HOME > スク玉ブログ > アーカイブ > 2019年10月

スク玉ブログ : 2019年10月

HAPPY HALLOWEEN2019すくたまオールスターズ

静かなお祭り男 さんなん です。わっしょーい(^^)/。喉の痛みがひかない(・∀・)ドンマーイ。
 

さて、スク玉のハロウィン最終日の様子です。ハロウィンをコスプレ大会か何かと勘違いしている大人たちを含めて、保護者様のご理解とご協力に感謝しております。ありがとうございます。


ご存知の方もいらっしゃると思いますが、全力でコスプレを楽しんでいる我らがスク玉講師陣を見ていると、確認せずにはおられません。


ハロウィンとは、そもそも「秋の収穫を祝う」お祭と、「悪霊を追い出す」お祭りです。そして、仮装する理由ですが、「悪霊を追い払うため」にするんですよ。だから、魔女とかゾンビとかドラキュラとか・・・、いわば「怖い系」の仮装がハロウィンの主流なんです。


だから、



こんな恰好してても






こんな恰好してても






こんな恰好してても
絶対に悪霊は追い払えませんから!!(笑)



それを知ってのお祭りです。お祭りは楽しい方がいい。そこんとこ、ご了承ください。



さて、本日は中学部のスク玉ハロウィンパーティーの様子を集めました。いちおうブログOKの子もスタンプで顔を隠させていただいております。スタンプの下の笑顔をここでは見せれないのが残念ですが、雰囲気だけでも伝わればと思います。












顔ペインティングと熱の入り方が半端ない子とマスクをしているは、そのままお届けしました。小学部と高校部は個別で撮っているので、次回のニュース掲載しますね。


塾はお祭り騒ぎの様子ですが、ちゃんと勉強はいつも通りしていますのでご安心を。受験生さんたちにとって、ひと時の安らぎになったのなら幸いです。いつも、ご家族のご協力とご理解ありがとうございます。中にはお迎えが遅くなってしまった学年もありご迷惑をおかけしました。


さぁ、お祭り騒ぎもお終い。中高生さんたちは、切り替えてテストがんばろぅ! おかげさまで楽しいハロウィンになりました。
仮装大賞は、後日発表させていただきますね。
 
 
ご協力いただいた保護者様、先生方にも感謝。それではまた明日(*^^)v。


☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


先生、お久しぶりです^^

心は液体なんですか?今日も揺れ動く さんなん です。


今日は気分転換に思い出話をしてみたいと思います。


■TKとTくん(ダブルT)


小・中・高とスク玉に通ってくれていたTくん。現在、大学1年生。京都の大学に通う彼が夏休みついでに帰省して、ついでに遊びに来てくれました(9月中旬の出来事です)。


「合格発表の時にゆっくり挨拶ができなかったので、改めて遊びに来ました。これよかったらみんなで食べてください。」ですって。


長文を喋るタイプでなかっただけに、その言葉だけでもう信じられませんでしたね。本当に、そんなこと言うタイプじゃなかったんで。


遊びに来てくれた時に、大学生活と大学受験のことを聞いてみました。



<大学生活のことをまとめると>
現在、京都に1人暮らし。今まで全部をお母さんがやってくれていたので、毎日が凄く大変過ぎる。お風呂を沸かすことも、お風呂を掃除することも、朝起きることも、帰ると部屋が暑いことも。買い物をして、ご飯を炊いて。


「炊事、洗濯、家事と、お母さんのありがたみを感じています。」だそうですよ~。お母さん。


受験で合格したことも嬉しいですが、こういった精神的な成長の方が私は嬉しいです。だって一人暮らししてまだ半年なのに、この成長力ですもん。勉強は7~8年も教えてきたのにね。やはり自分で経験することで、机の上の勉強以上の学びがあったのではないかと思います。



<大学受験のこと>
「受験については、大野原先生に大変お世話になりました。全くアドバイスは聞かないくせに、いろいろ聞いてすみません。

TK先生には小学生と中学生の時、国語の読解を教えてもらってそのおかげで国語は高校でも受験でも不思議と超できるようになりました。

さんなん先生には、高校受験のときと大学受験のときに進路相談に乗っていただいて、おかげでどちらも第一志望に合格できました。

ありがとうございました。」とさ。


まぁ本当に、最初は仕込みなのかと思いましたね。それでも普通の会話の中での言葉だったので、ちょっとウルっときちゃいました。


私の記憶では(今だから言えますが)、彼は私立第一志望校がダメで公立第一志望校を変えるか迷っていたんです。それでも公立第一志望校は変えずに受験するって言って・・・。公立合格発表の時、彼だけが報告に来れませんでした。


でも、結果は合格してたっていうオチ。「合格でも不合格でも報告しなさい。ましてや合格なのに、なんで報告にこんねん!」って叱った記憶があります。


そして、大学受験のときも、自分の第一志望と親の薦める地元大学が違ってどっちを受験すべきかって相談にきました。

「どっちがいいですかね~」なんて相談に来たので、「どっちに行きたいの?」→「京都です」。「ずっとそこ目指して勉強してきたの?」→「そうです」。「地元の名古屋じゃダメなの?」→「うーん、悪くはないんですけど」。「どうしたいの?」→「京都受けたいです。」。「じゃあ受ければいいんじゃね?」→「じゃあ頑張ります!」って。


まぁ、自分の中で常に答えを決める子だったんですよ。それでも、不安な部分がちょっとはあって。最後の一押しだけして欲しかったんでしょうね。


それでもこれだけは間違いないと思います。もし、地元の大学に合格していたら結果はどうかはわかりませんが、精神面ではそれほど成長はしてなかったんだということ。


我が子がまだまだ幼いと感じる全国のお母さん方。こんな先輩もいます。地元にもいい大学はたくさんあるのですが、地方の大学に行き、一人暮らしさせるも悪くないんじゃないでしょうか。


でも、こうも言っていました。京都は遊びに行くところで、住むには観光客が多すぎて大変だって。これも経験ですね。


次は、成人式ね。肝心の時に来てくれないからかもしれないけど待ってます。


今日は、そんなTくんの想いで話をさせていただきました。他のスク玉生さんたち元気かな~?大学生活頑張ってるかな~?浪人してる、あの子も頑張ってるかな~?


そんなことを考えることができるのも、この仕事の嬉しい部分です。どこに行っても、元気で何かに一生懸命取り組んでくれて入れば、それで私は満足です。


それではまた明日(*^^)v。




☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


中3生に届け!この時期は「ここに気をつけろ」

うまい棒が好きな さんなん です。板チョコ、ブラックサンダー、ラムネ、アメ、カントリーマアム、それにうまい棒といったラインナップが今年のハロウィンのお菓子です。ボーイたちに人気なのはうまい棒、姫様方に人気なのは板チョコだそうです。私は少年たちと一緒か・・・好みは昔と変わらず。どんまい、アラフォーボーイのわたし。

 
 
さて、そんなお祭りムードの中、中学生さんたちは学校の中間テストと期末テストのど真ん中にいます。今日は過去の先輩方の教訓を、ブログを通じて特に中3生さんたちにお届けします。
 


①学校のテストは内申の為!
たとえば、こんな生徒がいたとしましょうか。
A君は、国語50点、数学80点、理科80点、社会50点、英語80点で合計340点。


B君は、国語70点、数学70点、理科70点、社会70点、英語70点で合計350点。



何を伝えたいか?
中3生ならわかるはず。



この二人、順位で競うとB君の方が上ですよね。でも、内申のことを考えてみると・・・A君は③④④③④の合計18、B君は③③③③③の合計15。A君の方が内申は上になる、つまり受験で一歩リードするのはA君の方である。



テスト対策を考えるとき、どの教科で何点とるつもりなのかはハッキリした方がいいです。平均が60点という一般的なテストだと、80点以上が内申④、90点以上が内申⑤がつきます。50点でも、60点でも、70点でも内申は③しかつきません。だから、今の時期は順位なんか見てはダメなんです。 

 
もし、私がこの二人に声をかけるとすれば、
A君には、「数学と理科と英語は90点とろ!90点取ってる子は応用問題を二度解き直ししてるけど、あなたもやってみないか?」


B君には、「全教科、あと10点ずつ上げよう!どの教科なら自分でできる?得意科目は任せるから、苦手な科目は一緒に頑張ろう!」
です。


保護者からみたら苦手な科目を頑張ってもらいたい、順位が下がったら内申が下がる、という意識が強いかもしれません。


でも、私の視点から言えば、
得意な科目があるのも強みだし、バランスよく得点が取れるのも強み。どっちが凄いだなんて、関係ありません。確かなことは「ただやみくもに勉強していつもの得点をとっても内申は変わらない」ということ。むしろ、皆が勉強してくる時期なので、下がる可能性の方が高いです。

 
「順位は下げても、内申を上げよう」
これがこの時期に大切な合言葉です。受験は戦略的にね(*^^)v。
 

 
 
②時間を守る
「時間がルーズな子は受験に弱い」これは今も昔も変わらぬもの。授業開始時刻ちょうどに来る生徒、3分~5分遅れてくる生徒はきっと受験でもあと数点足りずにうまくいかないものです。


授業が終わってからダラダラ残る生徒も、受験でも得点を取りこぼすでしょう。
 
 
この時期、やるべきことする時間が足りなくて、6時に起きて30分勉強する子もいれば、学校の給食の時間でもガリガリ勉強している子もいると聞いています。「気持ちが行動に表れる。行動するから、さらに気持ちが高まる。」こんな良い循環が理想です。

 
受験から逃げてる気持ちが、生活態度に表れます。あなたは大丈夫でしょうか??
 


 

 
③自分のモノの管理は自分で
この地域は 中3になると学校からもらえる問題集が各教科1冊ずつ増えます。テスト前にもなると対策プリントやら白プリやらモノがあふれます。
 

そんな中「プリントなくしました!」って言われても、ビビデバビデブーですわ!「探してごらん」と言うと、かばんをゴソゴソあさること1~2分。あらあらプリントさん、こんにちは。私の時間はさようなら。ウワオ!。

 


優しすぎる全国のお母さま方へ。どうか、ぜひ自分のモノの管理を自分でさせる習慣は早めにご指導ください。
 
 
 
以上が、過去の先輩方の反省点です。これらは成績云々ではなく、意識の問題です。でも、これらは同じレベルの高校を受験する生徒同士だと「大きな差」になりますよ。勉強は、机の上だけでするものありません。勉強を通じてたくさんのことを学ぶ、それが学習の本質です。「今」成績が良くても、本質からズレた勉強をしてきた子は「社会に出たとき」通用しません。
 

 
そういえば、昨年は「私立入試の過去問を親に買ってきてもらおうとしたけど、どれかわからなかったから買わずに帰ってきちゃったの。」って中3生がいましたね。


「自分で買わんかーい!!!」


「精神的に大人にさせるためには、大人として扱ってやる。せっかく経験するチャンスがあるのに、それを親がつぶすってどうなの。親が子ども扱いしているうちは、我が子は精神的に成長はしませんからね。」って、TKが言ってました。


それでは今日はここまでです。子どもの頃の好みは大人になっても変わらないかもしれませんが、行動はその瞬間から変えることができます。間違った習慣をぶっ壊すo(・∀・)o。今日のブログは、浮かれたうさぎさんなんがお届けしました。





☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


ハロウィン2019中継

先週末から風邪っぽい さんなん です。ハロウィンを仮装大会と勘違いして、半そでではしゃいでますので自業自得かと思われます。ひどくならないように、大人しくしてます。


さて今日はそのハロウィン中継を、のはらTブログよりお届けします。追加で写真加工もできたものは、ここで掲載しておきますね。


それでは、いってらっしゃい(`・ω・´)ゞ


⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊のはらTブログ⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊



ハロウィン週間のスタートダッシュ感


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑







☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


中3生対象。高校入試対策講座【土ゼミ】始まりました!

さんなんです。

中3受験生向けの高校入試対策講座が始まりました。今日はそのお話です。さぁ、受験直前まで走り続けますよ(・∀・)

授業の様子は TKブログ からどうぞ!!




☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


数学検定受付開始~〆切11月2日(土)一宮市の数検準会場

ハッピーハロウィンと浮かれている さんなん です。今日から塾はハロウィンモードです。初日は様子見の生徒が多いみたいですね。それでもいきなりガチな中3の女の子たちもいて、おかげさまで浮かれてますわ(*´▽`*)アハハ。


さて、本日は数学検定のご連絡です。スク玉中学部では、英検と漢検は年に1度は受けてもらうようにお願いしています。しかし、数学検定は年1度しか受験しないのですが(実際は年10回ぐらい検定はあります。スク玉では年1度のみ。)、受験するかどうかはご家庭にお任せしています。



■数学検定の受付開始
12月7日(土)に数学検定があります。この数検は学校のテストとは異なる形式で出題されます。それでも数学なんです。以前、数検を受検した女の子曰く、「あれは数学じゃない!!だってどの数字を使ったらいいかわからないもん」って言ってました。



数学なのに、数学じゃないって不思議ですね。それはひょっとして思考が固まってきてる可能性がありますね。危険なやつです。ちょっとわかりやすく比較してみましょうか。
 


■愛知県の公立高校入試[H30数学Aより抜粋]


これは愛知県公立高校入試から持ってきた関数の問題です。公立高校入試の関数では、グラフを書くものは必ず出題されています。しかも、このような表の読み取りも必須なのです。



■ある学校の中3数学テストから抜粋



こちらはある中学校の中3の2学期期末テストから抜粋した問題です。1番文章が長い問題を選んでみました。文章は長いですが、たくさん問題を解いた人ならわかると思うのですが、よくでるパターンなので難しくはありません。




■新大学入試の共通テストのサンプル問題
[平成30年度施行調査数学ⅠAより抜粋]がこちら。



こちらはセンター試験に代わる新大学入試共通テストの数ⅠAの問題から抜粋してきた問題です。写真があったり、図があったり、1度読んだだけではちょっと理解できません。建築基準法など、生活に関わる問題が増えてきましたね。




■数検の問題例がこちら(3級から抜粋:中3受検レベル)



これは数検3級の問題から抜粋してきました。ここでも図が描かれています。社会の資料集でよく見るパルテノン神殿の長さを、比を使って解く問題です。ちょっとパターンで解ける問題ではなさそうですね。



見てもらってお分かりの通り、やっぱり学校のテストの傾向が他の問題と比較しても違うんです。だから、中1や中2の内からこのような問題に慣れていっても損はないんです。


反対に、学校のテストだけに慣れちゃうと、公立高校入試でも、大学入試でも、やっぱり危険なんです。頭が動きません。冒頭の「数学じゃなかった」という言葉は、学校のテストに慣れちゃってる可能性があります。だからこそ、私が中学生に数検に取り組んで欲しいと思っている理由はここにあります。


さらに、これは英語でもどの教科でも同じだと思いますが、本当の実力というものは「いろいろな方向から勉強することで磨かれるもの」です。実力を伸ばすなら、その教科を多面的に学ぶべきだと思っています。


また、よく「級を持っていると、合格受験で有利ですか?」とか無意味な質問がありますが、検定は自分の力を磨くために受けるもの。検定合格の為だけに付け焼刃で合格するのは、私は反対派です。


 
■最後に
保護者の方に一言。数学が好きな子もいれば、英語が好きな子もいます。数学を武器にしたい人は今の内から取り組んで欲しいのですが、嫌だって言っている人にやらせたって力は伸びません。親の気持ち一つで押し付けると、反発するのが子供です。


そう考えると「行動」に移すこと。これは1つの才能なんだと思います。過去には、中3生で準2級を受検する子もいました。彼らは、高校受験前だというのに準2級(高1数学レベル)を一生懸命解いていましたからね。上を目指した彼らは、数検準2級に全員が合格。高校入試でも、みなが第一志望に合格してます。「難しい問題に挑戦したい」そんな言葉が言えるのも若者の強みかと。やはり可能性は無限大ですな。
 

どの科目でも、勉強以外でも何か1つ自分の得意をもっともっと伸ばしてください。保護者の方は、どうしたら我が子が「行動」に移すのか。それも「自らがその行動をしたか」のように。その1点をもっと悩んで欲しいと思います。


今回ご紹介した数学検定は、スク玉では年1度だけのチャンスになっています。よかったら、ぜひこの機会にご活用ください。※申込書は10月21日より配布中です。一般の方も受検できます。ご興味がある方は、LINE@にてご連絡ください。


それでは今日はここまでです。今日もお読みいただきありがとうございました。最後におまけで四谷大塚小学生テストの問題をどうぞ。
 
↓↓↓↓四谷大塚小学生テスト(小6算数より抜粋)↓↓↓↓
中学受験恐るべし。これが一番難しい気がする。





数検の過去問はこちらから確認ができます。ぜひ、どうぞ。
⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊



☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


スク玉の良いところを一つ教えてください

キュンキュンした さんなん です。だって、小学生の漢字テストで、「初心」を「はつこい」って書いていたんですもん。ただいま絶賛、漢検対策中です。いくぞ、スク玉小学部!全員合格!中学生も高校生も頑張れ!



先にご連絡を1つ。11月3日(日・祝)に行われる四谷大塚小学生テストの申込みを、10月25日(金)でストップさせていただきますね。すでに35名を超える受験者が集まりました。いつも遠くから、ありがとうございます。明日、受験票を発送しますので、遅くても月曜日にはお手元に届くかと思いますのでご確認お願い致します。スク玉生には手渡ししますね。



今日は、年1回の保護者アンケートの中間報告をお届けします。


お忙しい中、たくさん書いていただき本当にありがとうございます。励みになります。まとまりしだい改善ポイントへの回答も含めて、ニュースレター10月・11月号に掲載させていただきます。この機に普段言いにくいことも、受け止めて改善策を考えますのでじゃんじゃん書いてください。


なお、アンケートは10月26日締切になっております。お忙しいとは思いますが、遅くても10月31日までだと大変助かります。




■スク玉の良いところを一つ教えてください。
<小学部の保護者様より>
・体調不良等の欠席の振替をしていただけるところ。
・こちらの都合でお休みしても変わりの日で授業を行ってくれるところ。
・入塾テストでは難しすぎる、ついていけないのではないか…と不安でしたが、始めて半年、休みたいともやめたいとも言わずに通っている様子を見て、頑張る娘を応援している。
・他校の生徒さんとの関わりも良い刺激となり、上には上がいる事がやる気を引き出している様だ。
・先生同士の仲が良いところ。
・先生方皆さん優しく、過ごしやすい塾だと思う。
・学校の勉強範囲のみでなく、学ぶことができる。
・名文暗唱。最初は覚えられないと言っていましたが、一生懸命声に出して覚えると達成感がわくみたいで、聞いてほしいと音読しにきてくれるのでうれしく思う。
・1年を通して子供が楽しめるイベントがたくさんあるところ。
・LINEで連絡してくださるので、スピーディな対応に感謝している。
・今大事なこと、この先を見据えて大事なことも教えてくださるところ。
・不安な時、困った時にすぐ対応していただける。
・一人一人のことを考えてくれている。たくさん生徒さんが見えるのに、その子にあった対応を全力で取り組んでもらっているので感謝です。
・先生方が個人個人に対してものすごく知り尽くしていて、指導が熱心だと思う。
・ブログを拝見して熱意が伝わる。
・小学生に対して今やるべきこと、中学生・高校生への対応の仕方など学びたかったことがあると思う。
・さんなん先生に分からないところを教えていただき「すごい分かりやすかった」と言ったことがある。
・先生方の想いが熱い。
・今だけではなく、先のことも考えてくださっている。
・一人一人をしっかり見てくださっているように感じる。
・軸がぶれないので信頼できる。



<中学部 保護者様より>
・集団塾なのに個別塾のようにカリキュラムを組んでくださり子供たち一人一人の学習に寄り添ってくださるところ。
・生徒ファーストであるところ。子供の気持ちを第一に考えて尊重してくれる。
・年度末に問題集が終わっていないと新しい問題集がもらえないなど、先生がぶれずに子供を見ていてくれるところ。
・テスト前の8時間授業と武士道。テスト前でも家では8時間勉強しないのでありがたい。
・1地道な努力 2学習環境 3確かな情報
・アットホーム的な感じのところ。
・先生がずっと同じ。近い年の先生がいる。子供のことを見てくれる。
・子供が先生たちを尊敬している、できるというのが一番いいところ。
・先生たちが優しいところ。
・テスト前の日曜日に対策をしていただけるので、家庭で勉強するよりも集中できてよいと思う。
・学校の成績はあまり変わっていないが、全国模試など成績は上がっている。実力がついてきた。
・先生同士がとても仲が良いところ。ニュースレターを読んでいると仲の良さが伝わってくる。
・子供たちにも優しく接していただき、先生が嫌で塾に行きたくないと言ったことはない。
・勉強できる場を提供してくださるところ。家では集中できないが塾だと集中できると言っている。
・分析力。
・常に子供と向き合って、テストのことや苦手分野のこと将来のことまで考えてくださっているところ。
・子供が安心して先生方に相談できている。





■スク玉に通うことでお子様にどんな変化がありましたか。または、この先どんな変化を求めますか。
<小学部 保護者様より>
・学校の授業で挙手をして意見をすることが増えた。
・宿題は図を描いたりして大変そうですが、なかなか上手に描けているなと感心している。
・負けず嫌いな性格ですが、具体的にどんな勉強方法が良いのか分からず、ただ本屋で問題集を何冊 も買ったりしていたが、課題があった方が合っている様だ。
・通ってなかったらおそらく学校の宿題も泣きながらやっていたと思う。
・スク玉での課題をこなすので、学校の宿題はすぐ終わるようになった。
・スク玉の課題はやっていると思い目を離すとさぼるので、もう少し自主的にできるようになるといい。
・様々なものに興味を持つようになった。
・分からないことをそのままにせず、聞いて確認するようになった。
・正直あまり変化がよく分からない。
・中学校に入学してからも勉強のやり方が分かる子になってほしい。
・分からないことを人に聞ける子になってほしい。
・成績が伸びた。
・小学校に行くより楽しそうに思う。
・勉強が好きになることを求めたい。
・毎日勉強する習慣がつけばいいなと思う。
・勉強に対しての集中力がまりにもなさすぎるので、机に向かうべき時間くらいは集中力を持続できるようになってほしい。
・人の話を聞いてくれるようになってほしい。
・本を読むことが増えました。
・本で知ったことをとても得意げに話してくれる。テレビでやっていたりすると解説教えてくれること も増えた。
・都道府県や県庁所在地は学校で一番だったと喜んでいた。やったことが生きていてうれしいようだ。
・勉強しなきゃ、やらなきゃ、やった分だけ学校やテレビ世の中で覚えたことと、実際見ているもの感じたことが一致すると楽しい面白いを感じている。
・本を読むようになり知ったことをどんどん話してくれる。
・学力も上がってきているが知識も増えているので、好きになったことはどんどんのめり込んでほしい。
・個人でレッスンを受けていた時より、周りに自分以外の子がいることによって自分のレベルを確認するようになった。
・このまま前を向いて進んでもらいたい。
・一人で集中して勉強できるようになった。
・まだ声がけをしないと始めることができないので、自主的に始められるようになってほしい。
・最初は宿題などついていけるか心配でしたがスク玉から連絡がこないので何とかやっているかと思う。
・自分の部屋でやっているので、勉強しているのか本を読んでいるのか寝ているのか全く分からない。
・期限までに宿題を出しているなら良しとするか、もっと集中して取り組んでほしいと欲を言っていいのか悩ましい。
・社会や算数は学校のテストで点が上がってきてびっくりしているが、時間がたつと忘れてしまうのは分かっているのでまめに振り返って確認をしてほしい。



<中学部 保護者様より>
・塾に通う中で個別に懇談を受け、もやもやとしていた自分の気持ちをアドバイスされるうちにスッキリと整理して前に進めたり、将来のことも考えるようになれてきた。
・この先は受験に対する心の強さ、自信を持って取り組めるようアドバイスしてほしい。
・解けない問題をすぐに聞くのではなく、解説を見て自分なりに理解しようとするようになった。
・学校課題の直しをスク玉で教えてもらったように毎回直すようになり各教科の先生に褒められた。
・変化したかどうかは分かりませんが、時間の使い方が上手な子供になってほしい。
・もっと貪欲になって分からない問題を先生に聞いたり友達に聞いたりして理解してほしい。
・嫌々だけど勉強は進んでやる子なので、学習において楽しみを見つけられるようになってほしい。
・勉強で分からないところをなんでも教えてもらえる安心感があるということは子供にとって必要なので、親ではできないので一人勉強でのイライラが塾に通うようになってなくなった。
・この先自信を持ってほしい。
・記憶力がついた。成績が上がること。
・以前にも増して机に向かう時間が増えた。
・睡眠時間が短いのが心配なので、ただ長い時間をかけるのではなく、もう少し要領よく勉強できるようになってほしい。
・以前は先生は何も教えてくれない聞けないということが多く、家で分からない問題は親に聞いてきたりした。それでは塾の意味がないと思っていたが、最近はそれを言うこともなく、親にも聞いてこなくなった。自分で考えることができるようになったのかもしれない。
・今後は集中力UP。ながら勉強はやめてほしい。
・嫌々ながらも自主的に課題をこなすところ。
・中学校に入り定期テストのたびに次は何位になりたいと点数や順位を意識するようになったが、そのためにこうした方がいいとか具体的に考え意識できるともう一歩アップできるのではないか。
・自分なりの勉強方法を確立させることができた。生活のスケジューリングも上手になった。
・言われてなくても自分から勉強をするようになった。
・少しずつ勉強のスピードが速くなってきた。
・苦手な部分に取り組むようになった。今までは何が苦手かあまり分かっていなかった。
・数学の苦手意識が強かったのですが、スク玉へ通いだして先生方へ質問したり相談できる場ができたことにより、自信がついてきている様だ。




以上になります。たくさんのお言葉、ありがとうございます。1つ1つの言葉の重みを励みに代えて、引き続き一人ひとりの指導に力を注いでまいります。


ちなみに保護者アンケートと同時に、生徒アンケート(中高生のみ)。こちらもブログかニュースレターで報告しますね。特に、高校生さんたちの学校自慢は、中学生さんたちの志望校を選ぶための材料の1つになりますもんね。先輩から後輩へと、塾内でもつながりがあるのは強味がありますね。


それでは今日はここまでです。今日は、スク玉に通っていただいている保護者さまの声を(一部)お届けしました。通っている他の保護者の方の声は気になるかはわかりませんが、何かご参考になればと思います。






☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


名城大学附属高等学校の塾説明会へ(スク玉から名城高校まで約60分)

私立高校受験の時に時計を忘れた さんなん です。地元から多くの生徒が受験するので、みんなで駅に集まって電車で学校へ向かいました。で、教室についたときに時計がないことに気づいたんです(・∀・)ピンチ。もちろん貸してくれるわけでもなく、そのまま・・・数学で時間が足りなかったことをいまでも覚えています。やはり準備は前日の夜にしておきましょうね。



さて、先日は名城高校の塾向けの説明会がありましたので行ってきました。ちゃんと時計を持って行ってきました(・∀・)リベンジセイコウ。
 





この名城高校は、スク玉の地域からだと私立受験日程3日目で圧倒的な人気である学校です。一宮、一宮西、五条、興道、津島を受験する生徒には、学校の先生からも「力試しとして、名城高校も受験してみたら」と進路相談でも言われるようです。



本日は、この名城高校の受験について簡単にまとめてお伝えします。




今年度から校長先生が変わり、今までの塾向け説明会とは少し違った雰囲気になりましたね。スライドも一新されましたし、全体での質問タイムがなくなり個別での質問タイムが実施されるようになりました。これはとても嬉しい。説明会の内容と新校長の「名城の本当の姿」っていう話もありましたが、書ける範囲でまとめてみました。それでは、どうぞ(^^)/。



<名城高校の強み>
・SSH14年目
・SGHは昨年度で終了
生徒の探求心を育み、新しいものに挑戦することを教育目標に掲げています。SSHとSGHの両立は教員やカリキュラムへの負担が大きいという理由から、文科省としても更新は見送るという判断があったようです(どちらか1つだけというルールになったの!?)。
 

それでもSSHは今年で14年目。名城大学の教授である池上彰さんの講演会やリーダー育成講座を全校生対象に実施など、そのような
成果が認められたからこその継続年数であり、教務力をわかりやすく証明するものでもあります。


また、SGHに関しても更新が止まったとはいえ、5年間走り続けました。授業の様子を全国から視察に来る他校の先生もいたり、過去にはNHKの取材も受けたりしたことがありました。そこで得たノウハウを生かし、引き続き単に英語の勉強をするのではなく、高大接続を活かしての英語での論文発表や地元にいる外国人との交流を通じて英語を学ぶことをコンセプトとしていくそうです。
 
 

 
<クラスごとの大学受験先>
・スーパーサイエンス→国公立大、難関私立大、名城大
・特進→難関国公立大、難関私立大、名城大(理工・薬)
・一般→有名国公立大、名城大、有名私立大
・国際→有名国公立大、名城大、有名私立大
・総合→名城大、有名私立大
※SSの方が特進より偏差値が高いらしい。 
※どのコースも名城大学以外の大学への受験も可能。
特進クラスも含めて宿題は少ないので、自由度は高い。
※自習室の解放も17:30頃まで。外部受験するなら塾など学習管理が必要かも。



<名城高校の進路指導>
国公立大学「命」という進路指導ではなく、行きたいところを見つけて頑張ろう!という感じ。それでも「自ら探求心をもって活動する」授業に重きを置きながらも、国公立大学合格者数を伸ばしている。特進クラスは名城大学の特別推薦枠があり、これは名城大学(理工・薬)の推薦をもらいながらも国公立大学を受験してもよいというもの(条件あり)。


ただし、特進クラス以外では、名城大学への推薦枠が確保されていることで、受験へのモチベーションがある生徒とない生徒との校内での温度差があるみたい。 
 



<名城高校の受験について>
[普通科]
特進120名
スーパーサイエンス40名
一般280名
国際40名
※推薦入試で約50%合格
※SSと国際は推薦入試のみ。
(ただし、人数に満たない場合は、特進→SS。一般→国際への勧誘あり。)


[総合学科]
160名
※推薦入試でほぼ埋まるらしい

☆一般→総合のスライド合格なし?一般進学クラスも総合学科コースもレベルが上がっている為、総合学科コースを目指す生徒は推薦をおススメします。願書を見ると、一般入試で総合学科希望の枠がない(推薦だけになった?)。



<一般入試の受験パターン>
啓成(1日目)ー名城(3日目)
清林館(2日目)-名城(3日目)
この二つが、この地域の受験王道パターンですね。

上位層は、滝(2日目)-名城(3日目)もありです。近頃の傾向は、2校受験が一般的で1校受験の子も多くいますね。3校受験はほとんどいません。一般入試で名城特進クラスの奨学生合格はなかなか出ない(一宮西でも合格上位レベル?)。
 



<入試の合格ボーダーと選抜方法>
推薦入試には基準があるらしい。ここでは数値は控えます。
当日、基礎学力テスト(国語・数学・英語 各40分記述式)+面接あり。
 


一般入試は当日のテスト次第です。内申は参考程度。
合格するには得点率特進〇〇%以上/一般〇〇%以上/総合〇〇%以上が必要。数値はやっぱり書けません。
※以前より、合格ボーダーが上がっています(要チェックやで)。
※国数英は各40分、社理は各30分。マークシート方式。面接なし。
※腕時計(あなたは忘れないで)



<通学時間>
スク玉から名城高校までは、
電車1時間11分/車38分/徒歩3時間20分



<その他>
・特進クラスでも部活との両立可(条件あり?)
・全体で70%ぐらいの生徒が部活に参加
・国際クラスは90%以上が英検2級に合格
・看護学科をもつ私立大学への指定校あり



以上です。一学年640人とマンモス校です。愛知県の私立といえば、滝、東海。いやいや、そこに名城もあるだろ!と、名を連ねたいみたいです。ご興味がある方は、ぜひ名城高校の体験へどうぞ(*'▽')













☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


HAPPY BIRTHDAY♪

さんなんです。今日は誕生日ブログです。

⇊⇊⇊⇊
⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊
さぁ、だれの誕生日でしょうか??正解はこちら → tkブログ へ



(生徒が書いてくれた似顔絵)
 

30歳を超えた頃から、何歳なのかは問題じゃない。
何歳に見えるか、が大事なんだ

いくつになってもアンテナを張り続けることで、

好奇心・行動力はさらに加速していく。
さぁ、誕生日を祝おう! さんなん

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


第24回【今週の1冊】~読書が好きになるために~

さんなんです。今日は読書のお時間です。

⇊⇊⇊⇊
⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊⇊

 

今週の1冊はこちら → tkブログ へ


(生徒が書いてくれた似顔絵)
 

本を読んでほしい理由。それは、自分の世界を広げるためです。

本を読むことによって、言葉が増える。言葉が増えると、自分が何を感じているか、より一層表現できるようになる。そうすることによって、世界は自然と広がっていきます。運命の一冊に出会えることを願っています。


↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

 

☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


123

« 2019年9月 | メインページ | アーカイブ | 2019年11月 »

このページのトップへ