sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.05.05更新

 さんなん です。お休み企画『卒塾生からのお手紙シリーズ』をお届けします。本日は、高校3年生の男の子からのお手紙です。いまごろサークルやバイトに大忙しの毎日のハズ!?おぉぉーい、頑張ってるか~~( ゚Д゚)ハンノウナシ。

 

それでは行きましょう。カモ~ン、ボーイズ(^^)/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

スク玉の先生へ

 

 

僕が2年生の夏休みに入塾した頃、特に英語が苦手で模試などでもいい結果を出せずに悩んでいました。そこから映像授業を中心とした文法の総合的な復習を行い、大野原先生のアドバイスを受けて夏休み明けからは比較的簡単な内容で理解しやすい長文を解き始めました。そこでは特に「文構造」を意識して、1度解いて終わりではなく何度も読み直してそれを論理的に解釈でいるようにしていたのを今でも覚えています。

 

 

そうして着実に文章の難易度を上げて春の頃に熟語や英単語を根本的に身につけないと駄目だと痛感し、必死に覚えました。その時にも分からない複雑な文構造や抽象的な文章の内容は大野原先生やいけやま先生、とあ先生に何回も質問したり相談したのを思い出します。

 

 

このようにして英語を苦手から真逆の得点源にできるぐらい得意になりました。このおかげでセンター試験本番で高得点を獲って後の私立入試への自信へ大きくつながりました。実際に合格した大学の試験でも3教科の中で配点が高い英語で確実にとれたのがかなり大きかったと思っています。なので、もしスク玉に通っていなかったら英語はここまでできていなかっただろうと想像すると、僕一人の力だけでなく大野原先生やいけやま先生、とあ先生をはじめとした周囲の人たちの協力があってここまで上達させることができたのだと感じます。 

 


さらにここに通ったおかげで、自分により年が近い現役大学生の意見を相談やニュースレターを通じて他の受験生よりも多くとり入れられたのもかなり役立ちました。そうしたことによって広い視野を持って問題や困難に取り組むことができました。最後に、お世話になったスク玉の先生方、いつも全力で僕のことをサポートしていただき本当にありがとうございました。これから始まる新生活もスク玉で培った経験を基に、今後へと生かしていきたいです。

 

 すく玉ブログ

高校生の学習塾

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 うんうん、高校の途中から入塾してきた生徒ですね。受験に向かうための英語について、彼は強く思うことがあったようです。受験については、私も「勝負の世界に100%はない!」とは知っています。せめてスク玉生だけには全員合格して欲しいと、常に思っています。たとえ1人が不合格で残り全員が合格したとしても、皆の努力を知っているだけに素直に喜べない気持ちなんですね。

 

なので毎年、受験の時期は心が痛みますね。このボーイのように、努力がちゃんと数字に表れればよいですが、みんながみんな同じようにはいきません。時に悔しく、時に思うようにいかず歯がゆいときもあります。それでも結果を受け止めて、前を向いて進むしかありません。“どの学校に合格できたのか”よりも、“ご縁をいただいた学校で何を学ぶか”が大切ですからね。

 

個人的には、感謝の念を忘れていないコメントが嬉しいかったです。塾への感謝=通わせてくれた保護者の方への感謝だと私は考えています。最後まで塾を信じて粘り強く送迎も含め見守っていただいた保護者の方には、ご縁をいただいたことも含めいつも感謝の気持ちでいます。

 

 

≪関連ブログ≫

 偏差値60までは基礎の勉強を

 

偏差値60までは基礎の勉強を② 

 

英単語はこうやって覚えよう!3か月で1200個を覚える!

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014