HOME > スク玉ブログ > 先生、お久しぶりです^^

スク玉ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

先生、お久しぶりです^^

心は液体なんですか?今日も揺れ動く さんなん です。


今日は気分転換に思い出話をしてみたいと思います。


■TKとTくん(ダブルT)


小・中・高とスク玉に通ってくれていたTくん。現在、大学1年生。京都の大学に通う彼が夏休みついでに帰省して、ついでに遊びに来てくれました(9月中旬の出来事です)。


「合格発表の時にゆっくり挨拶ができなかったので、改めて遊びに来ました。これよかったらみんなで食べてください。」ですって。


長文を喋るタイプでなかっただけに、その言葉だけでもう信じられませんでしたね。本当に、そんなこと言うタイプじゃなかったんで。


遊びに来てくれた時に、大学生活と大学受験のことを聞いてみました。



<大学生活のことをまとめると>
現在、京都に1人暮らし。今まで全部をお母さんがやってくれていたので、毎日が凄く大変過ぎる。お風呂を沸かすことも、お風呂を掃除することも、朝起きることも、帰ると部屋が暑いことも。買い物をして、ご飯を炊いて。


「炊事、洗濯、家事と、お母さんのありがたみを感じています。」だそうですよ~。お母さん。


受験で合格したことも嬉しいですが、こういった精神的な成長の方が私は嬉しいです。だって一人暮らししてまだ半年なのに、この成長力ですもん。勉強は7~8年も教えてきたのにね。やはり自分で経験することで、机の上の勉強以上の学びがあったのではないかと思います。



<大学受験のこと>
「受験については、大野原先生に大変お世話になりました。全くアドバイスは聞かないくせに、いろいろ聞いてすみません。

TK先生には小学生と中学生の時、国語の読解を教えてもらってそのおかげで国語は高校でも受験でも不思議と超できるようになりました。

さんなん先生には、高校受験のときと大学受験のときに進路相談に乗っていただいて、おかげでどちらも第一志望に合格できました。

ありがとうございました。」とさ。


まぁ本当に、最初は仕込みなのかと思いましたね。それでも普通の会話の中での言葉だったので、ちょっとウルっときちゃいました。


私の記憶では(今だから言えますが)、彼は私立第一志望校がダメで公立第一志望校を変えるか迷っていたんです。それでも公立第一志望校は変えずに受験するって言って・・・。公立合格発表の時、彼だけが報告に来れませんでした。


でも、結果は合格してたっていうオチ。「合格でも不合格でも報告しなさい。ましてや合格なのに、なんで報告にこんねん!」って叱った記憶があります。


そして、大学受験のときも、自分の第一志望と親の薦める地元大学が違ってどっちを受験すべきかって相談にきました。

「どっちがいいですかね~」なんて相談に来たので、「どっちに行きたいの?」→「京都です」。「ずっとそこ目指して勉強してきたの?」→「そうです」。「地元の名古屋じゃダメなの?」→「うーん、悪くはないんですけど」。「どうしたいの?」→「京都受けたいです。」。「じゃあ受ければいいんじゃね?」→「じゃあ頑張ります!」って。


まぁ、自分の中で常に答えを決める子だったんですよ。それでも、不安な部分がちょっとはあって。最後の一押しだけして欲しかったんでしょうね。


それでもこれだけは間違いないと思います。もし、地元の大学に合格していたら結果はどうかはわかりませんが、精神面ではそれほど成長はしてなかったんだということ。


我が子がまだまだ幼いと感じる全国のお母さん方。こんな先輩もいます。地元にもいい大学はたくさんあるのですが、地方の大学に行き、一人暮らしさせるも悪くないんじゃないでしょうか。


でも、こうも言っていました。京都は遊びに行くところで、住むには観光客が多すぎて大変だって。これも経験ですね。


次は、成人式ね。肝心の時に来てくれないからかもしれないけど待ってます。


今日は、そんなTくんの想いで話をさせていただきました。他のスク玉生さんたち元気かな~?大学生活頑張ってるかな~?浪人してる、あの子も頑張ってるかな~?


そんなことを考えることができるのも、この仕事の嬉しい部分です。どこに行っても、元気で何かに一生懸命取り組んでくれて入れば、それで私は満足です。


それではまた明日(*^^)v。




☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ