スク玉ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2012.09.29更新

さんなんです。

今日の午前中、小学校の運動会に行ってきました。

運動会めぐりは、今週で3週目です。これがラストです。

今年もいろいろな学校を見て回ることができました。

生徒がいてこそ、可能でした。感謝です。




























この学校は初めて訪れます。

スク玉生では、小6生のお姫様方がおります。

騎馬戦が見れなかったのが残念ですが、

姫方の走る姿を拝見してまいりました。よいよい。


午後の地区運動会もある分、テントもギャラリーも多かったですね。

中には、保育園児用のテントもあったのが驚きました。



彼女らが中学に上がると、地域でも大きいマンモス中学校に入学することになります。

きっとビックリするでしょうね。スケールが圧倒的に違いますからね。

来年は中学校で、

その成長した姿が見れる事を楽しみにしています。

頑張れ!小学生!




―――----------------------------------------------――――――----------------------------

そうそう、小学生と言えば、

四谷大塚小学生テストの申込を受け付けております。


日 時 :11月4日(日)

対 象 :小1~小5
 
費 用 :無料

※今年から小学1年生から受験することが可能になりました。
※小学5年生は最後のテストになります。


申込は  こちら から。








投稿者: スクール玉野

2012.09.26更新

さんなん です。


小学生模試、中学生の全県模試の結果が返ってきました。

受験した方は、お手数ですが取りに来てください。

その際、面談することも可能です。お気軽に、お問い合わせください。



また、
ニュースレターは昨日の火曜日からお渡ししております。

現在も大量生産中ですが、ボリューミーですのでなかなか印刷も大変。

コピー機さんが頑張っています。

大学受験情報も盛りだくさんです。時代に合わせて、どんどん入試も変わっていきます。


長編ですが、しっかり必要な情報をキャッチしてください。










四谷大塚小学生テストの受け付けも始まりました。

今回はなんと、小学1年生も受験できます。

難しいテストですが、点数にこだわる必要はありません。


『チャレンジする気持ち!』

この1点があれば十分です。


小学5年生まで受験できますので、

ご希望の方はスク玉教室までお問い合わせください。

詳しくは
 こちら まで。










漢字検定の受検も受け付けております。

塾生のお友達も受検できます。


投稿者: スクール玉野

2012.09.23更新

さんなんです。

「ピンポーン」と日曜日の午後にお客様が来塾。

元塾生でした。

高校の文化祭が今週にあるようで、

「良かったら来て」とのこと。

嬉しいですね。スケジュール調整しますね。



週末はニュースレターの最終チェックをしていました。

火曜日からお渡しができるかな??

今回は、ニュースレター36ページと、夏の特別版16ページになりそうです。

「こんなに読めるのかな~」と思いつつ、情報は多い方が良い。

今回は、テスト分析と個別分析に加えて、大学受験枠も拡大。

夏のイベントと模試報告もあります。

ハローワーク、ナヲキの理科、TKの○○勉強法などなど盛りだくさんです。

今しばらくお待ちください。




日曜日の夜に、先生方で夏の打ち上げを行いました。

夏の慰労会と来月から教育実習へ行く先生2名の励ましと、

○○の○○などです。美味しいお肉と楽しい時間を過ごせました。























10月1週目からテスト勉強週間に突入します。

個人面談も合わせて行います。

しっかり入試とその先について、話し合いましょう。


投稿者: スクール玉野

2012.09.22更新

さんなんです。

今日もTKさんと学校巡りしてきました。

野原Tは塾でお留守番。新しく入った高校生のカリキュラムを練っています。

午前中は、まずは小学校へ。



















ここは塾生1名しかいませんでしたが、

小学生最後の運動会ということで見てきました。

探して探して、見つけました。

一生懸命、応援している姿がありました。よいよい。




その足で、今度はある中学校の文化祭です。

午前に合唱コンクールがあったので、

塾生の内で2人も指揮をするということでした。

二人とも大人しい生徒ですので、

どんな指揮をするのか興味がありました。

堂々とした姿、立派です。

この学校は歌が上手です。

学年が上がる度にうまくなっていくのが素人の私でもわかる。

きっと良き指導者がいるんだと思います。噂では超怖い先生だそうです。

他の塾生も皆見つけました。頑張っています。






















急いで塾に戻り、授業。

お昼ごはんを食べて、午後は違う中学校へ。


この学校は体育祭パフォーマンスが見どころです。

学年を4ブロックに分けて、歌、ダンス、衣装を自分たちで考えて発表します。

3年生は夏から準備に追われていましたね。

その成果が表れたパフォーマンスでしたよ。

いろいろ喧嘩して、それでも作り上げたダンスはよかった。

お疲れ様でした。





































ラストは、中学校。時間ぎりぎりでした。

この学校は、2年3年合同で行う『組み立て』が目玉です。

いまどき古い、男臭く、男子校のイメージでした。

途中のお笑いはお愛嬌。

最後は観客の雰囲気がシーンとした中、

太鼓に合わせて完成した8段ピラミッド。

凄い迫力。周りは感動の嵐でした。



























写真の手前で、竹の上で逆立ちしているのは、スク玉生。

練習では2度も落っこちたもんね。

本番ではうまくいってよかったよかった。



中3生とSS生は夜に授業もあり、疲れているのに良くガリガリ解いていました。

明日と明後日は体調を戻しつつ、中間テストまで一か月を切っているので

気持ちを切り替えて、動いてください。

塾生の活躍する姿に感激してます。ありがとう。

来週も時間が許す限り、回りたいと思います。

投稿者: スクール玉野

2012.09.15更新

さんなんです。

夜中にザーザー雨が降っていましたが、

心配されていた運動会は無事に開催されました。


今日は朝から地元の運動会に行ってきました。

塾生が1人、2人の地区でも、時間が合えば彼らの活躍を見てみたい。

学校の雰囲気も味わえるし、外から見る楽しさも分かってきました。













初めてお邪魔した小学校でした。

応援合戦も元気の良いこと。とても活気があふれていました。

お母さん方もテントと車の場所取り、そして、お弁当作りご苦労様です。















個人的な意見ですが、この学校の騎馬戦の盛り上がりは地域No1です。

大将戦では、こちらが緊張するぐらいの雰囲気になります。

人数が少ない学校ですが、

その分皆に役目を与えてられていますので、

一致団結している姿が印象的でした。


























この学校は、私の母校です。

学年を越えての皆のダンスが特徴的です。

写真3枚目は5,6年生合同でのソーラン節です。

きっとたくさん練習したんでしょうね。

それが伝わってくるぐらいのパフォーマンスでした。

全校生徒で行う大玉転がしも見ていて、とても楽しめます。




地元の学校で、同級生2人に会いました。

父として。。。さすがです。

運動会での塾生の活躍を見ていて、

こちらが元気パワーをもらいました。

さぁ、勉強もガリガリやりますよ。

投稿者: スクール玉野

2012.09.14更新

さんなんです。

相変わらず、将棋三昧な生活を送っています。

奥深くて面白い。









遅くなりましたが長崎ミステリーツアーの写真データが完成しました。

先生方のカメラと携帯の写真も含めて、放り込んであります。

ご自由にお使いください。


絵はあき先生の手書き100%です。

実習で忙しい時期なのにありがとうございます。


来週にはお手元に届くと思います。

旅行に参加した方は楽しみにしてください。


投稿者: スクール玉野

2012.09.13更新

さんなんです。

午後からTKさんと、地元の高校の体育祭に行ってきました。

パート2です。

噂では、この学校の体育祭はあまり楽しくないとか...

それを確かめるべく雰囲気を肌で感じてきました。



結論から言えば、


楽しい!!あの噂は何だったのでしょうね。

本当に楽しいのがこちらに伝わってくるぐらいでした。

野球部(?)はメガホン持って応援してるし、

部活対抗リレーでは部活動のユニホームを着て走るのですが、

まぁ柔道部は大変そうなことで。

陸上部はトップだったのに途中で転んで、

結局、野球部とサッカー部が接戦でゴールだったのかな。

十分なほどの盛り上がりでした。



「楽しめる子は、どこの学校に行ってもきっと楽しいよ」

いつも私は、こう生徒に伝えます。

反対に、楽しくないという生徒はやはり
受け身なんです。

周りが自分が楽しませてくれる。

皆が自分を盛り上げてくれる。


そんなのは
幻想です。勘違いです。


○○高校に行けば、きっと楽しい高校生活が送れる。

環境だけを求めている生徒もいるようですが、それは間違いです。

キッカケにはなるかもしれませんが、環境が変わっても人は変われません。

人の本質というものは、自分で努力して、我慢して変えるしかないのです。



話を戻しますが、

実際、生徒に会ったら飛び跳ねて喜んでくれた生徒もいました。

私達の姿を見たら、まさに"蛇に睨まれた蛙の如く固まる生徒"もいました。笑

暑い中、頑張っている姿はいいですね。


















そうそう、じゅんじゅん先生も応援に来ていました。

彼はこの学校の卒業生です。

なんだか、学校の先生みたいにグルグルと見まわっていました。


今月は時間がある限り、学校祭や運動会に顔を出したいと思います。

塾とはまた違った一面がみれるのも楽しみの1つです。

投稿者: スクール玉野

2012.09.11更新

さんなんです。

最近寝つきが悪く、夜更かしが続いています。

9月はいろいろ悩み多き時期です。

塾生の前期の出来栄えと反省、そして後期の戦略会議を

先生たちと毎晩話し合っています。



さて、中学部の話題ですが、

先日、課題(実力?)テストが終わりました。

スク玉では課題テストはテスト対策授業はしないことにしています。

理由の1つとしては、

『自分で勉強できるか』のチェックがしたいからです。


計画、勉強時間の確保、そして自分なりの対策と、

先生に言われなくてもできるかを見ています。

テスト後の間違い直しも含めて、結果はどうだったのでしょうか。

近日、結果が集まり次第、報告します。


また、9月は大事な時期であることは生徒に伝えてあります。

2学期はイベントが多いことは、以前も述べました。


この2学期には、英語検定、中間テスト、漢字検定、英語検定二次、期末テストと

10月に入ると大忙しです。

特に、検定は中3生にとっては最後の検定になります。

だからこそ、この9月中に検定対策を前倒しでするように全員に伝えてあります。

さっそく今週の月曜日の武士道は、どの部屋も満席状態。

小テストの追試の生徒もいますが、嫌々やってるって感じはしない。

ただ、スク玉の小テストは満点合格ですからね。

しかも先生が採点ですので、なかなか難しいみたいです。

それでも、意欲的なのは本当にうれしい限りです。よいよい。

体育祭の準備も含めて肉体的にも疲れている分、

いかに時間を効率的に使うべきかを

しっかり考えて動けていると思います。それも勉強のうちです。


進路で悩んで相談に来た生徒もいます。何を求めて、その先をどう考えるかだな。

今まで参考書なんて手に取ったこともない生徒が、それを使う姿もあります。ようやく変わったな。

授業後に残って質問をしていく生徒もいます。結局、参考書渡すだけだけど。

あいさつもしてくれる。靴は...最近いまいちか。明日は放り出します。

学校の話なんて、全部筒抜け状態なほど話してくれる。知らない名前をいっぱい覚えた。

素直な子ばっかりだな。その気になれば壺たくさん売れそう。



ルールに厳しいからこそ、皆が守ってくれるから生まれる環境だ。

誰一人置いていかんよ。

そのかわり、気を抜いている子は、こちらから攻めていきます。



そんなよい環境の中でも、悩みが次々と出てくる。

なんだか贅沢です。やっぱり欲張りです。

『教育は麻薬だ!』と東京のある塾長さんがおっしゃっていました。

どうやら、私は教育にどっぷりはまってしまったようです。


やりたいことが山ほどある反面、


知らない内にガラパゴス化なんてことにならないように、

着々と次なるプロジェクトを進めていきます。


投稿者: スクール玉野

2012.09.09更新

さんなんです。

『正義は胸に秘めておくのがいい』

ある映画の1フレーズです。

心に染みます。

教育の正義とは!?

それは一人ひとりの個性を伸ばすこと。

そして、社会で通用する力を身につけさせること。

そのために、教え込むのではなく、気づかせてあげる教育を

スク玉では小・中・高一貫教育で展開していきます。



先日、広島で小学生の女の子が

塾の帰りに連れ去られる事件がありました。

こんな事件があると保護者の皆様も心配でしょう。


そこで、あらためてお願い致します。

塾の行き帰りには十分、ご注意下さい。

特に女の子に関しては

出来るだけ保護者の方の送迎をお願いします。


その際、お子様がお迎えを待っている間

教室で待機していることは全然かまいません。

今回の事件もお迎えを待っている間に起きました。

ちょっとした時間だからとか

まさかこんな所でというところで

事件が起こっています。


塾の安全対策としては、

授業後は先生がお迎え場所(大きい道)に

少なくとも1人は立ちます。


気をつけるに越したことはありませんので、

お迎えが遅くなる場合は、遠慮なく

教室でお迎えを待っているようにお子様にお伝え下さい。


中学生、高校生の方で授業後に残る場合のお迎えは、

一人になる場合が考えられますので、

教室の前に車をつけていただいても構いません。


安全な地域づくりは大人の役目です。

何かある前に手を打っていきましょう。



アメリカのように、学校で

「自分の身を守る」授業の必修化も

日本でも必要なのかもしれません。

投稿者: スクール玉野

2012.09.07更新

さんなんです。

スク玉の中学部では、テスト分析を行っています。

大野原先生を筆頭に分析部隊を編成。

隊長に森先生を据えて、じゅんじゅん先生、しょうたろう先生に

ご協力をいただいております。



1学期期末テストでは、文系科目は各学年とも
約6割

教科書、ワーク、プリントから
そのまま出題されている事がわかりました。


数学は、テストを作る先生によりますが、

それでも数学はワークやプリントの数字を変えただけにとどまり、

どの学年も
実力問題の出題は0%でした。


反対に、
理科は実力問題が67%も出題(中3)されており、

学校のワークだけ丸暗記の生徒では得点に結びつかないことも

判明しました。



さらに、個人のテスト対策(SSの生徒)としては、

彼らがどんな間違え方をしたのかも全て分析しました。

英語なら、未回答、スペルミス、疑問文、否定文、文法の得点率も洗い出しました。

また、教科書内容で得点が取れているのか、問題集なのか、プリントなのかを、

各得点率を出しました。

これによって、
個々のテスト勉強の方法に偏りがないのかも分析しました。



勉強は、ただやみくもに問題を解けば成績が上がるものではありません。

問題集そのままの出題は取れていても数字や表現が変わると解けない生徒と、

反対に、問題集そのまま出題されている部分で点が取れていない生徒では

当然、対策の方法が異なります。



出題率と出題範囲については、今月末のニュースレターに掲載します。

個人の分析&対策は、面談時に本人と1:1で話し合います。


自分で自分自身を客観的に見つめ直すことによって、

自ら考えて動ける様になる。

他塾がやらない、個人分析とテスト対策、勉強方法の改善を、

スク玉はやったります。


投稿者: スクール玉野

前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014