sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.05.29更新

朝から市役所やら法務局やら走り回っている さんなん です。市役所で番号札を持って待っている時に、あるポスターをみつけました。今日はそのお話です(・∀・)ネタゲットダゼ

 

 

今日のブログは、将来のリケボとリケジョを育てるための種まきシリーズです。興味の違いによって、同じものを見ていても見え方は人によって異なるそうです。興味を持った世界は、その先の世界が広がってみえる感じがしませんか?しかし、人間は見たり・聞いたり・体験しない限り興味を持ちません。そこでたまたま市役所で見つけたポスターで知った、地元開催のイベントを紹介したいと思います。

 

 

■米村でんじろうサイエンスショーinいちのみや

テレビでお馴染みのでんじろう先生が8月3日に一宮市にてサイエンスショーをするそうです(昨年は稲沢市で開催されてたのかな?)。会場は、一宮市民会館です。やっぱり科学は近くで見ると違いますからね。「不思議?」「なぜだろう?」という気持ちが種となり、それが子供たちの内に秘めていた好奇心や探求心が芽生えるというもの。

 

 

科学実験に多彩な演出を加え、教育とエンターテインメントを融合した米村でんじろうサイエンスショー。世代を超えて楽しめる驚きとワクワクのプログラムですので、今年の夏休みは家族そろって「科学」を体感してみてはいかがでしょうか。

 

 

申込みはすでに開始しています。詳細は イベントページ でご覧ください(確認したところ、まだ座席は8割以上空いていました)。

 

米村でんじろう

 

■米村でんじろう先生のプロフィール

米村傳治郎、よねむら・でんじろう。日本のサイエンスプロデューサー、サイエンスライター。千葉県出身。東京学芸大学教育学部卒業、東京学芸大学大学院理科教育専攻科修了。自由学園講師、都立高校教諭を経て、サイエンス・プロデューサーとなる。テレビなどで興味深い実験を行い、科学の面白さを教えた。主な著書に『米村傳治郎のおもしろ科学館』『NHKやってみようなんでも実験』『親子で遊ぶ科学手品100』など。科学技術庁長官賞などを受賞。

 

【座右の銘】不思議と思う気持ちを大切に。

【名言】物理に限らず、科学は「わかろう!」とか「勉強しよう!」と思ったとたんにつまらなくなる。

【家庭でできる科学でんじろう実験】NGKサイエンスサイトは こちら (中学生は夏休みの宿題「理科実験」の参考にどうぞ)

 

でんじろう

「人生の道は1本だけではない。流れに逆らわず、強みを生かす道もある」

中学生だって、高校生だって、まだ人生の道を増やすため勉強している最中です。いつになっても遅いというわけではありません。やりたいことがないのではなく、まだ出会っていないだけ。だから、机の上以外にもいろいろな勉強をしてくださいね。 今日はでんじろう先生のサイエンスショーの紹介でした(・∀・)ハピエネ。

 

 

≪関連ブログ≫

上げることより、下げないこと。我が子への声掛けの仕方

 

「え、これだけ!?」スク玉小学部の宿題

 

夏の強敵!読書感想文の書き方【その1】

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

登録数150まであと少し(^^)/ダァー

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014