速脳・速読講座

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

5つのポイント

1速読はコンピュータを使用したトレーニング

コンピュータに表示される文章を週1回見ることで、読むスピードが上がります。
例えば、1分間に平均300文字~400文字読むスピードが、小学生低学年の平均だとされています。
しかし速読法を実践することで、個人差はありますが2倍~5倍に上がり、場合によってはそれ以上に読書スピードが上げられるトレーニングです。

2速く読むだけでなく、内容を理解します。

速読トレーニングでは文章内容の理解及び記憶をする力は維持させながら、読むスピードを向上させます。そのため普段の読書時間を大幅に短縮することができるようになります。

3速読は右脳開発トレーニングの一つ

文章を1ブロックで絵や写真等の図として認識するため、読書スピードの向上はもちろん、暗記力や図形の認識能力を向上させることもでき、右脳を活性化させるトレーニングでもあります。

4脳の特性を利用したトレーニング

速脳速読は脳の「可塑性」と呼ばれる脳の慣れと「汎化作用」と呼ばれる一つの刺激から色々な連鎖を起こすという特性を利用したトレーニングです。具体的には脳に膨大に張り巡らされた140億のニューロンに高速かつ大量の情報を流し込み、脳を効果的に活性化させます。

5認定テスト

速読能力を定着させるため、月に1度認定テストを行います。テストの方法として約600文字前後の国語の問題を出題し、実戦経験を積んでいきます。またトレーニングの効果を実感していただくために、月1回の日本速脳速読協会主催の認定テストや、年2回の理解力テストも行っています。

受講プラン

学年コース紹介曜日時間受講費(月謝)
小1~高3 週1回(月4回) 火~金 16:00~21:30 受講費¥5,400
+(教材費¥800)
9:00~21:30

※中学受験生は中学受験で出題された文章、高校生はセンター入試の過去問題でトレーニングをすることも可能です。

速読甲子園

2012年 速読甲子園団体戦 チームスク玉は全国15位  中部地区2位
※中部地区(石川・静岡・岐阜・三重・福井・富山・愛知)を獲得しました。
甲子園個人戦では、小学5年生の鵜飼君が優秀賞(上位20位以内)で表彰されました。
2011年 速読甲子園団体戦 チームスク玉は速読甲子園の決勝戦に進出しました。
そして、全国の速読教室1002教室中、全国5位!
東海ブロック(愛知県)愛知県2位!
2011年 速読甲子園 個人戦 ベスト10入り!
スタンダードクラス(高校の部) 永田くん(高3) 『9位 入賞!!』

優秀賞に、スタンダードクラス 土田くん(高3)、アドバンスクラス 小牧くん(中2)、
ベーシックⅡクラス 石垣くん(小6)、ベーシックⅡクラス 山田さん(小5)が選出されました。
2010年 速読甲子園 団体戦に、チームスク玉が2回戦で敗戦ながらも、敗者復活戦にて返り咲き決勝戦に進出しました。全国の速読教室約700教室中、見事7位!!

個人戦(旧速読全国大会)に、スク玉から鎌田さん(中3)、伊藤くん(小6)、足立くん(小6)、恒川さん(小6)原さん(小4)が選出されました。
2009年 速読全国大会in名古屋 スクール玉野から速読受講3年目の伊藤さん(小6)が選出されました。
お電話でのお問い合わせ 0586-68-6014