ではなかったので大きなことは言えませんが、自分に足りなかった勉強は「今やるべき勉強をしっかり定着させること」だと感じています。だからスク玉では学校の予習形式では進んでいますが、学年を超えた勉強は指導していません。それよりは、勉強の仕方や間違い直しの習慣を身につけることに全力で力を入れています。「やること表(学習計画表)」を作成し、疑問は参考書や解説を読む。これは高校生になると必須スキルですよね。それを時間を掛けて中学生の内から学んで欲しいと思って指導しています。

 

先を見据えた勉強とはよく言いますが、3年先、5年先のことは正直どんな世界が待っているかはわかりません。しかし、先のことを考える習慣でいると今何をしておくべきかが少しでも見えるハズです。「常にアンテナを立てて行動する」これは、社会人になっても必ず必要になります。勉強は目の前のことだけが勉強ではなく、勉強を通していろいろなことを学んで欲しいと思っています。

 

 

 

■最後に

「今の自分は3年前の自分の頑張った姿だ」これは、よく生徒に伝える言葉です。まぁ私の持論ですが。もし今、充実しているならば、それはこれまでの3年間の頑張りのおかげである。また今の自分の姿が不満ならば、それはこれまでの3年間の過ごし方に問題があったのだ、と。

 

 

そして、「今は今後の3年間を作る」。今の頑張りを継続することで、これからの3年間を作り上げていくことになる。今も未来も変えたいのならば、必死に食らいついていくしかないんじゃないかと思っています。

 

つまり、高校生になってから高校生の意識や行動を変えるのではなく、中学生の時から意識や行動をそれに近づけておくことが大切だということ。中学生になる前に、小学生の内にできる習慣は練習しておくことをおススメします。

 

今日は、スク玉が考える教育方針を、「高校生は大変だ!!」というタイトルでお届けしました。長文を最後まで読んでいたただいて感謝、感激です。

 

稲沢市にある学習塾スクール玉野

稲沢市にある中学生の学習塾

稲沢市にある高校生の塾

 

≪関連ブログ≫

高校生へ。古文の勉強法は「予習はほどほどに」

 

清林館高校~3年後のストーリーを考えた高校選び~

 

「やる気」は問題を解き始めたあとにやってくる

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014