スク玉ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2011.08.08更新

今は昔、竹取の翁といふ者ありけり。
野山にまじりて竹を取りつつ、よろづのことに使いけり。

こんにちは。翁、改め さんなん です。

8月5日(金)はイベント『夏は流してなんぼ 流しそうめん』でした。
総勢60名を超える参加者があり、楽しいイベントができました。
(小学生46名,中学3年生10名,先生6名)

準備は7月30日(土)の午後に行いました。(参加:さんなん、TKさん、じゅんじゅん)
ご近所さんにお願いして、竹やぶから竹をいただきました。

三人の行動をまとめてみました。

じゅんじゅん        TKさん             さんなん

竹を切り、運ぶ出す。   ジャマしてます。     遊ぶのに夢中。

      ↓               ↓              ↓
 
肩だけで運ぶTKさん。      たそがれ中。

そして、運んできた竹をまず二つに割ります。
節が割れる時は、「ポーン」と大きな音がします。


                                     ナタとハンマー。    TKさんは秘密兵器で。   この人は扇風機で遊ぶ。  

      ↓              ↓             ↓

      
 



                                   竹はまっぷたつに。   アイスが完成。        ぺロり。美味しい。

       ↓              ↓              ↓ 

                               





                         

                                                                                                           また竹を割って...。   ひたすら削る。      ポーズ。
        

あとは、この作業を繰り返すだけ。
竹の節は、麺が流れるように、また、ケガをしないようになめらかに削ります。 

切り始めから終了まで、約3時間半ぐらいで準備完了。

そして、8月4日の夜の授業後。組み立て。明日の朝まで壊れずにいればよいのだが...。


 竹取物語① 完
  

投稿者: スクール玉野

2011.08.05更新

TVっ子 さんなん です。

朝から授業ばかりで、実は夜中に録画してあるTVを見ています。

先日の「ホンマでっかTV!?」を見ていて、2つの言葉をいただきました。


『脳は行動の後追いをする』

言葉は脳を洗脳する様です。言葉の使い方も勉強のうちですね。



将棋はじっくり座って考えてる様に見られがちだが、

実は、

『瞬間的な判断がつきやすい』

頭の中で瞬時に多方面と競争しているから。


ホンマでっか!?

投稿者: スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014