sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.05.10更新

漢字が苦手な さんなん です。塾で教えるようになってから、漢検3級を2回合格しました。2回と言うのは、1回目がギリギリだったからです。もう一度勉強し直して、再度受験して160点以上取って合格しました。その後、さらに勉強して今は準2級を持っています。これでも小学生の頃に本は読んでいた人なんですけど、マンガではやっぱりダメなんだなと感じています。 

 

せめて、音読しなきゃね。今日はそんなお話です。少しだけお付き合いください。

  

 

 ■小学生向け!国語の指導方法!

私が知っている有名な国語の先生は、齋藤 孝(さいとう たかし)さん、福嶋隆史(ふくしま たかし)さん、出口 汪(でぐち ひろし)さんです。彼らが共通して国語力を上げるために必要なトレーニングがあると言っていますが、ご存じでしょうか?

 

 

それは、「音読」です。

市販されている彼らの著書を見てもそれが良くわかります。

 

 

齋藤孝先生の「国語の力がグングン伸びる1分間速音読ドリル」

齋藤考の音読

 

 

出口汪先生の新日本語トレーニング 基礎国語力編(上)

出口汪の日本語トレーニング

 

などがあります。

 

 

福嶋隆史先生の国語って子どもにどう教えたらいいの?という本の中でも、先生は「音読には一定の価値がある」と言っています。さらには、家庭でできる子供の音読のチェックの仕方までこの本には書いてありました。

福島隆史

 

 これだけ小学生向けの有名な先生方が音読が大切と言っているので、私からは何も言う必要はありませんね。もちろんスク玉でも、毎月の「名文暗唱」や「物知り博士」では音読を必ずするようにしています。この地域の小学校でも、名文暗唱を授業で取り入れているようなので歓迎すべきことです。ぜひ、ご家庭でも毎日3分程度で良いので音読をしてみてください。

 

 

音読と言えば・・・ちょうど中学生の定期テスト勉強中で気づいたことを思い出しました。社会の語句を音読させると読めないとかびっくりしました。だって、漢字は書けてるんですよ。テキストで赤〇がついてある人物名を読んでごらんと確認すると読めないとか、ありえます??そうなんです、音読は確認の意味でも有効です。本来は、説明させるのが「先生チェック」ですけど、生徒によっては、解かせてみて、読ませてみて、ということもしています。話が脱線してしまい、すみません。

 

 

今日は「音読が大切」ということについてお話しました。少しでもご家庭でも実践していただければと思います(小学生だと、教科書とか面白くないのでハマっているマンガとかでもいいですよ)。もちろん英語でも音読は大事なので、中高生もハキハキ声に出して練習してくださいね。それではまた、本日もありがとうございます。

 

 

 

■スク玉の名文暗唱の様子(※音が出ますのでご注意ください)

 

 

≪関連ブログ≫

 漢字は習うものなのか?

 

 英語はいつから勉強すればいいの?

 

 中大兄皇子と速解力検定!

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014