sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.05.17更新

英語の完了形は得意だった さんなん です。肯定文も、否定文も、疑問文もなんでもござれ。ただ、不定詞が苦手だったな。今思えば、すべての根源は国語力のなさ。たんさん文章に触れて、たくさん文章を書いて、たくさん話そう。語学は、語学に触れた時間に比例して伸びるもの。さぁ、今日もブログのお時間、はじまります。 

 

 

今日は中学部のテスト勉強中の出来事を記事です。授業の様子をお伝えしますね。ちょうどこの時期は1学期の中間テストシーズンです。すでに中間テストが終わった生徒とまだこれからテストを迎える生徒を別々で授業しているので、現場はいつも以上にバタバタしています。中間テストが終わった生徒は、すぐ1か月後に控えている期末テストの勉強に向かうようにミッションを出しています。

 

 

その前に、テストが終わった後の恒例行事があります。 

それは「反省会」です。

中学部の勉強法

 

 

スク玉中学部では一人ずつ呼んで、生徒がどこで間違えたのかを1:1で個別に答案用紙を確認しています(高校生は自分で反省会してね。困ったらすぐ相談、即相談、速相談してください)。答案用紙をみながら、本人と反省会をするのですが、

・勉強した範囲で間違えている→演習不足(間違え直しの質が原因、時間不足?)

・勉強した範囲外で間違えている→教科書や資料集の隅から隅まで勉強していない

・勉強したレベル以上の問題で間違えている→応用問題も解く必要がある

・ケアレスミス→直しができるなら内容は悪くはない。普段の〇つけが違って〇がついているかも

その他、漢字ミス、文法ミス、文末減点、スペルミス、ガチミス、理科計算ミスなどを確認していきます。そして、本人さんの普段の勉強法の改善をしていくわけです。

 

 

あ~テスト悪かった~、次頑張ります!!

とか、無意味な宣言は止めてもらえますか。

 

 

 

特に中3はどの教科の内申を上げていくか、戦略も大事なことです。例えば今内申がオール3であれば、1つ、2つは③→④となるような勉強をした方が受験には有利に働きます。その科目が社会なら、社会の得点を伸ばすべく何が足りていないかを答案用紙から認識することが必要なのです。結果を見て、その過程を追っていく感じですね。

 

 

今は絶対評価とか言われていますけど、相対評価時代のように学校のテストの得点が大きく影響するようになりました。ノート点や課題での評価も大事ですが、とにかく得点を取らなきゃ。その得点を取るための勉強が、入試勉強につながることを目指して欲しいのです。本人さんとそんなことを意識しながら話しています。テストの熱があるときの反省は、思った以上に彼らの心に響きます。1人ひとりに時間かけていきますよ。

 

 

また、テストの中身を見るときには、テストの問題数と難易度もさりげなく確認しています。学年の平均点も聞くことで、学校自体のレベルも把握できちゃうわけです。まぁ、いつも地元の中学校の学力低下を叫んでいる根拠はここにありますが、相変わらず地元やべーやべーですわ。それでも、どの中学校も上位層がいるわけで、そこに追い付け追い越せと、頑張って喰らいついていけるように生徒をサポートしていくのが私たちの仕事です。やったります。

 

 

このようにスク玉中学部はグループ指導ですが、チェックや間違い直しは個人指導です。質問もわんさかもってくるもんで、大忙しですがそれも彼らがちゃんと勉強している証拠なのでこっちも頑張りますよ。まだまだ現役の生徒たちに負けていられませんからね。頑張ってる生徒の愚痴を代弁すると、学校のプリントの答えが間違ってるわ、解説がないわ、授業でやらんわ、アレどう勉強するんでしょうか。そのほとんどが理科です。ちょっと理科の先生、やるならやるでしっかり責任をもってください。

 

 

バタバタしていますので、今日はここまで。あ、付けたしとして私は何点とっても何も言いませんよ。褒めもしないし、文句も言いません。その代わり、「何点を取る勉強をしているのか?」「この点で満足か?目標点に届くには何をすべきか?」「予定通りやることが進んだのか?」そんな声掛けをするだけにしています。同じ80点とっても「嬉しい」生徒もいれば「悔しい」生徒もいますからね。取った点数に対して、私が評価するなんてそれこそ生徒たちにとっては大きなお世話です。それでも成績に関係なく今日も頑張っている姿があるのならば、「おぉおぉ、今日も頑張ってるね」と承認だけはするようにしています。最後、余談でした。

 

(おまけ)英語の授業の様子

 授業風景

 

ん?

 

授業風景

さんなんは、、、、(笑)。こらぁぁぁ~~( ゚Д゚)オオグイキャラカ

 

 

≪関連ブログ≫

勉強法を教えてください、と言う質問。(中学生向け)

 

こんなに英語って伸びるんですね(高校生向け)

 

高校生の英語長文読解(高校生向け)

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014