スク玉ブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2014.01.29更新

深夜に新幹線の線路に煌々と光りを照らし作業をする技術者さんたちを見て、

縁の下の力持ちの存在があるからこそ表舞台があるのだと痛感した さんなん です。

来年度の資料作りに、教材展、進路指導などバタバタした毎日を送っています。


名古屋や岐阜の展示会でいろいろな話を聞いてきました。

テーマは日本教育の改革です。

そして、今後の大学入試・高校入試はどう変わっていくのか。


確かに彼らの活躍の場は、入試の先にあります。

しかし、その前に入試に合格していかなくてはなりません。

「おんぶにだっこで入試に合格するだけの勉強では社会には通用しない」と、

考えているので、社会にも、入試にも通用する力を学ばせるのがスク玉の役割です。

入試の変化に対応する為、来年度はスク玉のシステムを変えていきます。


来年度の授業スケジュール案ができましたので、本日より配布中です。

ニュースレターは今しばらくお待ちください。すみません。


もし、ご不明な点がございましたら、学習相談会を下記の様に実施しますので

お気軽にご相談ください。





投稿者: スクール玉野

2014.01.23更新

相変わらず生徒達の答えには、いつも愕然としてます さんなん です。

まぁ、笑うしかないでしょう。そして、変えていかねばと強く思う今日この頃。

私のやること表はビッシリ埋まっている状態で、現実逃避の為にブログ書いています。

少しお付き合いください。


今月は奇数月ですので、ニュースレターが発刊されます。

いつも通り今回もボリューム満点でお送りします。

なんとか1冊にまとめたいのだが...。

来週にはお渡しできると思います。今しばらくお待ちください。



春の塾旅行も場所はだいたい決まったものの、

まだまだ詰めの前の段階です。もう少し時間をください。



小学生の実力テストと中学生の全県模試の成績表が届きました。

順次、返却していきます。

模試の役割は、
「自分の位置の確認」「今の学習の理解度チェック」です。

一喜一憂せずに、間違えた問題の直しはもちろんのこと、

正解している部分でも曖昧な部分を徹底的に洗ってください。



いよいよ高3生はセンター試験も終わりました。

中3生は通知表が確定しましたね。あとは当日の試験次第となりました。

特に中3生は初めての受験で不安はあるでしょう。

しかし、私が彼らに伝えていることは、

「合格点さえ取れば合格するわけで、志望校変えようかな...合格できるかな...

どうしようか悩む時間があったら、合格する為に何をすべきかを悩むべきだ。

そして、やるべきことを実行することが全てなんだ」ということです。



小学生の内に目標に向かって差を詰める経験をさせてあげてください。

いつも言っている、
「小さな習慣」ですね。

転ばない様に、お膳立てしていませんか。

子どもだからと言って、甘やかしさせてませんか。

時間やルールに甘い子ほど、いざ受験になると精神的に脆さが出ます。

受験前になって慌てない様に、普段から先を考えさせる声掛けをお願いします。



速読クロスワードパズルの答えは、ニュースレターにて!

投稿者: スクール玉野

2014.01.21更新

さんなんです。

入塾面談のご相談を多数いただいております。本当にありがとうございます。

まだ、お子さんが年中さんや年長さんなのにも関わらずご相談があります。

お母さん方、早期よりあまり背負いすぎない様にしてくださいね。

中でも高校生のお問い合わせというか、お悩み相談が多くなっています。


「勉強の方法がわからない!」ということで来たのですが、

理解度チェックをすると、中学生の内容がガバっと抜けています。

結局、「勉強の方法が...」は言い訳で、

単に復習もなければテスト後の分析も何もしていないだけです。

考えて勉強していない。それでは高校の授業はついていけんですよ。

今一度、さかのぼって学習するようアドバイスしました。

中堅以上の公立高校でこんな事例が増えています。



夏ごろからそういったご相談が多く、

実は年末から来年度構想を水面下でいろいろ動いておりました。

現システムを見つめ直し良い部分は引き続いて、

改善点はないのかを洗い出していました。


そして、年始からスタッフと会議を重ね打ち合わせの日々が続いていますが、

ある程度の方向性は固まりました。

詳しくは入塾案内を再度制作していますので、現塾生にお渡しする予定です。

また、2月から相談会を実施しますので、希望者にはそちらでも詳しくご説明いたします。




「物事をいかに多面的に捉え、考える力」

勉強を通じて伝えるのがスク玉の役割です。

そして段階を踏んで必要な知識と学力を形成し、

分析による今後の戦略を考えることができる生徒を育てるのです。


その為には、今のシステムはまだまだ甘いと考えています。

生徒がどんどん変わっていく。我々も変わる必要があるのです。


もちろん誰一人置いて行かないという気持ちに変わりはありませんが、

時間にルーズであったり、宿題も含めて塾での約束が守れないのであれば、

それを継続するのは甘やかしでしかない。


生徒を間違った方向へ進ませるぐらいならばやらない方がいいのではないか。

まだまだ私は甘っちょろいですな。

そう考えて、ある生徒にはすでに「これがラストチャンスだ」という話をしました。



きっと教育に答えなんてないから満足なんてきっとしないだろうけど、

身を引き締めて今日の今から覚悟を持って臨みたいと思います。

彼らが社会に出たときに戦える戦士に育てます!


我々ももっと勉強しなくてはなりませんね。

投稿者: スクール玉野

2014.01.19更新

さんなんです。

週末にいつも体の調子が悪くなるのですが、

今日も昼から強い頭痛がしていました。


そんな状態での塾の新年会がありました。

塾から車で10分ほどのしゃぶしゃぶ店です。

清水小の側っていえば、地元の方には伝わるのかな。


皆とワイワイと話をしていていたら、、、なんと、頭痛が治りました。

病は気から!ということを実感しましたわ。


ちなみに今年は3名の方が大学と同時に塾も卒業します。

その就職祝いも兼ねての新年会です。

社会に出ても活躍を期待しています。


今、皆が気になっていることなど聞いたり、

来年度の構想をいろいろ語っていました。

楽しい時間を過ごす事ができました。


高校生はセンター試験も終わり、

中学生は学年末テストが終わった。


後列はなぜか腕を組み、

私はなぜか鍋を持つ。



最後まで頑張ろう。



投稿者: スクール玉野

2014.01.12更新

さんなんです。

今年も新成人さん達が遊びに来てくれました。


地元の成人式は、午前中に一宮市全体の集まりの後、

お昼過ぎに中学校ごとで集まり同窓会のようにお祝いします。


学校の実行委員の子もいたにもかかわらず、

その間の時間を見つけて顔を出してくれました。



皆、変わってなかったな^^



まぁ、ちょくちょく塾に遊びに来てくれる子もいますし、

彼らのバイト先や電車、コンビニでよく会う子たちですので、

長くて1年ぶりぐらいの子ばかりでした。

唯一、1人だけ卒塾以来の子もいましたね。いやー懐かしい。


皆、元気いっぱいでした。もう少し、落ち着いてもいいのにね...。

それでも、女の子は華やかでいいですね。


教室で1時間ほど皆で話をすることができました。

今の大学生活や近況も含め、

昔の写真を引っ張ってきての当時の記憶をもとに思い出や、

さらには今だから言える暴露話も出ました。

本当に楽しい時間を過ごす事ができました。


最後はボスにお参りしたいとのことで、

狭い部屋にも関わらず、なぜか一同で合掌。

正直、優しい子達ですが勉強以外も大変だった子達ですので、

ボスにも当時の思い出が強く残っていると思います。

でも少しずつ、気配り、心配りもできるようになったもんね。


塾の先生では、しょうたろう先生が成人式を迎えました。


皆の今後の活躍と成長を心より願うと共に、

ご成人のお喜びを申し上げます。


みんな、来てくれてありがとう。






投稿者: スクール玉野

2014.01.12更新

さんなんです。

いよいよ今週末にセンター試験を控え、高3生は最後の詰めをしています。

不思議と受験生のピリピリムードという雰囲気ではありませんが、

各自がガリガリと解いている姿がここにはあります。



また、中学部の受験生さん達は、朝から学年末8時間勉強会です。

今週の水曜日から一斉に中学校生活最後の定期テストを控え、

こちらも最後の追い込み中といったところです。



「どの科目に重点を置くべきか」は個別分析表にて、

また、
「順位ではなく、内申点を伸ばす勉強を優先するように」

と伝えてあります。


どこまでその言葉を頭に入れて、自分で動けるかが大事になってきます。

朝から先生チェックが、今も続いています。


中3生、高3生ともに、皆が同じお守りをつけて第一志望合格を狙います。

まだこれからが勝負です。3月まで走り続けます。


また、中1・2年生も1教室に入りきらないぐらい来ています。

今回は実力テストですので、彼らが自分自身で勉強ができるかを確かめるべく、

塾での勉強会は任意参加にしてあります。


質問は自分で調べ、塾での先生チェックはありません。

もちろん家でガリガリ取り組んでいる生徒もいるでしょう。

果たして自分の力だけで勉強ができているかどうか。

結果が楽しみです。





投稿者: スクール玉野

2014.01.10更新

さんなんです。

今日は教育現場からの迷言集をお送りします。



タイトル
<連れてこい!!>


前日の質問を聞きに来た生徒が発した一言。


「先生!昨日のヤツですが...。」



タイトル
<便利な言葉>

学校の小テストがヤバかったわ!(悪かった)


あのドラマ、マジやばい!(面白い)


これはヤバいわー!(反省)


ヤバくな~い?(同意を求める)




タイトル
<人はパニックになると凄い物を生みだす>


先生「今週の勉強会は任意参加です。」


生徒①「にんい?」


生徒②「2時からですか?」


生徒③「え!ニンジン!?」



タイトル
<お迎えの電話①間違った日本語編>


「もしもし。今日は10時です。」



タイトル
<お迎えの電話②要件を言わない編>

ぷるるるる、ガチャ

「うん」

「うん」

「うん」

ガチャ



タイトル
<普段の生活がバレてます>

冬の物知り博士「ことわざの問題」からです!!


問題:「くさっても...○○」





答え:「大丈夫」



タイトル
<もはや意味不明>


ハエが飛んで来た時に、それを退治しようと生徒が言った一言。


「先生!セロハンテープ貸してください!」


投稿者: スクール玉野

2014.01.08更新

さんなんです。

冬期講習が終わり、ようやくゆっくり年賀状の確認ができています。

生徒さんからもたくさんいただき、中には個性が強い(?)のもありました。

企業のセールの年賀状かと思いました。

たくさんいただき、ありがとうございます。

私個人のプライベートなものは、そろそろ届いているはず...すみません。

年末は生徒さんだけで手いっぱい。他に手が回りませんでした。


その中で、今は学校の先生になった元塾生さんからのもありました。

ちなみに今年もスク玉から1名、小学校の先生になります。

塾と学校では立ち位置は違いますが同じ教育現場での仕事です。

今後の活躍を期待しています。



さて、タイトル通り今年も
『速読フェスタ』が開催されます。

昨年の速読フェスタは
こちら。今年の詳細は2月初旬に告知します。


それに先駆けて、速読甲子園の記事と速読フェスタ開催告知が

教育情報誌【ducare】に取り上げられました。

速読フェスタは2月14日〜3月31日まで開催される速読体験イベントです。



この地域でも速読のお問い合わせは続いています。

中には

「年長ですけど速読はできますか?」

といったお問い合わせもあります。

また、年に1、2回ですが一般の方からのお問い合わせもあります。

スク玉の速読は小学2年生~高校3年生に限らせていただいております。

何卒、ご了承ください。


最後に、今頃ですが「新年あけまておめでとう!」ということで

今年の運だめしはいかがですか!

おみくじをまだ引いていない!

おみくじを引いたけどあまり良くなかった方!

ぜひどうぞ。







投稿者: スクール玉野

2014.01.06更新

さんなんです。

今日は冬期講習最終日でした。

小学生はカルタ大会、物知り博士、暗唱大会をおこないました。



カルタ大会は(小5まではことわざカルタ、小6は百人一首)

小5と小6は教室を広く使い1:1のガチンコトーナメントバトルで

知識を競いました!


物知り博士は難しかったようですが、

だからこそ正月にしっかり勉強してきた生徒は目立ちました。


暗唱大会は皆の前で発表です。

緊張のためにどうしても早口になるのはしかたのないことですが、

ゆっくりハキハキ言えるようになることが目標です。













































中学1年2年生も暗唱大会と物知り博士を夜の授業内でおこないました。

社会は「文学史」を、理科は「化学式」を問う問題で、

社会は26点満点中3分の1以上が20点以上の得点を取ってきました。

理科は100点満点中半分以上の生徒が8割を超えてきました。

ただし、何点を取れば満足するかは、やはり自分に対しての厳しさと同じでしょう。

さすがに満点取ることは難しいテストとはいえ、

しっかりチェックできるかどうかは結果を見ればわかりますね。



数学からは「計算王決定戦~キミこそスターだ!~」を行いました。

5日間で計算のミスの少なさを競う大会です。

累積7ミスでもれなく計算プリントが委員長から手渡しされます。

5日間で、2枚も3枚ももらった生徒もいましたね。

数学は計算力がとにかく大事で、見直す力も養う必要があります。


最優秀者は、中1・中2の中で唯一計算ミスを1つに抑えた

A野くんでした(パチパチ)。




なお、物知り博士と計算王決定戦の結果は教室に掲示しておきます。

明日からは通常授業に戻ります。

3学期は比較的時間が取れますので、

小学生・中学生共にこの1年の復習を授業に組み込んできます。





投稿者: スクール玉野

2014.01.05更新

さんなんです。

受験生さんは5時半から起きて勉強している生徒もいるようなので、

明日から学校が始まりますが引き続き動いてくれればと思います。

ちなみに、私は夜12時以降の勉強をするぐらいなら朝に勉強せよと生徒達に伝えてあります。


「夜遅い」

⇒「朝ギリギリに起きる」

⇒「学校で眠い」=「授業が頭に入らない」

⇒「帰ってきて寝る」

⇒「夜寝れない」



高校へ進学しても、受験生の時の勉強スタイルを続けて欲しいと考えていますので、

上記の悪循環では高校でついていけませんよね。

中3生の部活がないからできるリズムであり、その場限りと言わざるを得ません。

だから勉強は、遅くとも夜は12時まで。

それでも時間が足りないのならば朝にやるべきと伝えてあります。



さてさて、本日は日曜日にも関わらず、高校生がちらほら勉強に来ています。

センター試験も目前なので心配ですが、

私が努力しても彼らの点数が上がるわけではありませんので、

見守ることにしましょう。



また、今日は朝から中3メインのテスト勉強会です。

今年は冬休みの課題が相当たくさん出ている学校もあるようで、

なかなかテスト勉強の方に入れていない生徒もいます。

冬休みの課題とテスト範囲が大きく違うのはちと困ったもんだなとは思いつつ。

受験勉強だと思ってやりましょうね。


中3生は、年末までは受験勉強をしていました。

やはり言葉より数字の方が説得力がありますので、

受験生さん達には連日、今の自分の位置と合格までの差を感じてもらいました。


年明けからテスト勉強に切り替えています。

いつも通り演習重視の授業です。

学年末テストが終わったら、すぐに私立高校入試が控えています。

休んでいる暇はありません。やったりましょう。






投稿者: スクール玉野

前へ
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014