コース・料金

HOME > コース・料金 > 高校生

コース・料金 : 高校生

受講プラン※月謝はすべて税込金額になっております

スクール玉野では、個別チェック・学習管理の質を守るために定員制を設けています。

受験準備と受験対策コース

学年 曜日 授業時間 指導科目 受講費(税込)
高1・高2
【受験準備】
高1(4月)~高2(12月)
玉野校 火・金
篭屋校 月・木
20:05~22:10 数学、英語 優先
物理、化学
¥26,400
高2・高3
【受験対策】
高2(1月)~高3(2月)
玉野校 月・木・土
篭屋校 火・金+α
20:05~22:10 受験科目のみ ¥35,200

※学校帰りや休日にも勉強できるように、毎日自習室解放しています!

    
オプション講座 受講費(税込)
映像授業 難関国公立・私大対策映像授業 ¥6,600
ぷらす個別 個別チェックが1日追加できます ¥11,000

※英検対策(2級まで)、小論文対策も可能です

合格の為に、優先順位を付けて勉強を明確にすること

"学校課題のような効率の悪い宿題に時間をかけるのではなく、自分自身で受験対策ができるように参考書中心の勉強を生徒に勧めています。"

進路指導については、志望校は人それぞれでよいと考えています。大学受験は偏差値で決めるものではなく、できることなら将来の目標につながる大学選びをして欲しい。もしまだ目標がなければ、自身の最大限の実力に合った大学を選んでいただき、そこに通う中で目標を見つけてもらえればと思っています。国公立〇〇人が目標というこの地域の公立高校に振り回されず、本当に行きたい大学を目指す為に塾はフォローしていきます。

4つの特徴

1.授業

①受験準備(高1生4月~高2生12月)
将来的に、受験対策を始めるときまでには、日々の学校の授業から土台を作っていく必要があります。本来であれば学校の授業がそのまま受験準備になりますが、高校の授業が速く、理解することができないというご相談をよくお聞きします。スク玉では、高校2年生の12月末までは教科書レベル内容を理解するとともに、受験レベルの高度さで解説していきます。それにより学校の授業の理解を深めるともに、学校の授業を受験レベルまで引き上げることを塾では行います。

②受験対策(高2生1月~高3生2月)
学校の定期テストの対策を中心とした指導は行っておりません。その代わり、あなただけの志望大学への学習計画を作成してサポートしていきます。"受験に使わない科目まで手を広げるよりも、受験に必要な科目を集中的に勉強していく"という進路指導スタイルです。
個人面談を通して、本人の強み・弱みも考えつつ、一緒に志望校合格に向けて「あなただけの戦略」を一緒に練っていきます。

偏差値だけをみて志望校を決めていませんか!?

センター試験は共通テストに変わります。しかし、自分の強みを生かした受験校の選び方は今までと変わりません。例えば、地元国公立大学の看護学科を目指すとしましょう。この地域であれば、岐阜大学と愛知県立大学は看護学科があります。(岐阜大学の二次試験は国語と数学が選択できますので、この場合は数学を選択したとします)。この2つの大学は偏差値はほぼ同じとされています。しかし、3つの事に気をつける必要があります。



①岐阜大学の方が、英語と数学の得点率が高い
②愛知県立大学の方が、国語と理科の得点率が高い
③愛知県立大学の数学は、数学ⅠAで受験ができる(数ⅡBは使わなくてもよい)



高校生にもなれば、科目の得意・不得意があるでしょう。岐阜大学の看護を目指すならば、数学と英語の力は必須です。さらに数学はⅡBまでが必要になります。県立大学の看護を目指すらならば、理科、地歴、公民もきちんと知識を入れておく必要になります。もしあなたが数学が得意ならば、偏差値が上である岐阜大学の看護を目指した方が可能性が高いと言えます。



このように大学受験は偏差値だけでは見えない部分があります。だからこそ、高校生はたとえ同じ高校であっても目指す大学・学部に対して個人的に戦略を練る必要があるのです。

2.あなただけの受験対策プラン
~周りの子と同じ勉強をしていませんか?~

大学受験は傾斜配点がありますので、大学や学部が違えば受験科目・得点配分が大きく異なります。
そこで、スク玉高校部では、各大学・学部ごとに「分析シート」を作成し、二次試験の合格点まで目に見える形にしています。
今のあなたの実力と合格までの「差」を考慮し、あなただけの受験対策プランを作成しています。

3.「共通テスト」対策
~「センター試験」から傾向を読み解く~

過去10年分の傾向を分析し、出題されやすい単元から優先的に勉強します。
さらに、あなたの得手・不得手を考え、勉強の凹凸を一緒に相談し学習計画表に落とし込んでいきます。

4.「二次試験」の分析
~偏差値だけを見て志望校を変えていませんか??~

大学によって出題傾向や問題数、難易度が異なるのが二次試験です。
どのレベルの問題演習が良いのか、目標とする大学に必要な対策を個別にご提案致します。

5つのサポート体制

映像授業プラン
(主に難関二次対策)

上位国公立・難関私立大学受験において全国的に実績を出している現代文の児玉先生や古文のマドンナ荻野先生をはじめとした、ウィングネットと学研プライムという映像がスク玉の主役です。

  学力基礎が固まった生徒限定ですが、二次試験対策は映像を使って授業中に行います。

少人数指導

個別に予定表を作成し、その理解度を1:1の個別指導で確認していく。これがスク玉独特の授業スタイルです。教えるだけの塾とは違い、「なぜそうなったか?」を生徒に説明してもらっています。 解法も含めて復習するために、本当に理解しているかどうかを単元ごとに先生チェックを入れます。
「答えることができる」=「理解できた」がスク玉基準です。

模試の間違い直し&分析(面談)

結果が返ってきたら、偏差値しかみない生徒を多くみかけます。本当に大切なのは、間違えた個所です。模試の間違い直しはもちろんのこと、間違え方をみないことには今後につながりません。ですので、解答用紙の中身まで確認するようにしています。

英語に強くなる

1:1マンツーマン指導で、市販教材を使用して文法、単語、イディオムと英語の基礎を固めることから始め、長文読解でも得点が取れるように英文速読力を育てます。
「スラッシュリーディング」や「ディクテーション」の練習も授業で取り組むことで、早期より英語に強くなるよう指導しています。

参考書学習(全教科対応)

高校の勉強は、学習範囲も広く学習する科目も多いので参考書学習は必須です。
知識の確認、理解、定着の為に、学校課題もしくは市販参考書での勉強の仕方を指導します。

このページのトップへ