スク玉ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2012.10.30更新

さんなんです。

高校生の子達が何やら相談していました。

どうやら恋の病だそうで、ある一人の男の子が悩んでいました。

(堂々と)話を盗み聞きすると、

まぁなんて純粋な子(←相手の女の子)もいるんだということに感動しました。

最大の原因は、
コミュニケーション不足のようです。

話し合ってもいないのに、相手の気持ちを決めつけてもしょうがありません。

いろいろな場面で、やはりコミュニケーションは大事なんだと改めて感じました。



話は少し脱線しますが、ご家庭での対話はいかがでしょうか。

最近は語彙が少ないと感じる子がほんとうに多いです。

自分の思いを文字に、そして言葉に表す事が苦手な生徒が目立ちます。

親子でちゃんと話し合っていますか?

中学生にもなると家庭ではどうしても「学校の成績」に話が偏りがちですが、

できるだけ先を見据えた話題をお願いしています。

特に、社会情勢に関しては無知、さらに無関心な生徒が多いです。

どうしても「今」を見るのが子供であれば、

「将来」を考えさせるのは親の役目です。


例えば、


旅行であれば、教科書に出て来るような世界遺産や寺、建造物の観光に、

買い物でも、働いている人の視点を意識させてみる声掛けであったり、

ご家庭では、TVではなく
あえてラジオを聞かせ、想像力、思考力を鍛えるなど、

明確な家庭ルール作りが
子供の地頭を鍛えるのです。


女の子達の井戸端会議は特有なもの(あれはあれでいいと思う)としても、

とにかく今時の子達の会話は中身がない話が多い。

だから、真面目な話ができないんです。

この意識改革をしていかない限り、本当の意味で勉強ができてきません。


冒頭の高校生も、「一緒にいても話題がない」とのこと。

お互いが年頃なので全てとは言いませんが、

本当に相手を見れば、気がつくことはたくさんあるはずです。

それに気がつく力がないからこそ、

コミュニケーション不足に繋がっている要因の1つだと感じました。


投稿者: スクール玉野

2012.10.28更新

さんなんです。

面談であるお母さんにこう言われました。


『この塾は変わっていますね。

 問題を解かせながら自分で勉強の方法を身につけるんですね。

 口出しを我慢して半年で、自分で問題を解くようになりました。

 前は質問ばっかりしてきたのに、変わってきましたね。

 いまどき、結果を求めるお母さん方が多いのに、

 勉強への取組み方や習慣にあれこれ言う塾はなかなか好かれないものじゃないですか。

 ウチの子は勉強が苦手だから、正直、今日の面談も来たくはなかったのだけど、

 直すべきところを正直にズバッと言ってもらえて却ってスッキリしました。』

 
うれしい限りです。面談に来たくないっていう言葉が正直過ぎて、

「あ~あ~どうしよう!」と思いましたが、最後の言葉に救われた思いです。

耳が痛い話でも受け入れてくださる方がいるから、

こちらも正直に話すことができます。

その子にとって、現時点の最善をどうするか。

いろいろと段階を踏んで考えていきましょう。



さて、小学生の漢検対策中です。小学生は全員合格を掲げていますので、

何が何でも合格を勝ち取りたい。それも高得点で合格目指します。

やるのは自分自身。チェックは先生がします。

コツコツと努力してきた分、ぜひ成功体験を味わいさせたい。

春から漢字の持つ意味までじっくりじっくり浸透させてきました。

検定が楽しみです。

ちなみに、漢検が終わったら今度は5か月かけて

「ことわざ・慣用句・四字熟語」が始まります。

小学生の優先はまず国語力です。みっちり鍛えます!


だいたい授業後に、先生方と

「あの子は論理的に話すから弁護士だな!」

「あの子は言葉に強いから官僚にさせよう!」

「あの子は理科がよくできるから科学者だな!」

「いやーやっぱり医者の方がいいじゃない!」

こんな話で盛り上がっています。勝手に決めつけてすみません。

この子たちを見ていると、日本の将来はまだまだ明るいですわ。


投稿者: スクール玉野

2012.10.26更新

さんなんです。

建物はこんな調子です。進むのが早いですね。

  













大工さんは3人でやっています。

力仕事もなんのその、重い柱も機械を使わず二人で持ち上げ運んでいます。

そして、やりだしたら早いこと。かつ丁寧、繊細さも。

日本のものづくりのプロの力は、凄いです。

木の匂いもなんだから幸せな気分になります。


生徒に「どうだい!?大工さんは?」と尋ねると、

「カッコイイ!」と好反応でした。


今週は月曜日から土曜日までせっせと働いていますが、

時には鼻歌を歌いながら、見ているととても楽しそうに仕事をしています。

きっと好きなんでしょうね。私も見習っていきたいです。



木曜日に叱った中1生が、今日は大人しいこと。

まぁいつまで維持できるか楽しみです^^

皆、忙しい中、よく宿題もやってきています。


私は建物ができていくのも好きですが、

やっぱり人が成長していく姿の方が好きです。


そうそう、体調不良が目立ってきています。

保護者の方はケアの方をよろしくお願いします。

投稿者: スクール玉野

2012.10.25更新

さんなんです。

中1マイセルに一喝しました。

中学生にもなって、先生が席を外すと勉強ができないレベルでは困ります。

私は結構、意図的にやります。外から授業の様子をよく見ています。

でも、これが彼らの潜在意識であり、本当の素の部分だと考えています。


ここから直していかない限り、

どれだけ知識をつめこんだとしても自分で動いている子には通用しません。

ただ成績だけ良くったって、それは今だけです。

今の中3生をみてください。やんちゃ坊主でした。

それが、今やしっかりしています。スク玉生の誇りです。

本当に、彼らが中1の頃は大変でした。皆、ちゃんと変わっていきます。

意識改革はどうしても避けて通れないものの、

言いたくないことでも言わなきゃいけないのは辛いです。




さてさて、昨日は速読教会SRJの南海さんが

わざわざ大阪からお越しいただきました。


今回の速読甲子園団体戦で


全国15位、中部地区2位の成績について、

お褒めの言葉をいただきました。


いろいろ速読への取り組み方を聞かれましたが、

スク玉では特に先生が管理しているわけではありません。

その代わり、時間が許す限り(延長する子もいます)どれだけでも

トレーニングしています。

やはり制限なくひたすら反復している生徒は伸び率が高いですね。


さらに小学生には読解授業で難しめの長文を読みますし、

中学生以上は徹底して参考書を読みます。

速読が活かされる場がスク玉には満載です。

相乗効果でどんどん伸びるのがスク玉の速読人の

強みなのかもしれません。

確かに、本を読む生徒も多いですからね。


後日、賞状をいただけるみたいなので、

届き次第、速読の部屋に掲示しますね。


南海さん、本当にありがとうございました。

速読トレーニングやデータなどの情報をいただきました。

ただ面談の間でバタバタしてご迷惑おかけしたと思います。

申し訳ありませんでした。

投稿者: スクール玉野

2012.10.24更新


さんなんです。

冬期講習の詳細が完成しました。本日よりお渡しします。

建物の方も外観はあっという間に完成間近です。

ここから内装が時間がかかるようです。

そんなに広くはありませんが、

ここは高校生の勉強部屋のつもりでいます。

















投稿者: スクール玉野

2012.10.21更新

さんなんです。

昨日はバドミントンでした。

元塾生さんが練習に参加したいとのことでしたので、一緒に汗を流しました。

午後には、スポーツ店で、今度は別の元塾生さんと遭遇し、

久しぶりに元気な顔を見ることができました。

二人とも高校でバドミントン部に入ったみたいですので、

地域のバドミントン大会でも顔を合わせられるかもしれませんね。



さてさて、土曜日から理系科目の特訓・特進クラスが始動しました。

スク玉唯一の受験対策講座です。

他塾のように土日ゼミ、入試直前ゼミ、単科集中ゼミ、入試予想問題

などなど3つも4つもありません。

スク玉の受験対策講座は、このような入試対策に加えて、

公立高校の受験対策だけでなく、私立高校の受験対策も含んでいます。


また、冬期講習は外部生を募集しないので、

現塾生だけに集中してできるだけでなく、

1人の生徒に対して教えている全教科の講師が集まり、

第一志望合格に必要な得点、対策を個々の得意科目、苦手科目を加味しながら

「この子は国語は15点、その為に...。数学は最低12点、英語は得意だから...。」

といった対策を練ることができるのも受験に対しての強みです。

連日、先生方との打ち合わせが続いています。


まだまだ学校の授業は進みますので通常授業は学校の進度に重きを置き、

この講座では早めに受験への総復習、特に理系にしぼった演習をしていきます。

部活を卒業し体育祭も終わり、ちょうど今の時期から比較的勉強に集中できます。



特進クラスからは、昨年の受験当日で理科20点満点が二人もでました。

数学平均は17.4点、理科は18.3点と、

差が付きやすい理系で高得点を取れれば受験では有利です。


特訓クラスも最高点では、数学18点、理科18点と

こちらも特進クラスに負けないぐらい点を取ってくれました。

クラス分けは行いますが、最低ラインを決め、できる子はそこから積み上げていく

まさに個別カリキュラムで授業を行っています。



スク玉生!全員第一志望合格!

を目指して、動いて行きます。

投稿者: スクール玉野

2012.10.19更新

さんなんです。

面談シーズン到来中です。

現状の課題から、後期、来年度、そして受験まで

いろいろ戦略についてお話しさせていただきます。



本日10月19日(金)には、中1の生徒さんまでお手紙をお渡ししています。

中2、中3の方は、今しばらくお待ちください。11月に入ってからお渡しします。



------------------------------------------------------―――――----------------------------


四谷大塚小学生テストについて











おかげさまで満席になりました。ありがとうございます。

小1~小5まで計50名を超える申し込みがありました。

申し込まれた方は、

四谷大塚のホームページに過去問がダウンロードできるようになっています。


また、受験しない方も、周りがどのレベルの問題を解いているのかを知るべきです。

ぜひこの機会に腕試しをして欲しいと思います。



小学生5年生でも、『解の公式』が使える生徒もいます。

小学生6年生でも、分厚い参考書で勉強している生徒もいます。


ますます公立中学での学力格差が懸念されます。

ご家庭では、周りの情報を見つつ、我が子にあう教育を探してください。

決して噂話や憶測だけで判断しない様にお願いします。


投稿者: スクール玉野

2012.10.18更新

ようやくですが、動き出しています。

完成が待ち遠しいです。














投稿者: スクール玉野

2012.10.17更新

TKです。



私事&事後報告で恐縮ですが、



10月13日に入籍いたしました。

投稿者: スクール玉野

2012.10.15更新

TKです。

英検のHPに先日行われた英検の1次試験の解答速報がUPされていました。

↓こちらへどうぞ。

準2級

3級

4級

問題用紙は、今日から返していきます。

投稿者: スクール玉野

前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014