スク玉ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2012.11.28更新

さんなんです。

ニュースレターは終わったのですが、

録画してあるTVが多すぎて見ている暇がありません。

読みたい本も結構ありますので、12月のお休みまで我慢が続きます。



そうそう、生徒たちには伝えてありますが、

12月11日~13日はスク玉はお休みです。

小学生、中学生、高校生、速読生も全てお休みです。

お間違いのない様にしてください。


建物はこんな調子です。























中学生の期末テストは終わりました。

テストから解放されたのはわかるのですが、

ケジメがつけられない子はちょいちょい見かけます。

まだまだですわ。


投稿者: スクール玉野

2012.11.27更新

さんなんです。

生徒面談してます。うーん、話は尽きませんね。

保護者面談も継続中です。

お手紙は皆に渡してあります。面談は12月15日まで受け付けています。


ニュースレターも配布中です。

近頃は皆が楽しみにしてくれているので、

作る方としても力がはいります。

ぜひ感想をお待ちしております。




















投稿者: スクール玉野

2012.11.25更新

さんなんです。

ニュースレターは添削中です。

明日の夜に印刷が間に合えばさっそくお渡しします。

今回も盛りだくさん、計36ページぎっしり情報を詰めました。

大学生からは、休日の過ごし方というタイトルで、

今時の大学生がどんな休み方をしているのかも書いてもらいました。

大学生シリーズは評判が良いですからね。

入試情報や絶対一本も、お楽しみにしてください。


建物の方も順調です。最近、画像がないじゃないか..と言われそうですので、















壁もきれいになりました。あとは照明器具と床です。

電気工事も並行して動いています。



建物以外にも、もう1つ極秘で動いている事があります。

今年中に動けるのかな。できたらご報告します。

少しでも、ご近所さんにご迷惑をかけないようにしなきゃね。


さて、表題の勉強会ですが、明日からテストということですので、

皆、学校の問題集の直しを中心にやっていました。

直前は、A,B,Cの3つに分かれて勉強です。

皆、やるべきことがわかっている様ですので、

予定表をこちらから出すわけでもなく、

やることは各々に任せて2時間×4コマやりました。


今日は、だいたい理系科目の質問が多くでましたね。

それでもやることがなくならないのは立派です。

課題をやるのはあたりまえ。

あとは、点数をどう取るのか。

どう、苦手分野を克服するのか。

暗記科目は何回繰り返すのか。

自分で目標を見つけ、動けたので良いと思います。


Cのクラスだけは先生が2人体制で、チェックだけはしました。

まだまだ自分で甘い部分はいなめないので、

早く自分で勉強ができるようになってもらいたいと思っています。


「やることが終わったからプリントちょうだい!」って言う子もいますが、

基本的にテスト勉強の時に新しいプリントを渡す事はしていません。

学校の問題集を徹底的に繰り返す。


1冊を端から端まで、繰り返し反復練習する習慣は高校で活きます。

勉強が苦手な生徒ほど、次、次と新しいものにいく。

スク玉は他塾と違って、
与えすぎず、教え過ぎず、依存させません。

誰かがいないと勉強ができないレベルにはしたくありません。


予想問題がないと点数が取れないレベルでは困ります。

やっぱり実力をつけたい。



今日も高校生も含めて、良くやってくれました。

明日からテストです。

しっかり自分が立てた目標の点を取ってらっしゃい。

気温差が激しいから、風邪だけ気をつけてくださいね。





























お昼ごはんの様子です。

投稿者: スクール玉野

2012.11.23更新

さんなんです。

ニュースレター締切直前で、気分は漫画家の締切日直前の感じです。
追い込まれています。

ニュースレターは来週中には渡せます。今しばらくお待ちください。


祝日にも関わらず、朝から中学生さんが多数勉強に来ています。

誰も呼んでいないのに...。まぁ、よいよい。


小学生と中学生の保護者様アンケートも集計中です。

授業の様子をUPして欲しいとの声も多数ありましたので、

定期的にブログに更新していきます。


さっそく今週の小学生の様子です。

今回は小学4年生の様子です。


暗唱はいよいよ来週テストですね。

今月は『徒然草』です。声はしっかり出てます。

どうしても少し早口になりがちなので、

もう少しハキハキ読む練習は必要ですね。


ことわざも音読してます。一週間に12こずつ。

漢検と同様に、毎週テストですので、

しっかり意味まで声に出して覚えてきてください。

課題としては、まだ音読のスピードが先生についてこれません。

指さし、口は大きくハッキリと、テンポよく速く読む練習をしてください。

練習あるのみです。


物知り博士は「日本の平野」です。全部で26ぐらいあります。

こちらは毎回のバトルが盛り上がっています。

番号→「平野の名前」

順番で覚えてもしかたがありません。

場所と名前が一致するような特訓を、ぜひご家庭でもして欲しいです。

もちろんテストでは全て漢字で書けるようにしてください。

こちらのテストは12月19日(水)です。今回も満点目指してください。


算数は、漢検が終わりましたのでいつも以上に時間が長く取れています。

算数は先生が授業とかはしていません。完全に演習中心です。

自分で例題を読んで、自分でマネをして、先生が丸をつけます。

女の子たちは、春に比べて一人でも手が動くようになってきました。

「わからーん。教えて。」が半分ぐらいに減りましたか。

男の子達は大丈夫そうです。早くもワークが終わりそうな子もいますが、

予定よりも早く終わってもなんでも出しますので、どんどん進んでください。


現状やるべき算数ワークが終わっていなくても、りんごの計算ができれば、

この先の算数ワークはきっと追いつきます。冬期も今の算数ワークでいきます。

4年生は3月末までに終わる計画でいます。


成長が著しい4年生。

この半年で暗記モノができる、しかも漢字で書けるようになりましたね。

それが当たり前なんだという基準が上がったことが何よりです。

それでも来年5年生はさらに算数が難しくなりますので、

今以上に土台づくりを固めることが急務です。

投稿者: スクール玉野

2012.11.18更新

さんなんです。

今日は8時間勉強会でした。

一般的な社会人が働く就業時間と同じ時間勉強するというものです。

スク玉の勉強会は大きく2つのグループに分けて勉強しています。
(細かく分けると5つにわかれています)




























1つ目は受験勉強優先グループです。

テスト1週間前(ちょうど今日)までは塾の課題を優先して勉強します。

塾テストもありますし、塾ワークの間違い直しも含めて、

習った範囲まで、どんどん解いていきます。

わからない問題は自分で参考書や教科書で調べたり、

調べてもわからなければ先生が導きますが、

基本的に自分で勉強する型を作っていきます。


このグループでは、テスト勉強は1週間前(明日から)行います。

スク玉では過去問をやったり予想問題などで対策として

何かするわけではありませんが、

これまでの勉強法を学校の課題にうつすだけです。

それで彼らは自分の実力で結果を出してきています。



2つ目のグループは、学校優先グループです。

ことらは計画を立てることから始めています。

先週の初めから動き出して今日までに学校の課題は終わっているはずです。

明日からテスト1週間前になりますので、

課題の間違い直しをしていきます。

すでに今日から直しをしている子もいましたね。よいよい。


どうしても直しを1度やっただけでは理解できないので、

彼らは2度、3度繰り返し課題に取り組みます。

だから時間が必要なのです。

もちろん、自分の力で解くというスク玉流の勉強はこちらでも行っています。

先生も安易に答えを教えることは控え、

わからない場合は一緒に調べたり、

音読させたり、意味を根ほり葉ほり聞いていきます。

知識が足りない部分は先生が補いながら、

勉強の方法を学んでいきます。



勉強会を全体的にみても皆ガリガリやっていました。

中には、

部活で遅れて来た子もいます。

体調が悪くなり途中で帰った子もいます。

数学が解けなくて泣いていた子もいます。

塾テストで凹んでいた子もいます。

途中でウトウト寝ていた子もいます。

やることが多くて、あーだこーだと言っている子もいます。

集中力が切れて、ただ辞書を眺めている子もいます。


それでも自分と戦いながら、自問自答しながらも、

気持ちを切り替えて勉強する姿がありました。


私がこんなことを言ってはいけないのかもしれませんが、

その姿だけで十分です。今は、結果は二の次でいい。


将来、仕事に就いた時にそれが苦手だからと逃げるわけにはいきません。

やることが多くたって、やりきる力が求められます。

そう考えると、彼らの努力する姿は、

世間が言っている「今の若者は努力ができない」ではありません。


答えが見えないこれからの社会でも、

自らが考えて行動できる。努力できる。我慢できる。

そして、変化に対応できる子を育てていきたい。



だからこそ、まずは与えられた課題をやりきる。

その力が欲しい。

そして、よく彼らにこう伝えます。

「与えられた課題をやるのは、本当の勉強ではない。

 やり終えてからが、本当の勉強だ。」と。


将来、自分から仕事を見つけ、生み出すことが求められるでしょう。

成熟社会が求める人材は、

決して与えられた課題だけをこなす人ではない。

勉強は社会とつながっています。

ぼんやりでも、少しずつ意識が出てきて欲しいと思っています。

明日からも風邪ひかないように、頑張っていきましょう。


投稿者: スクール玉野

2012.11.17更新

さんなんです。

四谷大塚小学生テストの結果が返ってきました。

お手数をおかけしますが、

受験された方は塾の方まで取りに来てください。




今日は地元の小学校の授業公開日でした。

土曜日ということもあり、本当に多くの保護者の方が来ていました。

特にお父さん達の姿が多くあったのが印象的です。


私は小学生の内は、学校でしつけを優先すれば十分だと考えています。

授業の受け方であったり、ノートの取り方、コミュニケーション、

相手の話をしっかり聞いて自分の意見を伝える、

もちろんルールやモラルも含めてしつけです。

それを先生が主体で見せながら、

高学年になるにつれて徐々に生徒主体に変えていく。


勉強内容は中学につながる程度、

たとえば漢字や意味調べ、算数なら計算や図の書き方、途中式、

社会であれば地名が漢字で書けること、

理科であれば実験の本質がわかること。


先の中学、高校でこんなことを学ぶんだなということが、

生徒がなんとなく感じてくれるものでよいと思いっています。


実際、公開日を見て、多くの方がいたので、

彼らの素の部分が見えなかった気がしています。

授業をする先生方も、

なんだかいつも生徒が言っている先生の姿とは違って見えました。


それでも、気になったことは教室が寒いこと。

公開日なので廊下の窓も教室のドアも開けっ放しだったので、

教室内も寒く、ジャンパーを着ながら授業を受ける子が目立ちました。


また、廊下での保護者の立ち話の声が大きく、

教室の中でも先生の授業の声が聞こえない。

そんな学年もありました。


何より、スク玉生の掲示物や展示をたくさんみれたことが、

また私のモチベーションになります。

それだけで十分です。

やっぱり危機感が薄まることもなく、

虎視眈々と目の前の生徒をしっかり指導していく。

そんな思いが一層強まりました。

投稿者: スクール玉野

2012.11.16更新

さんなんです。

いただいた、とうもろこしを食べてます。

美味いです。ありがとうございます。

ただオール電化だと直火で焼けませんね。

たき火でもしましょうか。



速読甲子園団体戦 中部地区2位のロゴを

速読協会であるSRJさんからいただきました。

スク玉の誇りですね。










今日は地元の中学校の学校公開日に行ってきました。

ちょうど塾では個人面談もしていますので、
本人達が言っている事実の確認と、
学校、そして学年、クラスの雰囲気を感じることが目的です。


感じた点としては、

・3学年とも落ち着いた雰囲気であった

授業中に騒ぎだすとか、チャイムが鳴ってもフラフラする子もなく、
授業に集中してるかは別だが、落ち着いていた。

多少、盛り上がっても、しばらく経つと
ちゃんと静かになります。


・進路の情報は昨年よりも増えた(気がする)

先輩達のデータや実際の体験レポート、推薦基準等が貼りだされていて
過去を思い出しても、しっかり情報は出ている感じを受けました。

先生のサポートもしっかり感じられるぐらいデータはありました。


・廊下で生徒、先生方とすれちがうたびに皆あいさつをしてくれた

流石です。卒業生としては、本当に嬉しく思います。


・2年生はまだまだ子供っぽい(授業の受け方など)

これは1年生、3年生と比べても、やはり気になる点でした。
キョロキョロしている、分からないとすぐ前後の子と相談するなど、
教えてもらった情報をキャッチしているかという疑問は残った。


・3年生の英語、社会の授業内容が相当深い(難しい)

1年生のこの時期に「~ on the desk.」の練習で良いのか。
たまたま、外人の先生の授業だったからだと思いたい。

余談になるが、大阪市の教育委員会が目指している教育改正では、
小6で英検3級レベル、中3で英検準1級レベルを挙げている。

目の前のこの子達は、彼らにどこで追いつき、
果たして勝負ができるかは心配になる。

2年生の教科書の音読も、悪いが英語になっていない。
ちょうど2年生の隣の教室で3年生が教科書の音読していたが、
レベルが違った。

同じ学校内でもなぜここまでレベルに差が生まれるのだろうか。

いまからの1年間で教科書内容があれほど難しくなるのか、
または先生の指導方針なのかはわからないが、
扱う問題のレベルも正直桁が違うと感じました。

高校の英語の授業は原則オールイングリッシュで行うので、
土台を作る中学生の内の英語力をどう積み上げていくのかという
観点から考えても、やはり不安でしかない。


・授業中なのに、のりTがTKさんに絡んでました

ご愛敬ですな。


・理科の授業ではハイテク機導入に驚いた

理科の授業は面白かったです。


・挙手の回数は自分達でカウントするみたい(?)

学年によって、しかも、教科によって違うのかな?



公開日を見てきて、
学校でできない部分は塾でやるしかないと、改めて感じました。

中3のように学校で授業内容も演習量もある程度任せれる状態であれば、
塾が本来担う役目に集中できる環境が作れます。

それが生徒達にとっても1番効率も良いのだと思います。

それ以上のことも塾で補おうと思えば、
やはりある程度、塾が主導権を握り、引っ張る必要が
あると考えています。


最後に、
教室内は暖かいものの、やはり廊下は寒かった。

その寒い廊下で、せっせと生徒の課題をチェックしている先生方もいました。
激務の中、せめてそのぐらいはなんとかならないものかとも思いました。



投稿者: スクール玉野

2012.11.15更新

漢検の解答が来ました。

本日から問題と一緒に返却していきます。

自己採点してください。

合格点は、

2級     160点/200点

準2~7級 140点/200点

8~9級   120点/150点

です。

(*受検された方の平均点によって多少前後することはあります。)

合否の結果はもうしばらくお待ちください。

投稿者: スクール玉野

2012.11.13更新














紅葉@養老の滝
秋の日差しの中で、綺麗に色づいていました。

投稿者: スクール玉野

2012.11.10更新

さんなんです。

モヤモヤ感から解放され、なんだか気分は上々です。

美味しい栗をいただきまして、

ありがとうございます。


さて、今日は地元の中学校で合唱コンクールがありました。












TKさんは中1から見ていた様ですが、

授業があったので

私は中3だけしか見ることができませんでした。

残念です。それでも、なんとか間に合って良かったです。

伴奏者、指揮者の生徒もいたので、

みんな緊張しながら頑張ってくれたんだと思います。



夜の授業で、合唱コンクールの裏話をいろいろ聞きまして、

彼らなりに耐えて、そして、乗り越えた結果の合唱だったんだと

後から、しみじみ感じるものがありました。


体育祭同様に、やっぱり生徒同士ぶつかって、

初めて伝わることもあると気付いてくれたんじゃないかと、

そして、それが彼らの成長に繋がってくれていると思います。


これで、中3生にとって、残すは卒業式と受験です。

しっかり体を休ませて、気持ちは期末テスト、受験に向けて

動いてもらいたいです。


さて、本日は漢字検定も行われました。

前日も夜遅くまで勉強していた小学生もいるようで、

しっかり対策に動いた子にとっては結果が楽しみなんじゃないかと思います。

漢検結果の速報は、11月20日(火)頃になります。

楽しみですね。


また、明日は英語検定二次試験です。

緊張せずに、もう一度対策でやったことを復習してみてください。

大丈夫。きっとうまくいきます。


来週から、期末テストの対策が始まります。

勉強会も含めて、忙しいと思いますが、

健康管理も勉強の内ですので風邪を引いて遅れない様にしてください。


投稿者: スクール玉野

前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014