sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.06.06更新

さんなんです。地元の萩原駅そばにあるよく行くラーメン屋「華丸」がミシェランガイドに載っていましたね。なんだか自分のことのように嬉しいです。また、たまにいく一宮駅方面にある鉄板焼き「小松」というお店も載っていました。他にもいろいろ載っていたので、ミシェランガイド巡りをしたいです。

華丸

 

さて、今日は中学部の「4教科の勉強法」です。ちょうど期末テスト対策が始まっていますので、塾で伝えていることのシェアになります。

 

四教科の勉強は入試では使いませんので、まとめノートを作成して効率よく暗記する方法をおススメしています。高校受験では内申点も大きく影響するため、実技で得点が取れなければテストで補うしかありません。

 

【4教科の勉強方法】

①テスト範囲になっているものをそろえる

当たり前のことですが、意外とできていません。資料集がなかったり、プリントがなかったりと・・・。まずは、教科書・資料集・プリントなどを一つにまとめておく必要があります。

 

 

②「あとは覚えるだけの状態」をつくる

ノートに覚えなければいけないことを、書きだしたりまとめたりします。穴埋め式でまとめたり、大事な用語は赤ペンで書き、赤下敷きで消して自分でチェックできるような状態をつくります。

 

大事なことは「時間をかけすぎないこと」です。まとめるときは、ノート見開き1ページ(つまり2ページ分)だけにします。多すぎても、少なすぎてもいけません。真面目な生徒ほど、時間をかけすぎてしまっているんですよね。

 

時間にするなら1教科1時間くらいがちょうどだと思います。このくらいの時間なら、5教科の勉強への影響は少なくなります。

 

 

③テスト前日、当日に覚える

すでに、覚えなければいけないものの準備は整っているので、後は自分でテストをしながら覚えていくだけです。このような勉強方法であれば、4教科をおろそかにせず、かつ5教科の勉強にも影響はでないと思います。

 

 

以上です。とってもシンプル、でもこれがなかなかできません。そもそも副教科を勉強をするという意識が低い生徒が目立ちますね。中3になってから勉強するという生徒も多くいるみたいですが、出題傾向や5教科のバランスも考えると、ちゃんと中1から勉強「枠」には入れておいて欲しいと思います。今日は、4教科の勉強法についてお伝えしました(下のノートまとめの例が細かいので、詳細はニュースレターをご確認ください)。

 

4教科の勉強法

副教科の勉強法

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014