HOME > スク玉ブログ

スク玉ブログ

小学生の教科書はこう変わる➁(令和2年度からの教科書)

声が出なくなった さんなん です。再び風邪を引いたようです。薬飲んで、早く寝ます。


今日は小学生の新教科書の英語「NEW HORIZON Elementary」について深く掘り下げてみたいと思います。




(教科書の構成)
ページ数は、5年、6年ともに96ページずつ!別冊でPicture Dictionary48ページがあり、これは2年間で完成させる。

5,6年とも8ユニット×8時間=64時間。まとめの時間6時間で、合計70時間の指導計画(英語の授業は週2回)。

5年生は「自分」→「地域」→「日本」、6年生は「世界の国々」→「世界と日本」→「中学校への扉」という構成。



(授業スタイル)
ユニットごとに「聞く」→「話す」→「読む・書く」という流れ。ペアワーク、グループワークで繰り返し聞いたり話すことで、言葉や表現を身につける。



(単語数が凄い!)
・600~700語を超える単語数!
・日常生活に関わる名詞などは、従来の常識を超える!




(読む、書くも凄い!)
教科書の1ページをご紹介します。そこには次のような英文が書いてありました。
①一番の思い出
My best memory is our school trip.

➁行ったところ
We went to Kyoto in June.

③見たもの
We saw many temples.

④楽しかったこと
I enjoyed talking with my friends.



今使っている教科書「We can!」は聞いて覚えることがメインでした。しかし、来年度からの教科書は、このように文章がしっかり入っています。これらの文章を読んで、書いて、さらに自分の体験に言い換えるというアクティビティもするようです。


でも、これ本当に小学生でできますかね?本当に小学生で来年度から授業でやるんですよ。ちょっと引きませんか。


だって、上の③の文章を見てください。「saw」ってわかります?これ「see」の過去形ですよね。でも、授業では文法は教えないことになっているんです。小学生で理解できますかね?不規則動詞の形も教えないんですよ。


④の「enjoyed ~ing」とかの構文も教えません。現在進行形といった説明がない分、今の中1の教科書より難しい感じでしょうか。というよりも、構造的に異なるものだと感じました。


そして、この教科書にはQRコードがついていましたよね(昨日のブログをご覧ください)。これ家で予習ができる子はどんどん先に進むでしょうね。そんな生徒と、これから初めて英語を学ぶ生徒や受け身の生徒との英語力の差は開くばかりでしょう。


でもね、スク玉が導入しているレプトン英語もこの教科書と同じ構造なんです。文法や構文を覚える英語ではなく、英語の土台となる耳を養い、口を動かし、手を使い、英語を繰り返して体系的に学ぶ。スク玉は、このシステムが良いと考えているのでレプトンを導入しています。


正直、お母さん世代には違和感があるかもしれません。しかし、『今までの英語教育では使える英語が育たない。これからの英語教育の為に、ガラリと教育法を方向転換する。』。国がそのような課題を持って、高い目標を掲げたのです。今までと変わって当然といえば当然なのです。


それでも、これだけ変わったことを伝えない。かといって知らないと、我が子の対応が遅れる。それは避けて欲しいので、ここでそのことを伝えているのです。中学受験する生徒にとっても、英語が教科化されることに伴い入試に英語が入ってくると予想しています(関東の方はすでに動いているみたい)。ぜひ、我が子のこの先の英語教育について考えてください。


現に新しい英語教科書については、英語教育のお偉いさん方はこう言っているそうです。


(肯定派の人)
この教科書には絵やリスニング素材が多くあり、活動もたくさんある。足りないとするなら、教科書に載っていない単語を生徒が伝えたいときに先生がフォローできるかどうか。そういう英語のお偉いさんもいます。


(反対派の人)
疑問文や過去形もあり、非常に内容が盛りだくさん。だから、子供たちが混乱する可能性もある。教科となって成績がつけられるとなると、自信をなくし英語嫌いが増えるのではないかと心配だ。


読む、書くが加わり単語数や文系も多く、先生も生徒もこなしきれないかもしれない。英語教室や塾で学ぶ子と学校だけの子との二極化が進むのではないか。



反対派の意見を見ても、教科書が「悪」とは言っていません。だから、やっぱりこの教科書の作りは良いのだと思います。大切なのは、この教科書の内容を吸収できるように準備を、そしてフォローをすることです。


そして、私の感覚ですが、学校は「聞く」「話す」がメインになると思います。それは、アクティビティも活動目的に入っているからです。「読む」「書く」もありますが、さすがにこの濃い内容を週2回でやりきるのは無理だと思います。


だから、学校の教科書を「読む」「書く」ことはご家庭でフォローしてあげて欲しいのです。もしくは、学校の教科書のフォローをしてくれる英語塾に行くべきだと思います。


スク玉の方向性として、今までのレプトンを続けていくことに決めました。学校の教科書のフォローはしません。新しい教科書とレプトンの方向性が同じなので、重なってくるところもあると思います。両立することでさらに英語力を伸ばすという考えでいきます。


小学校英語教育は、ずっとこの先の大学入試改革につながっています。現中1生は中3生になったときに、今度は中学校の教科書が改訂されます。きっと、この新しい教科書と構造が似てくるハズで、教科書が変われば入試の出題形式が変わる可能性がありますよね。もう何がどう変わるんだか、私にもわかりません。


こんな混迷としているこれからの教育ですが、それに負けない本当の実力を身につけていければと思っています。


それでは今日はここまでです。今日は、来年度から小学生の教科書が変わることについて、変化の部分と私の意見をお届けしました。ちょっと長文が続いたので、たまには軽めのブログも書きますね。今日もお読みいただきありがとうございます。







☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


小学生の教科書はこう変わる①(令和2年度からの教科書)

この地域の愛知県公立高校入試の定員に変動がなく安心した さんなん です。結局、愛知県内では8学級が削減されるみたいです。ちなみに公立高校入試まであと118日です。センター試験まではあと71日。きっとあっという間なんだろうな。



さて先日、名古屋で勉強会がありました。そこで得た情報をお届けします。今日は「小学校の教科書はこう変わる①」です。


来年度から変わる小学校の教科書の1番のポイントは、大学入試改革へとつながっていることです。今までの「知識・技能」だけでなく、「思考力・判断力・表現力」も入試で確認しますよ~というものです。



小学校の教科書の変化をざっくりとお伝えすると、
①算数では、練習問題数が約1.3倍!
➁どの教科もスパイラル方式(繰り返し)が目立つ!
③グラフ、イラスト、写真など資料の読み取りが重点化!
④実生活、実社会とのつながり、さらには課題を意識した作り!
⑤生徒用教科書にQRコードが多用!
⑥QRコードからは、類題、音声、映像など、多彩なコンテンツが対応!

です。


私が1番驚いたことは、⑤のQRコードが教科書に導入されることです。QRコードをスマホでかざすと、算数の類題を解くことができますし、理科だと火山の噴火を動画(1コンテンツ30~40秒ぐらい)で確認することができます。英語は発音を耳で聞くことができます。もうCDいりません。



科目ごとで言えば、算数の教科書にはインターネットの利用率や自動運転自動車の走行に対する意見など、実社会のことも表やグラフになって登場します。


理科の教科書を見て思ったのは、対話文(吹き出し)が多いです。あれはマンガが読めないと、内容が把握できないかもしれません。かといって、マンガを読めと言ってるわけではありませんが・・・。


英語は、CLIL(クリル)という教育法が導入されているみたいです。これは理科や社会などの教科学習と英語の語学学習を統合したもので、1つのテーマを決めて、英語を使ってみんなで勉強するみたいです。

例えば、教科書に食物連鎖について学ぶ単元があります。ここでは動物名がたくさんでてきます。トラがシマウマを食べる。ワシはヘビを食べます。ヘビはカエルを食べます。こんな文章を英語を使って学ぶという感じです。これが新しい教科書に導入されています。



全体的なお話はこんな感じですね。いかがでしょうか。ぼんやりと全体像はイメージできましたか。自分が小学生の頃とは、教科書の構成そのものが大きく変わりました。そして、ゆとり世代の時のスカスカの教科書が、結構中身ぎっしり詰まっている印象も受けました。


せっかくなので、もう少し新しい教科書をもう少し掘り下げてみたいところですが、長くなったので今日はここまでにして続きは明日にします。


掘り下げる科目は、やはり英語です。今年度までのなんちゃって英語とはわけが違いますので、明日は英語の教科書『NEW HORIZON Elementary』にスポットを当ててご紹介します。NEW HORIZONは、中学校でお馴染みですね。これが小学校に降りてきます。


それでは、また明日。今日もお読みいただきありがとうございました。

 








(見づらいですが、理科の内容を英語で学ぶ感じ)


(各パーツの左上QRコードがある)







 

☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


名古屋高校の入試情報(スク玉から名古屋高校まで約71分)

寒さについていけない さんなん です。なんですか、この朝昼夜の温度差は。インフルエンザも流行りだしたそうなので、気をつけねばなりませんね。皆さまもご注意くださいね。



今日は名古屋高校の入試について情報をシェアします。実はちょうど地元の中学校の体育祭と日程がかぶり、今年の名古屋高校の学校説明会に参加ができなかったんです。中3生で受験予定の生徒がいなかったこともあり、学校にキャンセル連絡をして・・・そうすると先日、わざわざ名古屋高校の先生がスク玉まで説明に来てくれました( ゚Д゚)アンビリーバボ。



<名古屋高校の強み>
・進学実績が凄い
・サッカーが強い(部員100名超え)
・硬式テニス、水泳、陸上、自転車競技、ラクビーも全国大会出場
・伝統ある男子校

勉強もできて、部活も強い。もはや最強な学校です。卒業生413名中、国公立大学合格者171名(東京3名、京都4名、名古屋13名など)、医学部医学科へも44名(国公立医7名)、歯薬獣へも74名という数字がその裏付けです。せっかく指定校推薦も数多くあるのにも関わらず、自分が希望する大学へ挑戦するという気持ちが強い生徒が多いみたいです。(・∀・)指定校枠、結構余ってるって。

創立132年という伝統の歴史に邁進せず、次なる挑戦は2024年度入試から女子部を開設するという噂もあります(まだ決定ではないらしい)。共学ではなく、男女別というニュアンスですね。少なくとも現中3生は卒業するまで男子しかいません。



<学習コース>
・文理コース(4クラス)国公立大学や難関私立大学進学を目指す
・文理選抜コース(2クラス)難関国公立大学や国公立医学部進学を目指す

今年度から高校受験組(3年コース)と中学受験組(6年コースと呼んでいる)とは合流しない方針に代わりました。これはやはり3年コースの生徒が6年コースに編入する負担が、生徒だけでなくフォローする先生側にもあることが理由だと思います。学校行事等は皆で一緒に、大学受験は別々に頑張るようです。

同志社大学や立命館大学、関西学院大学とも連携があるようです(特別推薦入学試験あり)。



<スカラー合格制度>
簡単に言えば特待生制度ですね。今年度から入学金免除の人数を一般入試上位10%以内から15%に増やすそうです。

さらに上位5%の生徒には特別スカラー合格として、授業料の半額相当が給付されるみたいです。上位層にとってはありがたいシステムだと思います。
先生曰く、「滝高校に合格してもウチの高校を選んでくれた生徒もいますよ。駅そばという立地に加えて、進学実績を親御さんが認めてくれたからだと思っています。スカラー合格だと出費も押さえれますからね。」とのこと。



<入試について>
・推薦は定員の30%程度
国語40分、数学・英語50分。リスニングあり。各教科100点満点。足切りなし。選抜クラスと文理コースは共通問題。面接はグループ面接。合格基準は、ゴニョニョ。


・一般入試(定員:文理183名、文理選抜80名)
国語・数学・英語は50分、社会・理科は40分。英語はリスニングあり。各教科100点満点。足切りはなし。選抜クラス・文理コース共通問題。A方式受験(合格した場合、必ず入学する約束)だと、合格点が多少下がる。

内申は参考程度にみるが、9かで31以上の学力はないと合格は厳しいかな。合格ボーダーは、文理〇〇%以上、文理選抜△△%以上(数値はここでは控えますが一般的な合格ボーダーだと思います。)




<一般入試の受験パターン>
尾西地区からはあまり受験しませんが、名古屋高校は私立2日目にあります(大成、清林館と同日)。この地域の生徒で受検するなら、啓成(1日目)-名古屋(2日目)でしょうか。滑り止めとチャレンジ校って感じかな。



<通学時間>
スク玉から名古屋高校までは、
電車1時間11分/車40分/徒歩5時間32分
(歩きだとドラクエウォークには最適だね)



<その他>
・SGHアソシエイトに指定されている
・図書館は365日空いています
・全教室にプロジェクターを設置
・留学プログラムあり(長期でも3年間卒業あり?、短期、交換留学)
・昨年度はちょっとだけ合格点下げたよ
・最寄りの砂田橋駅から徒歩1分の立地
・校内にポツンとピアノが置いてある
・ようやく借金生活が終わった?


スク玉生で名古屋高校に在籍している生徒が2名おりまして、内緒で彼らの現状も教えてもらいました(・∀・)ファイトイッパツ。愛知県の私立高校の序列を崩すべく、挑戦を続ける名古屋高校。ぜひご興味がある方は学校見学へどうぞ。


最後に校内の写真をホームーページからお届けします。公立と比較するとヤベーぐらいキレイです。こんなところでも温度差を感じます。私立って凄いんですね。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。水野先生、スク玉の為にわざわざ遠いところからありがとうございました(^^)。













(屋上庭園ですって↑)



☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


学校別の小学校算数の授業進度を調べてみた!!10月終了時点

中学生ぐらいまでの数学なら見た瞬間に答えが出せる さんなん です。私が数学が得意になったのは中2からなんです。小学生の頃はもちろん、中1までは高得点が取れませんでした。中2の数学の先生(布目先生。いつもゲタを履いて竹刀を持って授業していた。決め台詞は「ムム!やりよる!」でした。)が面白くてそれがブレイクポイントでしたね。ただし、ブレイクポイントはきっかけであって、その前の時期がもっと大切なんですよ。



さて、今日は小学校の算数についてです。よろしければ、お付き合いください。

 
■はじめに
毎年、運動会が終わった2学期中旬ごろに、「どうも学校の算数の進度が速すぎないか・・・」。そんな疑念があり調べてみることになった、このブログ企画!!スク玉生に「今、どこ習っているの?」と聞いて、「1カ月でどれだけ進んだのか」、「ほかの学校と比較してどのぐらい進度が違うのか」をまとめました。
 
 
■念のために
お伝えしていることは「事実」だけです。“学校の授業が順調に進んでいるから、我が子の算数は大丈夫”というのではありません。また、学校の授業が早いから授業が手抜きとか言うつもりはありません。授業が駆け足で進んだところは、穴ができやすい。大事なところは、じっくり時間を掛けるべき。
 

しかし、学校は授業数が決まっています。それでも、進路に差が生まれます。だから、順調に進んでいないところは、きっと学校の授業そのものがうまく行っていないケースが多いのです。その時は、ご家庭で早目に対策を考えてもらうというのが、この「学校の授業進度を調べてみた!」ブログの目的です。学校の授業は生徒たちにとって大切な学びの場になります。「先生が無駄話をして1時間終わった」「今日1日で10ページも進んだ」など生徒からいろいろ聞きますので、地元の学力向上のために、チェック機能としてこのブログが役立てばと思います。
 


■小学6年生の算数(7月~10月)


小6メインの「速さ」の単元も終わり、あとは「比例」「反比例」「体積」「場合の数」「割合」とそんなに難しくない単元だけになりました。語弊がないようにお伝えしますが、難しくないというのはある程度パターン化できるという意味で、練習次第でなんとかなる単元という意味です。速さの問題もある程度まではパターン化できますが、「比」が絡んだり、「単位」も苦戦するので深すぎ単元なのです。


進度としては、昨年もこの時期は「比例」「反比例」でしたので、どの学校もよいペースだと思います。修学旅行があった小学校もありますので、そのことも考えると特に問題はなさそうですね。稲沢市のO小学校は「体積」を飛ばしたそうですが、これは教育実習生が研究授業として教えるために残してあるみたいです。



■小学5年生の算数(7月~10月)


ちょっと進んでいない学校が多かった感じを受けました。単元的には難しいところではないので、気になります。ちなみに稲沢のR小学校は、「面積」の単元を飛ばしたそうですが、これも教育実習生に任せるそうです。


気になったことというのは、もし進んでいない原因が「分数①」の単元だとすると心配です。この分数の計算には、「約分」「通分」「帯分数」だけです。保護者から見たら簡単なイメージがあるかもしれませんが、現場は意外と苦労してます。特に「整数(倍数・公倍数/約数・公約数)」の単元の内容をしっかり理解していないと、分数でつまづくことになります。どの学校も9月はサクサク進んだので、どうも気がかりです。


ご自宅で「1から50までの数字の約数」を書かせてみてください。1→1 、2→1,2 、3→1,3 、4→1,2,4 、5→・・・・という感じでスラスラかければ問題ありません。



■ひょっとして
ちょっと気になることを保護者様から聞いたのですが、通っている小学校でもアクティブラーニングって流行っていますか?アクティブラーニングというのは「自分で考えて、前で発表したり、わかる生徒がわからない生徒に教える」というスタイルの授業です。世間で「思考力、判断力、表現力」が大事って謳っているのもあり、全国的にもアクティブラーニングを取り入れているようです。しかし、コレは先生の技量が大きく影響します。


先生が大事なことは指導していればよいのですが、生徒が教えてばかりになると大事な知識のインプットの時間がなくなります。また、教える生徒と教えられる生徒がいつも同じになってしまうと、教えられる生徒は“考えない”し“表現しない”ので本質から外れます。教える方はいい練習になるので、そっち側にいればアウトプットの練習にはいいのですが。それでも私の意見としては、ある程度知識や語彙力を兼ね備えた高校生や大学生には効果的な指導スタイルだとは思いますが、小学生に算数の授業内に大幅に時間を与えても意味があるのかは疑問です。


ちょっと話が脱線してしまいましたが、各小学校のホームーページに載っている学校の授業の様子をみていると、「隣の子やグループで意見交流した」「みんなで話し合って解決した」とあります。しかし、本人たちに聞くと「話し合っただけ終わった」、「先生は教えてくれなかった」という声もあります。保護者の方が確認していただけると、いい意味でプレッシャーになるので上手につっついてみてください。


それでは、今日はここまです。本日も最後までお読みいただきありがとうございました。





☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


篭屋校11月11日始動開始のご報告

わか先生と同級生になる元スク玉生さんたちが集まる会に呼ばれずショックを受けている さんなん です。野原Tだけ呼ばれて、、、ズルいぞ。どんまい、さんなん。どんまい、TK。写真だけもらったので、ここに貼っておきますね。


懐かしいメンバーやな。中3の時の忘年会で、焼肉を喰いまくって相当の出費があった恨みはまだ覚えていますよ(当時は、会費制で。足が出たら塾負担だった。)。いよいよ来年から就職か。出世払い待ってるで( ゚Д゚)インイクナヨ-。



さて、すでに他方からお声をいただいている篭屋校について、今日はここにまとめておきます。


名称:スクール玉野 篭屋校
残念ながら、スクール篭屋校ではありません。法人名がスクール玉野なので、このようになりました。ちなみに皆様が通っているココは、スクール玉野 玉野校としました。「すくるたまの たまのこう」言いにくい。



始動:11月11日(月)開始
内装工事が2週間ほど遅れていまして、その影響もあり備品系も未だ届いていないものもあります。今日現在すでに授業はできる状態ではありますが、openまで今しばらくお待ちください。始動後もあちらこちらと修繕する必要があるので、年内はバタバタご迷惑をおかけすると思います。

初年度は、中1、中2、高1、高2のみ募集とさせていただきます。小学部は2020年春期講習(3月16日~)からの授業開始となります。小学部のお問合せは、1月6日以降となります。



開校日・時間:月曜日~金曜日19:30~22:00(土日なし)
11月11日~12月13日(金)は、この日程しか教室は開放しません。12月16日(月)からの冬期講習からは時間帯を伸ばして動きます。



入塾面談と学習相談会
11月11日~12月13日は、入塾面談と学習相談会を各ご家庭ごとに行います。

入塾面談は、①実力テストを受ける。➁保護者面談に参加する。③ご家庭で再度検討する。この流れになります。保護者面談では、スクール玉野の教育方針やシステムについてお話します。

学習相談会は、塾に通っていない方も対象に、現状の学習や進路についてのお悩みを1つでも解決できるように相談するというものです。もしよろしければ、ご活用ください。

入塾面談 :月曜日~金曜日10:00~15:00/19:30~21:30
実力テスト:月曜日~金曜日19:30~21:20
学習相談会:月曜日~金曜日10:00~15:00/19:30~21:30





開校記念(11月11日~2月29日)
篭屋校     11月11日~12月13日授業料100%割引※1
篭屋校・玉野校 入塾金100%割引
篭屋校・玉野校 冬期講習費さんなん割引実施予定※2
篭屋校     1月と2月の授業料さんなん割引実施予定※3
篭屋校     後期諸経費さんなん割引実施予定 

※1:この期間は一斉授業はなく演習授業のみ行うこと開校時間が短いこと内装が完成していないこと。そして、バタバタとご迷惑をおかけすると思いますので、入塾が決まっている生徒のみ全額免除させていただきます。もちろん授業は手を抜きません。
※2:地元であるココ玉野校も割引させていただきます。今通っていただいている方があってのスク玉です。赤字覚悟しています。詳細は、後日お渡しする冬期講習ガイドブック(11月11日頃配布予定)をご確認ください。
※3:きっと1月と2月もご迷惑をおかけすると思います。先手必勝。


また、玉野校の生徒で、気分転換に篭屋校で武士道をしたい中学生・高校生は来ていただいても構いません。ただし、上にあるように月~金の19:30~22:00しか空いておりません。その点、ご了承ください。




■篭屋校の来年度についてのQ&A
・三大検定は実施しますか?
実施しないと思います。検定実施にはある程度の申込み人数が必要になります(10人以上とか)。現状だと生徒0ですので、当面の間は玉野校のみの実施になります。


・レプトンは実施しますか?
行う予定でいます。玉野校が満席ということもありますし、篭屋校の方が近いという方もいらっしゃるかと。ただし、少人数制指導ですので、枠としては多くはありません。現スク玉生の方とレプトン生の方は、来年度の予定を1月末頃にお手紙にてお聞きしますので、その方を優先して曜日と時間を決定しますのでご安心ください。


<レプトン新規の方>
2月に無料体験(1回)→入塾した方は、3月のレッスン4回分無料。2月の無料体験への申込みは、1月6日から受け付けます。ご興味がある方は、お早めにお願いします。


・授業のスケジュールはどうなりますか?
小学部、中学部、高校部の授業スケジュールは、玉野校も篭屋校も1月中旬にご報告させていただいております。今しばらくお待ちください。



ご案内は以上になります。相乗効果で両校とも学力を上げていきますよ。挑戦あるのみ。ぜひ、ご期待ください。












☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


四谷大塚小学生テスト当日2019.11.03文化の日

日テレドラマ「同期のサクラ」に徐々にハマってきた さんなん です。最初はあんまりという印象でしたが、最近になって自分の中で評価があがってきました。同期メンバーを思うさくらの熱いトーク(クセに慣れてきた?)とじっちゃんの字が上手すぎるのがいいですね。森山直太朗のサクラも懐かしくていい。最初の印象だけで、決めつけるってはダメってことですね。



さて、本日は11月3日で文化の日。スク玉では、四谷大塚主催全国統一小学生テストが開催されました。



例年は尾西音楽祭がこの日に開催だったのですが、今年の尾西音楽祭は11月2日(土)開催になったのですね。この尾西音楽祭には、地元からは朝日東小、朝日西小、三条小の金管クラブと、尾西一中、二中の吹奏楽部も参加演奏したと聞いています。年に1回の音楽祭の結果はどうだったのでしょうか。
 

今年は尾西音楽祭の影響がなく、そのおかげか小3~小6までで総勢40名を超える多くの生徒が集まりました。いつもながら遠方からのお申込みもたくさんありました。ありがとうございます。
 

今日は、この四谷大塚小学生についてお伝えします。
 


■四谷大塚小学生テストの役割
問題を見てもらえばわかるのですが、この四谷大塚小学生テストは、
普段の学校のテストよりはとても難しいです。
 

しかし、このテストの役割とは、
「こういう問題が解けるようになりたい!」
「わからない、悔しい!?」
「なんだこれ!?」

といった本人の価値観を揺さぶることです。
 

価値観の揺さぶりっていうのは、
生徒が変わるキッカケになります。
 

実際、小4の生徒は問題を読みながら
頭を抱え込んで悩んでいる子もいましたね。
 

「算数が想像以上に難しかった!」
「国語は思ったより解けたかもしれない!」


テスト後のこんなコメントが印象的でした。


それでも時間いっぱいフルに頭を使う!ことができました。
この瞬間をもっと積み重ねて欲しいですね。
 


 
■四谷大塚小学生テストの成績について
私は、このテスト結果はおまけ程度でよいと考えています。
(こんなこと書くと、本部に怒られるかも…)
 

だって、マークシートなので、しかも非中学受験者も多くいることから、
本当の実力よりも偏差値は跳ね上がります。
 

だから、先にお伝えしておきますが
成績は必要以上に気にしてはいけません。
 
 
それをよりも、小学生でこれだけ難しいテストレベルの勉強を
している生徒がいるということの方が大事です。
 

「中学受験は我が家には関係ない!?」ってよく言われるのですが、
それは違います。
 

いつか我が子がこういったを経験を積んできた生徒と戦う時期が来ます。
 

いつも見慣れた自分達の周りだけみていて安心していると、
気付いた時には手も足も出ないかもしれませんよ。


必要以上に他人と比較するのは良くないとは思いますが、
・我が子はどの土俵で戦うべきなのか
・いつか追いつかせる時期がくるということ
・今は何を優先すべきで、今はどの環境で育てたいのか

こういった視点を持つことは、保護者の方には必ず必要となります。
 

教育も選択ができる時代です。習いごとも多様化され、
親の選択は子どもの成長にとって大きな役割を担っています。


まだ子ども達に決定権はありません。
保護者の方の選択こそ、本当に試されています。
 


■最後に
今回もチャンスを与えて下さった保護者の方にお礼を申し上げます。
ありがとうございます。
 

テスト後にクリアファイルをお渡ししました。これには模範解答と一緒に解説授業のご案内のお手紙が入っております。受験してくれた生徒たちには伝えてありますが、今日明日中に自己採点と間違い直しをしてください


ただし、難しいテストなので、基本的な問題だけでも構いません。1~2教科だけでも構いません。大事なのは、間違い直しをするという習慣をつけることです。ぜひご家庭で声掛けをお願い致します。


また、成績表は塾に届き次第ご自宅に郵送します
11月15日頃に発送と本部より連絡をいただいておりますので、塾に18日頃に、ご家庭には19日以降に結果が届くと思います。今しばらくお待ちください。
 

今後も地域貢献の一環として、四谷大塚テストを遠方の方でも受検がしやすい環境づくりができたらと考えています。


それでは今日はここまでです。今日もお読みいただきありがとうございました。








☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


大学入試改革と次期学習指導要領のスケジュール

今年もあと2年ですって さんなん です。このごろ言い間違いが半端なく多いんです。今年の流行語はなんだろうな~って季節、あぁ~温泉にでも行きたいな。



さて、現実に戻りましょう。今日は現中学1年生以降の方にお届けしたい大学入試改革のお話です。



本来は、新中学1年生の・・・・というお話をするつもりでした。しかし、今日のニュースで、「来年度の大学入学共通テストで英語民間検定試験の導入を見送る」というものがありました。


後日そのお話もするつもりでしたが、資料が間に合っていないので、今日は英語試験延期について少しだけ話そうと思います。



まず、今回の英語試験延期は歓迎です。なぜなら、いまだに大学によっては、その認定試験の活用は極めて消極的だからです。



地元の名古屋大学では、認定試験を出願資格としています。その基準はCEFR(セファール)A2以上となっています。つまり英検準2級以上持っていれば、受験資格を与えてもらえるというもの。



でも、名古屋大学を受験する生徒にとって、英検準2級レベルの英語力はもってるわけで、時間もお金もかかるのは勿体ない。


それよりも、今本当に気にするべきことは、共通テストの英語は、リスニングとリーディングに特化することが決まっています。その配点比は1:1です。リスニングの配点が以前の倍以上となったからには、その対策をしておくことです。それでもこの配点比を使わず、従来通りの1:4を踏襲する大学も多く、いまだに不透明な状況なんですよ。決めたものに従わない、もうどうなってるんでしょうね。


あれもこれも決まっていない状況なのに、受験する高校2年生。そう考えれば、今回の認定試験の見送りは歓迎ということになると思うのは私だけでしょうか。



最後に、大事なことを2つ言います。



1つ目は、今回見送りになったのは国公立大学入試の話で、私立大学は別路線です。この中部地域の私学は認定試験の評価基準はまだ表明していないところが多いようですが、関東の私立大学はいろいろと学校によって評価の仕方を変えるようです。だから、私立大学を受験する生徒にとっては、認定試験が必要な可能性もあるという事は忘れてはいけませんよ。


2つ目。本当に大変なのは、現中1生です。今は大学入試改革の移行期間であり、現中1が大学受験する際に本格実施になっています。あれもこれもと変わるこの先、何を勉強しておくのか。時間が限られている中、本当に頭がいたいですね。


現状でわかっている正確な情報をお伝えしていきたいと思いますが、今日はここまです。また、続報をブログ・ニュースレターにて発信しますね。






☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


HAPPY HALLOWEEN2019すくたまオールスターズ

静かなお祭り男 さんなん です。わっしょーい(^^)/。喉の痛みがひかない(・∀・)ドンマーイ。
 

さて、スク玉のハロウィン最終日の様子です。ハロウィンをコスプレ大会か何かと勘違いしている大人たちを含めて、保護者様のご理解とご協力に感謝しております。ありがとうございます。


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、全力でコスプレを楽しんでいる我らがスク玉講師陣を見ていると、確認せずにはおられません。


ハロウィンとは、そもそも「秋の収穫を祝う」お祭と、「悪霊を追い出す」お祭りです。そして、仮装する理由ですが、「悪霊を追い払うため」にするんですよ。だから、魔女とかゾンビとかドラキュラとか・・・、いわば「怖い系」の仮装がハロウィンの主流なんです。


だから、



こんな恰好してても






こんな恰好してても






こんな恰好してても
絶対に悪霊は追い払えませんから!!(笑)



それを知ってのお祭りです。お祭りは楽しい方がいい。そこんとこ、ご了承ください。



さて、本日は中学部のスク玉ハロウィンパーティーの様子を集めました。いちおうブログOKの子もスタンプで顔を隠させていただいております。スタンプの下の笑顔をここでは見せれないのが残念ですが、雰囲気だけでも伝わればと思います。












顔ペインティングと熱の入り方が半端ない子とマスクをしているは、そのままお届けしました。小学部と高校部は個別で撮っているので、次回のニュース掲載しますね。


塾はお祭り騒ぎの様子ですが、ちゃんと勉強はいつも通りしていますのでご安心を。受験生さんたちにとって、ひと時の安らぎになったのなら幸いです。いつも、ご家族のご協力とご理解ありがとうございます。中にはお迎えが遅くなってしまった学年もありご迷惑をおかけしました。


さぁ、お祭り騒ぎもお終い。中高生さんたちは、切り替えてテストがんばろぅ! おかげさまで楽しいハロウィンになりました。
仮装大賞は、後日発表させていただきますね。
 
 
ご協力いただいた保護者様、先生方にも感謝。それではまた明日(*^^)v。


☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


先生、お久しぶりです^^

心は液体なんですか?今日も揺れ動く さんなん です。


今日は気分転換に思い出話をしてみたいと思います。


■TKとTくん(ダブルT)


小・中・高とスク玉に通ってくれていたTくん。現在、大学1年生。京都の大学に通う彼が夏休みついでに帰省して、ついでに遊びに来てくれました(9月中旬の出来事です)。


「合格発表の時にゆっくり挨拶ができなかったので、改めて遊びに来ました。これよかったらみんなで食べてください。」ですって。


長文を喋るタイプでなかっただけに、その言葉だけでもう信じられませんでしたね。本当に、そんなこと言うタイプじゃなかったんで。


遊びに来てくれた時に、大学生活と大学受験のことを聞いてみました。



<大学生活のことをまとめると>
現在、京都に1人暮らし。今まで全部をお母さんがやってくれていたので、毎日が凄く大変過ぎる。お風呂を沸かすことも、お風呂を掃除することも、朝起きることも、帰ると部屋が暑いことも。買い物をして、ご飯を炊いて。


「炊事、洗濯、家事と、お母さんのありがたみを感じています。」だそうですよ~。お母さん。


受験で合格したことも嬉しいですが、こういった精神的な成長の方が私は嬉しいです。だって一人暮らししてまだ半年なのに、この成長力ですもん。勉強は7~8年も教えてきたのにね。やはり自分で経験することで、机の上の勉強以上の学びがあったのではないかと思います。



<大学受験のこと>
「受験については、大野原先生に大変お世話になりました。全くアドバイスは聞かないくせに、いろいろ聞いてすみません。

TK先生には小学生と中学生の時、国語の読解を教えてもらってそのおかげで国語は高校でも受験でも不思議と超できるようになりました。

さんなん先生には、高校受験のときと大学受験のときに進路相談に乗っていただいて、おかげでどちらも第一志望に合格できました。

ありがとうございました。」とさ。


まぁ本当に、最初は仕込みなのかと思いましたね。それでも普通の会話の中での言葉だったので、ちょっとウルっときちゃいました。


私の記憶では(今だから言えますが)、彼は私立第一志望校がダメで公立第一志望校を変えるか迷っていたんです。それでも公立第一志望校は変えずに受験するって言って・・・。公立合格発表の時、彼だけが報告に来れませんでした。


でも、結果は合格してたっていうオチ。「合格でも不合格でも報告しなさい。ましてや合格なのに、なんで報告にこんねん!」って叱った記憶があります。


そして、大学受験のときも、自分の第一志望と親の薦める地元大学が違ってどっちを受験すべきかって相談にきました。

「どっちがいいですかね~」なんて相談に来たので、「どっちに行きたいの?」→「京都です」。「ずっとそこ目指して勉強してきたの?」→「そうです」。「地元の名古屋じゃダメなの?」→「うーん、悪くはないんですけど」。「どうしたいの?」→「京都受けたいです。」。「じゃあ受ければいいんじゃね?」→「じゃあ頑張ります!」って。


まぁ、自分の中で常に答えを決める子だったんですよ。それでも、不安な部分がちょっとはあって。最後の一押しだけして欲しかったんでしょうね。


それでもこれだけは間違いないと思います。もし、地元の大学に合格していたら結果はどうかはわかりませんが、精神面ではそれほど成長はしてなかったんだということ。


我が子がまだまだ幼いと感じる全国のお母さん方。こんな先輩もいます。地元にもいい大学はたくさんあるのですが、地方の大学に行き、一人暮らしさせるも悪くないんじゃないでしょうか。


でも、こうも言っていました。京都は遊びに行くところで、住むには観光客が多すぎて大変だって。これも経験ですね。


次は、成人式ね。肝心の時に来てくれないからかもしれないけど待ってます。


今日は、そんなTくんの想いで話をさせていただきました。他のスク玉生さんたち元気かな~?大学生活頑張ってるかな~?浪人してる、あの子も頑張ってるかな~?


そんなことを考えることができるのも、この仕事の嬉しい部分です。どこに行っても、元気で何かに一生懸命取り組んでくれて入れば、それで私は満足です。


それではまた明日(*^^)v。




☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


中3生に届け!この時期は「ここに気をつけろ」

うまい棒が好きな さんなん です。板チョコ、ブラックサンダー、ラムネ、アメ、カントリーマアム、それにうまい棒といったラインナップが今年のハロウィンのお菓子です。ボーイたちに人気なのはうまい棒、姫様方に人気なのは板チョコだそうです。私は少年たちと一緒か・・・好みは昔と変わらず。どんまい、アラフォーボーイのわたし。

 
 
さて、そんなお祭りムードの中、中学生さんたちは学校の中間テストと期末テストのど真ん中にいます。今日は過去の先輩方の教訓を、ブログを通じて特に中3生さんたちにお届けします。
 


①学校のテストは内申の為!
たとえば、こんな生徒がいたとしましょうか。
A君は、国語50点、数学80点、理科80点、社会50点、英語80点で合計340点。


B君は、国語70点、数学70点、理科70点、社会70点、英語70点で合計350点。



何を伝えたいか?
中3生ならわかるはず。



この二人、順位で競うとB君の方が上ですよね。でも、内申のことを考えてみると・・・A君は③④④③④の合計18、B君は③③③③③の合計15。A君の方が内申は上になる、つまり受験で一歩リードするのはA君の方である。



テスト対策を考えるとき、どの教科で何点とるつもりなのかはハッキリした方がいいです。平均が60点という一般的なテストだと、80点以上が内申④、90点以上が内申⑤がつきます。50点でも、60点でも、70点でも内申は③しかつきません。だから、今の時期は順位なんか見てはダメなんです。 

 
もし、私がこの二人に声をかけるとすれば、
A君には、「数学と理科と英語は90点とろ!90点取ってる子は応用問題を二度解き直ししてるけど、あなたもやってみないか?」


B君には、「全教科、あと10点ずつ上げよう!どの教科なら自分でできる?得意科目は任せるから、苦手な科目は一緒に頑張ろう!」
です。


保護者からみたら苦手な科目を頑張ってもらいたい、順位が下がったら内申が下がる、という意識が強いかもしれません。


でも、私の視点から言えば、
得意な科目があるのも強みだし、バランスよく得点が取れるのも強み。どっちが凄いだなんて、関係ありません。確かなことは「ただやみくもに勉強していつもの得点をとっても内申は変わらない」ということ。むしろ、皆が勉強してくる時期なので、下がる可能性の方が高いです。

 
「順位は下げても、内申を上げよう」
これがこの時期に大切な合言葉です。受験は戦略的にね(*^^)v。
 

 
 
②時間を守る
「時間がルーズな子は受験に弱い」これは今も昔も変わらぬもの。授業開始時刻ちょうどに来る生徒、3分~5分遅れてくる生徒はきっと受験でもあと数点足りずにうまくいかないものです。


授業が終わってからダラダラ残る生徒も、受験でも得点を取りこぼすでしょう。
 
 
この時期、やるべきことする時間が足りなくて、6時に起きて30分勉強する子もいれば、学校の給食の時間でもガリガリ勉強している子もいると聞いています。「気持ちが行動に表れる。行動するから、さらに気持ちが高まる。」こんな良い循環が理想です。

 
受験から逃げてる気持ちが、生活態度に表れます。あなたは大丈夫でしょうか??
 


 

 
③自分のモノの管理は自分で
この地域は 中3になると学校からもらえる問題集が各教科1冊ずつ増えます。テスト前にもなると対策プリントやら白プリやらモノがあふれます。
 

そんな中「プリントなくしました!」って言われても、ビビデバビデブーですわ!「探してごらん」と言うと、かばんをゴソゴソあさること1~2分。あらあらプリントさん、こんにちは。私の時間はさようなら。ウワオ!。

 


優しすぎる全国のお母さま方へ。どうか、ぜひ自分のモノの管理を自分でさせる習慣は早めにご指導ください。
 
 
 
以上が、過去の先輩方の反省点です。これらは成績云々ではなく、意識の問題です。でも、これらは同じレベルの高校を受験する生徒同士だと「大きな差」になりますよ。勉強は、机の上だけでするものありません。勉強を通じてたくさんのことを学ぶ、それが学習の本質です。「今」成績が良くても、本質からズレた勉強をしてきた子は「社会に出たとき」通用しません。
 

 
そういえば、昨年は「私立入試の過去問を親に買ってきてもらおうとしたけど、どれかわからなかったから買わずに帰ってきちゃったの。」って中3生がいましたね。


「自分で買わんかーい!!!」


「精神的に大人にさせるためには、大人として扱ってやる。せっかく経験するチャンスがあるのに、それを親がつぶすってどうなの。親が子ども扱いしているうちは、我が子は精神的に成長はしませんからね。」って、TKが言ってました。


それでは今日はここまでです。子どもの頃の好みは大人になっても変わらないかもしれませんが、行動はその瞬間から変えることができます。間違った習慣をぶっ壊すo(・∀・)o。今日のブログは、浮かれたうさぎさんなんがお届けしました。





☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


123456

アーカイブ

このページのトップへ