スク玉ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2012.02.25更新

さんなん です。

大河ドラマ「篤姫」もいよいよ大政奉還。隙間の時間で少しずつ見ています。

おかげさまで入塾説明会のお問い合わせが続いています。広告を見てのお問い合わせもありました。

お問い合わせはさらに4件も増えました。本当にありがとうございます。

ご紹介していただいた方もいるみたいで、恥じないような教育を続けていきたいと思います。


さて、
中学2年生は早くも受験に向けて本格的に動いています。

まずは、意識改革。今のままの勉強量、勉強の仕方が受験に通用するのか。

それを数字でみせました。

精神論で、「ガンバレ」なんては無意味です。


自分に足りないものが数字でわかる。

名付けて『分析シート』

これで本人に現状と受験との差を自覚させました。言うよりはるかに効果
です。

本人が自覚しないと、意欲につながりません。

本人が自覚しないと、本質まで変えられないのです。

中学生の内に、勉強方法は身につけて欲しい。

中学生の内に、内からエネルギーを出すことを覚えて欲しい。


3月は
総復習に入ります。塾生の弱点をピンポイントにつぶします。

その為、カリキュラムも変則的です。


全体的に文系科目を苦手とする人が多いので、ここで1度基礎を再確認させます。

サンライズも必要な方には用紙を渡しました。SSの為に、数学補強も可能にしました。

これらに本人たちの意欲が加わるから、さらに数字が変わっていきます。

どれだけ伸びるか、こちらが楽しみです。



中1も来年の今頃には、土台を完成させねばなりません。あと1年しかありません。

学力格差がある中1には、すでに個別に声を掛けてある生徒も数名います。

昨日のSSの授業では、意識改革シートをテスト形式でやりました。意識の土台には大事な部分です。

普段の家庭学習の方法や、生活リズムの作り方、学習の注意事項も交えて、

彼らに問いかけながら声掛けしました。正しい意識を刷り込むイメージですね。



中3は最後の追い込み。こちらはチェックのみ。

やること表にもちょこちょこと修正を入れながら、自分の力で合格を目指しています。

彼女らの努力を見る限り皆に合格して欲しいのですが、

受験は勝負ですので、精神的に苦しくても乗り切ってもらいたいです。

それこそ高校受験の本質です。1つ1つを今まで通りに、しっかりとね。


大学受験もいよいよ本番を迎えました。

あとは良い結果であることを期待したいです。アーメン


--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


来年度からの入塾の件ですが、

新小6と新中1、新中3の募集を一旦、ストップしています。

また、新たに新中2生も満席に近づいています。クラスによりますが、あと1~2名?。

とりあえず現在、相談を受け検討中の方までにさせていただきます。

内部でのクラス編成後、また募集するかもしれませんが、

とりあえず、これらの学年は現在、入塾ができません。


<来年度(4月入塾)の募集について>

少人数制の授業の為、募集人数に制限があります。申し訳ありません。

来年度の生徒募集 
2名12名 (現状でお問い合わせいただいている方を除きます)


満席間近のクラス...新小4,新小5,新高2,新高3

(※小学生は曜日によっては入塾はできません。申し訳ありません。)

満席のクラス   ...新小6,新中1,新中2,新中3


新高1は、スク玉の中学部の卒業は5月の為、

空きがあれば募集をします。募集は4月末からの予定です。

ご検討の方は、お早めにお知らせください。

よろしくお願いします。

投稿者: スクール玉野

2012.02.23更新

TKです。

2012年の愛知県公立入試(一般)の倍率が発表されました。

*(   )内は昨年の倍率です。

一宮          1.49 (1.58)
一宮西        1.38 (1.44)
一宮興道       1.48 (1.71) 
津島          2.49 (2.64)
一宮南        2.03 (1.93)
木曽川        2.36 (1.87)
津島東        2.45 (2.48)
津島北        2.65 (2.24)
津島北(商業)    1.98 (2.17)



倍率はあくまでも倍率です。

これに執着してもしょうがありません。

受かる人が受かる。

やるべきことをやった人が自然と選ばれます。

行きたい気持ちが強い人が選ばれるのです。



投稿者: スクール玉野

2012.02.17更新

今朝、広告を出してきました さんなん です。

今月中のどこかに入るはずです。見つけて読んだ方は、ぜひ感想をください。

おかげさまで満席が続きましたので今年度は広告を1度も出していませんでした。

内容は1から考えて作り、募集ではなく、報告みたいな広告に仕上がりました。

果たして!?どんなもんだろうか。


今日は広告を出した後、すぐに名古屋に飛びました。

タイトル通り研修会に行ってきました。


本日の中学受験研修会には、

名古屋の中学受験塾では最大手●●●の元幹部の細川さんがわざわざお越しいただいて、

最近の中学受験についていろいろ話をしてくださいました。

●●●とは、少し中傷が入りますので、ここでは名前は伏せます。

細川さんは●●●を創設した初期のメンバーの方です。20年で大手となるまで成長させた実績のある方です。

経営の裏側までよく知る人物です。

今は大手とは指導が対極に位置する塾を経営しているそうです。

お会いしたのは、約2年ぶりぐらいでしょうか。


話の内容と言えば、、、

●●●は大きくなりすぎて、足元が見えなくなったと。


●●●の実績は確かに立派だと。ただ、それ以上にダブルスコア(受験全滅)が増えているそうです。

何より、勉強の方法を伝えず、問題だけを大量に出し、本人任せの勉強なので、

伸びる子は上位のみ。中間から下は、いわゆる『お客さん』でしかないそうです。

学ぶ姿勢もなく、何がしたいかなど考えずに、行ける学校に入る。

質問するにも長蛇の列。しかも、一人1つまでの質問を、講師ではなくチューター(助手)が答える。

淡々と話すその独特な口調の裏には、何か強く思う気持ちが込められている感じがしました。


さらに、話の中でこんな話もありました。

『教えすぎているから、成績が伸びない。勉強を詰め込みに頼り過ぎている。』

スク玉でも、いつも言っている言葉です。小学部の『教えない算数』はまさにそれに当たります。

何かスク玉に賛同してもらえた気分で、嬉しかったです。


相手の顔色を見て、正しい事を正しいと言えない教育者も多く、

親が噂だけを信じ、結局子どもが犠牲になっている家庭も少なくない。、

これは中学受験だけに限ったことだけではありません。多くの保護者様を見て、私も感じることです。


言いたい事を全部代弁してもらった様な気で、スク玉のベクトルの向きは正しいのだと改めて感じました。

塾経営をしていると、たまに迷う時もあるんです。そういう意味では、凄く心強い。

気がつくと緊張からなんでしょうか、手は汗でびっしょり、そして終始冷たかったです。

その後もいろいろと話ができ、満足いく研修でした。



速読の方も嬉しいお話がありました。

速読協会では、定期的に各地(京都や東京、名古屋)で速読教室を集めての報告会みたいなものがあります。

その中で、速読導入塾の先生が皆の前で事例を紹介する機会があります。

スク玉も実績があることから、「(講演会の選出時に)国立先生の名前が挙がりました」とのこと。

本当に嬉しい限りです。力不足な私を押していただける人がいるだけで、心強くなります。

「今はまだまだ未熟ですので...」と伝えると、きっとそう言われると思いましたと南海さん(速読協会の方)。

いつかは、壇上に立てるよう心身ともに鍛えていかねばと感じました。



片道1時間もかかり、3時間にも及ぶ研修会。毎月通ったこの5年間。

来月で卒業します。スク玉は、次のステップに進みます。


また、車の中で大河ドラマ『篤姫』を見ながら(ちゃんと運転に集中しています)、

帰りに立ち寄ったアピタの本屋さんでも嬉しい事が。

教材を買って、「領収書をください!」と伝えると、店員さんが「
タマノ様でイイですか?」と。

領収書をもらい続けて約1年(多くて月に1回程度ですが...)。ようやく、名前を覚えてもらいました。


小さな幸せってこういうもんでしょうか。

なんだか心温まる、いろいろ収穫のある1日でした。



<来年度(4月入塾)の募集について>

少人数制の授業の為、募集人数に制限があります。申し訳ありません。


新小6と新中1、新中3の募集を一旦、ストップします。

現在、相談を受け検討中の方までにさせていただきます。

内部でのクラス編成後、また募集するかもしれませんが、

とりあえず、これらの学年は現在、入塾ができません。

来年度の生徒募集 
5名12名 (現状でお問い合わせいただいている方を除きます)


満席間近のクラス...新小4新,新小5,新中2(アド・マイ),新高2,新高3

満席のクラス   ...新小6,新中1,新中2(SS),新中3



新高1は、スク玉の中学部の卒業は5月の為、

空きがあれば募集をします。募集は4月末からの予定です。

ご検討の方は、お早めにお知らせください。

よろしくお願いします。

投稿者: スクール玉野

2012.02.12更新

TKです。

今日は中学生の勉強会でした。

中3がいないので、何だかまた違った雰囲気でしたね。


5月の勉強会に比べると、ほとんどの生徒が座っていられるようになりました。

みんな黙々自分のことをやっていました。成長ですね。

意識が変わった人は、やはり違う。言われなくても自分のやるべきことを自分で探してやっていました。


そこで、差がつくのは勉強の質の問題です。

いまだに、

・丸つけをしない
・教科書 or まとめのページを見ながら問題を解く
・ひたすら一つの教科をやり続ける→飽きてきてぼぉーっとする

人がいます。

見かけたら直すようにしています。

根本的な勉強の方法を改善しない限り、成績は上がらないと思います。

上がったとしても一時的なもので、定着はしていないでしょう。

「この勉強方法が大正解!!」というように、勉強のやりかたには王道はありません。

十人いたら十通りの勉強方法があると思います。

しかし、勉強の仕方で「これをしたらいけないな」というものはある程度決まっています。

そのルールを守っていれば、ある程度自分の勉強の仕方は固まっていくのではないでしょうか。



中3から、私立入試の結果の報告をいただきました。

わざわざありがとう!!


<来年度(4月入塾)の募集について>

少人数制の授業の為、募集人数に制限があります。申し訳ありません。

新小6と新中1、新中3の募集を一旦、ストップします。

現在、相談を受け検討中の方までにさせていただきます。

内部でのクラス編成後、また募集するかもしれませんが、

とりあえず、これらの学年は現在、入塾ができません。

来年度の生徒募集 5名12名 (現状でお問い合わせいただいている方を除きます)


満席間近のクラス...新小4新,新小5,新中2(アド・マイ),新高2,新高3

満席のクラス   ...新小6,新中1,新中2(SS),新中3



新高1は、スク玉の中学部の卒業は5月の為、

空きがあれば募集をします。募集は4月末からの予定です。


ご検討の方は、お早めにお知らせください。

よろしくお願いします。

投稿者: スクール玉野

2012.02.09更新

面談 面談 面談の さんなん です。

入塾説明も含めて、本日は4件の面談が先程終わりました。

1件当たりだいたい1時間ぐらい話をしていますので、のどガラガラです。


さて、私立初日の合格発表が始まりました。

わざわざ塾に合格通知を見せに来てくれる子もいました。

電話で報告してくれた子もいました。よいよい。

また、本日は私立3日目なので、今日も朝から受験に向かった生徒もいます。

結果が楽しみですね。


来年度からの入塾の件ですが、


新小6と新中1、新中3の募集を一旦、ストップします。

現在、相談を受け検討中の方までにさせていただきます。

内部でのクラス編成後、また募集するかもしれませんが、

とりあえず、これらの学年は現在、入塾ができません。



<来年度(4月入塾)の募集について>

少人数制の授業の為、募集人数に制限があります。申し訳ありません。

来年度の生徒募集 
5名12名 (現状でお問い合わせいただいている方を除きます)


満席間近のクラス...新小4新,新小5,新中2(アド・マイ),新高2,新高3

満席のクラス   ...新小6,新中1,新中2(SS),新中3



新高1は、スク玉の中学部の卒業は5月の為、

空きがあれば募集をします。募集は4月末からの予定です。


ご検討の方は、お早めにお知らせください。

よろしくお願いします。

投稿者: スクール玉野

2012.02.06更新

<来年度(4月入塾)の募集について>

少人数制の授業の為、募集人数に制限があります。申し訳ありません。

来年度の生徒募集 5名12名 (現状でお問い合わせいただいている方を除きます)

満席間近のクラス...新小4,新小6,新中1,新中2,新中3,新高2,新高3

ご検討の方は、お早めにお知らせください。よろしくお願いします。


Tkです。

昨日、「次世代教育者交流会for2030」というものに参加させていただきました。

塾経営者
塾講師
学校教師
学校事務
不登校児童生徒の指導をしている先生
養護学校の先生

「教育」に関わる様々な人たちが集まりました。

テーマをひとつ選んで(ちなみにくじ引き)4~5人で意見をぶつけ合いました。

一人一人が様々な角度からいろいろな価値観を見せていただいて、とても良い刺激となりました。

価値観はぶつけあわないと変わりません。

色々な人の話を聞いて、色々な人に話しをする。

そしてもう一度自分で考えることによって、価値観つまり考え方は進化すると思います。


今の子に足りない部分だと改めて思いました。

今の子は自分の言いたいことを言っておしまい。人の話を聞いていないことがよくあります。

自分を高めたいなら、まずは人の話を聞いて、話をしている人がどう考えているかを考えるのが大切。

これは今すぐに、だれでもできます。

人の話を聞きましょう。人の話に耳を傾けましょう。「傾聴(けいちょう)」です。

スク玉の先生は、語り続けます。そしていろいろ聞きます。何かを感じ取ってください。



とある塾長さんの言葉ですごく響いたものがありました。

「人は転ばせないと(失敗させないと)成長しない」

「親の溺愛(できあい)は子どもをダメにする」

我が子が可愛いのは十分に分かります。

だけれども、失敗しないように失敗しないように子どもを誘導すると、成長しません。



とある小学校では、長縄の八文字飛びが流行っているそうです。

ある女の子が縄にひっかかって転んでしまいました。

転んだ時あなたならどうしますか??

・手をつく
・体をまるめて肩から落ちる

転んだことがある人ならたいてい思いつくことですね。

この女の子は、なんと・・・


顔面から落ちた


そうです。

転んだことはないのでしょうか。これでは危なすぎて、この子に何もさせられませんね・・・。


失敗しないまま成長すると、いざ失敗してしまったときの対処の仕方が分からない。

そんな大人になってしまうのではないでしょうか。

縄跳びの例だってそうだと思います。むしろ、命の危険に関わることにもなってしまいます。


大人は、子どもが失敗をしたときに、対処の仕方とフォローをしてあげればいいと思います。

だからスク玉では、

まず自分で解かせる。

そして、自分で調べる。

それでも分からないときは先生が調べ方を教えます。

それでも分からなければ、先生が教えます。

見ていてとてももどかしいですが、ぐっとこらえて見守ります。


入塾までの流れ こちら へ

メールでのお問い合わせは こちら へ

電話でのお問い合わせ 0586-68-6014 (コクリュウ まで)




投稿者: スクール玉野

2012.02.03更新

<来年度(4月入塾)の募集について>

少人数制の授業の為、募集人数に制限があります。申し訳ありません。

来年度の生徒募集 6名12名 (現状でお問い合わせいただいている方を除きます)

満席間近のクラス...新小4,新小6,新中1,新中2,新中3,新高2,新高3

ご検討の方は、お早めにお知らせください。よろしくお願いします。


さんなん です。

外はまた雪がちらちら降ってます。

さすがに雪合戦する歳ではありませんね。テンションが上がりません。


来年度構想がほぼ決まり、小学生に続き中学生の予定も制作中です。

高校受験も大学受験もこの1ヶ月が勝負です。高校部が先に結果が出ますね。

気が抜けない分、こちらも少しピリピリしています。


小学生の模試で、4月と1月の模試の
偏差値が3以上伸びた生徒を紹介します。

スク玉の授業はあまりにも地味な勉強が多いので、大丈夫かなーと心配していましたが、

今年も大きな成果を出してくれました。小5・小6の生徒の算数と国語の偏差値です。

(名字・名前どちらかのイニシャルです。学年は伏せ、順番はランダムです。)
講習生と途中入塾者を除く、26名中です。


エムくん  算数 60←55(+5)
ケーくん  国語 53←49
(+4)
テーくん  国語 65←62
(+3)
テーくん  国語 66←54
(+11),算数64←54(+10)
アイくん.   国語 57←54
(+3),算数56←51(+5)
ワイくん     国語 56←51
(+5)
イーさん  国語 69←51(+18),算数58←54
(+4)
エムくん  国語 54←47(+7),算数52←49
(+3)
エムさん.   国語 64←58(+6),算数62←55
(+7)
エヌさん.    国語 51←45
(+6)
エスさん  国語 67←51(+16),算数64←56
(+8)
エイチさん 国語 51←32
(+19),算数48←41(+7)
エムさん  国語 69←59(+10),算数64←52
(+12)
エスさん  算数 40←35 
 (+5)
オーさん  算数 47←39
(+8)
エスくん   算数 43←39
()
ユーくん.  国語 45←34(+11),算数42←31
(+11)
エスさん  算数 66←56
(+10)
エーさん   算数 64←56
(+8)
ワイさん   国語 66←57(+9),算数61←57(+4)

オーくん  国語 65←57(+8)
ケーくん  算数 64←60
(+4)


この結果を出すまでに、頑張った努力をまず褒めてあげたい。

もちろん実力テストなので、自分の力を出し切れなかった生徒もいるでしょう。

伸び悩んでいてもいいんです。私は、あなたの努力をちゃんと見ています。

今は我慢して、コツコツ努力してください。

その我慢の時期こそが、あなたを次のステージに連れて行ってくれます。


小学生、中学生ともに学校のテストでは本当の実力は分かりません。

問題集そのまま出題される『暗記』がほとんどだからです。

特に、小学生は平均点すら教えてくれません。


スク玉では、まず本人達に現時点での実力を認識させ、

これをどう伸ばしていくかを保護者様を含め考えていきます。

例えば、「速読講座」も必要ない人には、「やってくれ」とも言いません。

逆に、伸びないと感じた場合は、「まだ、やらない方がいい」と正直に伝えます。

速読も半信半疑の方にはお勧めはしません。

ツールというものは信じてやる人が大きく伸びるからです。


とりあえず、塾に入ってくれればという塾も多く、

保護者様も混乱させてはいけないと考えています。

時には、面談では保護者様にとって耳の痛い話もします。


それでも、スク玉を信頼して、入塾させる保護者の方がスク玉には多い。

だから、これほど成績が伸びるのです。だから、私も正直に伝えられるのです。


そして、
小学生の内に、考える姿勢、取り組み方、

学力をバランスよくしっかり形成する
からこそ、

中学部もしっかりとした成績も残せていると思っています。


この冬の中学部全県模試総合偏差値が、
全国上位(5%)に入る人も出てきました。

それも
10名もいます。

生徒達が厳しいことでも、しっかり受け入れて、

地味でもコツコツと頑張っている証拠
です。


スク玉生は皆が、最初から優秀ではないんです。皆、「普通の子」です。

成績は、


やるべきときにやるべきことをすると、ちゃんと伸びるのです。

中には、勉強が苦手の子もいますが、それでも、負けじと頑張っています。

だから、応援したい。手をかけすぎず、できるだけ見守りたい。

私も、彼らに負けないように役割を果たしていきます。

投稿者: スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014