HOME > スク玉ブログ

スク玉ブログ

中学生はスク玉塾をどう思っているのか・・・

最近気づいたことがある さんなん です。何に気づいたのか、、、それはスク玉の小学生さんたちが、みんな鉛筆を使っていることにです。あら~何かあったんでしょうかね。


心当たりがあるのは、これかな↓↓
わが子を探せ!!~小学生バージョン~




さて、本日は中学生さんたちのアンケート結果のご報告です。

10月ごろに生徒たちに、①スク玉の良いところ、②スク玉にもっとこうして欲しいところ・・・をお聞きしました。この2つについて、今日はありのままの声をお届けします(同じ内容は省いています)。②の「ご意見」に対しては、お返事も書かせていただきましたので、よろしければご確認ください。


普段から中学生さんたちが何を考えているか、私も興味があります。何がでるのか、気になりますね。それでは張り切ってどうぞ~(^^)/。


■スク玉の良いところ(中学生編)
・家から近い
・検定が受けられる
・話しやすい、ノリが良い
・先生優しい、先生がうざいとか不満がない
・先生が分かるまで分からない問題を分かりやすく教えてくれるところ
・全県模試の結果から目指してる高校について分析してくれるところ
・テストとか検定対策をしてくれる
・面白い先生ばかり、先生がみんなフレンドリー
・行事がいっぱいある
・先生の教え方が上手、先生が一緒に考えながら教えてくれるところ
・ボーダーラインで点数がどれだけ必要なのかを知れる
・勉強ががっつりできる
・先生がイベントに積極的
・高校の情報がたくさんある
・トイレの中にある格言や城などのカレンダー
・テスト週間の予定を立ててくれるところ
・理科を映像で見れて理解しやすい
・分からないところを個別で教えてもらえること
・自分の苦手分野、得意分野を知っていること
・大学生の先生でも丁寧に質問に答えてくれる
・夏休みとか普通の授業でも早く進んだらその分問題を出してくれる。自分自身の苦手を聞いてその部分の入試を集めたやつとか出してくれるところ。
・生徒に少しでもわかりやすく伝わるように参考書を使ったりインターネットで調べてくださること。
・やるときはやる休憩するときはするのメリハリがつけやすい事。
・苦手なリスニングなどの個別の授業を受けることができる。
・一人で勝手に勉強を進めてもきちんと対応してくれる
・なぜそれがダメでこっちが合っているなど選択肢をちゃんと解説してくれるところが苦手意識を持たずに次に進められて頭にも残りやすい。
・落ち着いて勉強ができる
・名大などの頭の良い大学の先生がいてその先生と話せること
・テスト週間の時に過去問がもらえること
・教室内の雰囲気が「失敗しても間違えても全然OK」だから自分の思ったことをちゃんといえるところ
・今日の一問で豆知識みたいな感じで解き方を学ぶことができる
・先生との距離が近い。分かりやすい図楽しい。みんなが楽しそう。
・大学生がいるのでいろいろ聞ける。先生がいい人。
・いろいろな先生がいていろいろなことが聞ける。仲良くしてくれる。本がたくさんある。
・ニュースレターやスク玉ブログを発行配信してくれて、毎日本の代わりに読めるから。
・川とかのテストがあるところ。
・自分で勉強する癖が身につくから。
・大学生の先生の誕生日をみんなでお祝いしていて大学生の先生を大切にしている塾。



以上です。いいところをこれだけ書いてくれるってこと自体が嬉しいことです。システムのこと、勉強面のこと、先生方のことなど、たくさん書いてくれてありがとう。



■スク玉にもっとこうして欲しい、ココ気になっている~

・勉強会を短くして居残りの基準を下げてほしい。居残りはなくていい。
→ジガクへの第一歩は自己管理からです。まずは、居残りにならないように食らいついて頑張って。ちなみに、知ってる?やることやっていても自主的に居残りしてる子もいます。


・授業の終わりにアイスが欲しい
→さんなんをこれ以上太らせないでください。


・虫がいっぱい出る
→庭に木々がある以上、虫さんにとっても居心地がいいのかも。もう少し定期的に剪定して、少しでも快適な庭にしますね。


・テスト前にすることの宿題の量を減らしてほしい
→テスト前は学校の課題を宿題にしています。2週間で3周り終わらないなら、3週間前から対策しようかしら。


・席の間隔をあけてほしい。中学生も百人一首したい。
→他塾の話を聞く限り、もっとキツキツでやってるみたい。そっちの方が却って集中できるという話も聞いたことがあります。スク玉も、もう1列増やしましょうかね。百人一首はありですね、検討します。


・授業の始めと終わりのあいさつは別にいらない
→ケジメをつけるための合図です。絶対、必要です。


・みんなが持っているけど自分は持っていないファイルがある。
→そんなことはないとは思いますが、その場合は先生に伝えてください。


・いろんなところに人形があるのが気になる
→私がユーホーキャッチャーにハマっていた時期があって、その時に取ったぬいぐるみです。可愛がってあげてください。


・大学生の中でも授業の見方に差があることが少し気になる(チェックの仕方など)
→最低限のルールだけ決めてあります。あとは大学生さんたちに自分なりの工夫をするようにとお願いしてあります。


・大学生の先生に質問しようと思っても理系か文系か分からないので知りたい。
→きっとどの科目でも対応してくれます。逆に先生の苦手なものを見つけるぐらい質問してあげてください。


・今日の一問もっと増やしてほしい
→今日の一問は毎回かなり厳選していますので、それをしっかり理解する意味でも一問でよいかと。というか、二問にしちゃうと今日の一問じゃなくなっちゃうやん。却下。


・椅子と机を交換してほしい(時々がたがたなものがる)
→大事に使ってあげてください。限界が来たら、買い替えます。


・個別に質問がしたいけど教室が静かすぎてできない
→勉強の話ならどれだけ騒いでもokなので、じゃんじゃん質問しちゃってください。


・何をすれば具体的に伸びるのか。先生は生徒もどんな勉強法をしていたのか教えてほしい。
→ニュースレターを見てね。上位層の勉強法に興味があるのね・・・聞いておきます。


・夜トイレや廊下、玄関が暗い。明かりをつけてほしい。
→あれで明るくした方なのですが・・・ごめんなさい。年度末までに、再検討します。


・武士道の部屋が分からない
→武士道の部屋は英語の部屋と決まっています。


・グループ授業での定期的での席替え
→席の配置も工夫していますので、却下。


・本の貸し借りをOKにしてほしい
→管理ができるようになれば貸し借りokも考えてはいます。一度、学校がお休み期間中にできないか検討してみます。


・本を増やしてほしい
→すでに本棚がいっぱいなんですけど・・・。それでも、少しずつ増やしてはいますのでまた買い足していきますのでお楽しみに。


・中学生の人は全員速読講座を受ける
→賛成です。ライバルは多い方がよい。誘ってあげてください。


・ファイルをピンクじゃなくしてほしい
→ピンクが嫌ってことか。ヤドンが嫌いってことか。



・将棋大会の回数を増やしてほしい
→春、夏、冬の年3回が限界です。その間の期間中、しっかり練習しておいてください。


いかがだったでしょうか。これで中学生さんたちのアンケート結果を終わります。次回は、高校生さんたちのアンケート結果も出してみますね。


それでは今日はここまでです。引き続き、良い意味で生徒たちにとってよい塾になるように精進していきます。宜しくお願い致します。


(ギャラリー:昨年の冬期講習の様子)









☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓




ドラえもんペアレンツ~のび家から学ぶ声掛け術~

どこでもドアが欲しい さんなん です。ドラえもんの道具の中で、あなたは何が1番欲しいですか?ちなみにネットで検索したところ、たまたま見つけた「ドラえもんのひみつ道具人気ベスト3」がこちら。




3位 タイムマシン


2位 どこでもドア


そして、


1位は、もしもボックスでした。「もしも〇〇だったら・・・」と受話器に向かって話すと、想像の世界を現実にしてくれる道具です。


さて、今日はアニメドラえもんから、のび家の日常で「ご家庭でやっちゃダメなこと」をお伝えしたいと思います。


■「テストの点数が悪かった時に、しかりつける」



中学生さんは期末テストの結果が返ってきましたよね。まさかと思いますが、その時に上の画像のようにお母さんが鬼の形相で怒ってませんよね!?


「なんなの!!この点数は!!」

「ちゃんと授業聞いてるの!?」


「もう、これはゲーム没収だからね。」


これ、やっちゃダメなパターンです。


なんでかっていうと、、、
怒られた子どもは、テストの得点を見てこう考えるそうです。

「またお母さんに怒られる・・」

「あ~スマホ取り上げだ・・・」

「(怒られないように)どうやってごまかそう。」





もう、勉強の中身に思考回路が向かっていないのがお判りでしょうか。

「あーーー、見たことある問題だったのに。悔しいな。」

「この漢字、ハネるところ。しくじった~。」

「え、なんでこの問題、こんな解法になるの。」


本来であれば解答用紙の中から自分の弱点を学ぶべきです。しかし、テストの度に怒られた生徒は、この思考回路にはなりません。


<大事なポイント>
成績が良くても、下のケースにならない生徒もいます。そこは声掛けや仕組みで育てていく必要があります。肝心なのは、上のケースの場合は何をやっても成績は伸びない可能性があるということです。勉強をする前段階として、まずは意識改革が必要なのです。



我が子はどちらに当てはまっていますか??
ちゃんと答案用紙から学んでいますか??



もし、ご家庭で何か声をかけてあげたいのならば、
「テストの結果どうだった?」
    ⇊
「ふ~ん、そうなんだね。まぁまぁだったか。」
「そっか~、あまりよくなかったのか。どうしたらよかったんだろうね。」
「うんうん、良かったのね。よいよい。」

という、ちょっとそっけないぐらいがちょうどよい距離感だと思います。



間違っても、
「テストの結果どうだった?」
    ⇊
「まぁまぁよかったかな」
    ⇊

「はぁ~その点数で満足してるの??ふん、信じられんね。あぁぁ~ショック。」

というのも止めてくださいね。それ、上の怒ると同じパターンですからね。



勉強のアドバイスというのは、声かけをすることで
「我が子の行動パターンを変える」
「我が子にそれがダメな勉強法だと気づかせる」

ということ。余計なケンカはお互いにとってよくありません。



もし、本人が困っているようだったら、「解答用紙を塾の先生のところに持っていってアドバイスもらってきたら?」で良いかと思います。きっとお母さんが本当に言いたいことを代弁してもらえると思います。



同じ声掛けをしても、伝わり方は生徒によって異なります。長年、塾で指導していますが、これは本当に難しいですね。それでも多くのご家庭を見てきて、良くならないケースの1つに今日お伝えしたことがあります。



親の役目は、我が子の健康管理と環境づくりだと思います。小学5年生頃からは、少しずつ我が子と距離を取りつつ、見守ってあげてください。そして、何か相談したいことがある時は、真剣に相談できる関係づくりをお願いします(特に進路を決めるときね)。



それでは、今日はここまでです。お読みいただきありがとうございました。




※本日のブログは、関東にあるエイメイグループの代表である川上先生に許可をいただき、川上先生のブログ「のび家の絶対にダメなやつ、テスト返却で叱ってはいけません。」を丸パクリさせていただきました。川上先生、ありがとうございました。


ちなみに、

気づきました?



1番上の問題 2+(2×5)=12 正解ですよね(笑)。
2番目の問題 7-4×4=-9 小学生では解けない(笑)。

先生ちょっとひどくないですか!!のび太も気づかなきゃね。
お母さんも怒るところ(相手)を間違えています。

それでも点数だけ見てはダメってことには変わりはありませんね(・∀・)。



(いよいよ冬期講習始まります)




☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)



(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


学校別の小学校算数の授業進度を調べてみた!!11月終了時点

最近知った言葉はスワッグ さんなん です。クリスマスの飾りにと、先日コストコで買ってきたのですが、、、丸いリースはどうつけても一緒なのですが、このスワッグというものは未知なる物体でした。飾るときに向きが分からなくて、教えてもらいました。完成!これで良いのかな?夜はまだライトアップないから目立たないかもですが・・・明るいときに見ると、いい感じかな。ちなみに知ってる単語の中で1番スワッグに近いのは、、、スワンでした。




■はじめに
毎年、運動会が終わった2学期中旬ごろに、「どうも学校の算数の進度が速すぎないか・・・」。そんな疑念があり調べてみることになった、このブログ企画!!スク玉生に「今、どこ習っているの?」と聞いて、「1カ月でどれだけ進んだのか」、「ほかの学校と比較してどのぐらい進度が違うのか」をまとめました。
 
 
■念のために
お伝えしていることは「事実」だけです。“学校の授業が順調に進んでいるから、我が子の算数は大丈夫”というのではありません。また、学校の授業が早いから授業が手抜きとか言うつもりはありません。授業が駆け足で進んだところは、穴ができやすい。大事なところは、じっくり時間を掛けるべき。
 
しかし、学校は授業数が決まっています。それでも、進度に差が生まれます。だから、順調に進んでいないところは、きっと学校の授業そのものがうまく行っていないケースが多いのです。その時は、ご家庭で早目に対策を考えてもらうというのが、この「学校の授業進度を調べてみた!」ブログの目的です。学校の授業は生徒たちにとって大切な学びの場になります。「先生が無駄話をして1時間終わった」「今日1日で10ページも進んだ」など生徒からいろいろ聞きますので、地元の学力向上のために、チェック機能としてこのブログが役立てばと思います。



■小学6年生の算数(9月~11月)


さあ、いよいよ2学期も終わりが見えてきた時期です。気になる点は2つ。

1つは、一宮市のH小学校が知らないうちに他と横一線どころか頭一つ抜きに出ました。11月4日の時点では比例の単元だったのに、ぶっ飛ばしましたね。難しい単元ではないのですが、1か月で約40ページも進んだことになります。学習発表会など大きなイベントもあったのに、ガッツリ進みました。しかし、どうやらクラスによって進み具合に差があるようで、もう片方のクラスはまだ資料の整理を授業でやっているようです。

もう1つの気になる点は、稲沢市のN小学校です。先月の予告通り、ちゃんと体積の単元は教育実習生が授業をしてくれたとのこと。それにしても1か月で10ページだけしか進んでいません。稲沢市は一宮市と違って学校の活動がホームーページにほとんど載っておらず、この謎は解けません。

来年度の新しい教科書では、小6の重要単元である「速さ」は小学5年生に移動しちゃいます。代わりに増える単元は、データの活用(フローチャートみたいなもの)を習うようです。算数はあまり難しい単元がなくなるのでしょうか。



■小学5年生(9月~11月)


小学5年生は、気づけば横一線になりました。大きく出遅れていた一宮市のO小学校と稲沢市のR小学校も、知らないうちに追いついているこの不思議な現象(稲沢市のR小学校の面積の単元は教育実習生が授業をしたかどうか確認し忘れたので白塗りになっています)。「面積」「平均」という重要単元に加えて、「人文字」も意外と手こずるハズなのですが、この進み具合しちゃって本当に大丈夫なのでしょうか?これでやっぱり飛ばすところは急ピッチで授業をすることが証明されたのではないでしょうか。


今、皆が習っている「速さ」は移行措置になります。来年度の小学5年生の教科書には「速さ」が入ってきます。ただし、分数の計算はやらないようなことも書いてあるのですが、、、マジ?。確かに分数の計算は来年も小6の単元になっていますけど、速さの問題で分数を使わないとなると・・・旅人算はともかく、時計算とか複雑な計算はいつ扱うのでしょうか。ってか、反対に小数だと難しくなるような気もしますが( 一一)ナゾ。




(計算力)
どうも複雑な計算を解く機会があまりないようで、小学生の算数を教えていても複雑じゃない計算でもミスが目立ちます。もっとスピードUPも必要ですし、暗算も弱いです。式をつなげて書いて計算することも指導しないと学校の授業だけでは定着しないようです。

1月よりスク玉コース生は、りんごの計算(2冊目)を渡します。こちらを解くときに、今以上の計算力を鍛えてきたいと思っています。


ちなみに、すでに算数ワークが終わった生徒がいます。予定より早く終わっても問題ありません。早く終わった生徒から、確認テスト→確認テスト直し→確認テストの追試→ワーク鬼チェック・難問演習・単元別演習・パズルなど本人の学力を見て、いろいろとプレゼントすることができます。いよいよ冬休み、小学生もガッツリ解きましょう。そして、算数で天下を取りましょう。


それでは今日はここまでです。稲沢方面から北に向けてインフルエンザの流行があるようです。予防はもちろんのこと、もし、かかってしまった場合は早期病院へ行って長引かないようにしてあげてください。受験生さんたちも毎日頑張っているようですし、いい雰囲気です。




(関連ブログ)
小学生の教科書はこう変わる①(令和2年度からの教科書)

小学生の教科書はこう変わる➁英語編(令和2年度からの教科書)





☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


ニュースレター2019.10月.11月号はお手元に届きましたか?

最近ゆーちゅーぶを見るのが楽しい さんなん です(*´▽`*)イマゴロ。特にストリートピアノの演奏動画が多い「よみぃさん」がお気に入りです。きっとあのぐらいピアノが弾けたら、聞こえる音も庶民とは別モノかもしれませんね。自分にできないことができる人は尊敬できます。料理ができる人、足が速い人、話すのが上手い人、字や絵が上手な人、面白い人、専業主婦などなど。皆、天才や。私には突出した才能はないけど、無いからこそ人をそのように見えることが才能だと思ってます(・∀・)ポジティブ。


さて、お待たせいたしました。奇数月に送るスク玉ニュースレター2019.10月.11月号を今週の水曜日より配布しております。ここでは少しだけ中身をお伝えしますね。


□  さんなんの「絶対一本~impossible is nothing~」
❖保護者アンケート2019の集計報告
10月に保護者の方に書いていただいたアンケートの集計をしました。その一部を掲載してあります。本当にたくさん書いていただきましたので、文字列がぎょうさん並んでおります。よろしければ目を通していただけたらと思います。


❖高校別分析(一宮高校・一宮西高校・興道高校・津島高校)
ブログでもお伝えした高校別分析。ブログの5倍ぐらい詳しく解説してあります。どうしても数字が絡むデータを、外への発信すると勝手な解釈で独り歩きするのが怖い。スク玉生の保護者の方は私の人柄もわかってくれていると思うので、信じて全部正直に書かせていただきました。中学生にとっては、進路を決める参考材料になれば、その高校に通っている生徒は、自分の学校の立ち位置を客観的に比較する材料になればと思っています。



□ The Sukutama Lepton Times~ハロウィンの様子~
こちらでハロウィン大賞を発表させていただいております。今年はちょっと高校生が元気がなかったようですが、それでも小学生、中学生の盛り上がりは例年以上でした。全ページカラーなので、きっと現場の楽しい様子がお届けできると思っています。


□ スク玉大学生講師より~今年もすくたまグラム始めました~
大学生講師たちに、通っている大学構内やその周辺の様子を写真に撮ってもらいインスタ風に仕上げました。をお願いしました。高校生さん達にとっては、リアルな大学生の情報なのできっと満足いただけるかと思います。ちなみに名古屋大学、名古屋工業大学、愛知教育大学、岐阜大学、南山大学、名古屋外国語大学、岐阜聖徳大学、金城学院大学の様子が掲載されています。




□【特別企画】教育実習体験記 byますみん先生
小学校へ教育実習に行ってきたますみん先生が、その体験記をまとめてくれました。確実に先生への階段を上がっているますみん先生の本音がここにあります。笑いあり、厳しさあり、そして、涙あり。体験から確実に経験値を上げてきた今後のますみん先生に注目ですね。


□ スク玉版ハローワーク~MR・SE・インテリアプランナー~
いつものハローワーク特集です。今回は、MR(医療情報担当者)、SE(システムエンジニア)、インテリアプランナーを取り上げました。毎回、新しい職業が入ってくるので、小中高の生徒たちにいろいろな仕事があるってことが伝わればと思っています。


□ スク玉の未来日記
最後は、未来日記で締めくくってあります。



さて、いかがだったでしょうか。今回は全40ページのフルカラーとなっております。イメージは、小学5年生からは読んで理解できる内容を心がけております。ぜひ、読む習慣がない生徒には、保護者の方が話題を振ってあげてください。情報を吸収する習慣は、彼らの頭の中にアンテナを立てることに繋がります。


それでは今日はここまでです。ニュースレターの内、1つでもご参考になれば幸いです。本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。


≪スク玉篭屋校の地図≫






≪いよいよ冬期講習が始まります≫



☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


【中学部】クリスマス会にご招待されなかった方へ

子供の頃、3色フルーツゼリーが楽しみだった さんなん です。3色フルーツゼリーってご存じですか?小学校の頃に、私たち3兄弟の為にいつも母がスーパーで買ってきておいておいてくれました。


↑これです

しかし、理不尽なことに私には選択権がありませんでした。長男はイチゴ味、次男はグレープ味、そして私は決まってオレンジ味。


途中でチェンジすることなく、何年も何年もずっと同じ味のゼリーしか食べられなかったとです。


本当は、私はイチゴ味が食べたかったのさ( 一一)ボソ。


ということで、何が言いたいかといえばですね。みんな同じように何かしてあげたいな、と思いプレゼント企画を考えましたのでお届けいたします。


昨日、中1・中2の生徒さんたちにクリスマス会へのご案内をしましたね。そうすると、どうしても参加条件に該当しない生徒がいます。


クリスマス会は、お菓子パーティーですもんね。楽しそうじゃんね。行きたいーーーーーーーーー!!って方もいるでしょう。


でも、参加したいのに、、、私がイチゴ味のゼリーが食べたいと言えなかったように、、、ひょっとしてそんな思いをしちゃう子がいてはダメだと思いました。


そこで、以下の方へプレゼントを贈ることにしました。


《中学部 クリスマスカードあげちゃいます》
[玉野校は全員、篭屋校は希望があれば]


対 象:以下の方々
①2学期の期末テストで5科370点以上の生徒
②2学期の「やること表」がすべて終わっている生徒

※上記の①②両方の条件を満たしていない人にはクリスマスカードは差し上げられません。


内 容:とく・まるつけ・なおし
 と く→1教科35分、必ず時間を測って解いてね
 〇つけ→正しく〇つけできるかな!?
 なおし→納得できるまで時間をかけて解きなおす


費 用:1冊3万7千円。ただし、スク玉生は何冊でも無料。


(ご案内)
冬期講習前にさんなんサンタからクルシミマスカードクリスマスカードがプレゼントされます。自分で好きな科目に〇をつけると、なんとさんなんサンタからご希望の科目の『まとめテスト』がプレゼントされます。1冊やりきるのに、約1時間かかります。


プレゼントするのは、3冊ぐらい!?


5冊にしちゃう!?


いやいや、違います。なんと、年の数だけプレゼントしちゃいます(*^^)vフトッパラ。本当は1冊37,000円もするものを、全部無料でそんなにいいんですか!?社長、ムム(楽〇カードマン風に)!!!



例えばですね、中1生で12歳なら12冊選ぶことができます。

大好きな数学、数学、数学、数学、数学、理科、理科、理科、理科、理科と選んでもまだ2冊も余ってます。いや~どうします?バランスよく選んでもいいんですよ。迷いますよね。困っちゃいますね。でも、それでいいんです。ジガクへの道は自分で選ぶことから始まるんです。


中1生でも誕生日を迎えた方は、なんと13冊ももらえちゃいます。やったね~(^^)/ヨロコンデイイヨ。たくさん欲しいからっていって、年をごまかさないでくださいね。


クリスマス会は、1日約3.5時間×4日=14時間ですもん。これと同じぐらいにしないと、嬉しくないですよね。


解くタイミングは、ご自宅でも、塾でも構いません。あなたにお任せします。ただし、必ず冬期講習中にやりきってください。やってなかった場合は、鬼さんなんザンダさんから呼び出しでしょうね。1月は強制武士道行きですね。


ちなみに、夜の冬期講習は別教材も使いますからね。お忘れなく。



ご案内は以上です。


さてさて、「(いい意味で)スク玉はヤバイ塾です」と保護者の方に言ってもらえるように、全員の学力を上げていきますよ。


定期テストで370点以上も取れる頑張り屋さんは、きっと学校の冬休みの課題もあっという間に終わっちゃうと思います。


せっかくの冬休みを充実してもらうには、ジガクを通じて知らない知識たちとの遭遇とそれをかみ砕いて理解していく達成感をたくさん感じてもらうべきだと思います。


ひょっとして、クリスマスカードの枠全部をコンプリートしちゃう強者もでちゃったりするかもですね。コンプリートしちゃった生徒には、お掃除グッズでもプレゼントしちゃおうかしら。考えておきますね。


それでは今日はここまでです。今日は中学生さんたちの中でクリスマス会に行きたいけど参加条件を満たしていない方へのプレゼント企画をお届けしました。


この冬、たくさん学ぼ。そして、楽しもう。




(冬期講習 いよいよ締め切り迫る!12月7日まで)











☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


開催決定!中学部もクリスマス会やるぞ!

同時に二つのことができない さんなん です。おかげさまで篭屋校にもお問い合わせをいただきまして、ありがとうございます。講師も生徒も互いに緊張しながら授業をしています。大まかな備品も揃いまして、ようやく落ち着いてきました。



さて、ひと段落したところで、2学期にこんなお問い合わせをいただいたことを思い出しました。


『スク玉は一宮西校を目指す塾と聞きました!』と。


「なーにー!!?」


いや~逆にありがたい話ですね。実際は、全員が興道高校と津島高校以上の学力を身につけることを目指している塾です。確かにジガクが身についた生徒たちは、一宮高校や一宮西高校を目指しているのは事実ではありますけどね。


1ランク上の一宮西高校の塾という噂があるのならば、ポジティブに受け止めようと感じました。


そして、こう思ったわけです。


こりゃ~何がなんでも全員を興道高校と津島高校以上の学力をとれるようにしたいなと。「いい意味で、スク玉はヤバイ塾だ」と思ってもらえるように。ちょっと伸び悩んでる子に何かできないか。


全員の学力を上げたい!!


この想いから、この度タイトル通り、久々にクリスマス会を開催することにしました!!


《中学部 クリスマス会[玉野校のみ]》

日 時:12月24日(火)~27日(金) 全4日間
時 間:第一部13:10~14:50/第二部15:10~16:50

※第一部と第二部の間に、3時のおやつパーティーを行います。


対 象:以下の方々
①2学期の期末テストで5科370点未満の生徒
②2学期の「やること表」で遅れている生徒

※上記の①②どちらかの条件に当てはまらない人は参加はできません。どうしても参加したい方のためにアドバイス→②のやること表で、わざと1ページやってなければ強制参加になります。


内 容:やる・書き・計算・英語
 やる→「やること表」の遅れている分すべて
 書き→漢検の過去問に挑戦(1日100問+直し)
 計算→百マス計算+50割り計算
 英語→教科書暗唱(日本語⇔英語)


費 用:370万円。ただし、スク玉生は無料。
持ち物:勉強道具。お菓子。ジュースでもOK。
※お菓子は皆で食べれるものが好ましい。


(ご案内)
冬期講習直前にさんなんサンタからクルシミマス会クリスマス会への招待状が届きます。届いた方は、必ず参加してください。学校行事、風邪等の体調不良以外の欠席は認めません(欠席連絡は保護者LINEでお願いします)。



以上です。


いや~楽しそうですね。本当はクリスマスなので、毎日ケーキを出そうとしたのですよ。でも、風邪引いたので食べて⇔寝てを繰り返していたら、ちょっと太ったことに気づきました。だから、お菓子パーティーにしました。どうか、さんなんの好きな「うまい棒の詰め合わせ」を持ってこないようにお願いします。


あ、念のために確認ですが、夜は冬期講習があります。お忘れなく。


勉強「量」があっても学校のテストで370点届かない生徒に共通するのは、「暗記力」、「漢字力(語彙力)」、「計算力」、「思考力」が足りないからです。このうちの「思考力」以外の3つをこのクリスマス会で少しでも鍛えたいと考えています。ちなみに、それ以上は「読解力」や「咀嚼力(かみ砕いて考えること)」が必要になってきます。


クリスマス会は4日間と短いですが、短期間でもやれることはあります。どうか該当する方の保護者様は、送迎の方をお願いします。


《対象者》の確認
①2学期の期末テストで5科370点未満の生徒
②2学期の「やること表」で遅れている生徒
※申し込みの必要はありません。こちらから招待状をご本人さんに届けます。


興道・津島レベルであれば学校の定期テストでは370点以上は必須ですからね(さんなん 37 のゴロ合わせで覚えてね)。


それでは今日はここまでです。本日は小学部はクリスマス会があって、それがうらやましいであろう中学生の方へのクルシミマス会のご案内でした。


この冬、たくさん学ぼ。そして、楽しもう。


(数年前のクリスマス会への招待券です↑)




☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


マジっすか!?入試でスマホ使用OKになるかも!?

三人兄弟の末っ子の さんなん です。下の立場から言えば、私はずっと兄弟の背中を追いかけてきました。世の中のニュースではなく、小さい世界でしかモノを見てこなかったと感じています。



さて、先日こんなニュースを見ました。それがタイトルの内容です。入試でスマホ使用を推奨する学校があります。

今日は、そんな教育ニュースをお届けします。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


日本初!スマートフォンの持ち込みによる中学入試を実施
 
東京女子学園中学校(東京都港区)では、来年2月1日、2日午後に実施する算数1科目入試を「スマホ持ち込み OK 入試」として実施いたします。

(中略)








詳細は こちらのリンク をどうぞ。
(東京女子学園中学校高等学校)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

アイスクリームの問題は、QRコードを読み取ると日本アイスクリーム協会が公表する統計情報のページが表示されます。実際見てみたのですが、情報がたくさんありすぎます。そこから問題に必要な資料を自分で探して、分析して答える問題のようです。



アンパンマンの問題は、きっと正確な答えはなさそうです。そう考えると、自分の答えをその場で考えて、なぜそういう結論を出したのかという過程をみるという趣旨だと思われます。




こういったニュースを見ると、スマホは高校生からという発想の私は次第についていけなくなるのではないかと心配になります。


しかし、私個人の意見ですが、あえてこのようなニュースに振り回されなくてもよいかとも思います。確かに今後の大学入試でも知識や技能だけだとダメだ。社会に出た時には「情報をどう活用するか、という能力」が大事と言われています。



本当にその通りだと思います。



もし、愛知県の入試がすべてこの傾向になるのならば、それはやはり対策は考えなければなりません。しかし、このニュースも関東の中学受験のお話です。



私は私学の入試には、メッセージがあると思っています。この学校は、『複雑化・多文化化する社会の中で真に活躍できる人物の育成を目指しています』と記載してありました。


この入試制度とこの学校のメッセージに共感できる方もきっといるでしょう。それはそれでよいと思います。


私は、社会に出るまでに生徒を育てることが役割だと考えています。中学受験なら12歳、高校受験なら15歳のときにあります。でもスク玉が目指すのは、その先の18歳までにジガクができるように育てることです。


そう考えると、焦らなくてもいいのかなと思います。田舎のこの地域でスマホを上手に使えている小学生っているのかな!?、と考えると、持っていることでマイナスになっている子が圧倒的に多い気がするというのも理由の1つです。



このように教育は多様化するから、選択肢が増えるのです。


このニュースみたいな面白い学校もあります。スク玉のように小さな習慣をコツコツ積み重ねようという塾もあります。



親の役割の1つとして、良い情報はわが子に投げかけてみること。共感できない情報は聞き流せばよいのです。つまり情報の取捨選択です。親が考える軸がないと、子供たちが混乱しますからね。



お父さん方、お母さん方もお忙しいとは思います。だから、このブログ(ニュース)を読んだ時ぐらいは、少しだけ時間をかけてわが子にあった教育ってどんなのだろう??この学校ってうちの子にあうかな??って考えてみてあげてくださいね。


可能なら、ご兄弟の下の子も交えて話をしてあげてください。中学生ぐらいの女の子も世の中に目が向いていない子も多いので、その子たちも混ぜて話だけ聞かせてあげてください。きっと少しずつだと思いますが、狭い世界しか見えていない三男でも、ちょっとだけ視野が広がると思いますから。



今日の意見も私個人のもの。少しでも将来のことを考えるネタになればと思います。ご参考になれば幸いです。



それでは今日はここまでです。さぁ、今週も張り切って頑張りましょう(^^)/。


☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


わが子を探せ!!~小学生バージョン~

ジガクが苦手な さんなん です。ジガクというのは、自分で黙々勉強を掘り下げていくこと。自分で考え、自分で調べ、自分でかみ砕いて演習をすすめていくこと。先生からあーしなさい、こーしなさいと言われているうちは、楽ですよね。それだけしていればよいのですから。


スク玉の授業スタイルは半分がジガクです。もう半分は先生が授業するグループ授業です。

今日はこのジガクの良いところを1点だけ、クイズ形式でお伝えします。


■わが子を探せ
授業中の生徒たちの写真をとりました。初級編は後ろ姿、上級編は手元写真です。

さて『わが子を探せ』ゲームの始まりです。後ろ姿や髪形、服装、持ち物、持ち方、字体、雰囲気などなどがヒントです。上級編はまず当たりません。


先にお伝えしますが、答えあわせはしません。本質は別にあります。そして、あくまでもわが子がわかったらそれでOKの自己満足の問題です。また、ここで掲載するのは一部の方だけです。全員が載っていませんのでご了承ください。それでは張り切ってどうぞ。

(初級編)









(上級編)
























以上です。いかがだったでしょうか。
わが子、いましたか?


さて、本題です。

今日は、ジガクの良いところをお伝えするというもの。お伝えしたいことは、わかりましたか?


えーと、ですね。
上級編の写真を再度ご確認ください。


言いたいことは、ジガクでは『素が出やすい』ってことを伝えたいのです。



ご存じだと思いますが、スク玉小学部はシャープペンが禁止です。写真をみてお分かりの通り、多くの生徒が鉛筆ではなくシャープペンを使用していませんでしたか?



ジガクの良いところはまさにそこです。私たちは普段から大声を出して怒ることはしません。そうすると次第に自分のやりたいように勉強に向かうわけです。


言い方を変えれば、悪い勉強方法があぶりだされます。もちろんこれは小学生だけでなく、中学生も高校生もそうです。


例えば、
・間違い直しをしない
・ページを飛ばして解く
・〇つけを適当にやる
・予定表を守らない



どうですか?
当てはまっていませんか?


先生が何も言わないから・・・と、決められたルールを破る生徒もでてきます。これは経験上、小4~小5から始まります。

もちろん勉強はどの科目にもルールがあります。計算もそうですよね。ルールを守らないと〇はもらえませんよね。毎回叱ってもそれは耳を塞ぐだけになります。理由も含めて本人と対話して改善をしていくことが求められます。


そして今回のシャーペン事件は勉強面ではなく、精神面が素が出ていると思います。


これは別に庇うわけではないのですが、いちおう念を押しておきます。こういった部分は人間であれば誰しもがもっている性質だと思います。


大事なことは、こういった時にちゃんと改善していくことです。誰も見ていなくても、ダメなことは自分で意識的に守っていくという意識を植え付けることです。勉強でも同じことが言えます。


これがジガクの強みです。


一斉授業だとこういった部分は見えてきません。また、いつも怒られる環境にある子は、その時だけは怒られないために体裁を保つようになります。顔色を伺うことを覚えます。


それでは自立はできません。


スク玉はジガクを通じて、自立を促していきたいのです。精神的にも、勉強面でも成長して欲しいという気持ちでいます。


願わくば、小学5年生からはご家庭でも大人として扱ってあげてください。自分のことは自分でやらせてあげてください。


もちろん今回のように、ルールを破る時があるかもしれません。でも、成長過程なのですからそれが当たり前ですから。


それでは今日はここまでです。

・読むときは指を指す
・文字を書くときは左手は添える



普段の指示を当たり前にする子は強いです。こういった見えない部分も大事にしていきたいと思います。


ぜひ親は、字のごとく「木の上に立って、見守る」。小学5ねんせいからは、この距離感を意識してみて欲しいと思います。


今日も長文をお読みいただき、ありがとうございました。さてさて、来週はシャーペン事件一斉摘発しますよ!!楽しみですね。



(おまけ)高校生でも普段から鉛筆を使ってる子を見つけました。これはこれで反抗期なのかな?尖がってますね(*^^)vイイゾ。


☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


おうちにサンタさんは何歳まで来るのか?

今年もこの季節がやってきましたね。どうも さんなんサンタ です。




■中学2年生の生徒たちに聞いてみました。
質問1.「あなたのおうちに今年はサンタさんは来ますか?」
Yes   0名
No  多数
「うちのサンタさんは、小6までしか契約していないって言われた。」
「ある時、気づいたの。お母さんじゃーんって。そしたら翌年からサンタさんが来なくなった。

<調査報告>
中2になると、おうちにサンタさんは来ない!




質問2.「サンタさんは来なくても、クリスマスに何かもらえるの?」
Yes 少数
No  少数
「サンタさんは来ないけど、欲しいものはお母さんと一緒に買いに行く。」
「うちはケーキぐらいかな。」
「欲しかった本を買ってもらえる。」
「クリスマス後に、安くなったときに買ってくれるっぽい。」

<調査報告>
中2生になると現実的になる。何もももらえないという生徒もいる。



質問3.「何が欲しい?」
ポケモンのゲーム 1票
スマホ 1票
権力  1票
他   多数

<調査報告>
中2生は厳しい縦社会を一生懸命に生きている。



■プレゼントとして
私は誕生日やクリスマスは大事にして欲しいと考えています。

反対に、「テストの成績や順位で物を買ってあげる」ということは避けて欲しいです。ノートとか筆箱とかであればよいです。しかし、高額なものは止めた方がよいかと。

欲しい物のために頑張るようになると、
その対象がなくなると頑張れなくなる子が圧倒的に多いからです。



■スマホについて
テストで〇〇番に入ったらスマホを買ってもらう。
テストで△△番に入らないとスマホが没収されてしまう。

頑張ることがスマホ(モノ)になっている子は、
「どうしてこの問題の根拠がこのようになるのだろうか?」
「なぜ、この地方は1年中雨が多いのだろうか?」
「解説に書かれている説明が納得できない。先生に聞いてみよ」
こういった深い勉強が出きない傾向にあります。かみ砕く時間を取らなくても、定期テストでは得点が取れるからです。


特にこの地域の学校のテストは、暗記だけで60~70%取れてしまいます。暗記をすれば得点が取れる!得点を取れば欲しいものが手に入る。


ね。表面上の勉強になる気配がプンプンしますよね。だから、スマホだけにかかわらず、高額なプレゼントと成績は切り離して欲しいのです。


もし、スマホを渡すのであれば、ルールを作ってください。
「〇〇時以降は使わない」
「充電はリビングのみ。寝るときは充電する。」
ルールを破った場合は、2週間没収と決める。
決めた約束は守る。



勉強は、勉強!スマホは、スマホ!
プレゼントは記念日にあげる!


そりゃ~中学生だって欲しいものはあるでしょう。そんな時は、誕生日やクリスマスにプレゼントをしてあげてください。日本は祝日が多くありますから、ご家族で決めておくとよいと思います。



それでは今日はここまでです。クリスマスまであと1か月。
今年はサンタさん、来てくれるかな~(*^^)v




☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


クリスマス会!満席間近!

さんなんです。今年もサンタの季節がやってきましたね。皆様のご家庭にはサンタさんは来てくれますか?子どもたちだけでなく、お父さん、お母さんにもサンタさんが来てくれてもいいとは思いますけどね。


過去のブログ記事
「おうちにサンタさんは何歳まで来るのか?」



さて、本日は冬期講習中に行われます「クリスマス会」のご連絡です。


(ご連絡)
12月21日(土)クリスマス会が満席間近になっています。ご興味がある方は、早めのお申込みをお願いします。



(クリスマス会)
英語を使って世界に1つだけのクリスマスカードを作ってみませんか!?英語でカードを作るなんて難しいと思いますよね?でも、大丈夫、サンタさんがしっかりお手伝いします。

そして、ワークショップのあとはサンタさんからクリスマスケーキをプレゼントします。カードを作って、ケーキを食べて楽しいクリスマスを過ごしましょう。



(対象)
小1~小6。中学生さん、高校生さんの参加はできません。ただし、お手伝いさんでよろしければ、TK先生に直接聞いてみてください。



(費用)
スク玉生とレプトン生は無料です。日頃の感謝を還元します。お友達500円。
※すでに満席に近いので、11月28日(木)以降お申込みは、塾生のみにさせていただきます。



(時間)
第一部→9:00~10:00/第二部→10:30~11:30
※どちらのお時間でも、同じ内容のレッスンです。ご都合の良いにお時間でお申し込みくださいね。定員は各20名です。



(ワークショップとケーキ)














それでは、今日はここまでです。受験生さんたち、風邪ひかないように頑張りましょう(^^)/。テストが終わった中学生さんたち、大切なのはテスト後の皆が勉強しないこの時期だからね。また明日^^。


(スクール玉野 小学生の冬期講習詳細↓)

※小学部の冬期講習は【玉野校】のみの実施になります。



(篭屋校について 詳細はこちら



☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


12345678

アーカイブ

このページのトップへ