HOME > スク玉ブログ > 一宮興道高校分析!大学受験のリアルをお届け!

スク玉ブログ

< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

一宮興道高校分析!大学受験のリアルをお届け!

名古屋モーターショーに行ってきた さんなん です。このところ平日は朝から塾にこもって、週末は薬を飲んで寝てるっていうサイクルでしたので外出は久々でした。車は全くわからないのですが、未来的な車見つけました。楽しい雰囲気の中にいるのは好きなので、よい気分転換になりましたね。また頑張ろう!






さて、今日も分析です。ご興味がある方はお付き合いください。先日は一宮西高校の分析をブログで書きました。今日は、一宮興道高校のリアルをお届けします。


地元では興道高校と津島高校が同レベルといわれています。愛知全県模試の偏差値でいえば56~58ぐらいでしょうか。それでも昨年の公立高校入試で合格点が落ちてきたようです。



スク玉は、将来的に四年生大学合格ができる学力を身につけることを目標としてる塾です。この興道高校から国公立大学合格は上位30%ぐらい。スク玉が興道・津島を目指しているというのは、正確に言えばこの上位30%のゾーンを目標にしています。


そして、『国公立大学合格は上位30%』というこの30という数字。この根拠は分析から導き出しています。



《地元生が受験する国公立大学》
名古屋大学(文系)、名古屋大学(理系)、名古屋市立大学、名古屋工業大学、愛知教育大学、愛知県立大学、岐阜大学(文系)、岐阜大学(理系)、三重大学(文系)、三重大学(理系)、滋賀大学、滋賀県立大学(文系)、滋賀県立大学(理系)


こう並べてみると、やはり愛知県から通える国公立大学は名門ばかり。しかも、愛知県周辺の国公立大学のレベルは総じて高いです。



ホームページをみると興道から全国の国公立大学へは172名が現役で合格しているとあります。特にH31年度入試では、他県の難関国公立大学合格もありました。それはそれで凄い実績なのは間違いありません。



しかし、この172という数字ですが、
実際の進学先は県内の私立大学という生徒も多くいるのも事実です。



県外の国公立大学には合格したけど、
行かないってことですね。



だから、ここでは上記の国公立大学への合格率を出すことにより、
本当のリアルを感じてもらいたいと思っています。




さすがに先日の一宮西とは高い数字にはなりません。
本当にリアルの数字になってきますのでご了承ください。



覚悟はよろしいですか。



まず、



上記の国公立大学への合格率で、
60%を超える大学はありませんでした( 一一)ヒエー。



地元の国公立大学はそれほど厳しいのです。



そして、ズバリ合格率の平均は、



約39.5%!!!



ちなみに約73名の生徒が上記の国公立大学へ合格しています!
これは全体320名の約22.8%になります。



実際には30%という数字には届いていませんね。


しかし、志望校を下げれば合格できる人もいますので、
やっぱり上位30%を目指していれば間違いないと思います。



そして、実は私立大学の合格率も計算はしてあります。



が、数字はここでは控えます。
(ニュースレター10月11月号に掲載します)



数字というのは、勝手に独り歩きします。あまりにもリアル過ぎると、批判してる!と捉えられても困りますからね。



私がここで言いたいことは1つ。



『高校は合格するより、入学後についていく方が大変!』
ということです。



良い高校に入りさえすれば大成功だ!と
勘違いされている保護者の方に苦言を呈したいのです。



中学校での順位ばかり見て、勉強の中身について目を向けていない。
それではダメだということ。



高校生になる前までに、
しっかり基礎学力の土台を作りなさい!!

ということが言いたいのです。



そして、高校生になっても中3の受験生のときぐらい
毎日勉強しないと大学受験は勝負できない。

ということが言いたいのです。



四年生大学を目指すというのは、本当に大変なこと。



でも、普通の子がこの先の社会で生き抜いていくためには、
勉強を通じて学ぶことが大切だと思っています。



だから、こういったリアルな数字を受け止めて、
ちゃんと現実を見て欲しいと思っています。


『高校は合格するより、入学後についていく方が大変!』
別に志望校を下げる必要はありません。
合格がゴールではないということ。



これだけは覚えておいてくださいね。



それでは今日はここまでです。今日もお読みいただきありがとうございました。












(おまけ)
ちなみに興道高校から東京工業大学に合格したのはスク玉の生徒です。

彼は中学校の時から好きな数学は勝手に勉強しますが、英語は覚えるのがめんどくさいからとサボり気味でした。さらには、間違い直しをしないタイプ(見てればできるとか言いよる)。だから、塾では英語を中心に勉強して、間違い直しはするまで見張ってましたね。

思いっきり数学を勉強したいということで、一宮西ではなく興道を選んだ生徒でした。興道でのびのび勉強ができたので、塾では英語に集中できましたね。だからこその結果だったと感じています。

中学の内に武器になる科目を作る。
それを高校でさらに伸ばす。

そういった発想で高校を選んでも良いのではないかと思います。塾としては1つでも上の高校に受験して欲しいものかもしれませんが、私は本人の意思を尊重して進路を決めて欲しいと思っています。『自分で進路を決める』、これも受験で得られる大切なスキルではないでしょうか。




☆お問合せはこちらから
(メールでお問合せ)


(LINE@登録でお問合せ【お問合せ専用】)

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-
スク玉ブログ連絡用LINE@を作りました。よかったらご登録ください。(塾生の方も、塾生でない方もどうぞ)
※塾連絡は、塾生専用のLINE@にてご連絡します。
↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉ブログの更新のみ↓↓↓


< Prev  |  一覧へ戻る  |  Next >

このページのトップへ