sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.07.02更新

小学校の宿題の音読は、やらずに自分でハンコを押していた さんなん です。今だから言える話あるあるですよね?私だけですか?小学校から高校まではマンガばかり。大学生になってようやく本を読み始めましたが、いかんせん語彙力がついてこんとです。

 

 

本日は、そんな反省をもとに『速読』をご紹介します。

 

受験において「受験前にどれだけの知識量をインプットできるか」「当日に実力を発揮できるのか」が大事です。1点差で合否がわかれる受験では、いくら知識量が多くても試験時間内に問題を解き終えなければ、無駄になってしまいます。

 

一般的に、読書速度が速い人は処理能力が高いと言われています。「時間に追われる」→「あせる」これでは普段の力が発揮されないの要因になってしまいます。時間に「余裕」をもつことができるのは受験において、大きなアドバンテージなのです。特にケアレスミスを防ぐための見直しをすることができるのが理由です。

 

合否を左右する1点を、速読トレーニングで勝ち取ってください。受験対策として、中学受験で頻出する作家作品や、高校受験や大学受験で実際に出題された文章を使って速読のトレーニングが可能になりました!速読でトレーニングしながら受験レベルの文章に慣れ親しみ、処理能力の向上が期待できます。

 

 

まぁ、よくある速読の宣伝文句がこんな感じでしょうか。

 

 

スク玉では速読講座があります。もちろん、今お伝えしたことは、本当のことです。しかし、先ほども言ったように私は大人になってから読書を始めた人です。だからこそ思うんです。速読は「受験のためだけにトレーニングするのは勿体ない」と。今の時代、本だけでなくネットでも文章を読むときに思います。もっと速く読めたら、もっとたくさんの本が読めるだろうな、と。

 

 

そんな経験をした方が他にもいらっしゃいました。数年前に、我が子に速読を受講させたい!と、とある母さんからお問合せがありました。塾に来てもらって、話を聞いているうちにこんな言葉がありました。「我が子は本を読むこと自体は嫌いではないが、家では自分から進んで本は読みません。だから、速読を習うことで、そのきっかけを作ってあげたい。速読は、必ず財産になります。」と。

 

 

学生の内にはわからないかもしれませんが、受験の先にある人生において、それまでに学んだ知識の使い方、スキルを使っての問題解決、学ぶ姿勢や取り組み方が問われます。しかし、本人が受ける教育は、当の本人が選ぶことはできません。決めることができるのは、もちろん保護者の方です。教育も多様化して、学習塾も習い事の1つになりました。そんな中で、我が子にとって必要なことは何か。限られた学生時代に、させておきたいことは何か。その選択肢の中に、『速読』を入れてみてはいかがでしょうか。

 

今日は、スク玉生の5人に1人が受講している速読についてお伝えしました。ご興味がある方は、無料体験をしておりますのでぜひどうぞ。

 

 

先日、速読協会SRJの八木さんが事例報告に来てくれました。わざわざ大阪からありがとうございます。

SRJ

 

 

☆詳しくは⇊こちらをどうぞ⇊

 速読教室

 

 

 

☆マンガでわかる速読講座☆ 

マンガでわかる速読

 

 

 

☆速読甲子園が始まりました☆

速読甲子園

 

 

 

 

☆お問合せはこちらから

(メールでお問合せ)

一宮市の学習塾スクール玉野

(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

稲沢市の学習塾スクール玉野

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉LINE@作りました!よかったら、ご登録ください!
(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
塾連絡は、塾生専用のLINE@にて連絡します。

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

投稿者: 株式会社スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014