スク玉ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2013.07.31更新

さんなんです。

夏期講習の様子です。


今日は小学6年生の算数の授業です。

以前にもこのブログにも書きましたが、


「算数は夏に伸びる!」

この言葉通り、スク玉の夏期講習では算数の力を伸ばします。



小学6年生の目標は
「速さ・距離」の単元の攻略です。

具体的な授業内容はマネされると嫌なのでここでは伏せますが、

時間の取れる夏だからこそ、

学校で習う前だからこそ、


算数の力が伸びるのです。



スク玉は、基礎重視ですが、

どんどん努力する生徒は、

学校の内容だけでなく、


「流水算」、「旅人算」、「通過算」、「時計算」

といった、速さの応用問題まで授業で扱います。


よく中学受験の問題は、

「通過算はこう解け!」とテクニックを教え込む塾がありますが、

そんなものでは算数の力は伸びません。



誰かのヒントなしで

自分の力だけで問題が解けるようにする!



これが算数の力です。






投稿者: スクール玉野

2013.07.30更新

さんなんです。

夏期講習の様子です。


高校生の夏期講習は今日も満席です。

また、部活動の大会延期の為になかなか授業に参加できなかった生徒には

遅くなりましたが面談にて夏の個人予定表を作成しました。


学校の課題や部活で忙しいのは分かりますが、

それが高校生活です。





投稿者: スクール玉野

2013.07.29更新

さんなんです。

夏期講習の様子です。


本日は中学生の演習中を紹介します。

月曜日は中学1年生、中学2年生共に社会+社会の演習を行いました。



一般的に他塾では先生が授業をしたらお終い。

あとは宿題をやっといて!っていう感じですよね。


しかし、スク玉では演習も大事な授業の1つと考えています。


勉強の仕方の1つに
「調べること」が挙げられます。

例えば、自宅で勉強をしていてわからない問題・語彙が出てきた場合、

「調べる」という選択肢はありますか。

だいたいが「聞く」、または「答えを写す」ぐらいでしょうか。



今日の授業では問題に出てきた人物まで調べている生徒もいました。

はっきり言って、そこまで調べなくても誰も文句はいいません。

もちろん定期テストではそれほど詳しく出題されないかもしれません。

しかし、時代背景やその人物等まで理解しようという習慣は

1年、2年経つと本当に大きな力になります。


演習ではこの「調べる」ことも大事な勉強の1つとして捉え、

皆が黙々と自分の知らない知識や、知っている知識はさらに深く掘り下げることを

目的として動いてくれています。

これも高校受験の先を見据えた、他塾にはないスク玉の強みの1つです。


このような演習を通して、自分で勉強できる生徒に育ってもらいたいと思います。






投稿者: スクール玉野

2013.07.27更新

さんなんです。

夏期講習の授業の様子です。今日は高校生です。


普段のスク玉の高校部はいろいろな勉強方法をすることができます。

DVD学習を始め、少人数指導クラス、英語は集団と個別から選ぶことも可能です。

友達同士で勉強を教え合っている時もあります。

高校部は塾からの宿題なんかもありません。皆でお揃いの問題集もありません。

自分から動かないと、高校の勉強はついていけないからです。



この夏はどの学年もテスト形式で現状の自分の位置を確認することをしています。

普段は学校の授業の予習や部活動で忙しいですが、


本当に普段の勉強で定着しているのか!?

今の勉強方法・勉強量で本当に大丈夫なのか!?


時間が取れる夏だからこそ、立ち止まって自分を見つめ直してもらっています。



この日は高校2年生の生徒達が数ⅠAのセンターレベルのテストをしました。

結果は悲惨だったようです。

平方完成や確率などの基礎が抜けている生徒もいました。

いくら一宮西生だからといって、興道生に負けている現実もあり。




ある生徒が言いました。
「これではマズイな!」と。

自分で勉強しているつもりでも、まだまだ何か足りていないんではないか。

そう気付いてもらい、勉強の質をさらに高めてもらえればと思います。






投稿者: スクール玉野

2013.07.26更新

さんなんです。

今日は夏休みイベントの1つ。

アイスクリーム作りの様子です。

写真は、顔が分からない程度のものを選んでいるつもりですが、

もし気になるものがあればおっしゃってくださいね。



スク玉流のアイスクリームは、手でかき混ぜて作ります。

カップを氷と塩水が入ったボールに入れ、

せっせとかき混ぜること15分。

どんどんアイスクリームができていく様子が見れます。

20名を6つの班に分けて作ったのですが、

全ての班が成功し、美味しいアイスを食べることができました^^



また、この間TV(笑っていいとも!)で観た

「茶筒で作るアイスクリーム」を新しい試みで行い、

こちらも大成功でした。



最後には、しっかり後片付けをした班の子から

かき氷を食べました。



普段大人しい子のきゃっきゃきゃっきゃという笑顔が印象的でした。




投稿者: スクール玉野

2013.07.25更新

さんなんです。

夏期講習の授業の様子です。


小学生高学年は社会の授業で、歴史上人物の顔カルタを作っています。

計100人近くいますが、すべて自分自身で手作りしています。

お盆には家庭でカルタ遊びができると思います。

小学生で覚えた知識は必ず財産になります。

楽しみながら学んでくれるとよいですね。


投稿者: スクール玉野

2013.07.24更新

さんなんです。

夏期講習の授業の様子です。


小学生の授業前には「名文暗唱」をしているスク玉です。

正しい姿勢でハキハキと声を出す。

なんだか長く難しい文章を読んでいますが、

夏の終わりの授業までには覚えて、一人ずつ発表します。


投稿者: スクール玉野

2013.07.23更新

さんなんです。

夏期講習の授業の様子です。


恒例となりました中学3年生対象の夏限定の社会授業です。

愛知教育大学社会科専攻のTKさんですので得意分野ですね。


普段の少人数とは違い、

ギュンギュン詰めでの授業もたまにはいいもんです。



受験での社会を意識した授業は2日間かけて計8時間。

これで社会の知識の総チェックは終了。あとは演習中心になります。


ちなみに部活動で来れなかった生徒の為にビデオも撮っていますので、

週末やお盆に再チェックできるようにしてあります。

早めに渡せれるように、編集の方を急ぎますね。



投稿者: スクール玉野

2013.07.22更新

さんなんです。夏期講習が始まりました。

夏期講習中は8:30~22:30まで授業をしています。

連絡が取れない場合は、メールまたは留守番電話にメッセージを残してください。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。



さて、夏休みは長期のお休みなので

スク玉では小学生・中学生・高校生がそれぞれ計画を立てて動いています。


塾には、「年間学習計画表」と「月間学習計画表」があります。

主に使うのが、「月間学習計画表」であり、スク玉では「やること表」と呼んでいます。


この「やること表」には、その日にやるべきことが書かれています。

そして、○付け+間違い直しまで終了したら表を塗っていきます。


小学部と中学部の学習内容は、年間の計画から落とし込んだ月間計画であり、

それをベースに、今週、そして今日は何をやるべきかが書かれています。

また、自分だけのプラスαの演習が書き込めるようにしてあります。


もし学校の行事や家族旅行等で勉強ができない日があるのであれば、

「やること表」を見て先にやっておく。

今日、ゆとりがあるのならば明日の事を先にやっておく。

今日のやるべきことが時間内に終わらないのであれば、

勉強時間を延長して今日中にやっておく。

このような
先を見て動く意識は今から植え付けたいですね。



高校部は自分の志望校合格の為に、各自により具体的に予定を立ててもらいました。

高校生は、自由度を広げています。だから個々でやることが違います。

自分の目標に対して今の自分の位置を常に客観的に分析する。

高校生にもなると、それぐらいは求めたい。

いつまでたっても「受け身」の姿勢では、大学受験では勝てませぬぞ。



計画を立てるとき、大事なことは
「調整日」を入れることです。

よくありがちなのは、予定をビッシリ埋めてしまって

その日にやるべきことが終わらなかった場合うまくいかなかった!と、

終わってから振り返っているようではこの夏がもったいない。


だから、途中で「計画通りかどうか」をチェックする「調整日」が必要です。

計画通りに進んでいないのであれば、途中でも調整ができるようにしておかないと、

予定に追われた勉強ほど、無意味な作業になりがちです。



例えば、スク玉であれば授業の無い日に「武士道」がありますので、

苦手な単元が出てきた場合は、すぐにその単元に時間をかけれるようにしてあります。


この「武士道」では自分のやるべきことを優先し、塾からプラスで課題を出すことはしていません。


また、スク玉は手取り足取り教える教育ではないので、

参考書や資料集、用語集などを用いてしっかり時間をかけて向き合うようにお願いしております。




わからない⇒自分で調べる。マネをして理解する。

計画通りうまくすすめていない⇒演習時間の確保,環境の改善



小・中学生にとっては、学校の授業も止まっていますので、

この夏に、まずは「復習」を。できる子はさらに「予習」まで。

しっかり時間をかけて自分自身の力だけで出てきた問題と戦ってもらいたいと思っています。


難しい問題が出て来ると、


・手が止まる

・揺れる

・わからんと言う


人に頼るのではなく、自分で解かないと成績は伸びませんよ。

スク玉では誰も助けてくれません。そんな環境です。

自分に負けない姿勢こそ、本当の実力がつきます。



合言葉は


「本当に戦うべき相手は自分自身だ!」

です。


自分自身の武器を持って、

さあ、ひと狩りいこうぜ。




追伸。(真意が伝わるかな!?)

受験生さん達!「買うな!」とは言いませんが、

自分自身に勝てないのであればやめておきなさい。

投稿者: スクール玉野

2013.07.20更新

さんなんです。

2013年6月に行われた学校の1学期期末テストの報告です。

スク玉の中学部は、少人数クラス制なので平均点にもこだわります。
生徒が100名いて50名を伸ばす塾より、20名いて20名伸ばす塾でありたい。



< 満 点 王 > 中1~中3

中1英語 
100点(二中)
中1英語 
100点(二中)
中1英語 
100点(祖中)
中2数学 
100点(二中)
中2英語 
100点(祖中)



< 1 ケ タ キ ン グ > 中 1 【17名】

総合 → 二中
位,祖中位,二中位,祖中位,二中

国語 → 二中
位×名,祖中位,祖中

数学 → 祖中
位,二中位,祖中位,二中位,二中位,二中

理科 → 二中
位,二中位,二中位,二中位,二中

社会 → 二中
位,二中位,祖中位,祖中位,二中

英語 → 二中
位×名,祖中位,祖中位,明中位,二中


< 1 ケ タ キ ン グ > 中 2 【22名】

総合 → 祖中
位,三中位,二中位,二中位,二中

国語 → 二中
位,祖中位,三中

数学 → 二中
位,二中位,二中位,二中

理科 → 祖中
位,二中位,二中

社会 → 祖中
位,三中位,二中位,二中

英語 → 祖中
位,二中位,三中(3冠達成!!)
       二中位×名,二中位×名,祖中



< 1 ケ タ キ ン グ > 中 3 【24名】

総合 → 二中
位,祖中位,二中位,二中

国語 → 二中
位,明中

数学 → 二中
位×名,明中位,祖中位,二中

理科 → 祖中
位,明中位,明中位,祖中位,二中位,二中位,祖中

社会 → 祖中
位,二中位,二中位,二中

英語 → 二中
位,明中


≪5教科 成績優秀者≫
(スク玉生は、やる時はケジメをつけてガリガリ勉強します!)

中1 20位以内 
 7名(塾生の41.1%)
中2 20位以内 
11名(塾生の50.0%)
中3 20位以内 
 8名(塾生の33.3%)


≪5教科 平均点≫全クラス合わせての平均点です。


<中1>17名
国語77.1点,数学72.7点,理科81.5点,社会82.5点,英語91.0


<中2>23名
国語73.8点,数学75.3点,理科75.7点,社会75.0点,英語80.9


<中3>24名
国語70.1点,数学70.0点,理科72.2点,社会72.4点,英語73.7

投稿者: スクール玉野

前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014