偉人の格言&こころざし

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2012.09.20更新

努力する者は希望を語り、

怠ける者は不満を語る。

(井上靖)


逆も真なりです。「希望を語る者は努力をし、不満を語る者は怠ける」のです。

ならば、私達は希望を語り続けたい。

今のような時代だからこそ、希望を語ることが重要だと考えます。


コップの水が半分になった時、「もう半分しかない」と考えるか、

「まだ半分ある」と考えるかで人生は変わってきます。

その選択は、自分でするものです。


不満を言えばキリがありません。

その中にも希望を見出し、最後まで努力する人でありたいものです。

そうした人には、必ず同士が周りに集まってきます。

不満は不満を連れてきてしまいます。

投稿者: スクール玉野

2012.09.19更新

敵と戦う時間は短い。

自分との戦いこそが明暗を分ける。


(王 貞治)


世界のホームラン王、現福岡ソフトバンク・ホークス会長の名言です。

野球の試合は3時間。年間でも150試合。

凝縮すると、わずか19日分しかありません。

残りの346日は自分との戦いだと言うのです。

だからこそ、自分との戦いが明暗を分けるのです。


受験やテストに期間は短いですよね。

それ以外の時間は、全て自分との闘いです。

自分の怠ける心、妥協する心、諦める心...そうした内なる敵と戦って、勝たねばなりません。

本当の敵は自分の中に潜んでいるのです。

それに打ち勝つ人が、受験で勝ち抜いていける人なのです。


投稿者: スクール玉野

2012.09.18更新

お前の道を進め。

人には勝手な事を言わせておけ。


(ダンテ)



周りの人は無責任にアレコレ言うものです。

それは無視すればよい。

しかし、日本人は「自分がどうなりたいか」よりも「人からどうみられるか」を気にする民族性を持っています。

ある意味、美徳なのかもしれません。

ただ、行き過ぎると萎縮して何もできなくなってしまいます。

私は社会に迷惑さえ掛けなければ何をやってもイイと思っています。
自分の人生で自分が主人公なのですから。

もし、あなたがチャレンジをしようとしたとき、必ず周りの人は引き留めようとします。

人は、不確実な道を進めることに不安と躊躇を感じるからです。

背中を押した相手が失敗したとき、責任を負われるのが怖いからです。

だからこそ、自ら決断しなければならないのです。

決断はけっして人に委ねてはいけません。

高校受験、大学受験、就職は人生の一つの決断の時期です。

いろいろな情報を集めて、最後は自分の足で前に進んでください。

投稿者: スクール玉野

お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014