sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.05.15更新

困ったさん さんなん です。とある中学校では、テストの前日に提出したプリントが返却されたそうです。どうやって勉強するねん。あ~困ったさん。理科の大問18もあったら、どう解くねん。あ~困ったさん。思考力とは逆行している公立中学、あ~困ったさん。

 

 

さて今日は、保護者面談でもちょくちょくお話をいただく話題「中学受験」についてです。現小学生の保護者の方に、ぜひ読んで欲しいと思います。

 

四谷大塚小学生テスト 

 

≪地元(玉野駅)から90分未満で通える私立中学校≫

東海中学(1時間01分)

滝中学(1時間24分)

南山中学校 男子・女子(1時間10分)

鶯谷中学(1時間10分)

名古屋中学(1時間10分)

愛知中学校(1時間27分)

愛知教育大学附属名古屋中学校(1時間06分)

愛知淑徳中学(1時間14分)★

金城学院中学(1時間02分)★

椙山女学園中学(1時間08分)★

大成中学(1時間12分)★

名古屋女子大学中学(1時間10分)★

岐阜聖徳中学(1時間18分)★

聖マリア中学(1時間15分)★

中学生が片道1時間も電車に乗って通学するということは、ご家庭の方針なので私は何も言えません。なんせ地元の公立中学の通学時間は自転車で5分~10分程度、利便性だけを考えると中学受験が完敗です。しかし、もちろん通学時間以上の魅力があるので、遠くても通う生徒もいるわけですが、、、。

 

 

 

■上記★がついている学校を目指しませんか?

私が思うのは、この地域の小学生の学力格差が半端ないということです。勉強が苦手な生徒は、今のうちに徹底フォローをすると以前のブログで書きました。今日は、勉強余裕っす(*^^)vという生徒に対して言いたいです。私立中学に行く行かないは別として、★がついている学校の合格を目指して勉強しませんか?というご提案になります。

 

個人的に★がついている学校は、公立小学校の勉強を小6の夏までに完成させて、受験までの半年間はミッチリ受験対策をすれば手が届くと思われる学校です。それでも★がついている中学校の受験問題ですら、特に算数や理科は公立小学校で習う知識を超えているので難解な問題が多く出題されています。算数が得意って言っている子は、きっとギャフンと言うでしょう。だからこそ目標を定めて勉強するには良いと思うのです。もちろん受験料を払って、受験するしないはお任せします。外部模試を受けたり、学校の説明会やオープンキャンパス、体験授業への参加は、勉強そのものが楽くなるアイディアが盛りだくさんあります。こちらにもぜひ行ってきて欲しいと思っています。

 

 

 

■具体的にどうすれば?

まずは仮で良いので、志望校を決めましょう。そして、その中学校合格のためにプランを立てましょう。ご家庭であれば、週1回プロの家庭教師にプランニング(教材、カリキュラム、質問対応)をお願いするのも1つの方法です。スク玉生でご興味のある方は、保護者面談の時にでもお伝えください。例えば小学5年生の場合であれば、今渡してある算数ワークを12月までに終わらせるカリキュラムに変更し、1月~3月は小5で解ける受験向け問題テキストをお渡しする。国語は自宅で読解問題を解いてもらう、またはぷらす個別(オプション講座[国語は10月以降のみ受付])を取ってもらうと読解指導ができます。理科、社会はスク玉のテキストは中学受験の内容も含めたテキストなので、今のままで大丈夫かと。費用もテキスト代だけご負担いただけた大丈夫、プランニングぐらいはします。

 

 

なぜ、いまこんな告知をしたのかというとですね。これらは急に思いついたのではなく、もともとスク玉小学部でやってきたことなのです。実際、合格実績もあります(愛教大附中、南山男子、金城中、大成中、聖マリア)。受験算数、国語読解、受験勉強プラン作成ということを過去ずっとやってきました。あえて隠す必要もないのですが、最近はあまりそんな声を聞かないのでここで言ってみました。お断りしておきますが、中学受験専門塾ではないので本気で上位の中学校に受験するつもりなら場の雰囲気もありますので他塾の方をおススメします。あくまでも公立中学に行く予定ではいるけど、もう少し難しい勉強までやらせたいという方向けです。

 

 

もともとのキッカケは保護者面談でのご相談が始まりです。「うちの子にもう少し勉強させたい。でも、私が言うという事聞かないので何とかなりませんか。」、「特に習い事に打ち込むことがないので、生活にハリをつけさせたいのです。」、「英語が好きなので、できるだけたくさん英語に触れさせたい。」などなどです。スク玉は中学部もそうですが通常カリキュラムさえやってあれば何でもOKな塾です(ちょっと言い方には語弊があるか)。今だから言えますが、数年前はタイピングができるようになりたいという中学生がいたので、今の速読の要領で授業後にタイピングを練習していた生徒もいます。中学生さんは本人さんと相談してやることを決めますが、小学生さんはそうもいきません。ある程度は周りの影響、環境が大事になってきます。もし小学生の方でご興味がある方は、ご相談ください。中学生以上の方は、本人さんが直接言わないとやりませんのであしからず。

 

 

それでは、本日はここまでです。中学受験の世界の勉強を、学力の伸び盛りの小学生にしておくことはプラスだと思います。通うにはちょっと辛い土地柄ではありますが、それを目指して勉強することは可能です。下記のように名古屋ミッドランドスクエアで中学受験の説明会がありますので、ぜひこの機会に中学受験がどんな世界なのかを聞きに行くのはどうでしょうか。

 

 中学受験

 

≪関連ブログ≫ 

正しい先取り学習とは!?小学生の内にしておくべきこと

 

四谷大塚小学生テストで腕試し!

 

自我が生まれる、「魔」の小5という学年!

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014