HOME > スク玉ブログ > 6ページ目

スク玉ブログ 6ページ目

塾向け説明会の裏話TO裏話(愛知啓成高校)

啓成高校の塾向け説明会に行ってきました。校長の足立先生よりこのような話がありました。

 

「本日ご参加いただいた塾は、昨年度よりも10塾ぐらい増えているようです。これも広報の高木(先生)が足繫く塾の先生方への声かけのおかげだと思っております。私は校内におりますので、外回り彼が本当に仕事をしているのか疑っていました。」

 

啓成高校ってなんだかお堅いイメージがあったので、

珍しくなかなか面白い話をするやんけ(^_-)-☆そう思った さんなん です。

 

どうやら高木先生はいじられキャラらしい(笑)

 

 



さて、その啓成高校について忙しい受験生さんに大事なポイントだけお伝えします。 


①受験できるコースは5つ

サミッティア(共学)、グローバル(共学)、普通進学(共学)、商業(女子)、生活文化(女子)の5つからを選んで受験ができます。サミッティア、グローバル、普通進学はすべて同じ受験問題になりました(数年前に変更されました)。
 

大事な受験ポイント!!!

「サミッティア」+「普通進学」の受験はOK。

「グローバル」+「普通進学」の受験はOK。

「サミッティア」+「グローバル」の受験はNG。

 

啓成高校は1度の受験で、複数コースの合否判定をしてくれます。

  

サミッティアを受験すると普通進学の合否はしてくれますが、

サミッティアで出願するとグローバルは受験できません。








 

 


 

 

②合格基準は極秘扱い

☆サミッティアとグローバルは、当日の得点で合否が決まるかも(内申は参考程度かも)。

☆普通進学は成績が普通ぐらいであれば、きっと滑り止めになるかも。

☆成績特待生A(授業料全額免除)は、サミッティアの推薦入試と一般入試に基準があるかも。

☆成績特待生B(授業料半額免除)は、サミッティアとグローバルの推薦入試に基準があるかも。

 

 

③サミッティアコース

国公立大学合格を目指すコースです。

☆少人数指導(英語・数学は1クラス20~25名前後)

☆国公立合格率48.8% 

(※合格率を公表するということは、実際進学していない可能性があります。つまり地方の国公立大学を受験した合格者も含まれており、結局は地元の私立に入学している可能性がある。)

 

 

④昨年度、新設したグローバルコースについて

流行りの国際クラス(特別英語クラス)です。

☆第一期生入学者数 18名


☆授業内容
・全体の授業の1/3以上が英語の授業
・英語の授業の半分程度をネイティブが授業をする
・新大学入試に対応できるように4技能(読む・聞く・書く・話す)を意識した授業
・英検・GTEC対策⇒CERFのB2レベルを目指す(英検準1級、GTEC1190点以上)
・国際文化、国際情勢をマナブ
・日本文化の発信


☆留学制度
・希望者には短期留学、長期留学が可能
に留めるようなので、他の国際クラスを持つ高校のような大きくお金がかかるようなことはなさそう。

 

☆大学入試に向けて

主に指定校推薦や一般推薦・AO入試で四年生私立大学を目指す。

(国内の国際系・外国語系大学、海外の大学、国内の文系大学)

 

 

 


⑤大学受験への指定校推薦枠
一覧表が手元にありますが、地元の有名私立大学は一通りそろっています。
もちろんお見せすることはできませんし、ここでも公表することはできません。


サミッティアは自力で国公立大学を目指すクラスなので、グローバルや普通進学の生徒向けということだと思います。
 

ー・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・・-・・-・--・--・・

今年は受験者数が増える可能性大!!(私の憶測ですが・・・)

昨年度までは某大手塾が初日は滝高校、二日目に清林館という受け方を強く勧めていることを塾関係者から聞きました。

清林館高校の受験者が莫大に増えている要因の1つだと思います。

 

しかし、今年度は滝高校の受験日が2日目に移動したため、

清林館と受験日が被ることになります。

 

滝を受験させるためには滑り止めの高校を選ばなくてはなりません。

 

私立3日目の受験校の中から滑り止めになりうる高校が少ない為、

1日目の啓成高校が滑り止めに選ばれるのではないかと考えています。


その為、啓成の受検者数は増加すると考えています。

-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・-・ー・-

小学生向け!家庭学習で使える国語のおススメ市販教材3選!!

小学生の頃は漢字が苦手だった さんなん です。塾人になってから漢検3級と準2級をとりました(*^^)v

 

 

さて、昨年度の学習相談会でこんな質問がありました。

Q.「小学生は、家でどんな勉強をさせればよいですか?」

 

 

  

A.私はこう返事をしました。「まず小4までは『興味があるもの・夢中になるものを見つけてあげること(習い事可)』と『体を動かすこと』が大切です。それに加えて勉強面で言えば『言葉』を増やすことと『パズル』で考える習慣を身につけることが必要です。小5からは、国語、算数、理科、社会、英語をバランスよく学ぶべきです。学校の教科書も以前より学習内容が増えたため、しっかりバランスよく学ぶ『勉強時間の確保』がポイントになります。そのため、小5春までには習い事を整理してください。」と伝えました。

 

 

 

 

興味があるものを見つけること、体を動かすこと、これはご家庭の役割としてご家庭に任せるとしましょう。勉強面で、どのテキストで学ばせるかも伝えました。塾教材は購入できないものが多く、また通信教材は続かないという声がありますので、ここでは市販教材の中からおススメ教材を紹介します。

 

 

 

  

 今日は、国語のテキストの紹介です。

 ❖国語は「言葉に触れる機会を増やす」と「漢字の意味調べ・書き取り」をお願いします!

実は、スク玉小学部の授業で使用しているテキストの半数は市販のテキストです。アピタの本屋さんに売っています。

 

 

 

①ふくしま式「本当の国語力」が身につく問題集(著.福嶋隆史)

※多くの言葉に触れる事が大事なのと、文章問題の解き方・考え方が詳しく丁寧に書いてあります。「本当の国語力」以外に、「本当の読解力」、「本当の語彙力」、「書く力」なども面白いです。実は、スク玉の文章読解講座(オプション)の授業では、このふくしま式のテキストを使用して、内容をかみ砕いて解説授業をしています。中学受験組なら、小5までにやりきりたいところ。さらに、このテキストを自分で理解して解けるレベルまでに成長して欲しいですね。公立組も小4~小6にコツコツ取り組んで欲しいところですが、自分で理解となると少々難しいかもです。可能なら、教えるのではなく解説をかみ砕くことを保護者ができたらよいかと思います。


 

②4年生までに身につけたい「言葉力1100」(Gakken)

※たくさんの言葉に触れる練習にはもってこいです。本人→言葉+意味のノート写し、設問、音読、意味を覚える。保護者→意味チェックがおススメ。スク玉では、やることが早い生徒の語彙力強化として使用しています。さきほどの意味チェックを先生がしています。「言葉力1100」が終わったら、「中学受験 言葉力1200」が応用編としてテキストがあります。中学受験組は小4までに完成、公立組なら小5と6の2年間で、上のふくしま式の国語力と「言葉力1100」を併用して国語力を磨ければ理想的です。

 

③漢検ステップ/わくわく漢検(日本漢字能力検定協会)

※公立組なら小4は7級、小5は6級、小6は5級が目安です。大事なことは検定に160点以上(200点満点、140点以上合格)で合格するぐらい半年間はかけてテキストを繰り返し解いて欲しいです。特に、漢字の意味調べは必ずしてノートに写してください。スク玉では、小4は「わくわく漢検(7級/8級)」、小5~「漢検ステップ」を使用しています。小3・小4で習う漢字は、小学生の内に習う漢字量の1番ボリュームゾーンです。特に、そこは丁寧に指導しています。漢字は学年に関係なく進めることができますので、意味も含めてじっくり漢字力を育んでください。中学受験組は、小6冬までに目指せ2級です。ちなみに、漢検ステップ(語彙量)⇒過去問(弱点探し)⇒分野別(弱点克服)が黄金パターンです。


以上、スク玉が考える家庭でできる国語のおススメ市販教材3選!!でした。スク玉では、上記以外に「こども新聞ノート写し」、「ことわざ」、「慣用句」、「四字熟語」、「百人一首(小6)」をしています。どれも、演習⇒確認テストは鉄板です。お忘れなく。


愛知県高校受験/偏差値&内申の一覧表2016

さんなんおじさん です。TKさんにおめでたいことがありまして、気分アゲアゲですね。

 

さて、小学校の運動会の時に再開したお友達から「最近の高校の偏差値って、自分たちの頃と比べて変わったの??」って聞かれました。ということで、愛知県の公立高校偏差値と私立高校偏差値の一覧表(塾に掲示してあるものですみません)ですが、ここにも掲載しておきますね。

 

ここでの偏差値は、「愛知全県模試」での偏差値になります。学校の偏差値とは異なりますので、ご注意ください。

 

また、掲載してある高校は、スク玉がある旧尾西地区から90分未満で(たぶん)通学できるところのみです。受験方法や我が子の勉強や進路のお悩み等は、お気軽にお問い合わせください。




<<前のページへ123456

アーカイブ

このページのトップへ